ピクシブ百科事典

チェインメイル

ちぇいんめいる

"chain mail"のカナ表記。
目次[非表示]

概要

チェインメイル( :chain mail )は「形式の防具」であり、「細く伸ばした鋼線を作り、それらを互いに連結しての形に仕立てた」ものを指す。

語源など

この単語に用いられるメイル郵便電子メールを意味する"mail"と同じスペルである。
(そのため『文面に転送指示が含まれる手紙』、転じて「電子化した不幸の手紙」であるチェーンメールも英語表記は"chain mail"と記述される)
メールが古フランス語のmale (バッグ、財布)等を由来とするのに対して、メイルは中英語のmaille (鎖帷子)を語源としており「mail」単体で鎖帷子を意味する。
英語圏では「チェイン」フランス語圏では「メイル」と呼ばれていたものが融合した言葉であり、正確には誤用となる。

鎖帷子

鎖帷子』の英訳とみなされる場合があるが、実際には「東洋の鎖帷子」と「西洋のチェインメイル」は製法や構造もさることながら、防具としての運用が異なるため、同一のものとしてみなされない場合がある( 詳細に関しては鎖帷子の記事を参照 )。
ちなみに英語圏においては鎖帷子とチェインメイルを区別していない。

西洋での扱い

この鎧はケルト人により原型が作られたといわれ、その後ローマ人がこれを発展させたとされ、10世紀ごろにはヨーロッパ全域で使用されるようになったとされ、有名なところではカタフラクトテンプル騎士団などがあげられる。

利用の変化

その後、斬撃以外の攻撃には防護効果が薄いとして、単独で用いられることはなくなったものの、板金で補強プレートメイルとして利用したり、他の鎧の下に着用し、さらにこの下に布の衣装を着用するするなどの利用がなされた。

西アジアでの扱い

起源は不明。古代ローマ帝国の時代からワンピース型やシャツ型のチェインメイルが用いられるようになる。ワンピース型は富裕層の兵士に用いたが、それ単体で使われるよりも、後述のラメラーアーマーやスケイルアーマーと呼ばれる丈夫な布地に小さな金属片を鱗状に取り付けた鎧を重ね着することが多かった。
これ以降、西アジアの鎧はチェインメイルをベースとするタイプのものが主流になっていく。
(チェインメイルは通気性に優れていたため、気温の高い西アジアや南アジアの気候にはうってつけであったのである。)

オスマントルコの時代になるとプレートで補強したタイプが登場した。

東アジアでの扱い

この鎧は東洋においては、チェインメイルが伝わる前にラメラーアーマー、小さな板に穴をあけた物をなどでつなぎ合わせて作られる鎧が普及していたため、この種のものがメインとして用いられることは少なかったが、例外も存在する。

中国

少なくとも中国にはなかったタイプの鎧であり、西アジアから伝わったようである。長らく補助的な役割であったが15世紀ごろから銃火器の発達により鎧が軽装かの一途をたどっていたため用いられるようになった。

日本

日本においては少なくとも平安時代末期には存在していたといわれるが、西方より大陸を介して伝わったとされる。基本的には腕部を保護する籠手の一部に用いられるのみで胴体などの防御にはあまり用いられなかったと推測される。これは東アジアでは、欧州の戦場と違い弓矢が重視されたためであり、日本では鎖帷子が伝来する前により防御力の優れたラメラーアーマー(小札鎧)が普及し生産体制が確立していたためでもある。
(衣服の下に鎖帷子を着込むようになったのも、戦国時代末期になってからで、それまでは「着込み」とも呼ばれる小札鎧の胴当てを使用していた。)

鎖帷子の普及が遅かった日本であるが、全く使われていなかったわけではなく、上位の兵が鎧の下に身に着けたり、隠密活動の際着用したりしているほか、現代でいう警察にあたる同心も状況によっては身に付ける場合もあった。

そのほか

関連項目

防具 鎖帷子
プレートメイル

参照

wikipedia:鎖帷子ラメラーアーマー

pixivに投稿された作品 pixivで「チェインメイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2061

コメント