ピクシブ百科事典

甲冑

かっちゅう

鎧と兜によって全身を守るための防具。
目次[非表示]

概要

(よろい)と(かぶと)。
戦闘に際して戦士が身体を保護するために纏う武具。
平時も用心のために、また、儀礼に威儀を添えるために着用することもあった。

日本の甲冑

武田家臣団(合集)


兜・冑(かぶと)とは

頭部を保護するための被り物。
平安中期以降、鎧(よろい)の発達とともに盛行した星兜がその代表。
頭を入れる所を鉢(はち)といい、その背面に垂れて頸部を覆う箇所を錣(しころ)という。
誤って甲(よろい)の字をあてることも多い。
首甲。首鎧。

星兜(ほしかぶと)

平安時代中期頃発生した兜の一形式。
兜本体(鉢)を形成する鉄板を接ぎ留める鋲の頭を兜表面に見せたもの。鋲の頭を星と呼ぶところから星兜の名が付いた。
平安時代には、十数枚の鉄板からなり星が大きい厳星兜(いがぼしかぶと)が大鎧に付く兜として流行したが、時代が下るにつれ板数は増し星が小型化した小星兜(こぼしかぶと)に変化した。
筋兜の流行により室町時代前期に一時衰退するが、戦国期に再び使用されるようになり江戸時代に至る。

筋兜(すじかぶと)

鎌倉時代後期から南北朝時代頃に発生した兜の一形式。
星兜と異なり、兜本体(鉢)を形成する鉄板を接ぎ留める鋲(星)を見せず、鉄板の縁を捩り立て接ぎ目を筋状に見せたもの。
星兜に比べて軽快・軽量かつ、製作が簡易であるため、徒歩武士の胴丸腹巻に付く兜として用いられた。のちには大鎧にも用いられるようになった。

頭形兜(ずなりかぶと)

室町時代末期に発生した兜の一形式。
筋兜を簡略化した形で、3~5枚と少ない鉄板から成り、制作の手間もコストも比較的低かったことから戦国時代以降に広く使用された。
名前の通り、兜鉢の形は人間の頭に似ているのが最大の特徴。

大鎧(おおよろい)

装具完備し、兜や袖・草摺の状態が大きく作ってある鎧。
構造は胴・兜・袖および小具足を具備し、雑兵の用いる胴丸腹当の類と対する。
乗馬に適するように裾の開いた胴、背には逆板、草摺は4枚、その右側の引合に当たるものを胴から離して脇楯(わいだて)とし、弓を引きやすいように胸は狭く脇を楽にし、胴の正面に弦走(つるばしり)を設ける。
矢を防ぐためには兜に吹返(ふきがえし)、肩に大袖があり、栴檀(せんだん)の板、鳩尾(きゅうび)の板は胸板のはずれを護る。

大鎧の盛衰

平安中期に成立。
もっぱら騎射戦の行われた源平時代はその最盛期。
南北朝頃は太刀・薙刀・槍による歩戦となり、武将も歩戦用の腹巻に袖をつけることが多くなって、重い大鎧は進退に不便なため次第に威儀用となり、室町末期には全く廃れた。
付き物を加えて鎧の皆具(かいぐ)という。
室町時代には、式の鎧、式正(しきよう)の鎧と称した。

胴丸

平安時代中期頃生じたもので、徒歩戦に適した鎧の形式である。
元は下級の徒歩武士が使用したものであり、下半身を防護する草摺(くさずり)が8枚に分かれ(大鎧の場合は4枚)、足が動かしやすく徒歩で動くのに都合の良い作りとなっている。
大鎧の場合は胴の正面に実用と装飾を兼ねて弦走韋(つるばしりのかわ)という絵韋(えがわ)を貼り、上半身の左右に栴檀板(せんだんのいた)、鳩尾板(きゅうびのいた)という防具を垂下するが、胴丸の場合はこれらを用いないのが通常で、代わりに両肩のあたりに杏葉(ぎょうよう)と呼ぶ小型の鉄板を垂下した。

腹当

日本の鎧の形式の一つで、最も簡略化された形をしている。
軽やかな形状を持つ腹巻胴丸よりもさらに簡易な鎧。
胸部と腹部を覆う胴鎧に小型の草摺を前と左右に3間垂らした形状で、着用者の胴体の前面及び側面腹部のみ保護する構造となっている(剣道の防具の「胴」と「垂」に類似)。
軽量で着脱は容易であるが、防御力は低い。
のちに腹当の胴体を防御する部分が背部まで延長し、腹巻に発展していったと考えられている。

腹巻

鎌倉時代に生じた簡易な鎧である腹当から進化したと考えられ、着用者の胴体を覆い、背中で開閉(引合わせ)する作りとなっている。
大鎧に比べて腰部が細く身体に密着し草摺の間数が増えるなど、胴丸同様徒歩戦に適した動きやすい鎧で、元々は下級の徒歩武士が用いた。
戦法の変化に伴い次第に騎乗の上級武士も着用するようになり、兜や袖・杏葉などを具備し重装化し、同時に上級武士が使うに相応しい華美なものとなった。

