ピクシブ百科事典

ウルトラ忍法帖

うるとらにんぽうちょう

ウルトラ忍法帖とは、『コミックボンボン』で連載されていた御堂カズヒコのウルトラシリーズを元にしたギャグマンガ。
目次[非表示]

概要

コミックボンボン』に1992年から2005年まで連載(2001年4月~2002年7月まで休載)された、御童カズヒコによるギャグ(たまにシリアス)漫画。
ウルトラシリーズ忍者ものを融合させた作品。その割にはテレビゲーム自動車が登場するなど世界観は現代的である。
当初は「疾風ウルトラ忍法帖」のタイトルで始まり、その後「ウルトラ忍法帖寿」「ウルトラ忍法帖超(ウルトラ)」「ウルトラ忍法帖輝(フラッシュ)」とタイトルを換えながら続いた。

舞台は「鶴亀の国」。基本的に下ネタメタ発言、パロディネタの飛び交うドタバタギャグ漫画だが、シリアスな話も多い。また、作者の御童氏もときたま漫画に登場し、登場人物にバカにされたりぶちのめされたりするのがお約束

ウルトラマンダイナ』第13話では単行本が劇中の小道具として登場している。

単行本は全部で16巻(5・5・4・2)だが、終盤の一部エピソードは収録されないまま絶版となった。
後に復刊ドットコムで「疾風」が全3巻で登場。書き下ろしの「ウルトラ忍法帖短(ショート)」が収録された。
全コミックスに加え未収録分も掲載された電子書籍版が2015年から2018年までeBookJapanで販売されていたが、円谷プロの事業撤退により現在は配信停止されている(作者も寝耳に水過ぎて本気で驚いたらしい)。

用語集

鶴亀の国
舞台となる日本っぽい国。ウルトラの父そっくりなバカ将軍が治めている。人口7万3千人。

忍獣(にんじゅう)
忍術を使う怪獣や宇宙人の事。こいつら以外にも怪獣や宇宙人はたくさんいる(ツインテールザラガスのような巨大怪獣もたまに出てくる)が、忍獣は武者頑駄無のような無茶苦茶な当て字を使った名前にされる。

主な登場人物

ウル忍サイド

ボンボンの思い出「ウルトラ忍法帖」


ウルトラヒーローをもとにしており作中でもウルトラ族と呼称されている。将軍ウルトラの父のもとで、鶴亀の平和を守るために活躍している正義の忍者……のはずだが、とにかくチームワークが悪い。しかも給料が安いうえ、お頭のゾフィーに横領されることもある。が、シリアスエピソードではうって変わって大活躍する。

主役かつ、ウル忍のリーダー。だいたい「マン」と呼ばれる。本名はハヤタ・マン。
馬鹿スケベドジで怠け者で性悪でケチドS主人公にあるまじき人物。脳みそが小さく、油断すると耳から落ちていくほどのバカ。頭蓋骨の中を超能力爆破されても余計に頭がよくなってしまったほど。何を食べても腹を下さず、好物が「カビの生えたまんじゅう」。本気で悪役に寝返り、ネオ朧党編で日本を征服した実績もある。しかし、誰よりも仲間を思いやる男で、マジになればどこまでも熱く強くなるヒーロー。ウルトラマンの技の他、火炎の術を得意とする。子どもの頃は捨て子だったが、当時から身体能力がずば抜けて高く、現役時代のゾフィーから食料を盗み出せる程だった。この行動がきっかけで、忍者としての才能をゾフィーに見出され、育てられる事になる。

初期はバカなマンをとにかく支える役で、朧党から一番恐れられた。本名はダン・セブン。
普段はツッコミ役だが一度切れるととんでもなく強い。
小さい頃から手先が器用で、その才能をゾフィーにも認められ忍者として弟子入りした。
第2部からさっぱり登場しなくなったが、後に右手を怪我し、時おり物が持てなくなるほど痺れるようになったためウル忍を離脱していた事が発覚する。引退後はくの一アミアと所帯を持って焼き鳥屋を経営、儲かっている。一度ウル忍が壊滅しかけた時に再起し、それからは協力者として度々登場した。息子(ウルトラセブン21)がおり、かなりの親バカ。ウルトラセブンの技の他、「クシ乱れ撃ち」やクナイを使った技が得意。辛いもの好き。終盤では怪我が少しずつ回復していることが明らかになった。

ウル忍のお頭。しかし、この人も大概バカな上、人望もない。左目に眼帯をしている。レストラン「ゾフィール」経営のため、部下全員の給料を9割以上横領したことも。また、いい歳して「爆乳娘カード」なるものを堂々と収集しているスケベジジイ。しかし人格者の面もあり、ネオ朧党編の後でマンが本気で自分を助けに来たときはそれまでの行い(抜け忍&裏切り&日本征服&それでも信じていたゾフィーの気持ちを踏みにじり脳みそを爆弾で吹き飛ばした事など)を水に流し、演技と分かっていたとはいえ刺客のササヒラーをも庇った。また、エースが里帰りするときはボーナスを与えたりもした。シリアス編では、決して挫けない強い精神力が最大の武器であった。前線からは身を引いていて滅多に戦わないが、雑魚や下手な忍獣ならば瞬殺できる程の実力は残っている。マンの項目にもある様に彼の育ての親。普段は口喧嘩が絶えないが、マンが最も必死になるのはゾフィーが命の危機に瀕した時である。

ウル忍の頭脳担当のちびっ子忍者。その一方、残酷。「忍者は儲からないから医者を目指す」となどと言っており、顔付きも生意気だった。しかし話が進むにつれ常識人・優等生キャラになり、同時に被害者ポジションにもなっていった。登場後しばらくはセブンに代わってマンの相方ポジションに。常に「です」を語尾につける。ウルトラマンタロウの技の他、「解剖バラバラの術」が必殺技。甘党

マンと同等のバカ(1ケタの足し算が出来たことを得意がるほど)である無宿人。沢庵梅干がないと生きていけない。しかし、本気になるとその剣の腕は誰よりも冴えわたり、シリアスパートでの頼もしさは半端ではない。剣技やウルトラマンエースの光線技を「無宿殺法」として用いる。こう見えてマンや全盛期セブンにも並ぶ作中最強候補。畳を車体、ヤカンをエンジンに見たてた「タタミカー」という乗り物を扱える謎能力を持つ。初登場時は結構な美丈夫だった。

盗みが生き甲斐である悪ガキ。かつ、嘘ツキ。忍者小学校編ではタロウと共に主役のポジションだった。ウルトラマンレオの光線技と盗術を用いる。盗術のレベルは高く、全く音を出さず金物を叩いて暴れたり、脳みそを相手に気づかれないまま盗んだりも出来る。初めは穏やかめの顔付きだったが、目が釣り上がるなど徐々に悪ガキらしいものに変わっていった。

ウル忍の最年少。泣き虫であるが、芯は強い。当初はうまく顔芸やコケることが出来ず、悩んでいた。その後は漫画に馴染み、お頭のネコババが発覚した時などは誰よりも怖い顔をしていた。ウルトラマンティガの技の他、手品とダイナ流の空手を用いる。漫画・イラスト共にマン並みの出番の多さで、セブンとタロウに続く最後の相方ポジション。

荒神流6代目師範を務める貧乏な拳法家。作中で最もストイックな性格で実力もかなりのもの。原作技は使わず、空手の技を駆使して戦う他、とある秘技を体得している。そのキャラクター性からシリアスパートでは大活躍する。マンから「真面目すぎるのが弱点」とよく言われており、水着のねーちゃんをけしかけられた時は動揺しまくっていた。カラーで見るとストロングタイプである事が分かる。

本作世界とはパラレルワールドのウル忍。家族を失い、敵である虓魔王(こうまおう)を追ってやってきた。その後はダイナの厄介になる。ウルトラマンガイアのフォトンエッジが必殺技。シリアスキャラが仇となりギャグパートに戻ってからは出番が……

セブンとアミアの子供である赤ん坊。作中最強のエスパー。寝起きが悪く、無理に起こすと周囲は崩壊する。潜在能力が常軌を逸しており、ウル忍サイドの切り札かつ爆弾。一度頭身だけ成長した事がある。

  • 轟万造
アルバイトでウル忍もやっているラーメン屋の店主。忍者としては趣味で齧っただけにも関わらず相当な実力者で、ゾフィーが太鼓判を押すほど。事実、虓魔王編で大活躍したササヒラーですら手も足も出なかった。また、異次元に関する情報など妙な事に詳しかったりする。

ウル忍が遊び呆けてたことに激怒した将軍の手により編成された「新ウル忍」のリーダー。
ゴマすりとオヤジギャグが得意技で、将軍に寵愛されている。人は良いのだが戦闘はダメダメ。正式なウル忍の座を掛けてマン達と対決するが、敗北。その後は二軍扱いになるものの、明らかに一軍より好待遇を受けている。

新ウル忍のメンバー。本物より更に目付きが悪いが、性格は善良で優しい。ナイスと同じく戦闘はからっきし。

新ウル忍のメンバー。

新ウル忍のメンバー。ロボットでありながら、一度はマンを追い詰めるぐらい強い。ただし本物と同じく持病があり、こちらは胸の発作で部品を吐き出してしまう。これまた本物と同じく飲食業に手を出しており、高級ステーキハウス「牛七」のオーナーでもある。出身地はもろ西部劇な「峰曽多村」で、ここを舞台にガンマンの格好をして活躍したことも。アンヌという幼馴染がいる。

  • ウシ
峰曽多村編でマンが移動手段にと拾った牛。意外にも足が速く、喧嘩も強い。
その実力はゾフィーにも認められ、なんとウル忍入りした。

その他ウルトラ族

  • 将軍

チョンマゲとヒゲをつけたウルトラの父みたいな外見の殿様。遊ぶことが大好きなでかい子供のようなバカ殿で、毎回ウル忍に無茶ぶりを行う(時々ボコられるが、雇い主なので逆らえない)。ちなみにタロウのお父さんではない。

鶴亀の国の家老。将軍のわがままに付き合わされる苦労人。ケンカは弱い。

初期はウル忍の準レギュラーだったが、だんだんセブンと仲良くなり、「疾風」中盤で付き合い始めていつの間にか寿退職していた。男勝りで「女のくせに」は絶対禁句。結婚後は焼き鳥屋を経営している。

鶴亀寺の和尚様にして、鶴亀国立小学校の校長先生。ウル忍の知恵袋的なおじいちゃんだがボケをかますことも。

学歴社会と少子化でどんどん人数が減っている鶴亀国立小学校の一人しかいない先生。ウル忍だが実戦経験がまるでなく、生徒相手にも負ける。でもキレると怖い。一人で12クラスを受け持っているためにガリガリにやつれたり血尿を流したりしたこともある。

8歳の少年。大人しくて聡明で子供なのに教員免許を持っているほどの天才児だが、怒るともうどうしようもない。町はずれの古寺で墨海上人という即身仏の元でキレないように修業を積んでいる。

こちらはタロウの母ちゃんである。現役の忍者であり、美人で有能だが「かっとびランド」の母に勝るとも劣らないほどのスパルタ。みどーが「読者にはウル忍を読んで現実を忘れて欲しいのに、厳しいお母さんキャラを出しちゃダメか」と考えたため、登場は一度きり。

空手の天才少年で、小学校1〜5年の間、ずっと大会で優勝し続けている。
6年時の大会でティガと対決することになるが…?

海を隔てたアメリカFBI捜査官。原作とは打って変わってアメコミチックなダイナミックなケンカ殺法を得意とする。しかしマン以上にドジでマヌケのうっかり者。

パワードの部下で、いびられている。とある経緯でパワードの怒りを買い、マンの元へ転がり込んだ。以降はウシと一緒に居候している。みどー曰く、マックスにウル忍たちとは違った物の見方や考え方をさせ、読書に色んな事を考えて貰えるようなキャラにしたかったとのこと。

朧党

ウルトラシリーズの宇宙人・怪獣をもとにした「忍獣」で構成される悪の軍団。しかし、こっちの方が待遇もチームワークもはるかによい。要するにばいきんまんピラフ一味に当たる連中。
なお人気が高そうなレッドキングは作者も思い入れがあったため、出すタイミングを見計らっている内に連載が終わったとのこと。

朧党の首領。年齢は自称45歳だが実は60代。作戦によって、部下を冷酷に斬り捨てる(それどころか行き過ぎたおしおきでトドメを刺してしまう)こともあるが、基本的にいい人。本人は悪役にアイデンティティーを持っているようだが、部下の誕生日を月ごとに祝い、無理に部下を呼んだときは高い給料で報いる、理想の上司といえる。また、敵サイドであるはずのセブンとアミアの間に21が産まれたときも純粋に祝い、金一封を渡したりもした。その後も21を本当に可愛がっており、無類の子ども好きでもある。ネオ朧党編が解決したのはめひらすの人望の賜物といえる。手裏剣以外は忍者としても一流。キミヒロという不良息子がいる。

めひらすの忠実な部下。10人兄弟で名前は怪夢瑠一郎〜十郎。兄弟なのに結婚して子供連れているやつもいる、ギャグ漫画だから(作者は無かったことにしたがっている)。
シリアスパートである闇の邪法編では十郎がまさかのメインキャラクターに。莫大な力を手にして大暴れするが……

