ピクシブ百科事典

テペト

てぺと

テペトとは、『ウルトラセブン』に登場する怪獣である。ここでは操っているテペト星人についても解説する。
目次[非表示]

データ

身長38m
体重8千t
別名カッパ怪獣
出身地テペト星

概要

第41話「水中からの挑戦」に登場。
テペト星人に操られ、伊集湖に現れた巨大なのような物体の中から出現した怪獣。
肩書通り妖怪の河童に似ており、本来の河童通り頭の皿に水が溜まっていると力が発揮できるが干上がると弱ってしまう。エメリウム光線を皿に当てられて水で冷やしているシーンがあった。
武器は皿から発射する光線。また、津波を発生させる事ができるという。
悪賢い怪獣で、ウルトラセブンに降参するふりをして騙し討ちをかける等の戦法を取った。
最期は二度目の騙し討ちをかけて水中に潜っていったものの、セブンが湖底に投げたアイスラッガーで真っ二つに切り裂かれ湖面に浮かび上がった。

水棲怪人テペト星人

水棲怪人 テペト星人


身長1.8m
体重55kg
地球侵略を狙い、円盤で地球に飛来し伊集湖の底に潜んでいた宇宙人。
その外見は河童そのものであり、その姿を利用して夜な夜な陸に上がり湖の周辺に暮らす人々を怖がらせて湖に近寄らせないようにし、湖の魚をほとんど食べつくしてしまう。
きゅうりを食べるのかは不明だが、劇中では小屋を襲っていたため鶏肉が主食なのかもしれない。
河童出現の噂を聞きつけてやってきた「日本河童クラブ」のメンバー、角谷は「過去に地球にやってきた宇宙人こそ河童そのもの」という仮説を立てていた(一応河童=宇宙人説はある)。
姿を見られたため河童クラブのメンバー、竹村の頚動脈を切り裂いて殺害するが、それがウルトラ警備隊を呼び寄せる原因になってしまう。
地球防衛軍のレーダーが円盤を捕捉し、警備隊が本格捜査に乗り出したためテペトを出現させ暴れさせる。テペトが倒されると円盤で逃走を試みるが、ウルトラホーク3号に撃墜された。
テペトの出現前に、フルハシ、アマギによって計4体が射殺された。
桑田次郎コミカライズ版では、本来は地球侵略が目的ではなく、少数の個体が水中で静かに暮らさせてほしかっただけだが上層部からの命令でやむを得ず攻撃してきたという設定になっている。最後はセブンにテペトが倒されると、それ以上の争いを避け新たな安住の地を見つけるため宇宙に旅立っていったというラストになっている。

余談

テペトのデザインは、週刊少年マガジンの怪獣デザインコンクール金賞の「回転サイボーグ デイクロス・レイザ」が元となっている。だが、元のデザインは一本足の先がスクリューになっているという人魚のような外見だった。

関連タグ

ウルトラセブン ウルトラ怪獣 河童 キングカッパー

pixivに投稿された作品 pixivで「テペト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3114

コメント