2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

黎明の使徒リジュエル

れいめいのしとりじゅえる

黎明の使徒リジュエルとは、『獏竜戦隊アバレンジャー』に登場するキャラクター。本稿では謎の少女についても説明する。
目次[非表示]

「誰が子供だって!?うぜーんだよ!!」

演:小川摩起

概要

仲代壬琴に恋愛感情を抱いた黎明の使徒リジェが大人化した姿。口癖は「快感」。
スタイルのいい美人になったが、母親にあたるジャンヌを「オバハン」呼ばわりしたり壬琴を「ミコ様」から呼び捨てにするなど冷酷かつわがままな性格になり、敵でありながら可愛らしい少女だったリジェの面影はどこにもない。自分でも理由はわからないものの、地球人の親子愛を疎ましく思っており、悲劇的を使って宝石を作り出そうと目論んだ事も。(誕生経緯を考えると親子愛を疎ましく思うのは必然であったと言える。)

戦闘もこなせるようになり、三人のアバレンジャーを圧倒することもあった。巨大な杖を落下させる「リジュエルフラッシュイリュージョン」とタロットカードに口付けをして敵に飛ばす「リジュエルボンバーキス」が必殺技。

エヴォリアンの使命よりも壬琴を何よりも優先するようになり、壬琴の体に宿る邪命因子を取り除きデズモゾーリャになることを阻止しようとするも、最終的にはデズモゾーリャに体を乗っ取られデズモリジュエルになってしまった。
最後は5人のアバレンジャーのダイノガッツによってデズモゾーリャを取り除かれ、謎の少女が融合したことでマホロの腕の中で赤ん坊の姿になった。最終決戦が終わった後、本来の父親であるアスカにより、「ミコト」(仲代壬琴が由来)と名付けられる。

赤ちゃんになってからも次元の扉を開く能力は健在らしく、『デカレンジャーVSアバレンジャー』ではアスカをアナザーアースへ飛ばした(アスカ曰く「本能的にアナザーアースの危機を感じたため」)。エンディングではジャンヌことマホロと共に再度アナザーアースを訪れ、宇宙警察地球署で行われたパーティーに参加する。

ちなみにこの赤ちゃん(演:中澤共歩)、実際には中澤祥次郎監督の実子である。

デズモリジュエル

「我の復活を執拗に邪魔する貴様等を、これ以上のさばらしておく訳には行かぬ…!」
CV:佐藤正治
身長:243cm
体重:240kg

アナザーアース側のデズモゾーリャが、憑依していたリジュエルの身体を心身共に完全に支配し、彼女の肉体を戦闘モードへと完全変態させた状態。
リジュエルの肉体を白い甲冑で覆い尽くしたような見た目が特徴。
リジュエル以上の攻撃力を持ち、両手からの光線で相手の動きを封じ、両目からは鋭い光線を発射する。
アバレンジャーの武器や必殺技を全て跳ね返してしまう強靱な肉体を持ち、攻防共に優れた力によってアバレンジャーとアバレキラーすら終始圧倒し続けたが、
アバレモードとなった5人のダイノガッツを合わせた一撃を受け、さらに謎の少女がリジュエルと融合した事でリジュエルの肉体から強制的に分離させられ霊体に戻ってしまった。


謎の少女(カスミ)

リジェと瓜二つの容姿を持つ少女。正体がわかる前は伯亜舞を巫女とし、彼女の体に憑依していた。
序盤でも度々登場、アスカにも接触して、失われた過去の記憶を断片的ながら思い出させていた。
その正体は、リジェがリジュエルになった際に分離した竜人としての精神体で、リジュエルが誕生した際に実体化。(第28話での「あなたは私だけど私じゃない。私はあなただけどあなたじゃない」という発言はまさしくこの伏線だったわけである。)恐竜やで暮らすようになった。
名前は特にないが、便宜上演者の鈴木かすみに因んで「カスミ」と紹介されることもある。舞からは「お姉ちゃん」と呼ばれていた。

ナナクサルンバによって今中笑里とともにルンバを踊らされた末に羽子板にされてしまったこともある。

最後はデズモゾーリャを取り除かれたリジュエルの体へと憑依し、赤ん坊へと戻した。

備考

劇中で急成長した敵幹部はトラントランザブルドントカイザーブルドント童鬼ドロップ龍皇子サラマンデスマンマルバに続いて歴代5人目だが、女性なのは彼女が史上初かつ唯一の例である。

関連項目

黎明の使徒リジェ 邪命体エヴォリアン

関連記事

親記事

黎明の使徒リジェ れいめいのしとれじぇ

pixivに投稿されたイラスト pixivで「黎明の使徒リジュエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 818

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました