ピクシブ百科事典

ウルトラマンヒカリ

うるとらまんひかり

『ウルトラマンメビウス』に登場するウルトラマンの一人。
目次[非表示]

「この星では、貴様の好きにはさせない!」

データ

融合者セリザワ・カズヤ及びアイハラ・リュウ(最終回とOVAのみ)
活動時間不定
変身アイテムナイトブレス
年齢2万2000歳
身長ミクロ-50m
体重3万5000t
職業宇宙科学技術局所属。その後宇宙警備隊へ
CV難波圭一


概要

ウルトラマンメビウス』にて初登場したウルトラマンの1人。Web配信された外伝「ヒカリサーガ」では主人公を務める。

ブルー族」と呼ばれる青い体を持つウルトラマンで、M78世界観では初となる青いウルトラマンである(一応児童誌などでは存在が示唆されていたようだが)。

平成ウルトラマンでは、『ティガ』以降の作品で寒色系の色が採用されており、『ダイナミラクルタイプ、『ネクサスジュネッスブルー』などでは完全な青の派生タイプが登場、さらに、アグルコスモスといった基本色がメインの戦士も活躍しており、アグル、コスモスに続く3人目の青トラマン。また、セブンは初期では青いカラーリングが検討されていた(現在の赤になったのは当時の撮影技術の都合)ので、シリーズ誕生40周年にしてようやく光の国シリーズでの青トラマンの登場が実現した。
そういう意味では、昭和要素の多い『メビウス』もまぎれもなく平成ウルトラマンといえる。

オールマイティなシルバー族、格闘向きなレッド族と種族において大体の得意分野がある中、ブルー族は研究など頭脳労働に向いているとされる。ただし種族によって職種が決められるわけではなく(例えば映画『ウルトラ銀河伝説』や『ウルトラマンジード』ではちらっとではあるがブルー族の宇宙警備隊員や隊員候補生が確認できる)、ヒカリの場合は文武両道である。

データにもあるように、年齢は初代ウルトラマン以上ゾフィー未満と高く、実は結構な年長者である(実際、劇中でゾフィーのことは呼び捨てにしていた)。

45thムックネタバレ殴り描き


劇中で紆余曲折を経て友好関係を結んだためか、年下かつ周囲には基本的に丁寧語で対応するメビウスからはタメ口で対応されている。それだけ二人の絆は深いということの証左だろう。

なお、「ウルトラマンヒカリ」という名前は地球を訪れてから付けられた名で、これとは別に本名が存在していたと思われるが、劇中ではそのことには一切触れられておらず不明である(他のウルトラ戦士たちも「ヒカリ」としか呼称していない)。光の国での名前は地球でいうところの名前とは概念が少し違う(そもそも「ウルトラマン」という言葉自体が「最初に地球を訪れたM78星雲人が地球人につけてもらった名前」を光の国でも使うようになったという経緯がある)そうなので、それゆえに地球人から送られたこちらの名前で通しているのかもしれない。
丸山浩氏のデザイン画集では、当初はハンターナイトの姿からそのまま『ウルトラマンツルギ』の名前になる予定だったことを思わせる箇所があった。そのままの名前でも十分通じそうなのだが、なぜヒカリに改名されたのか不明。一部では、『メビウス』放送当時に外伝作品である『ヒカリサーガ』を限定配信していたフレッツ光とのタイアップだったのではないかという見方があるとか。

※彼の過去も描かれている『トレギア物語/青い影』では地の文やトレギアの独白では「ウルトラマンヒカリ」という名称が使われているものの、セリフ上では使用されておらず、「長官」とだけ呼ばれていた。さすがに演出上不便なためか『大いなる陰謀』ではヒカリの名前で登場している。

容姿

右腕に装着されたナイトブレスはメビウスのメビウスブレスと同様、変身機能やヒカリの力を増幅させる能力を持ち、ヒカリの技の多くを発動させる役割を持つ。内部に収められている短剣ナイトブレードは変身前の護身用武器として使われ、これをナイトブレスに差し込むことによって変身する。

鋭く尖った特徴的な耳は、ウルトラマンネクサスにて未登場に終わったダークルシフェルの流用である。

必殺技

ハンターナイトツルギ時と共通。通常状態のメビウスの上位互換的技が多い。

ナイトシュート

ウルトラマンヒカリ


ウルトラマンヒカリ


両手を十字(スペシウム光線とは逆に、右腕が前になるように構える)に組んで放つ光線技。
ちなみに、ウルトラマンビクトリーナイトも、ナイトティンバーを使用することで同じような光線技:ナイトビクトリウムシュートを使用できる。

ナイトビームブレード

ヒカリよ心解き放て


ブレスから現れる光の剣。切れ味するどく敵を切り裂く。メビュームブレードとの合体技にメビウスの字にボガールモンスを切り裂いた「ツインストリームランサー」がある。ナイトブレードをビームブレード状に伸ばしたものである為か、剣先にはジュエルが嵌め込まれている。

ブレードショット
ナイトビームブレードから光刃を発射し、敵にダメージを与える。
変身前も使用可能で、この際はナイトブレードから発射される。
メビウスでいう「メビュームスラッシュ」と「メビュームブレード」の合わせ技のようなもの。

ホットロードシュート

ホットロードシュート


『ヒカリサーガ』にて披露した両手から放つ必殺光線で、ベムスターを粉砕した。
ナイトブレスを使用せずに放った数少ない必殺技の1つである。

ホットロードフラッシュ
ホットロードシュートの派生技(というか、劇中で披露したのはこちらの方が先)。
ヒカリがナイトブレスを手に入れる以前に習得していた技で、ウルトラマンキングから出された惑星トワールの雨雲を晴らすと言う試練で繰り出し、見事雨雲を晴らしてみせた。

ウルトラブロッカー
タロウ、エース、メビウスと合同で放つ封印光線。カラータイマーから発射し、ギガバトルナイザーの力を封印している。

過去と現在

元々は宇宙科学技術局所属の科学者で、「命の固形化に関する技術の研究」の成果により、ゾフィー同様にスターマークを授与された。
実際、この研究が元で初代ウルトラマンハヤタは一命を取り留めており、以降のウルトラ兄弟達を始め、多くのウルトラ族もこの恩恵を受け取ったと思われる。

上記のように偉大な発明をした研究者であったが、『帰ってきたウルトラマン』最終話で触れられているように、その研究を元にバット星をはじめとする他星から戦争を仕掛けられるようになってしまい、そのことに責任を感じて、スターマーク授与に伴い決まっていた長官就任を辞して()宇宙へ放浪の旅に出る(ヒカリの突然の失踪により、宇宙科学技術局はパニックに陥ったという)。

メビウスのシリーズ構成を務めた赤星政尚氏書き下ろしのヒカリサーガ付属のイラストノベル『ザ・ウルトラマンヒカリ』にて「長官職への就任を辞退」という一文がある。一方で、『トレギア物語』では長官にはなっており、その後の戦争に際して辞職している設定になっており、その映像化である『ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀』第2章では惑星アーブをボガールから守れなかったことが原因で長官職を辞したということになっているなど、媒体によって設定が一貫していない(『大いなる陰謀』に関して歴史改変の影響をみることもできるが)。ただ、少なくとも何らかの強い挫折を味わって科学技術局を一度離れたということだけは共通している。

旅の最中、命の惑星アーブとの出会いで立ち直った彼は、ウルトラマンキングから課された試練を成し遂げたことでナイトブレスを授かり、以降はアーブを守ることを誓う。
だがその決意を打ち砕くかのように襲撃してきたボガールによって、ヒカリの必死の抵抗も虚しくアーブは滅ぼされてしまった。愛したアーブの民を守ることが出来ず悲しみに暮れる中、ヒカリはアーブの民の無念の声と怨念の叫びを耳にする。ボガールへの復讐に燃えるヒカリに呼応するかのように、アーブの誇る伝説の鎧アーブギアは復讐の鎧と化す。こうして誕生したのが「ハンターナイトツルギ」である。

