ピクシブ百科事典

ウルトラの父

うるとらのちち

ウルトラの父は、『ウルトラマン』シリーズに登場するウルトラヒーロー。M78星雲のウルトラ戦士にとって父親の様な存在。
目次[非表示]

データ

本名:ウルトラマンケン(『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE』で判明)
身長:45メートル
体重:5万トン
年齢:16万歳
飛行速度:マッハ15
走行速度:時速1000キロメートル
水中速度:200ノット
ジャンプ力:500メートル
パンチ力:直径100キロの小惑星も砕く。
キック力:ジャンプキックは原子爆弾10発分の威力。
声優梶哲也(ウルトラマンA)
鹿島信哉(ウルトラマンタロウ)
石田太郎(ウルトラマン物語)
塩屋浩三(ウルトラマングラフィティ)
玄田哲章(ウルトラマン超闘士激伝)
西岡徳馬(ウルトラマンメビウスウルトラ銀河伝説超決戦!ベリアル銀河帝国ウルトラマンジード)
金子はりい(ウルトラマンギンガ)

受賞歴:イクメンオブザイヤー2015 キャラクター部門

流石大隊長!!



概要

M78星雲光の国では宇宙警備隊の大隊長兼最高司令官を務めるウルトラマン。ウルトラの星の宰相に当たる職を兼任しているらしい。
ウルトラの母とは夫婦関係にあり、「ウルトラ大戦争」時代、エンペラ星人率いる怪獣軍団との死闘で重症を負ったとき、ウルトラの母の熱心な看病で一命を取り留め、それをきっかけに結婚し、二人の間にウルトラマンタロウが生まれた。またウルトラマンエースの養父でもあり、ウルトラセブンは義理の甥である。ウルトラマンなどの他のウルトラ兄弟とは直接的な血のつながりはないが、その偉大さや人柄から実の父親のように慕われ尊敬されるようになってからウルトラの父と呼ばれる様になったという。本名は長らく不明であったが、『ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で「ウルトラマンケン」であることが明かされた。
大きな角はウルトラホーンと呼ばれており、ウルトラ族の中でもこの一族にしか存在しない選ばれた勇者の証。
ウルトラマン超闘士激伝』の設定では、ウルトラホーンを持たないと超闘士のパワーをコントロールすることが出来ないということになっていた。

頬に髭を生やした姿と髭が生えていない若い頃の姿が知られているが、髭が生えた姿はエンペラ星人との戦いの中で覚醒した強化形態に相当するものであり、その気になれば髭のない姿に戻る事もできるのだが、かつて『ベリアルの乱』にて戦友たるウルトラマンベリアルに対し覚醒した力を使う事ができなかった後悔から、元の姿に戻る事を封印し以降ずっと現在の姿で活動している。

ベリアル、そしてゾフィーの父とは古くからの戦友だったが、悲しいことにゾフィーの父は戦死し、ベリアルも後に悪の戦士として覚醒してしまった。

Both Sides Now



技・能力

ファザーショット(ファザー光線)
クレッセントショット(クレセントショット)
ウルトラシャワー
エネルギービーム
パワービーム
ファザーチョップ
ファザーキック
ファザースロウ
ファザーバリヤー
カラータイマーによるエネルギー回復(名称不明)
ファントムファイヤー
テレパシー光線(名称不明)
ウルトラチャージ
チェインジング・フラッシャー
タイマーシュート(本編未使用)
ビッグ光線(本編未使用)

武器

ウルトラアレイ
ウルトラフェザー
ウルトラクラウン
ウルティメイトブレード
ウルトラキー(禁帯出)

活躍

最初に登場したのは『ウルトラマンA』第27話で、ヒッポリト星人にブロンズ像にされたウルトラ5兄弟の救出の為に地球に飛来し、その時人間にその存在を知られるようになった。この時はヒッポリト星人と戦って圧倒的な強さを見せたが、長旅の疲労が原因で敗れてしまう。そのまま死亡したと思われていたが、第38話で無事に復活し、サンタクロースの姿に変身して地球に現れ、雪超獣スノーギランに苦戦していたウルトラマンAを助け、スノーギランを操っていたナマハゲをファザーショットで倒した。

次作『ウルトラマンタロウ』でも数話登場している。第39話にて地球を食い荒らしているモチロンを新潟まで進出するのは以ての外だと一喝し、への帰還と盗み食いした分の餅を作るようにと命じた。第40話では総集編との意味合いでエースと共に紹介している。第51話では再生能力を持つリンドンをウルトラフェザーで倒し、その怪獣の破壊行為によって死亡したZATの南原隊員の許婚をウルトラクラウンで生き返らせる。

ウルトラマンレオ』第38話では、セブンことモロボシ・ダンの回想シーンの中で登場。ウルトラキーを用いてデモス一等星を破壊している。第39話ではババルウ星人によるウルトラの星と地球の衝突を避けた功績として、ウルトラマンキングからアストラと共にウルトラ兄弟の仲間入りしたウルトラマンレオをウルトラの母と共に見守っている(映像は『タロウ』第39話からの流用)。

当初、第22話の脚本ではウルトラの父に救出されたアストラが、レオとの再会を果たす流れの予定だったが、番組のテコ入れのため、「ウルトラマンキングに助けられた」という設定に変更された。

ウルトラマン80』第38話では空に映るイメージとして登場し、ウルトラマン80を励ました。

しばらくの間、TVシリーズは長らく登場の機会がなかったが、昭和ウルトラマンシリーズと世界観を共有する『ウルトラマンメビウス』では、宇宙警備隊のルーキーたるメビウスを地球へ送り出す宇宙警備隊の大隊長として登場する。第37話では地球に降り立ち、ジャシュラインに黄金像にされたメビウスを助けた。また同作ではマントを身につけた姿で登場している他、地球ではウルトラの父が冬に現れている事にちなんだ「ウルトラの父降臨祭」が行われている事が判明している。

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』では、光の国を襲撃したかつての戦友であるウルトラマンベリアルを迎え撃つ。ウルトラ大戦争をともに戦った旧友ベリアルを説得し、平和的解決を試みていたが、完全に悪の心に支配されていたベリアルはウルトラの父の説得に聞く耳を持たず、結局戦うことになり、最初こそベリアルを圧倒したがその後、自身の古傷を攻撃され最後はベリアルに敗北してしまう。光の国や他の戦士とともに氷結したが、セブンの息子であるウルトラマンゼロがベリアルを倒し、プラズマスパークエネルギーコアを取り戻したことで復活している。

なお劇中、本来の役職「大隊長」と呼ばれたのは『メビウス』が初である。セブンや80からは「ウルトラの父」とだけ呼ばれていた。また映画『ウルトラマン物語』では6兄弟から「お父さん」と呼ばれている。

パラレルワールドを描いているAnotherGenesisでも登場する。

ウルトラマンジード』では主人公朝倉リクの名付け親である朝倉錘にウルトラの父の力を宿したリトルスターが発症。能力は「宇宙の彼方の出来事でも見聞きすることが出来る」というもの(由来はおそらくウルトラの父のウルトラホーンは宇宙の情報をキャッチするアンテナの役割があるという設定から)。その後、リトルスターはリクに譲渡されウルトラの父カプセルになり、ゼロのカプセルと合わせて新形態マグニフィセントが誕生した。ちなみにウルトラの父が関わるタイプチェンジはこれが初。
また、ウルトラの父本人も第24話で少しだけ登場。光の国からベリアル強化復活の兆候を感じ取り、ウルトラの母と共に不安げな表情を浮かべていた。

さらに、最終話では遂に彼自らが地球へと降り立ち、ジードたちに加勢、フォースフィールドを展開して時間を稼ぎ、この間にジードたちが態勢を立て直すために尽力した(なお、ベリアルがアトロシアスとなっていたこともあり苦戦してはいたものの、カラータイマーはなっていなかった)。
戦いが終わった後は肉体を取り戻したキングと共にジードを労い、光の国へと帰還していった。
ちなみにこの回が放送されたのは『メビウス』第37話と同様に12月23日で、ウルトラの父にとって雨の戦闘シーンは初めてである。しかも前日は『A』第38話放送から45年の日であり、この時は『ジード』の雨の特撮シーンとは対照的に雪の特撮シーンだった(本物の雪は使用されていない)。
また、キング同様にジードのことは「若きウルトラマン」と呼んでその存在を認めている。

当初はラストに光の国でウルトラの父がジードを新たな戦士として認めるという展開が構想されており、地球への登場はその名残である。第17話でベリアルがマグニフィセントをケンと見間違えることが、登場への伏線となっていた。第24話・最終話の監督を務めた坂本浩一は、救援のウルトラ戦士が突然登場する展開は第2期ウルトラシリーズを意識したものであることを述べている。

劇場版ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!』でも登場。
ウルティメイトフォースゼロの存在を認知しており、宇宙警備隊の別働隊として傘下に置いたと思われる。
ゾフィーを通してウルティメイトフォースゼロにジードがいる地球に救援へ向かう様にと指示を出した。

a doting ultra-grandpa


ウルトラマンタイガ』にてタロウの息子が登場する事から、ウルトラの父はめでたく(?)ウルトラの祖父に昇格した事になった。果たして、タイガは祖父であるウルトラの父のことをどう呼称しているのだろうか…。

非公式設定

読切版『キン肉マン』では、ゾフィー~レオの本当の父親(当時アストラはまだ登場していなかった)で、更に酔った勢いで飲み屋のオバチャンとの間にキン肉マンをこさえたと言う設定。オバチャンがキン肉マンを連れ認知を求めて現れたことによって事が露見、ウルトラの母には大泣きされる。更にはゾフィーから「またやりましたね」と言われていた事から、他にも不義の子が存在する模様。以降、キン肉マンは「めかけの子どもめ」と兄弟たちからイジメられる事となり、地球に来た理由も「地球で活躍して兄弟たちを見返してやる」のが目的であった。
『キン肉マン』の連載化決定と同時に、当然のごとくこの設定は無かった事にされたが、後に円谷プロの許可を受け、更に「ウルトラマンシリーズの公式設定とは異なる」との注釈を付けて『キン肉マン特盛』にて「オカマラスの巻」(オカマラスは地球の怪獣の名前)として復刻された。

余談

転じて「ウルトラマンの父」という意味合いで使われる事もあり、『超決戦!ベリアル銀河帝国』にてゼロの変身者ランを演じた小柳友の父ブラザートムは、当時「私はウルトラの父になった」と喜んでいた。
また、『ウルトラマンR/B』第18話でもウルトラマンに変身するの父湊ウシオが「ウルトラの父」だとダダの口から証言された。

『ジード』にて伊賀栗レイトを演じた小澤雄太は、かつてウルトラの父に変身したかったと語っている。

関連イラスト

ウルトラの父ファンアート
ぼくのてじゃあ かくしきれません 


いいふーふの日!
プラズマ風



関連タグ

ウルトラマン ウルトラシリーズ ウルトラマンA ウルトラマンタロウ ウルトラの母 ウルトラマンメビウス ウルトラマンゼロ ウルトラマンベリアル ウルトラマン80 ウルトラマンタイガ ウルトラ兄弟 エンペラ星人 ヒッポリト星人 大怪獣バトル ナマハゲ

関連記事

親記事

ウルトラ戦士 うるとらせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラの父」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 535206

コメント