ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

アストロモンス


別名身長体重出身地
宇宙大怪獣60m5万8千t宇宙

第1話「ウルトラの母は太陽のように」に登場。

東光太郎が海外から持ち込んだ(※検疫してないので密輸)チグリスフラワーという花が成長して誕生した。元々は宇宙に生息する宇宙大怪獣
武器は右手のムチ「スネークビュート」、左手の鎌、腹部のチグリスフラワーから出す溶解液。腹の巨大なチグリスフラワーは同じ肩書きを持つベムスターの様に口にもなっており、これで超獣オイルドリンカーを捕食した(※タロウのパンチが突っ込んだ際はむっちゃ苦しんでたけど…まあ誰だって口に無理矢理手を突っ込まれるのは嫌だが)。
鈍重そうな外見と植物由来という出自に似合わず、空をマッハ3で飛行する能力を持つ。地底の場合は60kmで移動できる(出典:「ウルトラマンオフィシャルデータファイル」より)。

概要

アストロモンス 【ニコニコ動画用イラスト】


埋立地に植えられて一日でチグリスフラワーに急激に成長する。この時点で肉食であり、触手を伸ばして光太郎の飼っていた犬を捕食し、ZATの戦闘車両ラビットパンダにも襲いかかるも電気ショックで退散。オイルドリンカーの仕業と誤解したZATのスーパーナパームにより、チグリスフラワーは焼却されるも、地下の本体を温存したまま逃走を果たす。
そしてZATとオイルドリンカーの戦闘に割り込んだ。オイルドリンカーを終始圧倒し、腹部のチグリスフラワーに突撃してきたオイルドリンカーをげろんと丸呑みにして何処かへ飛び去る。

数日後、霞が関のZAT本部の窓から見えるほどすぐ近くに出現。ZATの電気ショック作戦を物ともせず、ムチでZAT本部をベシベシ叩いて攻撃する(ちなみにZAT本部は空飛んで逃げました)。

vs アストロモンス


初登場したウルトラマンタロウと戦闘になり、奮戦するも最後は尻尾を掴んで投げ飛ばされた挙句、ストリウム光線で爆散した。

その後の登場

ぱちんこウルトラマンタロウ

腹部からの溶解液をぶっ放す他、自らも回転して竜巻を起こし強酸の嵐で相手を攻撃する技を覚えた。
工場地帯でタロウを追い詰めるも、かけつけたウルトラマンエースの放ったバーチカルギロチンでムチを切り落され振りほどかれてしまう。最後は二人のストリウム光線とメタリウム光線を受けて竜巻ごとぶち抜かれて爆死した。

ウルトラジャーニー

バラに覆われた古城に住むグリシーヌという少女のモチーフとなる。
原因不明の不治の病を患っており、魔女サバトが父親に手渡した、人々から愛情を奪い糧とするバラによって治療されているが、本人はそれを望んではいない。
バラの本体は茨を絡める事でアストロモンスの姿を形成している他、分身体としてケロニアに酷似した姿の怪人を生み出す事も可能。
最終的にはヒナの飛び蹴りを浴びたダメージにより消失、グリシーヌの病も治り、父親もバラの呪縛から解放されたためか、元の優しさを取り戻した。

ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団

ゴモラに率いられて地底から登場、タイのロケット基地を滅茶苦茶に破壊した。

最後はダストパン共々ハヌマーンのウィンドスラッシュで首を刎ね飛ばされ、頭を潰されたままピョコピョコ動き回った挙句ダストパンの死体と正面衝突して木端微塵に吹き飛んだ。

ウルトラマン超闘士激伝

前述の経緯もあってか、ゴモラの悪友として登場。ゴモラが怪獣帝王を名乗っていた時期に一緒に悪行の限りを尽くしていたが、武の精神に目覚め正義の味方になったゴモラを軽蔑し、タイラントの腰巾着に落ちぶれる。
第3回銀河最強武闘会では、同じくタロウ怪獣であるドロボンやタイラントと共に闘士ウルトラマンタロウを袋叩きにしようとするもウルトラマンパワードに妨害され、予選開始後は逆恨みしてダストパンも含めた4体で一斉にパワードを襲ったが、逆に一蹴されてしまった。

ウルトラスーパーファイト

第2話、第4話、第12話に登場。
なんと性別はメスであり、エース兄さんの恋人という設定。しかし、エレキングを振った為にエレキングに殺害されてしまうという悲惨な末路を辿る。

さわやかマナー

JR西日本がPR用に作成した作品。レッドキングバルタン星人ケムール人ゴドラ星人、エレキング、ペガッサ星人ダダと共に電車に乗車しようとしたが、我先にと乗ろうとしたが為に喧嘩になってしまい、駅員として働いていた初代ウルトラマンのスペシウム光線を受けて反省。
何気に当時としては再登場するのが珍しかった面子ばかりであり、ケムール人がウルトラマンと戦ったのは実写作品としては『ウルトラマンギンガ』よりも先である。
ちなみにこれがアストロモンスの実写作品最後の登場となっている。

内山まもる版『ウルトラマンメビウス外伝超銀河大戦』

チブル星人が繁殖させていた怪獣軍団の一体。宇宙大怪獣の異名はどこへ行ったとばかりにウルトラマン80にあっさりぶちのめされたが、アンチディファレーター砲でウルトラ戦士達が弱体化するとウルトラマンタロウ相手にムチで襲いかかった。その後の消息は不明だが、恐らく、エースの放ったエースバリアーで異空間に追放されたものだと思われる。


余談

名前の由来は「宇宙怪獣」を英訳した「アストロモンスター」。また、当初は「フラワーキング」という名前が予定されており、脚本では「アストロキング」と記されていた。

超獣であるオイルドリンカーを倒した事で、ドラゴリーに八つ裂きにされたムルチ(二代目)アイスロンに立ち向かうも敵わなかったウー(二代目)と続いてきた怪獣VS超獣の戦いの歴史で、実に三度目の正直で勝ち星を上げた怪獣だったりする。

これにより、「超獣は怪獣より強いという概念が消えた」だとか「タロウの怪獣は超獣より強い大怪獣だ!」などとも言われるが、一方で「これはオイルドリンカーが弱すぎるだけだろ」ベロクロンブロッケンが相手ならアストロモンスが負けてたぞ」などとファンの間で論争になる事がある。そもそも「宇宙大怪獣」という肩書き自体はアストロモンスより先に『帰ってきたウルトラマン』のベムスターにあてがわれたものと言えばそこまでなのだが。
後にヤプールがそのベムスターを改造して引き連れた事を考えると、オイルドリンカーを倒した宇宙大怪獣の強さに目を付けていた可能性は充分にある。

なお、ベムスターとアストロモンスには腹部の口、そこから垂れる体毛、ヒビ状の体表組織、頭頂から突き出たツノなどの似通った特徴があり、また腹に備わった口での捕食、飛行能力という能力面でも共通した点がある。出自は宇宙なのでベムスターとは近い関係にあるのかもしれない。


大決戦!超ウルトラ8兄弟』の初期プロット『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟2』で登場が予定されており、参考用デザインも描かれていた。

関連イラスト

アストロモンス
ウルトラ5番目の使い魔『ガリア花壇の赤い花』



関連項目

ウルトラマンタロウ ウルトラ怪獣 一話怪獣(ウルトラシリーズ)
大食い 食人植物 植物怪獣

ベムスター:設定面でコンセプトが似た怪獣
デスバラン:デザイン面でコンセプトが似た怪獣

関連記事

親記事

宇宙大怪獣 うちゅうだいかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アストロモンス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アストロモンス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159467

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました