ピクシブ百科事典

ジーク(Fate/Apocrypha)

じーく

ジークとは、『Fate/Apocrypha』の登場人物。
目次[非表示]

助けて欲しい、と彼らは願っている。その声を聞いてしまった。
聞かなかったふりをする事も、逃げ出すことも、俺には出来ない。
英雄から託された、この心臓(ほこり)に懸けて、それだけは決して

プロフィール

スペルSieg
誕生日不明
血液型不明
身長165cm(物語開始当初)
体重53kg(物語開始当初)
年齢0歳
イメージカラー透明
特技なし
好きなものなし
苦手なものなし
天敵天草四郎時貞
CV花江夏樹


概要

Fate/Apocrypha』における、もう一人の主人公
ユグドミレニアに造られた、儚げなホムンクルスの少年。

当初はその出生のため名前が存在しなかったが、後に恩人である英雄から名の一部を受け継ぐ。

人物

その中性的な容姿とは裏腹に、一人称は「俺」。
完全な魔力供給用として設計されたため肉体は非常に脆く、当初は少し歩いただけでも体力を使い果たし、発声器官を使用すれば苦痛が伴ってまともに喋れない有様で、黒のアーチャーの診療を受けた時点では、三年ほどしか生きられないと判断されていた。
後述の一件で人並みの肉体へと成長するが、それでも身体能力に特別秀でている訳ではない。

性格は無垢、かつ天然。実直でユーモアに欠ける。
基礎知識や状況把握には長けているため、天然成分は主に感情の機微方面となる。
勉学に関してはかなり秀でており、お姉さんぶろうとしていたルーラーが逆に教えてもらう立場になるほど。

傍目には諦観しているように見えるが、実際は湧き上がる感情に困惑する、つまり「生きている」という刺激そのものに不慣れなだけである。落ち着いた見掛け以上に思い悩み、そして自己を定義することに苦心するなど、結果としてではあるが、精神は外見相応の少年である。
我を持った生命として生きていること自体が奇跡に近いこともあり、「どうやって生きていくのか」という問いに明確な答えを出せず煩悶する事となる。

略歴

ユグドミレニア一族により、アインツベルンの技術を流用して作り出されたホムンクルス。
彼を含むホムンクルスたちは元々、サーヴァントの宝具や自己治癒、魔術行使などによる魔力供給を肩代わりさせられるために生み出された、ただ消費されるだけの自我無き生命だった。だが、奇跡的な確率で自我に目覚めた彼は死への恐怖から魔術回路を駆動させ、魔力供給槽からの脱出に成功する。
しかし、歩くことすら設計されていない欠陥を抱えた体では城の外までは逃げられず、命運が尽きようとしていたその時、黒のライダーに助けられた。

しかしユグドミレニア城塞からの脱出の際、それを見とがめ逆上したゴルドの暴行で呆気なく瀕死の重傷を負う。元来の虚弱さもありこのまま死ぬのを待つしかないという状況だったが、黒のライダーの言葉を受けた黒のセイバーが自らの命と引き換えに心臓を与える。
それにより竜種の血が混じった事もあり、実戦での使用に耐えられるまでに肉体が成長した。それまでは無銘のホムンクルスだったが、恩人である英雄への感謝の念を込めて、この時から「ジーク」と名乗るようになった。

その後紆余曲折あって戦場に迷い出た結果赤のセイバーに討たれてしまうも、黒のバーサーカーの宝具の余波により再度蘇生。黒のセイバーの心臓が持つ悪竜の呪いが触媒となり、通常の令呪とは完全に異なる黒き紋様「竜告令呪」を発現させた。
その直後、嫉妬と嗜虐に狂ったセレニケに襲撃されるが、彼女もその言動が癇に障った赤のセイバーに殺され難を逃れる。そしてマスターを失った黒のライダーと契約し、彼のマスターとなる。

能力

魔力供給用として鋳造されたホムンクルスの中でも突出した魔術回路の持ち主で、一流と呼ばれる魔術師ですら及ばない程。
元より魔術回路を基盤として鋳造されたがゆえに情報を理解する能力には秀でており、この聖杯大戦や魔術についての知識も完璧に把握している。
手で触れた物体の組成を瞬時に解析し、魔力を変質・同調させ、最適な破壊を行う「理導/開通(シュトラセ/ゲーエン)」と呼ばれるアインツベルンの錬金術を元にした強力な攻撃魔術を行使することが可能。逆に魔術らしい魔術はそれしか使えない。

黒のライダーから細身の剣を譲渡されている。剣自体は宝具でもないただの武器にすぎないが、曲りなりにもサーヴァントの武装であり神秘を帯びているため、サーヴァントを傷つけることも可能。
戦闘に関しては、主に「理導/開通」とライダーの剣を使用する。

そして上記の経緯から複数のサーヴァントの力を一部その身に宿す事になるが、当初彼は与えられた力に戸惑っており、赤のセイバーとの初陣では十全に力を発揮させることが出来なかった。
しかしキャスターが放った『王冠・叡智の光』との戦いでは周りのサーヴァント達に遅れることなく連携を成功させ、確実にジークフリートの力を扱える器を身に付けていく。

竜告令呪(デッドカウント・シェイプシフター)

竜告令呪


彼の左手に発現した、全く前例の無い青い令呪。聖杯戦争の管理者であるルーラーですらその全容を理解していない。
その能力はルビの通り、余命を削ることを代償にジークフリートに「変身」できる。一画につき3分間限定で自らの体に「英霊ジークフリートそのもの」を憑依させ、その身体能力、戦闘経験値、宝具を含む保存能力を完全具現化する。
彼がこのような荒業を身に着ける事ができたのは、彼の魂が純粋で何物にも染まっておらず、ホムンクルスとして生まれた事で肉体にも年月の蓄積がなく、憑依の際の急激な変化にも適応することが可能だったためである。

通常の令呪は使用する度に消えていくが、この「竜告令呪」は使用後も聖痕のような黒い痣が残り、使用者に精神的な影響を与えるなど普通では考えられないような異常現象を起こしている。
また通常の令呪と同じく聖杯戦争のマスター資格として認められ、サーヴァントとの契約や消費分の補填が可能である。
しかしこの令呪を使い切って悪竜の呪いが完全発動すると、その体は次第に竜へと変化し、最終的に竜そのものとなる。
本来であれば、“出来損ないの邪竜”となるはずだったが、「聖杯大戦の勝者」となった彼は聖杯の力を自らに使い、“完全な邪竜・ファヴニール”へと変化する。

『FGO』では第三スキルとして実装されており、また大聖杯の管理者となった故か発動せずとも数秒間だけならジークフリートへの変身が可能。他にも鎧の一部を顕現させたり剣だけをバルムンクに変化させることも可能。

宝具

幻想大剣・天魔失墜(バルムンク)

「竜告令呪」発動中のみ使用可能で、普段の彼はライダーから別れの際に貰った剣を武器としている。
第二種永久機関により、3分間の変身時間内であれば連射も可能。

悪竜の血鎧(アーマー・オブ・ファヴニール)

同じく、「竜告令呪」発動中のみ効果が適用される。
この宝具は正当な英雄による宝具の使用がされた場合はB+分の防御数値を得る。

磔刑の雷樹(ブラステッド・ツリー)

相手に組み付き、己の身体諸共に敵を撃ち貫く捨て身の雷撃。
黒のバーサーカーから受け継いだ第二種永久機関(即ち彼女が花婿に求めた資格)を用いた宝具。
本来は使用者の命と引き換えに放つ自爆宝具だが、ジークのものは不完全であるため、オリジナルほどの威力を発揮できない分、反動も死に至るほどのものではなかった。
ジークの肉体そのものに宿る力であり、上記二種の宝具とは異なり「竜告令呪」での変身は必要としない。