その後ボガールを探し続け地球にやってきた彼は、ディノゾールとの戦いで命を落としたセリザワ・カズヤを発見し、地球での活動を容易にする目的で彼と融合した。
当初はボガールの殲滅にこだわるあまり周囲の犠牲を顧みない姿勢や行動を取ることも多く、その当時地球の防衛にあたっていたメビウスからはそのことを非難され、対立することも多かったが、最終的に協力してボガールに立ち向かっていき、遂にはこれを完全に倒すことに成功する。
しかし、元々戦士ではなかったツルギは激しい戦いを通して消耗しきっており、ボガールとの戦いを終えた後力尽きて倒れてしまう。融合しているセリザワとの和解後、ウルトラの母の治療で一命を取り留める。当時の防衛組織「GUYS」の一隊員でセリザワの部下だったアイハラ・リュウから新たに「ウルトラマンヒカリ」の名をもらい、以後地球の危機に馳せ参ずるようになる。当初は対立することも多かったメビウスとも徐々に信頼関係を築いていき、最終的に相棒として背中を預けて戦うまでになっていった。

しかし戦士ではない故またしてもダメージを蓄積していき、ゾフィーから光の国への帰還を促されてしまう。最初のうちこそ光の国への帰還を躊躇していたヒカリであったが、中盤でリュウ達の成長を認め、メビウスにナイトブレスを一時的に託し地球を去ることになった。

地球を離れた直後に遭遇した宇宙大怪獣ベムスターとの戦いを通して、ゾフィーに宇宙警備隊へとスカウトされ正式な宇宙警備隊員となった後、終盤で(地球へ来る前に一悶着あった)ババルウ星人を追って再度地球に飛来。この時の滞在は一時的なもので、ババルウ星人と決着をつけた後、地球に迫りくる脅威(=エンペラ星人)の調査のために三たび宇宙へと旅立つが、終盤でエンペラ星人の攻勢に晒されていた地球を救うべく参戦。エンペラ星人と対決した後、ゾフィーやメビウスと共に光の国へと帰って行った。

エンペラ星人との戦いを終えた後も、メビウスらとともに警備隊に所属しており、宇宙平和のために日夜活動を続けているようだ。
一方で、科学者・技術者としての活動も並行してこなしているらしく、近年の作品では彼の開発した発明品(武器)を後輩ウルトラ戦士たちが使用して変身したり多くの強敵たちを撃破するなどしており、縁の下の力持ちのようなキャラクターとなっている。
『ファイトビクトリー』や『ジード』の時のように、開発したアイテムをわざわざ自分の足で直接届けに来てくれることもあった。本人は直接登場せずとも、アイテムを発明した張本人として名前が出てくることも珍しくない。

その万能さからか、近年ではメビウスよりも客演の機会が多い傾向にある(メタな事情も踏まえれば、これ以外にもメビウスとは異なり声優のスケジュールの都合さえつけば容易に客演させられる等、作劇の上でも扱いやすいことも要因となっていると思われる。おまけに頭脳労働が得意なだけでなく単純な戦闘力も高く、人生経験豊富である為にどのような立ち位置で登場しても美味しいキャラクター造形をしている)。
そんなわけなので視聴者からは青い姿と相まってドラえもんみたいなウルトラマンと認識されている(奇遇にも難波氏は以前にドラえもんの友人の猫型ロボットも演じている)。一方で、後述するように何かと発明を狙われている立場にある事もネタにされているが、アフターケアや発明の安全性はしっかりしているのでそこまで批判の対象にはなっていない。

