ピクシブ百科事典

ハイコンセプト・ウルトラマン

はいこんせぷとうるとらまん

ハイコンセプト・ウルトラマンとは、2004年から2006年まで連続放送されたウルトラシリーズの総称である。
目次[非表示]

概要

2004年~2006年までに連続放送された

  1. ウルトラマンネクサス』(2004年~2005年)
  2. ウルトラマンマックス』(2005年~2006年)
  3. ウルトラマンメビウス』(2006年~2007年)※ウルトラシリーズ40周年記念作
の3作につけられた総称。

2013年に上記3作のDVD-BOXが発売された際のコマーシャルのキャッチフレーズ、およびベストセラーズ社から発売された書籍「CIRCUS別冊 語れ! ウルトラマン」の記事の一部からつけられた。
共通点として、それまでのMBSから中部日本放送(CBC)で連続放送されていた。
「新たなウルトラマン像を創造する」ことを主目的とした「ULTRA N PROJECT」の一作であるネクサスと、それの終了後「原点回帰」を狙ったマックス、シリーズ40周年記念作のメビウスといった異なるコンセプトで製作された。
テレビ以外にも劇場版、OV、ネットムービー、漫画、雑誌連載と幅広くメディアミックスされた。

ちなみに『ネクサス』『マックス』は土曜日の朝、『メビウス』は土曜日の夕方に放送されていた。

評価

時代に合わず結果を出せなかった不運な名作

このように数多くのメディアで展開されたシリーズだったが、結果は芳しいものではなかった。

  • 『N PROJECT』
商業的失敗、企画頓挫。
  • 『マックス』『メビウス』
好評は得たものの少子化や『ネクサス』からのCBCへのローカル落ちとそれによる首都圏での十分な宣伝ができなかった為の視聴者激減と視聴率不振、さらに『メビウス』の放送枠が当時ローカルセールス枠であり、スポンサードネット扱いでの放送も同時・遅れ問わず主要都市圏に限られたため、一部未放映の地域ができてしまいスポンサー獲得も困難となり番組提供枠として売れなくなってしまった。

これらの原因から3作そろって視聴率、売上共に苦戦を強いられお世辞にもヒットしたとは言えず、円谷プロの財政難を立て直すことはできなかった。(最大の原因は少子化とローカル落ち)

またTBS系列でのウルトラシリーズの放送は『メビウス』(より厳密にはメビウス終了後の翌月に放送された『ULTRASEVENX』)を最後に終了。円谷プロも『N PROJECT』の打ち切りをきっかけとした社内クーデターによる社長交代劇や今までの放漫経営のツケがたたって限界を迎えて子会社化し、創業者一族の追放など大幅な改革を迫られた。
その後、BSでの『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』の放送後、2013年に『ウルトラマンギンガ』(新ウルトラマン列伝)が放送されるまでウルトラシリーズは劇場映画、OV、再編集番組での展開が中心となる長い暗黒期を迎えることとなった。

余談

wikipediaでは『ウルトラマンコスモス』もこの括りに入れられているため、コスモスもこの呼称に含むと誤認する人もいるが、公式ではネクサスからメビウスをハイコンセプト・ウルトラマンシリーズと呼称するのが正しく、コスモスは含まれない(その結果、コスモスはTVシリーズで唯一どの括りに入らない作品となった)。強いて含めるならば第二期平成ウルトラシリーズとなる。また、この括りとハイコンセプト・ウルトラマンは違うものであるため、ごちゃ混ぜになって使用しないように注意。
また『メビウス』の後同系列で放送されたものの、深夜枠の放送であることと『ウルトラセブン』のリメイクという側面の強い『ULTRASEVENX』も含まれない。

関連項目

ウルトラシリーズ 平成ウルトラマン
ウルトラマンネクサス ウルトラマンマックス ウルトラマンメビウス

TDG三部作 新世代ヒーローズ

関連記事

親記事

平成ウルトラマン へいせいうるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイコンセプト・ウルトラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 724

コメント