ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

裁定者、あるいは調停者の英霊。いわゆるエクストラクラスの1つ。

聖杯自身に召喚され「聖杯戦争」という概念そのものを守るために動く、絶対的な管理者。部外者を巻き込むなど規約に反する者に注意を促し、場合によってはペナルティを与え、聖杯戦争そのものが成立しなくなる事態を防ぐためのサーヴァント

そのため現界するのにマスターを必要とせず「中立の審判」として基本的にどの陣営に組する事もない。


裁定の基準は召喚されたサーヴァントに完全に委任されているためその基準はまちまちで表沙汰になろうがなるまいが、無関係な人間を巻き込んだ時点で対象者にペナルティを与えるルーラーも存在する。当然ながら、ペナルティや違反者の排除を実行する際の考え方もサーヴァントごとに異なる。


このクラスに関する情報は大聖杯で厳重に秘匿されているため、他のマスターやサーヴァントには「ルーラー」のサーヴァントが如何なる存在なのか正確に把握している者は存在しない。

また聖杯戦争がどれほど大規模化しても基本的にルーラーのサーヴァントは一人しか召喚されない模様。

しかし「Fateシリーズ」において基本的なルールは破られること自体がお約束となっており、事実『Fate/Apocrypha』には二騎のルーラーが登場している。大体はアインツベルンのせい。


クラスカードのイラストは長剣天秤を持った正義の女神


召喚条件編集

本来、通常の聖杯戦争で召喚される事は無い。召喚され得る事態は大きく分けて2つ。

1つは「その聖杯戦争が非常に特殊な形式で、結果が未知数なため、人の手の及ばぬ裁定者が聖杯から必要とされた場合」。もう1つは「聖杯戦争によって、世界に歪みが出る場合」である。


「ルーラー」は勝利者が叶えようとする願望にたとえそれが我欲による物であろうとも干渉しない。だが「世界の崩壊を招く」願いは絶対に許容せず、聖杯戦争によって世界の崩壊が理論的に成立すると見做された時点で召喚される。


このクラスの選定条件はいくつも存在するらしく「現世に何の望みもない事」「特定の勢力に加担しない事」が分かっている。この条件のため、ルーラーのクラスで召喚されるのは「聖人」と認定された英雄が多いという。

しかし、アインツベルンのルール違反召喚やカルデアでの召喚などイレギュラーなケースにおいてはこの条件が当てはまらないことが多い。


「ruler」の本来の意味には「支配者」という意味もあるので、などの統治者の英霊(特に「後世に雛形となった」と目される的統治を発案・実施した者)もこのクラスに該当する者が多いと思われる。

実際に『EXTELLA LINK』ではカール大帝が、『Grand Order』では始皇帝がそれぞれ特殊な条件下ではあるがこのクラスで現界した。

なお、治世の方向性の善悪は問わないようで復讐者に相応しい逸話を持ちながら裁定者として喚ばれた英霊が存在する


またホームズやモリアーティがルーラークラスとなっているのには何かしらの重大な理由があるとされる。詳しくは彼らの項目にて。


クラス別スキル編集

対魔力※魔術に対する抵抗力。
真名看破ルーラーとして召喚されることで、直接遭遇した全てのサーヴァントの真名及びステータス情報が自動的に明かされる。ただし、隠蔽能力を持つ相手には幸運判定が必要
神明裁決命令やペナルティを執行するため、管理を担う聖杯戦争に参加するサーヴァントへ絶対命令を下せる特殊な令呪を、全員に対し二画ずつ保有する

※クラス別スキルとは明言されていないが、『Fate/Grand Order material』にて水着ダヴィンチがルーラーとなって「対魔力」を得た、サンバサンタが元々あった高い抗魔力がルーラー化でさらに向上したと解説されることから、「対魔力」はルーラーのクラススキルであると推測される。


またスキルとしては表記されていないが、10キロ四方に及ぶサーヴァントに対する知覚能力が与えられる。この知覚能力はサーヴァントの生存・消滅を確認するためのもので霊基盤を上回るほどの精度があるが「気配遮断」を持つアサシンの場合、存在することは分かっても具体的な座標を掴むことはできない。


基本ステータス編集

聖杯戦争の運営役として、戦いに秩序を持たせられるだけの力を与えられているからか、パラメータはおそらく全体的に高い。

筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
????????????