ゴーストリバース

どういうわけか怪獣墓場で蘇った暗黒四天王側に寝返り、メビウスに炎の谷までギガバトルナイザーを取ってくるよう脅迫する。
しかしこれは暗黒四天王を油断させるための演技であり、メビウスも最初は困惑したものの、彼との対話の最中にそれを悟り、命令通り炎の谷へと向かった。最終的にアーマードメフィラスを倒すが、メカザムの覚醒までは止める事ができず、ギガバトルナイザーの回収には失敗してしまう(そして、これが後述の惨劇の引き金となってしまう)。

ウルトラ銀河伝説

ウルトラマンベリアルの襲撃から光の国を守るため、グレートパワードUSAトリオネオスセブン21マックスゼノン・メビウスと言った歴代ウルトラヒーローと共に敢然と立ち向かうがギガバトルナイザーの力で蹴散らされてしまい、ウルトラの星の凍結に巻き込まれてしまう。その後、ベリアルが倒されたことにより無事復活を遂げた。

なお、企画当初はZAPのスペースペンドラゴンを怪獣墓場まで連れて行く役回りはヒカリだったが、つるの剛士の出演が決定したため、この役割はウルトラマンダイナに変更された。

超決戦!ベリアル銀河帝国

襲来したダークロプス軍団を相手に他の宇宙警備隊と共に迎撃に当たっている様子が確認できる。

ウルトラファイトビクトリー

久々の客演。

本来は別宇宙である『ウルトラマンギンガ』世界のピンチを救うべく、ウルトラマンキングの命を受けて旅立った。あの爺さん本当に何でもできるな…。

アリブンタに苦戦するウルトラマンビクトリーの救援に駆けつけ、ナイトシュートをお見舞いしてアリブンタをけん制した後、ビクトリーにエネルギーと自らが開発した笛型の武器ナイトティンバーを与えている。

なお、地球まで飛来してきたことによる疲労や、ビクトリーにエネルギーを譲渡したこともあって使い果たしてしまったために、以降は戦闘には加わらず、地球でサクヤとレピと共にビクトリーの戦いが終わるのを待っていた。ギンガとビクトリーが他のウルトラ戦士と共に宇宙の帝王を見事倒して地球に帰還した際にはこれを出迎え、ショウがナイトティンバーを返却しようとした際には「これは君が持っていてほしい」と申し出、ナイトティンバーをショウに託して地球を去って行った。

ウルトラマンジード

同作のキーアイテムの1つであるウルトラカプセルは、地球へと侵攻してきたウルトラマンベリアルとの戦いを終結させるべく、ウルトラマンヒカリが開発したという設定になっている。
この時シャイニングウルトラマンゼロの力を持つカプセルも作っていたのだが、残念ながら未使用に終わっている(メタ的にはキャンペーンの宣伝の意味合いが強かったのだろうが…)。

ウルトラカプセルは混乱の最中、何者かに盗まれてしまうが、その後紆余曲折を経てベリアルの息子であるジード朝倉リクの手に渡ることとなり、彼の戦力として大いに活用されていくことになる。
なお、ジードのフュージョンライズ形態の1つにも、ヒカリとコスモスの力を受け継いだ、アクロスマッシャーが存在する。

第8話で伏井出ケイの召喚したギャラクトロン2体との戦いに苦戦するジードとゼロの元に現れ、ゼロに新たなウルトラカプセルを託した。伊賀栗レイトのゼロとの一体化シーンを考えると『帰ってきたウルトラマン』の時のセブンのような新たな力の渡し方だったといえる。
このカプセルで変身したウルトラマンゼロビヨンドは、(あくまで設定上の話ではあるが)ウルトラマンノアから与えられた力で変身したウルティメイトゼロより強い。この人の技術力はどうなってるんだろうか(まあグルマン博士もノアと同等の次元移動能力なら複製してしまったが)。
なおこの後は特に帰った描写もなく出番が終わるため、ファンからはアイテムとメッセージだけ飛ばして直接来ていないのではないかとも言われている(一応「探したぞ」と言う台詞はあるが)。超全集での武居監督によれば彼も思念だけ飛ばしてアイテムを転送してきたと考えているとのこと。

ちなみに第8話の放送日は担当声優である難波圭一氏の誕生日かつ還暦の日だった。

最終話では他のウルトラ戦士と共に光の国からジードとベリアルの最終決戦を見守っていた。

ウルトラマンタイガ

TV本編には登場していないが、ボイスドラマにおいてフィリスというブルー族と交流があることが語られている。
光の国にもたらされたとある騒動の解決の主体となったと思われる。

また、超全集にて、宇宙科学技術局に所属していた頃の部下の1人が闇堕ち前のウルトラマントレギアであったことが明かされた。ヒカリは彼の才能を評価しつつもその精神的な危うさを危惧していたらしい。
しかし、皮肉にもヒカリ自身がかつて、ハンターナイトツルギとして復讐鬼となったことが、トレギアが光の国に正義を見いだせなくなる要因の1つとなり、結果的にヒカリ自身がトレギアの闇堕ちの一因となってしまったことが判明した。

ウルトラヒーローズEXPO2020

トライスクワッドのピンチに、ツルギの姿でメビウスバーニングブレイブと共に駆けつけ、かつての部下であるウルトラマントレギアと交戦するが、敗北してしまう。
本人としてはトレギアにこれ以上、罪を重ねて欲しくないと感じていたようだが、トレギアからしてみれば自分が闇に堕ちた要因に説教されているようなものであり、聞き入れられず、逆に「自分も闇に堕ちたくせに…」と逆に痛い所を突かれてしまった。

ウルトラヒーローズEXPO THE LIVE ウルトラマンタイガ

第1部では怪獣に襲撃された惑星を防衛する為、メビウスと共に出動し、怪獣達を討伐した。
訓練生であるにも関わらず、助けを求める声を放っておけない余り、無断で出撃したタイガにかつての自分を思わせる危うさを感じたのか、「ウルトラマンって一人でなんでもできるわけじゃない」と説いた(これに関してはかつての将来有望な部下が彼の下を去ったという事情もあるのだろう)。

ウルトラマンZ

直接の登場はないが、ボイスドラマ第6回において、ヒカリを中心とした宇宙科学技術局のメンバーがウルトラゼットライザーを開発したことが明かされている(宇宙科学技術局は、同時にデビルスプリンターの分析も行っていたとのことなので、そちらにも関わっていた可能性が考えられる)。
これ以降も、アイテムが絡んだエピソードにおいてはゼロとゼットの会話の中でちょくちょく登場している。

第21話でのメビウスの台詞を聞く限りでは、ゼットはウルトラゼットライザーの開発を契機にヒカリのところへよく出入りしていたようで、それなりに親しい間柄になっていた様子。ゼットはヒカリに“先生”という敬称を添えて尊敬の眼差しを受けつつも、「天才すぎて何を言っているのかわからない」とも評している。一方のヒカリもゼットのことはそれなりに気に入っていたようで、戦友であるメビウスに対して「将来有望な若者」と太鼓判を押していたらしい(もしかすると、純粋に自分を慕ってくれるゼットの姿に、闇に堕ちる前のかつてのトレギアの姿を重ねて見ていたというのもあったのかもしれない)。

また、本編第6話では、ペガッサ星人ペガを通じて、ギルバリスジードライザーを破壊された朝倉リクに代替品としてウルトラゼットライザーを届けている。同時に、ジードライザーの修理もきちんと行っており、第15話では修理が完了したジードライザーを返却している(これにより、ジードは再びフュージョンライズを行うことが可能となった)。

ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀

地味にメビウスよりも出番が多かったが、基本的にはサポートをすることが多かった中、久々にメビウスと揃って登場。

第1章

光の国にてマックスの状況を分析し残り時間が3日間しかないことを伝えてソラと共にゴーデス細胞の抗体作成へと尽力する。

その後マックスの救出に成功した後、ソラにギャラクシーレスキューフォースへと推薦する。

第2章

ヒカリサーガ辺りの時間軸におけるヒカリが登場。

宇宙警備隊に入れなかった事を悔やむトレギアに自分にしかできない事で宇宙平和に貢献するようにと諭していたが、その後惑星アーブの滅亡で精神的に追い詰められ、復讐心に囚われた彼はハンターナイトツルギとして迎えにやって来たトレギアにすら刃を向ける。この出来事がこの作品におけるトレギアの「光の使者」に対する疑念を深める要因となってしまった。

なお、アブソリュートタルタロスの干渉による影響か、正史(ヒカリサーガ本編)やそれを基にしたトレギア物語とは異なる展開となっている(大きく異なる点としてはヒカリの失踪がバット星人関連の戦争ではなく、惑星アーブの件になっている点)。
さらに、彼の名前である「ヒカリ」がメビウス本編におけるアイハラ・リュウ隊員の命名ではなく、元からの本名だったように表現されている。

近年の頼れるヒカリの印象の強かった視聴者からはトレギアに刃を向けたツルギの件で驚く声も多かったが、ヒカリサーガやメビウス本編では復讐の念からこれがマシに見えるほど強烈なことをやっていたりする。

第3章

最終話にて登場。
惑星エビルにてユリアンアブソリュートタルタロスに連れ去られてしまったウルトラ戦士達にゲネガーグウルトラメダルを強奪したことをウルトラサインで伝えた。視聴者からは(タルタロスの対応で光の国の防衛が手薄になっていたとはいえ)「ヒカリさん、なんでタイミングで盗まれてんだ」などと言われてしまっている。

ロストヒーローズ

メビウス完結後の設定で登場。
「1」では飛ばされた先のビギンズ・キューブボガールと交戦し、重傷を負った所、ヒーローに救出され、拠点でやアイテム開発や作戦指揮を担当する事に。ハンターナイトツルギは登場しないが、やはりこちらの世界線でもボガールにアーブを滅ぼされた設定は残っており、「2」では悪の心に支配された事を悔やむイーヴィルティガを諭し、ガタノゾーア撃破に貢献した。

ネタ

(^0^)/<ヒカリダヨー
円谷公式サイトの四月馬鹿では、本編で見せた気難しさはどこへやらの、ありえないほどはっちゃけたキャラクターになっている。ぶっちゃけ声優の性格に近い。
顔文字を多用して他の戦士達を困惑させたり、「ヒカリの速さで1get」などやってらっしゃる。できないとヘコむ。また時たまツルギの時に戻ったりと何かと忙しげな印象を受ける。

またそれらとは別に、研究職という職業柄だったり、光の国のガバガバセキュリティも相まってか、二次創作漫画では、
「仕事が忙しく、それに伴う寝不足が原因でうっかりミスによりラボが爆発してしまう」だったり「アイテムを開発したら当たり前の様に盗難被害に遭い、それを指摘される」だとか
下の漫画↓↓のように「過労が疲弊して訳の分からない発明品を作る」

毎週ウルトラマンZ第24回「ダーク執事ロプス」



等、何かと苦労人として描かれる事も多い・・・

とりあえず休んで

その他本編や映画を見ると単独行動が鬼門らしく、幾度か敵に捕まり助けを待つことが多い。そもそも守りたかった星がこりん星(中の人的な意味で)という時点である意味ネタキャラだったのかもしれない……。

人間態を演じた石川真と声を演じる難波圭一はかつて仮面ライダーも演じている。

関連タグ

ウルトラマンメビウス ヒカリサーガ 青トラマン
メビウス(ウルトラマン)
セリザワ・カズヤ アイハラ・リュウ
ゾフィー
ブルー族

関連記事

親記事

ウルトラマンメビウス うるとらまんめびうす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマンヒカリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2135370

コメント