『FGO』では一部通常攻撃で緑色の雷撃を放っていることから、通常よりも更に出力を落として使用しているのかもしれない(ジークフリートの鎧を腕限定で顕現させて使用しているので完全に反動が無いわけではなく、鎧で無力化できる程度の反動はあるのかもしれない)。

灼熱竜息・万地融解(アカフィローガ・アルグリーズ)

宝具ランク:EX
種別:対人宝具(自分)
レンジ:0(ただしブレスは50レンジ)
最大補足:1

「転身開始、彼方への巡礼を。我が身は『天の杯』を抱えて飛ぶ、邪竜なり……。万物融解!」

『FGO』で実装され、聖杯の管理者になった事で使用可能になった疑似宝具。
端末となったホムンクルスの身を一時的に本体である邪竜ファヴニールへと変化させ、強力な竜の息(ドラゴンブレス)を放射する。
「Apocrypha」終盤における顛末に由来しており、いわば転身邪竜巡礼ただし愛しい人は自分で燃えた)。

外部出演

Fate/Grand Order

2018年4月29日からの期間限定コラボイベント『Apocrypha/Inheritance_of_Glory』にて、キャスタークラスのサーヴァントとして実装された。

聖杯大戦の大聖杯を世界の外側で管理していたが、大聖杯にこびり付いて離れなかった「ある妄念」が不測の事態を引き起こし、ジークから所有権を簒奪しようとし始めてしまう。
これにジークも非常手段として、とある時空から異変解決に長けた少年/少女を夢を通じて招き入れ、異変の黒幕へ対抗することになる。

大聖杯の管理者として、大聖杯に発生した異常事態解決の為マスターである主人公を逆召喚するという、何気に相当とんでもない事をやってのけている。
当初は邪龍の姿としての威厳を出すため、小難しい荘厳な台詞回しで喋っていたが、明らかにキャラじゃないことを無理やりやっていたが故、端々で素が漏れ出ていた。
後で指摘された際は「冷静に考えるとかなり血迷っていた」「思い出せば出すほど恥ずかしい」「忘れてください」と呻く事になった。

異変解決後は、マスターからの申し出で純粋な友情を結ぶことになり、友誼の証明として大聖杯の機能を利用し、子機として使用していたホムンクルスベースの肉体を、新たなサーヴァントとして彼/彼女に貸し与えている。

ちなみに子機としての肉体を使用している間は、本体としての邪竜は着ぐるみのような状態らしい。
この状態だと動きもしないが、もし邪竜が倒されても直せば大丈夫というどう聞いても訳が分からない事を発言している。まあ「Apocrypha」終盤あたりであり得ないレベルの治癒能力が起きていたため邪竜が本体なら順当なのかも。

ステータス

マスター筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
藤丸立香EEEDBEX

当然だが、一介のホムンクルスであるため、肉体面はからきし。魔力もホムンクルスによる補正があるくらいで、当人も「僅かしか使えない宝具だが、あればなんとか戦える」と申告するレベル。
ただしその宝具が、割とシャレにならない破壊力を有している。
幸運はBとそこそこ良い方だが、『Apocrypha』本編を知っていると落としどころとして妥当に思えてくる。

