ピクシブ百科事典

疑似サーヴァント

ぎじさーゔぁんと

疑似サーヴァントとは、Fateシリーズに登場するサーヴァントの一種。人に英霊を憑依させて召喚したもの。
目次[非表示]

概要

通常のサーヴァントのようにその英霊の霊基へ魔力によって肉体を与えたものではなく、現世の肉体に英霊を憑依させることで英霊を補強または格落ちさせて召喚させた存在。通常のサーヴァントを「使い魔」と表現するなら、この疑似サーヴァントは「憑依体」と表現できる。

特殊ではあるがサーヴァントであることは変わらず、特定のクラスを持ち、宝具の使用などその能力は通常のサーヴァントと大きく違わない。ただしその特殊さから幾つか特徴があり、通常のサーヴァントとは以下の違いが見られる。

  • 外見は依代に依存する。
    • そのため英霊と疑似サーヴァントの容姿や性別は必ずしも一致しない。
  • 人格は依代のものと英霊のものが混じり合い、第3の人格を形成する。
    • 基本は英霊の人格が主体となるが、英霊側の人格が主導権を譲渡・放棄、または英霊の人格が何らかの理由で消滅した場合は依代の人格が主導権を得る。
  • 憑依した人間自体を依代としているため、マスター=サーヴァントである場合が多く、必ずしも魔術師のマスターを必要としない。
  • 既存の肉体を使用しているため霊体化できない。また通常のサーヴァントと違って肉体の生理活動の維持にある程度労力を割く必要がある(食事や睡眠など)。
基本的に何らかの理由(サーヴァントになるには霊基が弱すぎたり強すぎたり、もしくは召喚時に致命的なエラーが発生したりサーヴァント化を拒否したり)で召喚できない場合にこの疑似サーヴァントとして召喚される。所謂「変則召喚」である。

これによって本来はサーヴァントとして召喚できない神霊を召喚したり(ただし神霊の能力(権能)を持ちこむことはできず、英霊の能力として再現されたものに置換される)、サーヴァントとしては霊基が足りない存在を実用レベルで召喚する事が可能。
依代の選考基準として「現界するサーヴァントと最も相性の良い(特に聖杯に縁のある)者」という共通点があり、必然的に冬木市や時計塔の関係者で占められている。

一覧

依代英霊
ロード・エルメロイⅡ世諸葛孔明
遠坂凛イシュタル
遠坂凛エレシュキガル
藤村大河ジャガーマン
間桐桜パールヴァティー
間桐桜(黒桜)カーマ
衛宮士郎千子村正
言峰綺礼グリゴリー・ラスプーチン
イリヤスフィール・フォン・アインツベルンシトナイ、ロウヒ、フレイヤ
ライネス・エルメロイ・アーチゾルテ司馬懿
ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトアストライア
氷室鐘アメリア・ジェンクス・ブルーマー
蒔寺楓石川啄木
三枝由紀香フリードリヒ・ニーチェ


デミ・サーヴァント

上記の疑似サーヴァントと基本的に同じ特徴を持つ存在だが、こちらは言うなれば「世界のシステムを盗用して人工的に受肉させられた英霊兵器」。
依代にはサーヴァントの魂を受け入れやすい希薄な自我と、魔力供給を賄うだけの優秀な魔術回路が求められる為、優秀な魔術師の遺伝子を調整したデザイナーベビーに触媒となる聖遺物を魔術的に埋め込み使用する。
生まれながらに調整された存在であるため英霊の憑依にも耐えうるが、それ以外の者では自我が英霊の霊基に耐え切れず崩壊、あるいは英霊のものに上書きされて消失するという。

もちろん奇跡に近い英霊召喚、しかもその例外を利用したこの方法が簡単に成功するわけもなく、人理保証機関カルデアの公式記録ではマシュ以外の全員が死亡し失敗に終わっている。
また、依代は器としてのスペックだけを優先したため、サーヴァントとして力を振るうたびに寿命が磨り減る等して常人より遥かに短命であったり、英霊の能力自体が影響して依代を人ならざるものへ変質させていく場合がある。

またSE.RA.PHのある時間軸においても確認されているが、これは暴走したムーンセルがマスターとサーヴァントのデータを混合させて造り出したもので、厳密には異なる。

デミ・サーヴァント、もしくはそれに類する者

依代英霊
マシュ・キリエライトギャラハッド
ジークジークフリートファブニール
遠坂リンクー・フーリン
ラニ=Ⅷ呂布奉先
グレイ (※)"輝ける王"
※不憫に思った関係者の手によって阻止されたため未遂。

夢幻召喚(インストール)

ある世界で考案された術式で、クラスカードと呼ばれる触媒を用いて英霊の力を術者自身が纏うことにより、一時的に人間をサーヴァント化できるシステム。
デミ・サーヴァントと同様に憑依体ではあるが、具現化するのは「サーヴァントの能力」のみであり、人格は基本的に召喚者自身のままで変わりがない。
具体的な運用実態などに関しては夢幻召喚を参照。

英霊憑依(ポゼッション)

こちらもデミ・サーヴァントと同様に憑依体だが、マスターに負担こそかかるものの、意思を持つサーヴァントと自在に分離する事が可能。
明確な違いとしては英霊憑依を行った場合、マスターの外見年齢がサーヴァントに近い状態へと引き上げられる。憑依状態の能力はサーヴァントのものだが直接的な行動権はマスターにあり、サーヴァントのみに対する特攻性のある攻撃から霊基を保護することが可能。
現状では、そのために調整されたホムンクルスであるコハル以外には確認されていない。

英霊憑依該当者

依代英霊
コハル・F・ライデンフロースギャラハッド・オルタ

余談

Fate/GrandOrderから初出の設定ではあるが、Fate/hollowataraxiaでは生きた魔術礼装とも言えるリーゼリットが疑似サーヴァントと呼称されたこともある。

それ以外の作品にも英霊を人に憑依させて召喚された例が存在し、恐らくそうだとは思われるが、疑似サーヴァントとして扱われるかは明言されていない(レティシアジャンヌフィリア■■■■■など)。

両儀式は同作にて、英霊ではないのにサーヴァント化した自身を疑似サーヴァントであると発言していたが、別に英霊を憑依させているわけではない。

関連タグ

サーヴァント 憑依

ハイ・サーヴァント フォーリナー(Fate):神性の一部が入り込んだ者しか該当しないカテゴリ

関連記事

親記事

サーヴァント さーゔぁんと

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「疑似サーヴァント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44493

コメント