ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

シャルルマーニュ(仏)のドイツ語読み。
他にカルロ・マーニョ(伊)、カロルス・マグヌス(羅)、チャールズ・ザ・グレート(英)など。
現在の西ヨーロッパと呼ばれる地域のほぼ全てを制圧し、「ヨーロッパの父」と呼ばれる。
カール大帝の築いた西フランク王国(フランス)と東フランス王国(ドイツ)の後裔国家において自分たちの建国者、国家的英雄と捉えられており、フランス語読みのシャルル大帝、ドイツ語読みのカール大帝で呼ばれることが多い。

カロリング朝フランク王国ピピン3世の子でフランス王。
後に西ローマ皇帝、初代神聖ローマ皇帝ともされた。

主な経歴

ローマ教皇ハドリアヌス1世は、カトリック教会の権威復興と保護を求め、カールに援軍を要請した。
父王ピピン3世も教皇ザカリアスによってフランス王となる大義名分を与えられ、メロヴィング朝を倒して自らのカロリング朝を樹立したため、「ピピンの寄進」を行って教会を保護した。
このような経緯からカールも父王に倣ってカトリック教会を自分の統治に利用する。

カールは長年の遠征で東はスペインの一部、西はドイツに至るまで領土を広げた。
これは、西ローマ帝国崩壊後のヨーロッパの秩序を回復する偉業であり、カトリック教会は彼にローマ皇帝の称号を与え、全キリスト教信者の庇護者と顕彰した。
この事件は、のちのち歴代の皇帝と教皇が互いに相手を利用し合い権力闘争を繰り返すことにも繋がった。
一方で東ローマ帝国(ビザンツ帝国)は、カールの戴冠を認めず、彼をフランク皇帝と呼んでローマ皇帝とは認めなかった。
カール自身も東ローマに配慮して自らローマ皇帝を名乗ることは、避けたと言われる。

カールは、自らの死に際し、王国を3つに分割して子供に相続させた。
これが後のフランス王国(のちにオランダとベルギーが別れる)、神聖ローマ帝国(さらにオーストリアとドイツなどに別れる)、イタリア諸国となった。
このようにカールの築いた王国は、ヨーロッパの様々な国に別れていったのである。
取り分けフランスは、カール大帝をフランスの英雄と位置づけ、シャルルとフランス語読みで呼び、神聖ローマ帝国に対抗しようとした。
対する神聖ローマ帝国は、自らこそフランク王国の後裔国家と位置づけ、ヨーロッパ全土の支配者として振る舞おうとした。
フランスとドイツの対立は、ヨーロッパ史にたびたび戦火を招いた。
カールの築いた平和が、カールの栄光を奪い合う骨肉の争いに結びついたのは、皮肉と言わざるを得ない。

カロリング・ルネサンス

カールは、フランク王国をキリスト教帝国にしたいと考えていた。
すなわち統治の安定には、国民に宗教を浸透させ、教会にも優秀な人材を育てさせることだと考えた。
アーヘン大聖堂は、カールの文化振興のシンボルとして世界遺産となった。

人物

学者兼伝記作者のアインハルトによると容姿は小太りの長身(195cm)で髪はふさふさとした銀髪、少し甲高い声であった。
馬術・狩猟・水泳が得意で特に水泳は宮廷に温泉プールを作るほどに熱中したらしく一族部下がおよそ100人ほど集まることもあったがそれでも誰も彼に勝てなかったという。
また文字の読み書きは出来なかった。ただしラテン語やギリシャ語を習い前者は自由に会話できていたとのこと。読書、というより聴書も好み神学者アウグスティヌスの著作『神の国』が特にお気に入りだったらしい。

その他

トランプ

トランプのハートのキングのモデルとされている。

シャルルマーニュ伝説

中世文学にてシャルルマーニュとそのパラディン達は多くの作品の題材となりブリテンアーサー王伝説ギリシャ神話(ローマ神話)、ローマの歴史に並ぶほどの人気を誇った。

ジョワユーズ

別表記:ジュワユーズジュワユースジュワイユーズ
シャルルマーニュ伝説にて彼が所持していたとされる剣。
詳細は該当記事を参照。

ガロセフェレ

カール大帝が異教徒の王ガラフより授かった剣。

創作物におけるカール大帝

英雄戦姫

英雄さん達



Fateシリーズ

聖なるかな
シャルルマーニュ


カール大帝名義でルーラー、シャルルマーニュ名義でセイバーサーヴァントとして登場。
それぞれカール大帝(Fate)シャルルマーニュ(Fate)を参照。

ドリモグだァ!!

第1シリーズのラスボスとして登場。

関連タグ

フランク王国 ローマ皇帝

関連記事

親記事

フランク王国 ふらんくおうこく

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カール大帝」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カール大帝」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17292

コメント