ピクシブ百科事典

グロスト

ぐろすと

グロストとは、『ウルトラマンタロウ』に登場した宇宙人である。
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地
ねこ舌星人59m4万5千tグロスト星系JA52番星


第36話「ひきょうもの!花嫁は泣いた」に登場。

詳細

第35話でカタン星人が倒された直後に地球へ潜入した宇宙人。
首だけの姿で地下に潜み、人間を目から放つ催眠ビームで操る能力を持つ。

潜んでいた時の様子↓

ねこ舌星人 グロスト(指令ver.)



冷気による攻撃を得意とし-200℃の冷気すら物ともしない。
手から放つ−210度にも及ぶ冷凍光線「フローズンホワイト」には、周囲を一瞬にして氷の世界に変え、建造物を凍結させて粉砕してしまうほどの威力がある。『ウルトラ怪獣大百科』では凍結怪獣ガンダーの冷凍ガスよりも低温である事が指摘され「ウルトラ戦士にも勝つチャンスがある」と評されている。
反面熱には非常に弱く、レーザー光線などの高熱を受けると身体が溶け出してしまう。

また、催眠術で操られた人間は肩書同様猫舌(というよりも熱いものに対して拒絶反応を示す)体質になってしまい、焼き芋程度の熱でも嫌うようになってしまう。

外見

氷塊の鳥人


氷で覆われた怪獣のような風貌をしている。実際オープニングテロップでも「冷凍怪獣グロスト」と書かれており、一部書籍では怪獣扱いされている。

劇中での活躍

ZATの監視網を掻い潜ってマンションの建設現場へ潜入し、作業員を催眠ビームで操って侵略を進めていた。しかし、焼き芋屋の清彦少年(演:矢崎知記)に潜入の瞬間を目撃され、作業員たちの様子がおかしい事に気付かれてしまう(清彦の姉・陽子(演:久保田民栄)は作業員の岩坪(演:平泉征)との結婚を控えていた)。

清彦の通報を受けて駆け付けた東光太郎を作業員たちに迎撃させるが、光太郎が落としたZATガンを清彦が拾って発砲した為、顔面を撃たれて催眠が解除されてしまった。
やむなくグロストはマンションを破壊しながら巨大化し、清彦と作業員を救うために変身したウルトラマンタロウと対決する。

ねこ舌星人グロスト
グロスト



開戦直後は「フローズンホワイト」でタロウを氷漬けにして瀕死に追いやり、コンドル1号やスカイホエールのレーザー攻撃で角を溶かされつつも反撃で返り討ちするなど優位に立っていたが、キングブレスレットの力でタロウが蘇生したことで形勢逆転。猛反撃を受け、最期はシューティングビームで爆発炎上した。

余談

登場した話のサブタイトルは「ひきょうもの!花嫁は泣いた」である。
タイトルだけではどう見ても結婚詐欺の話にしか思えないが、実際には清彦少年がグロストから家族を救うため奮闘する話であり、花嫁(陽子)が泣くシーンも存在しない。また、ウルトラシリーズにはグロストより遥かに卑怯な侵略者が多数登場しており(筆頭がこいつら)、劇中でグロストが卑怯だと非難されたわけでもないため、何故こんなタイトルになったのかは不明。
陽子と結婚する青年・岩坪を演じたのは、後に『ウルトラマンガイア』で千葉参謀役を務めた平泉成である。

後に登場する宇宙人達の例で考えれば、正式名称はグロスト星系人という可能性が高い。

関連タグ

ウルトラマンタロウ 氷属性 ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンタロウ うるとらまんたろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グロスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11313

コメント