保有スキル
単独行動(EX)憑依サーヴァントの亜種。戦闘行動を取る際は魔力が必要だが、それ以外の一切において、通常の人間と変わらぬ存在となる。本来であれば、年齢も人間とほぼ同等のはずだったが……。
ホムンクルス(C+)アインツベルンの技術を流用して鋳造したホムンクルス。偶然であるが、個性と優れた魔術の腕をもって生み出された。
人工英雄(偽)(B+)英雄ジークフリートの心臓を受け取り、フランケンシュタインの宝具電流が体内に流れたことによって作られた疑似英雄。わずかな時間であるが、竜告令呪との組み合わせによって英雄───サーヴァントとして活動できる。
魔術(C)魔術回路から鋳造されたホムンクルスが持つ、天性の才能。対象の構造を理解し、全く逆の組成をぶつけることで如何なる堅固な物質も破壊する術式を使用する。ただし、それ以外の用途は一切ない。
竜告令呪(EX)デッドカウント・シェイプシフター。自身が所有する令呪を使用することにより、一時的にではあるが組み込まれたジークフリートの心臓を触媒として、ジークフリートに変身することができる。制限時間はおおよそ三分間。

ゲーム上での性能
レアリティ☆4
クラスキャスター
属性中立・善・人
HP/ATK11,288/8394
デッキコスト12
カード配分Quick:1/Arts:2/Buster:2+Arts
スキル1人工英雄(偽)(B+) / 自身のNP獲得量をアップ&自身の最大HPをアップ(3T)
スキル2魔術(C) / 自身のArts性能をアップ(1T)
スキル3竜告令呪 / 自身に「竜特攻」を付与(1ターン)&NPを獲得(20~30%)
宝具灼熱竜息・万地融解:敵全体の防御力をダウン(3ターン)<オーバーチャージで効果アップ>&敵全体に強力な攻撃

基礎ステータスは☆4相応である一方、同クラス・同ランクの全体を見ると中途半端な感が否めない。
というのも、イリヤ同様に「クラススキルが特殊なキャスター」であり、カード配分もB2A2Q1のセイバー型と、運用手段が従来と異なるためである。
一応「陣地作成」と「対魔力」の効果を併せ持つクラススキル「ホムンクルス」を持っているためArts性能は良好。
NP効率が高めに設定されており、スキル1とスキル3、さらに宝具を組み込んだArts&Braveチェインの恩恵で、宝具の回転率がかなり高い。「単独行動」によるクリティカル威力アップを狙えば回転率はさらに上がる。

戦法としては、高効率のNPチャージで宝具攻撃を狙い、敵陣をまとめて吹っ飛ばす全体アタッカー運用。
宝具も防御デバフが先行するため、自然と宝具攻撃の威力が上がる仕組みになっているのが強み。
特にNP回収力が高く、サポートの組み合わせ次第ではサモさんシステムを応用した宝具を連発も可能である。

ただ、「竜告令呪」の竜特攻が腐りやすく(竜属性エネミーの大多数が術クラスに不利な騎クラス)、また殺クラスのザコ敵の多くも天地人の相性で「地>人」となるためダメージの通りが悪いなど、微妙に不利な要素が多く、細かい点で見劣りする面がある。
まぁ、基礎ステータスの低い疑似サーヴァント同然で、下克上な戦いばかりの闘いだった彼に、普通の英霊並みに闘えというのが、そもそも酷な話である。
一応、酒呑童子ヒロインX&ヒロインXオルタには有利、ほかの竜属性持ちの英霊にも、それなりにダメージを通すことは可能ではある。他の敵に試そうと思えば竜にしてしまう宝具持ちのライダーで竜属性を無理やりつけて叩くこともできる。

また、幾分か不足するところを、スキルや味方のサポートで切り抜ける、そんな運用が求められるサーヴァント。
ある意味で、彼らしい戦い方ともいえるので、出番を見付けて適時活躍させてほしい。
なお、やはりというか彼女との相性は良好。また〔竜〕特性を持つので彼女の別側面からの恩恵も受けられる。

関連人物

Fate/Apocrypha

黒のライダー
最初の友人であり、全ての始まりの切っ掛けを作った最大の恩人。
理性では迷惑なやつと分かっているのに、「ただ会いたいから」と戦場で姿を探してしまうほどに大切な友人。後に正式に契約を交わしマスターとなる。

ルーラー
同行者。ルーラーは未知数の存在であるジークを管理すると言いつつ、「ジーク君」と呼んで先輩風、というよりお姉さん風を吹かそうとしている。
知り合って間もないが、互いに誠実な性格をしているため非常に相性が良く、目的が違っても信頼し合っている。共に過ごしていくうちに互いの人格に影響を受け合っていく。

黒のアーチャー
恩人の一人。匿って治療してくれた事に深く感謝している。
また短い間ながら彼から教えを授かり、彼の「どうやって、生きていくのか」という問いはジークの命題にもなっている。

黒のセイバー
恩人の一人。命を捨ててまで見ず知らずの自分を助けてくれた彼への感謝の念は溢れて留まる所を知らず、感謝と敬意から彼の真名を元にした名を名乗るようになった。

黒のバーサーカー
影の恩人。面識すらほぼ無くすれ違った程度の間柄。
しかし彼女のある行動がジークに変化をもたらし、中盤から最終決戦にかけてひとつの奇跡を結ぶ。

天草四郎
赤陣営のマスターである神父。敵対関係にはあるが、シロウからは障害とすら認識されずジークも彼個人に対する敵対心は持っていなかった。
しかし、最終決戦にて明確な「倒すべき存在」であると互いに認識する。

Fate/Grand Order

とあるマスター
ある問題に対処すべく、召喚し助力を乞う事になったマスター。
解決後は友人となり端末を貸す。

黒のキャスター
かつて自分を宝具の部品にしようとした人物。その後の戦いでの選択について言及している。曰くその選択を認めはしないが、平和への願いは本物だったとのこと。

赤のライダー
聖杯大戦では一切絡むことが無かったものの、改めて交流する機会ができたことを喜んでいる。
因みに向こうからの評価は「悲観的な上に疲れるタイプ」とのこと。

竜の魔女
ルーラーのもう一つの側面。
今のところ直接的な関わりはないが、端末のジーク同様、彼女も人理が正しく動き出せば役目を終えて消滅することが彼のプロフィールで明らかになっている。

余談

新刊が出るたびに、必ず一回は死ぬ展開があった非常に不運な主人公。しかもそれらは非常に短い期間の中であり、死にかけた回数ならもっと多い。
「よく死ぬFate主人公」の大先輩として衛宮士郎がいるが、あくまでゲームシステム上のデッドエンドのため、実際に士郎が何回も死と蘇生を繰り返している訳ではない。(もっとも、死にかけている事も多いが。)
ジークは正真正銘毎回死んでおり(正確には心臓停止)、そのたびに様々な外因によって蘇生を繰り返している。

小説版にてジークフリートへの変身が可能になった際、地の分で変身時間は百八十秒(つまり3分間)と書かれたことで多くの読者から「どこの光の巨人だ」とツッコミを受けた。
(ウルトラマンと似たような部分もある為)
しかも『Apocrypha material』などによると「制限時間が迫ると胸の入れ墨(?)が点滅する」という本家そのまんまな初期設定があったことが判明した。
さすがに手のひらサイズの結晶体ならまだしも胸の入れ墨がピンチに点滅してたら間抜けすぎる光景になるということで没になったらしい・・・とかなんとか言っていたらアニメで本当に点滅してしまった

新番組 ウルトラマンジーク


同時期に始まり終わったウルトラマンも過酷なFateの持ち主であり、様々な共通点がある。


なお、Grand Orderでの実装はルーラーのマイルームでの台詞(黒のセイバーを所持していることが条件)から予告されていた。しかしその台詞は明らかに彼が既にカルデア内にいるような発言である為、間違えて登録されていた可能性が高い。


関連イラスト

Apocrypha
行こう、マスター!


英雄になることを●●した少年
Fate/Apocrypha



関連タグ

Fate/Apocrypha ホムンクルス(Fate) アルビノ 主人公
邪竜と聖女

pixivに投稿された作品 pixivで「ジーク(Fate/Apocrypha)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2729430

コメント