ピクシブ百科事典

ダストパン

だすとぱん

ダストパンとは塵取りのこと。もしくはミラーマンに登場する怪獣のことである。
目次[非表示]

データ

  • 身長:56m
  • 体重:32000t
  • 別名:妖怪怪獣

第25話「怪獣を探す妖精少女」
劇場映画「ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団」
に登場。

概要

自分達が害虫から作り出した怪獣の出現を予言した少女すみれを抹殺しようとして失敗したインベーダー4人が合体変身した怪獣。
羽根からの毒鱗粉と突風、触角から放つ破壊光線が武器。

最期はミラーマンのスライサーHで触覚を切り落とされ、シルバークロスを受け爆死した。

害獣

ハエブーン
ゴキブラー
モスゴジラ
インベーダーがゴキブリを巨大化させて作りだした怪獣。
病原菌をばらまき、穀物を食い荒らして社会を混乱させたがすみれの予言によって出現を事前に察知されたため、すぐに警察に駆除された。サイズも人間大でミラーマンとは戦っていない。
着ぐるみはいずれも円谷プロが制作した殺虫剤のCM用のものらしい。
姿としてはゆるキャラのようなデザインなので緊迫感はあまりない。
物凄い名前だがモスゴジラよりモスキラスの方が余程恐い。

ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団

妖怪怪獣  ダストパン


映画ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団にもゴモラアストロモンスタイラントドロボンと共に参戦しているが、ウルトラ怪獣に比べて書籍などで取り上げられることが少ないミラーマン怪獣(取り上げられる怪獣も初期のものがほとんどだし)故に、誰だお前扱いだったに違いない。体色が茶色っぽく見えたり羽が無くなっているので殊更である。
最期はアストロモンスと共にハヌマーンの放ったウインドスラッシュ(見た目は八つ裂き光輪、もしくはインドの暗器チャクラムに似ている光のカッター)で両手両足を切り落とされ、ぴょこぴょこ跳ね回った後にアストロモンスと衝突し爆死した。

なお、ウルトラマン超闘士激伝ではこの映画の設定を反映してか、闘士ゴモラの昔の仲間として登場している。ニューリーダーとなったタイラントの腰巾着となり、正義の味方に鞍替えしたゴモラを散々愚弄したが、第3回銀河最強武闘会の予選にてウルトラマンパワードの4人まとめてフッ飛ばされすぐに敗退した。
元ネタがミラーマンのキャラクターであるためか4体の中では一言も喋っておらず、商品化もされていなかった。

余談

ダストパンの着ぐるみは書籍ミラーマン大全の考察から帰ってきたウルトラマンの怪獣プルーマの改造説(腹部などのデザインが似ている)が出回ったが、両怪獣のデザインを担当した米谷佳晃氏は自書の中でこれを否定している。実際プルーマの着ぐるみはレッドマンに登場しており、ダストパンとは着ぐるみの細部も異なる。

同じ「妖怪怪獣」であるマグマゴンと同じく、登場エピソードは別段怪談や伝奇を扱ったものではない(妖怪姿のインベーダーが変化するのは「怪奇大怪獣」サンガーニ)。あるいは、惑星Xにおける妖怪というものがこのような存在なのだろうか

関連項目

ミラーマン(特撮)
ミラーマン怪獣
インベーダー

pixivに投稿された作品 pixivで「ダストパン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 752

コメント