ピクシブ百科事典

トライスクワッド

とらいすくわっど

トライスクワッドとは、『ウルトラマンタイガ』に登場するウルトラ戦士たちによって編成されたヒーローチームである。
目次[非表示]

生まれた星は違っていても

共に進む場所は一つ

我ら──トライスクワッド!


概要

工藤ヒロユキと一体化した、M78星雲出身のウルトラマンタイガU40出身のウルトラマンタイタス惑星O-50出身のウルトラマンフーマの3人で構成される。後にタイガがトライストリウムの力を得た際、ヒロユキもトライスクワッド第4のメンバーとなった。
発案者はタイガ。リーダーは全員が自分だと主張するため決まっていない

いつ頃出会ったのかはまだ不明であるが、少なくとも第0話の時点ではタイガはまだ他の2人とは出会っておらず、脳裏に一瞬過ぎった彼らのビジョンを目にして訝しげな表情を浮かべている。
後にタイガが各惑星に修行に行った時に知り合った(詳細は舞台「ウルトラヒーローズ EXPO THE LIVE」で描かれている)ことでチーム結成となった。
また偶然にも3人とも血筋について問題を抱えているという共通点がある。

第1話の冒頭では既に全員揃っており、新世代ヒーローズ達とも面識があった(ボイスドラマ第3回によると、この時点に至るまで3人で宇宙のあちこちを冒険してきたようだ)。
彼らからウルトラタイガアクセサリーを託され、光の国に迫るウルトラマントレギアと激突するが、力及ばず敗北し散り散りばらばらとなってしまう所から、物語がスタートする。
その12年後、地球にて工藤ヒロユキと一体化する形で再合流を果たす変身の詳細についてはリンク先を参照の事)。

ボイスドラマではよく口喧嘩したりしているが、何だかんだ言って仲は良く、戦闘では状況に応じて的確にバトンタッチを行う。

なお視聴者からはヒロユキが加わった事で「4人なのにトライなのか?」と突っ込まれたりもしていたのだが、最終話のトライストリウムの必殺技の際に、クワトロスクワッドとヒロユキが叫んでいる(ただし、チーム名自体は引き続き「トライスクワッド」である様子)。
「大いなる陰謀」ではヒロユキは未登場だが、三人が円陣を組んで拳を合わせた際にちょうど一人分のスペースが空けられているのが確認できる。


生まれた星は違っていても

共に進む場所は一つ

永遠の絆と共に!

我ら──トライスクワッド!

2度とはぐれない友情とともに



チーム成立の経緯

ウルトラヒーローズEXPO THE LIVE ウルトラマンタイガ 第1部「トライスクワッド」

エレキングドラコの襲撃からとある惑星を宇宙警備隊候補生時代のタイガはメビウスヒカリと共に防衛した際に、ヒカリに命令も無視して出撃した事を咎められ、メビウスからは仲間を信頼する大切さを教わるも、この時のタイガは「弱いものとは絆を結ばない」の一点張りの視野が狭い半人前の戦士であった為、タロウからも宇宙警備隊員として認められておらず、見聞を広めるよう言われる。のちの変身アイテムであるタイガスパークはこの時に授けられた。

まず最初にタイガが訪れたのはタロウの知己であるウルトラマンジョーニアスのいるU40であった。
この時のタイタスはこれまでにも修羅をくぐり抜けた甲斐あって、戦闘力は申し分ない一方で、理屈屋な分、頭が固いという問題を抱えていた。ジョーニアスに時に無心になる事が大切であり、タイガこそ自分の可能性を切り開いてくれる鍵かもしれないと説かれるも、修行の場に全く顔を見せないタイガに不信感を募らせていた(※1)。
宇宙恐魔人ゼット率いるゼットン軍団襲撃の折に、ジョーニアスの指示でオスの谷に向かわされる。

オスの谷には古代ウルトラ人が作り上げた邪悪を封じる聖剣「ワイズマンズソード」があったが、「心の中に灯る光の強さ」が不十分な彼らでは全く引き抜くことが出来なかった。追いついてきたゼットン軍団の戦いの最中、タイガとタイタスは先達の言葉を思い出し、二人でワイズマンズソードを引き抜く賭けに出た。するとワイズマンズソードは二人の心に応えるかのように引き抜かれたのであった。
そしてゼットは3人のウルトラマンの活躍によってU40に封印される事となった。
これがきっかけとなり、タイガの旅に1人目の仲間「ウルトラマンタイタス」が加わったのだった。

ジョーニアスの提案で惑星O-50に向かった彼らは惑星侵略連合と戦うウルトラマンフーマと出会う。しかし、フーマは見せ場を奪われて怒り心頭であり、おまけに彼らが他所者と知ると排他的な態度を隠さず、どこかへ去ってしまう。

偶々帰郷していたウルトラマンオーブと知り合い、惑星侵略連合に袋叩きにされていたフーマを救うも、一人で勝つことに拘るフーマはタイガと殴り合いの喧嘩を始めてしまう。そんな二人をタイタスは止めようとするが、かつて友とのすれ違いを経験していたオーブはあえて止めず、その様子を見守っていた。
そこへを引き連れた惑星侵略連合が襲来。喧嘩でスタミナが切れていた二人はタイタスのエネルギーを分け与えられて復活し、惑星侵略連合の撃退に成功した。

オーブの後押しもあり、タイガの旅にフーマが加入。ここに、チーム「トライスクワッド」が結成されたのであった。



(※1)修行をサボっていたのではなく、メビウス達の言葉を自分なりに考えていた為。

余談

タイガのロゴフォントは作品タイトル用の他にタイガ個人を示すためのロゴも用意されている。個人用ロゴは文字のバックからTを抜いたデザインになっている。
また、タイトルを飾るタイガ以外の2人にも専用のロゴが用意されている。ロゴはタイガも含めて全員、それぞれのウルトラマンのルーツに連なる作品のタイトルロゴを意識したデザイン(タイガは父が主役の『ウルトラマンタロウ』、タイタスはU40が登場する『ザ☆ウルトラマン』、フーマはO-50出身のウルトラマンが初登場した『ウルトラマンオーブ』)となっている。

彼らの出身地であるM78星雲光の国、U40、惑星O-50はそれぞれウルトラ戦士が存在すると同時に堕ち・悪堕ちした同族が存在する、という共通点もある。

メンバー全員の声をアクセルワンの所属声優(寺島拓篤日野聡葉山翔太)が担当している。偶然そうなったのか、意図的なキャスティングなのかは不明。ちなみに彼ら以外にも本作ではアクセルワン所属の声優が多数出演している。社長を務めるのがウルトラマンパワードケンイチ・カイの吹き替えを担当した森川智之であり、現在のウルトラマンメビウスを担当する福山潤もかつて所属していた事務所でもあり、現在はタイタスの中の人の相方と共に設立した『BLACKSHIP』の共同代表を務める。


また偶然か否か、メンバーの名前全員がコンパチヒーローシリーズで使われているという共通点もある。

トライスクワッド描いてみた


更にタイガ役の寺島氏は、コンパチヒーローオリジナルキャラの一人であるファイター・ロア/コウタ・アズマを演じた経験がある。

第18話に登場した案内標識では「代賀(Taiga)」「泰足(Taitasu)」「風間(Fuma)」というトライスクワッドを意識した地名があることが確認できる(代賀は「78」の先にある様子)。

初期案ではウルトラマンがあともう2人いたらしい。
もし実現したら残りの2人はウルトラマンゼアスZ95星雲ピカリの国ウルトラマンレオ獅子座L77星が出身地になったかもしれない。

デザイン面では、上述の通り別の星の生まれでデザインに統一性のない3人に、並んだ際の統一性を持たせるため、胸アーマー・グローブ・ブーツの3点が各々に付与されている。

関連タグ

ウルトラマンタイガ
ウルトラマンUSA - こちらも3人のウルトラマンで結成されたチーム。ただし出身地は全員同じ。
ウルティメイトフォースゼロ - こちらも出身が異なる戦士達で結成されたチーム。
第0話にてタイガがこのチームについて言及している。
ラッシュハンターズ - こちらは別種族の宇宙人で結成された三人チーム。

関連記事

親記事

E.G.I.S. いーじす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「トライスクワッド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「トライスクワッド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 601597

コメント