Fate/Apocrypha編集

聖杯大戦編集

貞德

トゥリファスの聖杯大戦にてルーラーとして召喚されたサーヴァント。「オルレアンの乙女」と呼ばれた救国の聖女。

詳細はジャンヌ・ダルク(Fate)を参照。


第三次聖杯戦争編集

燃

冬木の第三次聖杯戦争にてアインツベルンが召喚したイレギュラーなルーラー。島原の乱の指導者である若き聖者。

詳細は天草四郎(Fate)を参照。


Fate/EXTELLA LINK編集

聖なるかな

12人の精鋭騎士を率い、西欧の統一を成し遂げた覇王。

詳細はカール大帝(Fate)を参照。


Fate/Grand Order編集

Observer on Timeless Temple編集

神聖円卓領域 キャメロット編集

シャーロック・ホームズ

誰もがその名を知るベイカー街の名探偵。

第六特異点第一亜種特異点での邂逅の後、カルデアの協力者となった元キャスター

詳細はシャーロック・ホームズ(Fate)を参照。


Cosmos in the Lostbelt編集

人智統合真国 シン編集

始皇帝

中国の初代皇帝。

世界征服を成し遂げ、恒久の平和を築いた異聞の真人。

詳細は始皇帝(Fate)を参照。


星間都市山脈 オリュンポス編集

センシティブな作品

ギリシャ神話における天空の神にして全能神。

NPCとしてのみ登場。

詳細はゼウス(Fate)を参照。


死想顕現界域 トラオム編集

MORIARTY

犯罪界のナポレオンの未熟な若き日の姿。

詳細はジェームズ・モリアーティ(ルーラー)を参照。


らぶらぶはぁとヨハンナ

中世ヨーロッパの伝説的な女教皇。

実在を否定された奇跡の担い手。

詳細はヨハンナ(Fate)を参照。


イベント限定サーヴァント編集

水着サーヴァント編集

センシティブな作品

2016年夏イベントにてクラスチェンジしたマルタ。開放的になったせいでが出ている。

詳細はマルタ(水着)を参照。


センシティブな作品

2019年夏イベントにてクラスチェンジし、バニーガールとなったランサーのアルトリア。カジノキャメロットの支配人。

詳細は水着獅子王を参照。


ダヴィンチちゃんとステくん

2021年夏イベントにてクラスチェンジしたダ・ヴィンチちゃん。自作のメカ恐竜をお供にしている。

詳細はレオナルド・ダ・ヴィンチ(水着)を参照。


FGO : 2022_Summer

2022年夏イベントにてクラスチェンジしたスカディ。水着はやっぱり恥ずかしいらしい。

詳細はスカサハ=スカディ(水着)を参照。


センシティブな作品

2023年夏イベントにてクラスチェンジしたメリュジーヌ人理に干渉して適性をぶん取った。やべぇこいつ。

詳細はメリュジーヌ(水着)を参照。


サンタサーヴァント編集

センシティブな作品

2018年クリスマスイベントにてクラスチェンジしたケツァル・コアトル。サンタでサンバな4代目サンタ。クリスマスを色々と勘違いしている。

詳細はケツァル・コアトル〔サンバ/サンタ〕を参照。


コラボイベント編集

レディ・ライネスの事件簿

FGOまとめ2

「レディ・ジャスティス」の異名を持つ、ギリシャ神話の正義を司る女神。とある淑女を依代とする疑似サーヴァント。

詳細はアストライア(Fate)を参照。


盈月剣風帖

アショカ王

“転輪聖王”の称号を持つ、覇王にして聖王たる王。

NPCとしてのみ登場。

詳細はアショカ王(Fate)を参照。


ぐだぐだイベント編集

ぐだぐだ邪馬台国

FGO 卑弥呼

邪馬台国の初代女王。

神秘の拳で敵をぶっ飛ばす最強巫女。

詳細は卑弥呼(Fate)を参照。


ぐだぐだ新邪馬台国

壱与ちゃん

卑弥呼の後継者たる二代女王。

華麗な足技で敵を蹴っ飛ばす月夜の巫女。

詳細は壱与(Fate)を参照。


ぐだぐだ超五稜郭

謙信ちゃん!

戦場の裁定者にしてかの毘沙門天の化身。

越後の軍神の、ありえたかもしれない姿。

詳細は上杉謙信(Fate)を参照。


バレンタインイベント編集

カレン・C・オルテンシア

2021年バレンタインイベントに登場。

キューピッドの起源である愛の伝道師。とある修道女を依代とする疑似サーヴァント

詳細はカレン・C・オルテンシアを参照。


Fate/Samurai Remnant編集

逸れのルーラー編集

若旦那

あの人物がまさかの掟破りのルーラーとしての登場。

詳しくは若旦那(Fate/SamuraiRemnant)を参照。


慶安神前試合編集

センシティブな作品

慶安神前試合にて召喚された伊吹童子

詳細は伊吹童子(ルーラー)を参照。


氷室の天地 Fate/school Life編集

西洋哲学の礎を築いた哲学者。レスラーとしての顔を持つ文武両道の賢人。

詳しくはプラトン(Fate)を参照。


その他適性があると明言されている英雄編集


殴ルーラー編集

上記の通り、聖杯戦争における中立の審判・調停者という立場であり、分類されている面子も聖職者や祖なる王、探偵といったおおよそ殴りあいとは程遠いイメージを持つ人物ばかりであるがFateシリーズにおける彼らは何故か揃いも揃って武闘派ばかりとなっており、誰が呼んだか「殴ルーラー」。一部型月ファンからは、『FGO』での性能などからゴリラのクラスとさえ評されている。


関連項目編集

Fateシリーズ サーヴァント

クラス(Fate) エクストラクラス

聖人  審判 中立 戒律


セイヴァー:上司と言えるクラス。


アヴェンジャー:復讐者の英霊たち。ある意味ルーラーの対極に位置づけられたクラス。

関連記事

親記事

エクストラクラス えくすとらくらす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3511536

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました