ピクシブ百科事典

ルーラー(Fate)

るーらー

ルーラー(Fate)とは、Fateシリーズに登場するサーヴァントのクラス
目次[非表示]

概要

裁定者の英霊。いわゆる、エクストラクラスの1つ。
聖杯自身に召喚され、『聖杯戦争』という概念そのものを守るために動く、絶対的な管理者。部外者を巻き込むなど規約に反する者に注意を促し、場合によってはペナルティを与え、聖杯戦争そのものが成立しなくなる事態を防ぐためのサーヴァント。
そのため現界するのにマスターを必要とせず、「中立の審判」として基本的にどの陣営に組する事もない。

裁定の基準は召喚されたサーヴァントに完全に委任されているためその基準はまちまちで、表沙汰になろうがなるまいが、無関係な人間を巻き込んだ時点で対象者にペナルティを与えるルーラーも存在する。当然ながら、ペナルティや違反者の排除を実行する際の考え方もサーヴァントごとに異なる。

このクラスに関する情報は大聖杯で厳重に秘匿されているため、他のマスターやサーヴァントには「ルーラー」のサーヴァントが如何なる存在なのか、正確に把握している者は存在しない。
また聖杯戦争がどれほど大規模化しても、基本的にルーラーのサーヴァントは一人しか召喚されない模様。
しかし『Fateシリーズ』において基本的なルールは破られること自体がお約束となっており、事実『Fate/Apocrypha』には二騎のルーラーが登場している。大体はアインツベルンのせい。

クラスカードのイラストは長剣と天秤を持った正義の女神

召喚条件

「ルーラー」は本来、通常の聖杯戦争で召喚される事は無い。召喚され得る事態は大きく分けて二つ。
一つは「その聖杯戦争が非常に特殊な形式で、結果が未知数なため、人の手の及ばぬ裁定者が聖杯から必要とされた場合」。もう一つは、「聖杯戦争によって、世界に歪みが出る場合」である。

「ルーラー」は勝利者が叶えようとする願望に例えそれが我欲による物であろうとも干渉しない。だが「世界の崩壊を招く」願いは絶対に許容せず、聖杯戦争によって世界の崩壊が理論的に成立すると見做された時点で「ルーラー」は召喚される。

このクラスの選定条件はいくつも存在するらしく、『現世に何の望みもない事』『特定の勢力に加担しない事』が分かっている。この条件のため、ルーラーのクラスで召喚されるのは「聖人」と認定された英雄が多いという。

しかし、アインツベルンのルール違反召喚やカルデアでの召喚などイレギュラーなケースにおいてはこの条件が当てはまらないことが多い。
rulerの本来の意味には『支配者』という意味もあるので、などの統治者の英霊(特に「後世に雛形となった」と目される的統治を発案・実施した者)もこのクラスに該当する者が多いと思われる。
実際に『EXTELLA LINK』ではカール大帝が、『Grand Order』では始皇帝が、それぞれ特殊な条件下ではあるがこのクラスで現界した。

クラス別スキル

対魔力魔術に対する抵抗力(※)
真名看破サーヴァントの真名を知ることができる。
神明裁決命令やペナルティを執行するため、召喚された聖杯戦争に参加する全サーヴァントに使用可能で、絶対命令を下せる特殊な令呪を各サーヴァントごとに二画保有する。

現在登場しているルーラーは、ホームズ以外全員が対魔力スキルを所持している(クラス別スキルかは未確定)。

またスキルとしては表記されていないが、10キロ四方に及ぶサーヴァントに対する知覚能力が与えられる。
この知覚能力はサーヴァントの生存・消滅を確認するためのもので霊基盤を上回るほどの精度があるが、『気配遮断』を持つアサシンの場合、存在することは分かっても具体的な座標を掴むことはできない。

基本ステータス

聖杯戦争の運営役として、戦いに秩序を持たせられるだけの力を与えられているからか、パラメータはおそらく全体的に高い。

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
????????????

Fate/Apocrypha

聖杯大戦

我が神はここにありて


ルーマニアでの聖杯大戦でルーラーとして召喚された少女。
フランス救国の聖女、オルレアンの乙女。
詳しくはジャンヌ・ダルク(Fate)を参照。

第三次聖杯戦争

FA log


冬木の第三次聖杯戦争にてアインツベルンが召喚したイレギュラーなルーラー。
百姓一揆「島原の乱」の指導者である少年。
詳しくは天草四郎(Fate)を参照。

Fate/EXTELLA LINK

聖なるかな


西ヨーロッパの統一を成し遂げた覇王であり、シャルルマーニュ王のモデルとされる。
詳しくはカール大帝(Fate)を参照。

Fate/GrandOrder

Epic of Remnant

ホームズ実装


元キャスターのサーヴァントであり、カルデアの安楽椅子探偵となった時にクラスチェンジされた。
ロンドンはベイカー街に居を構えた「探偵」の代名詞であり、天才的な観察眼と推理力を持つ。
詳細はシャーロック・ホームズ(Fate)を参照。

Cosmos in the Lostbelt

始皇帝


暴君としての横暴さと名君としての智性を併せ持つ、中華皇帝の源流。
機械の体を手に入れ世界統一を成した、「知的好奇心と支配欲の怪物」とされる異聞存在。
詳しくは始皇帝(Fate)を参照。

イベント限定サーヴァント

マルタ  水着ver.


「ベタニアのマルタ」の異名で知られる聖女。
普段はライダーとして召喚されるが、今回は霊基を弄ったせいか、衣装を着て開放的になったせいか色々と荒っぽくなっている
詳しくはマルタ(水着)を参照。

サンバお姉ちゃん


サンタでサンバな4代目サンタ。クリスマスを色々勘違いしている。
詳しくはケツァル・コアトル〔サンバ/サンタ〕を参照。

余談

上記の通り、聖杯戦争における中立の審判・調停者という立場であり、分類されている面子も聖職者や祖なる王、探偵といったおおよそ殴りあいとは程遠いイメージを持つ人物ばかりである。
が、『Fate』シリーズにおける彼らは、何故か揃いも揃って武闘派ばかりとなっており、一部型月ファンからは、FGOでの性能などからゴリラのクラスとさえ評されている。

1騎ずつ見ていくと

  • ジャンヌ:性能面は純防御タイプだが、本人の思考が割と脳筋。
  • 天草:バスター強化を持ち、相手のバフをひっぺがしながらバスター宝具で殴る。ただし他と比べると脳筋度は低め。
  • マルタ:宝具含めてバスター4枚という典型的なバスターゴリラ。思考も結構脳筋。
  • ホームズ:味方全体を無敵貫通、防御無視、クリティカルで強化し、自身のスキルで星出しと星集中を完備するバリツマン。
  • 始皇帝:宝具効果が強力なクリティカルバフを中心とした自己強化で、それを中心とした高火殴りが主軸になる。
  • ケツァル・コアトル:性能は耐久寄りだが、思考が筋金入りの武闘派。

と、何かしら高火力を出すための手段があるためゴリラ扱いされやすい。
ただしこれはルーラーというクラスが有利相性を取りにくいという事情があり、それを補うための調整だと思われる(ただし史実からしてゴリラ思考だったジャンヌはあれだが…)。

関連項目

Fateシリーズ サーヴァント エクストラクラス
聖人  審判 中立 戒律

アヴェンジャー:復讐者の英霊たち。ある意味ルーラーの対極に位置づけられたクラス。

pixivに投稿された作品 pixivで「ルーラー(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1873183

コメント