朧党の科学主任。よくわけのわからないものばかり作るマッドサイエンティスト。でも、なんだかんだ言って役に立っている。

通称「三角頭」。妻と息子を大事にするよき父親。仕事を離れると、ウル忍とも仲がいい。得意技は「朧忍法・鎌鼬」。初めこそ単なるモブ忍獣だったが、虓魔王編の序盤では主役同然の扱いだった。作者自身が驚く程の出世頭。

朧党の忍獣にしては珍しく、終始シリアスだったキャラクターで、ウル忍全滅を狙う。実力も凄まじくタロウ、レオ、エース、ゾフィーに重傷を与え、マンも瀕死に追い込んだ。この話を機に、作中でフェードアウトしていたセブンが復活することになる。

ムショ帰りで十八年ぶりにシャバに出てきた。デタラメに強くゾフィーやマン、セブンの総出でも一度も勝てなかった。また、苛烈な制裁を加えたり敵味方構わず手当たり次第食うため、めひらすも含め全ての朧党員からも恐れている(党員の半分が食われたらしい)。かつてムショ入りさせる事が出来たのもゾフィーとめひらすが結託し、睡眠薬を盛ったところを捕縛したため。強すぎたためシリアス編(闇の邪法編)には出させて貰えなかった。

その他


邪鬼一族の女首領で、かつて滅んでしまった一族の再興と全宇宙の征服が野望である。
胸を露わにしての「おっぱい火炎」などのお下劣技も登場。この事で御童先生は円谷プロから「ウルトラでHな話は止めてね」とやんわり注意されてしまった。

武道の流派「荒神流」で幼い頃からダイナと共に学んできた兄弟弟子。実力はダイナ以上だが、力に溺れ総帥を殺害、道場を乗っ取り非道な犯罪者集団にしてしまった。くずみの国を支配し、更なる勢力拡大と、ダイナの持つ荒神流の極意書を奪う事が目的。原作のシャドーはロボットだが、ウル忍では普通のウルトラ戦士の模様。

人々の苦しみや悲しみをエネルギーとし、ガイアの元いた世界を滅ぼした元凶。
次の標的を鶴亀の国へ定め襲来した。21の潜在能力に気付いており、抹殺を目論む。普段はローブを羽織ったデスフェイサーの姿をしているが、顔を破壊すると真の姿となり、理性なく破壊の限りを尽くす。このシリーズは一般人どころか仲間もバンバン死ぬし、洗脳で味方同士での殺し合いが勃発するなど他のシリアス編と比べてもハードな展開が多い。

虓魔王の部下、虓魔四天王の一角で2人1組。村を丸ごと氷漬けにし、人々を生きたまま氷の柱に閉じ込めるという非道を行い、その惨さにマン達は涙し、激昂した。

虓魔四天王の一角。対象が一瞬で消し炭になる程の炎を操る。また、口の中で蜘蛛を大量に飼っており、これを獲物の体内に侵入させ内側から焼き尽くすという残酷な技を使う。一般人やテペト(人畜無害な怪獣)を大量に焼死させた他、ウル忍の仲間を三人も葬った。

虓魔四天王の一角。21を抹殺しに来た。非常に頑強で、冥府羅洲やダイナの攻撃が全く通用しない。ちなみに容姿のモデルはパワードジャミラ。

虓魔四天王の一角。ガイアとは虓魔衆の中でも特に因縁がある。洗脳術でエースを操り、同士討ちを狙う。また、腐泥肉という術でティガとガイアを覆い、肉塊にしようとした。

かつて朧党が勢力拡大のために潰した「怨霊党」の跡取り。
闇の陰陽五行の力を使い絶大なパワーを手に入れるが、その最中で十郎を弄んだために冥府羅洲を本気で怒らせた。地味に禁愚和尚がシリアス編で初めて活躍する。

流れ者の忍獣で、最終話に登場。過去にZ屯と言う名前で登場した個体とは別人。ティガを拐い人質にするもマンに打倒される。マンは長年の戦いで心臓を患っていたために、無理してコイツと戦った結果、遂に事切れてしまった。

関連項目

ウルトラシリーズ 公式が病気

銀魂世紀末リーダー伝たけし - この辺のノリを想像していただくとわかりやすいかも。
ウルトラ怪獣かっとび!ランド - これとどっこいどっこいレベルでひどいライバル誌のウルトラ漫画。
駈斗戦士:コミカライズは実質ウル忍の仮面ライダー版だと思ってよい。

ウルトラマンフーマ - 忍者をモチーフとしたウルトラ戦士繫がり。

関連記事

親記事

御童カズヒコ みどうかずひこ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラ忍法帖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 392612

コメント