腹巻の盛衰

南北朝・室町期には胴丸と共に鎧の主流となるが、安土桃山期には当世具足の登場により衰退する。
なお、現在「腹巻」と呼ばれている形式は、元々「胴丸」と呼ばれていた物であるが、室町時代後期から江戸時代初期頃までにその呼び方が取り違えられ現在に至る。
また、布製の腹巻は冷気属性に耐性がある。

南蛮胴

ヨーロッパの胴鎧を日本風に改造した鎧。
安土桃山時代の当世具足の一種で、西洋から輸入された甲冑(南蛮具足)の胴に、草摺、袖等を付ける等の改造を施した。
前後2枚の鉄板からなり、胴の下端が尖り、前面中央部が鋭角的に盛り上がっており鉄砲の攻撃にも強い。
また、同じように西洋の兜を輸入・改造・模倣したものを南蛮兜と呼び、用いられた。

西洋の甲冑

姫騎士エミノア


グレートヘルム

十字軍の活動を背景とした12世紀後半に生まれ、14世紀までヨーロッパで使用された兜。
最も単純な形のグレートヘルムは、視界と通気のための小さな穴を開けた、頭部を完全に覆うことのできる、頂部が平面の鋼の円筒であった。
やがて、これが発達するにつれて、剣を滑らせるために表面を曲げたデザインになっていった。
十字軍によって広く使用されたため「十字軍の兜」と呼ばれることもあり、また、ほとんどのヨーロッパの軍隊の騎士や重装歩兵によっても用いられた。

ガレア

ローマ軍で使われた兜。
また、ローマ軍だけでなく、剣闘士にも使われた。
古代社会において製品の規格化は徹底されておらず、手作業での工程だったため、細かな形状は時代、所属部隊だけでなく、個人の兵士ごとでも異なっている。

モリオン

16世紀から18世紀にかけてヨーロッパ諸国で流行ったスペイン風の軍用兜。
アーモンド型(洋梨とも)をしている鉢で、鍔の前後が尖っているのが特徴である。
安土桃山時代の日本にも南蛮貿易を通じてもたらされ、南蛮兜の名称で一部の武将たちに南蛮胴と揃いで愛用された。
日本で使用される場合、シコロや眉庇を追加するなど、和風に改造されることが多い。

ロリカ・セグメンタタ

古代ローマの軍団兵に支給された鎧。
ロリカは細長く切られた鉄製の板金を重ねて構成されており、胸部、腹部、肩を防護する。
ひとつひとつの板金は胴体、肩、上腕に沿った形で湾曲しており、上から下へと覆いかぶさるような形で人間が立った姿に対して水平に重ねられている。
また、保護する箇所が大きい胴周りには左右別々の板金を合わせて構成された。

スケイルアーマー

鉄や革の小片を丈夫な布や革の下地に紐やリベットで鱗状に貼り付けたもの。
スケイルとは日本語で鱗のことで、直訳すれば「鱗の鎧」だが、前述の通り鱗状に金属片などを繋げたものであり、動物の鱗などを使用して鎧を作っているわけではない。
しかしファンタジーの世界においては、その限りでは無い。

ラメラーアーマー(薄片鎧、薄金鎧)

レーム (Lame=薄片 薄板)、甲片、小札等と呼ばれる小さな板に穴をあけた物を、紐などでつなぎ合わせて作成されている。
小札には革、鉄(鋼鉄)、角、木などを使用し、紐革や絹、木綿、麻などの糸でつなぐ。
また、小札の材質を革にする場合、煮固めたり漆塗りにする事で硬度を増している。
スケイルアーマーに似るが、ラメラーは接合するための布状下地はなく、小片の連結だけで構成される。

プレートアーマー

正式名称「フルプレートアーマー」。
間接部分が蝶番、尾錠、掛け金などで連結された全身一体型鎧。

ピクシブにおける「甲冑」

比率でいえば和風よりも、洋風の鎧具足の方が多い。
また、甲冑を模したメカモンスター等の絵も度々投稿される。
上記のような、いわゆる甲冑の型にはまり切ったデザインだけでなく、「らしさ」を重視したファンタジー色の強い絵につけられることも多く見られる。

リアルなイラストにする際のコツ

「重厚感」を重視して描くならば問題ないが、「リアルさ」を強調して描きたい場合、可能な限り鎧は薄く描いた方がそれっぽい
そもそも金属の塊であるため、フルプレートアーマーなど下手すれば一式で数十キロなんてものも存在するのである。
大体人間が着て活動できる限界の厚さは2~3mmとされ、それ以上厚いと徒歩では間違いなく動けなくなる。
「肌の上に鉄板を貼り付ける」のではなく、「金属製の服を描く」ぐらいの感覚で描くのがコツである。

関連イラスト

武者ガール
甲冑女子
侍女子
ショーグン2
月下斬舞2
W IXOSS 肥後の虎将 カトキヨ



関連タグ

武器   日本刀
防具   アーマー
武士  騎士 女騎士 剣士 女剣士 
中世 戦国

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「甲冑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16373985

コメント