ピクシブ百科事典

テンプル騎士団

てんぷるきしだん

中世ヨーロッパで活躍した騎士修道会。正式名称は「キリストとソロモン神殿の貧しき戦友たち(ラテン語: Pauperes commilitones Christi Templique Solomonici)」であり、日本語では「神殿騎士団」や「聖堂騎士団」などとも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

 十字軍活動以降、いくつかの騎士修道会(キリスト教の勢力拡大のための軍事行動を目的とする修道会)が誕生したが、テンプル騎士団はその中でももっとも有名なものである。創設は1096年の第1回十字軍の終了後であり、西ヨーロッパ人によって確保されたエルサレムへの巡礼に向かう人々を保護するために設立された。
 主な敵であったエジプトマムルークは、奴隷でありながら主君から重用された騎兵であり、

修道士と奴隷


 が「修道士と奴隷」であるとは、歴史に詳しくないとかなり意外だろう。

出自

 テンプル騎士団はその設立経緯から「修道士が武器を取った」というより「騎士が修道誓願を行った」という性質の強い修道騎士団である。中世には貴族の子弟のうち領地を継がない二男・三男や庶子を修道院に入れることはよくあることで〈脚注1〉、例えば十字軍を呼び掛けたウルバヌス2世は貴族の子弟でありクリュニー修道院出身であった(日本でも三男が出家することは珍しくなく、足利義教などは代表例である)。
 重装騎兵となるには武装しての騎乗を長期にわたって訓練する必要があり、ただの修道士が訓練していきなりできるようなものではなかった。しかし修道士は貴族出身が多く、当時の西欧貴族は日本の武士に近い存在であり、修道院に入る前に騎士としての訓練を積んだ者もあった。
こうして実家を継げなかった貴族が騎士となり、平民出身者が従士となり、これに修道司祭を加えて騎士修道会が成立していった。

活躍

 十字軍は寄せ集めであり、参加者個々人の私利私欲で動くことも珍しくなく、第四回十字軍などはスポンサーの商人の意向で味方であるはずの都市を攻撃して略奪する有様であった。その中にあって、十字軍の当初目的に忠実なテンプル騎士団は、士気も高く十字軍側で随一の成果を上げた。
この功績により数多くの寄進をうけ様々な特権を与えられ肥大化して行くが、これは周囲の嫉妬と警戒を生むことにもなり、後の悲劇につながっていく。

資産

 修道会という性質のためその会員は入会時に私有財産をすべて喜捨するが、そのために修道会は富裕化し、金融業を営むこととなる。
当時それに類することをしている修道会も多少はあったが、テンプル騎士団の場合は軍事活動のための資金確保のためという事もあり規模が格段に大きく、金融業部門は拡大を続け、その相手には王侯貴族も含まれていた。

終焉、そして現在

 結果それがアダとなり、エルサレムを失い十字軍が下火になったのち、最期はフランス王と敵対し、王の息が掛かった教皇に悪魔崇拝、男色行為、異端容疑をでっち上げられ、借金を踏み倒された挙句滅ぼされてしまった。総長ジャック・ド・モレーらは火刑に処され、資産は没収された。
ただし、ポルトガル王国の支部は、「キリスト騎士団」と名を変えて存続、今ではポルトガル共和国が授与する勲位となっている。そのほかにもスコットランド、ドイツ、キプロス島では無罪とされている。
現在のカトリック教会においては、テンプル騎士団にかけられた容疑は完全に冤罪であるとされており、名誉回復がなされている。

伝説と創作

 入会に際して秘密儀式があり(騎士叙階を模したものでオカルト的なものではなかったようだが)、隆盛を極めながら一気に滅亡したテンプル騎士団にまつわる伝説は数多く、

  • エルサレムで聖杯聖櫃や聖十字架を発見した
  • 一部の秘密結社が、権威付けのために「我々はテンプル騎士団の流れを汲む」と主張する
などの伝説は良く語られる。

また、フィクションでもテンプル騎士団をイメージした団体は多い。
ファンタジー職業パラディンも、11世紀成立の「ローランの歌」が出典であり、この作品自体が十字軍を生んだ中世の騎士道的価値観に依拠した作品であるため、モチーフであるシャルルマーニュカール大帝)の12人の騎士より、テンプル騎士団の方がイメージに近いものとなっている。

ダン・ブラウンの小説で映画化もされた「ダ・ヴィンチ・コード」にもテンプル騎士団が登場。
シオン修道会と共に名が挙げられ、謎を解く手がかりになっている。
その他、ウンベルト・エーコの「フーコーの振り子」、ピエール・クロソウスキーの「バフォメット」においても重要な舞台装置となっている。

アクションゲーム「アサシンクリード」シリーズにおいては、主人公らアサシン教団の敵として登場。
現代においては巨大複合企業に姿を変えており、世界の裏側で暗躍しつつ人類を支配しようとしている。しかし本人達は人類以前の文明の遺物を用いて、アサシン教団とは別のやり方で人類を守ろうとしているに過ぎず、厳密に「悪の組織」という訳ではない。
後のシリーズ作においては、テンプル騎士団についたアサシンが登場し、アサシン教団の欺瞞を示す展開も見られた。

外見

 戦場にあっては、11世紀当時の一般的な重装騎兵のスタイルである。具体的には、

などである。pixivでは、歴史上のテンプル騎士団だけでなく、十字軍の騎士風のイラストも含めて「テンプル騎士団」タグが付いている。

関連イラスト



関連タグ

修道士 修道会 騎士 騎士団
聖ヨハネ騎士団……同時期にできた、巡礼に宿泊と医療を提供する騎士修道会。現在のマルタ騎士団
エルサレム
チェインメイル
秘密結社 聖杯
アサシンクリード

脚注

1: Peter Campbell, Power and politics in old regime France, 1720-1745 (Routledge, 2003) p 22

pixivに投稿された作品 pixivで「テンプル騎士団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121647

コメント