ピクシブ百科事典

ハイコンセプト・ウルトラマン

はいこんせぷとうるとらまん

ハイコンセプト・ウルトラマンとは、2004年から2006年まで連続放送されたウルトラシリーズの総称である。
目次[非表示]

概要

2004年~2006年までに連続放送された

  1. ウルトラマンネクサス』(2004年~2005年)、広義にはそれを主軸とする『N PROJECT』全体を含むことも
  2. ウルトラマンマックス』(2005年~2006年)
  3. ウルトラマンメビウス』(2006年~2007年)※ウルトラシリーズ40周年記念作
の3作につけられた総称。

2013年上記3作のDVD-BOXが発売された際のコマーシャルのキャッチフレーズ、およびベストセラーズ社から発売された書籍「CIRCUS別冊 語れ! ウルトラマン」の記事の一部からつけられた。
共通点として、
などが存在する。

「新たなウルトラマン像を創造する」ことを主目的とした「ULTRA N PROJECT」の一作であるネクサスと、それの終了後「原点回帰」を狙ったマックス、シリーズ40周年記念作のメビウスといった異なるコンセプトで製作された。
『メビウス』はテレビ以外にも劇場版、OV、ネットムービー、漫画、雑誌連載と幅広くメディアミックスされた。

ちなみに『ネクサス』『マックス』は土曜日の朝に放送されたが、『メビウス』は土曜日の夕方に放送されていた。

上記の通り、全てCBCにより制作されたため、一部のファンからは『CBC三部作』とも呼ばれ、また『新平成三部作』などとも呼ばれている。(ちなみに、他の作品群は制作局名で呼ばれることはほとんどない。)

評価

このように数多くのメディアで展開されたシリーズだったが、結果は芳しいものではなかった。
一言で総括するなら時代の流れと過去の清算に翻弄され、役目を果たせなかった不運な作品といえるであろう。
ULTRA_N_PROJECTおよび円谷英二円谷プロダクションの項目も参照。

『ネクサス』およびこれを主軸とする『N PROJECT』

商業的失敗、企画頓挫に至った。
その要因の筆頭として、『ネクサス』の作風が過去作と大きく異なったこと(特に前半期)が挙げられる。

  • 夜や地下、密室、異空間などの閉鎖的な舞台が大半で、陰気くさいという意味でも、文字通りの画面照度的な意味でも、とにかく「暗い」シーンの連続
  • グロキモデザインの怪獣「スペースビースト」による生々しいホラー描写(スプラッタというわけではないが)
  • 幾度となくピンチに陥りながら爽快な打開もろくに果たせず、人類や防衛チームから特に感謝されることもないまま自責の念に駆られて戦う、主人公とは別人の孤独なウルトラマン
  • 記憶操作により一般市民には存在すら認知されない超ブラックな防衛チームの、一寸の冗談もまかり通らないような空気の中で展開されるギスギスした人間関係と、闇の勢力に翻弄され続ける主人公達の鬱屈とした描写
  • 1体のスペースビーストを数話かけて単調な異空間で倒すというテンポの悪さ
…といった、それまでのシリーズとは大きく異なる意欲的すぎる作風が、前半2クール全体にわたって展開された。
結果、大衆受けは非常に悪く、一部のホラー演出については新聞全国紙の投書欄に苦情が投稿、掲載されるという異例の事態となった。

この惨状を招いた大きな要因として、元々は『ネクサス』が深夜枠を想定した企画だったことが挙げられる。
シリアスなドラマ重視の大人向け構成になった理由は、
「それ以前に採算度外視の作品を作り続けた財政管理のツケとして重くのしかかる予算不足を克服しつつ、同時に作品としての筋を通す」
という、財政難の克服と作品としてのこだわりとを両立するための挑戦であったと言えよう。
たとえば予算不足によってビル破壊のような派手な演出が難しくなったことから考案されたメタフィールドなどはその最たる例であるし、
閉鎖的な場面を主舞台にすればロケハンやセット制作のコストを大幅に削減できることも明白であろう。
そのようにして仕上がった作品がディープでオトナな新時代のウルトラマン像として、少しでも成人受けすれば御の字…だったはずである。
先立って開始されていた子供向け雑誌用企画『ウルトラマンノア』、『ネクサス』『ノア』の両者に繋がる劇場版『ULTRAMAN』…と、上手く噛み合えば媒体ごとに違う各世代をターゲットとしつつ同一の世界観を描くという画期的な連動企画になるはずだった。

ところが、『ネクサス』の放送時間がコンセプトに反して土曜朝という「子供の時間」になることが、クランクイン後に決定された。
つまり、「視聴者層が、制作現場の想定したターゲットとは真逆になる」という天変地異が、制作が走り出してしまった後で発生したわけで、普通に考えて異常事態としか言いようがない。
子供向けに作っていないものを子供向けの時間に流され、子供と保護者に批判される…というのは、制作部隊からすればきわめて理不尽な仕打ちであっただろう。

また、『ネクサス』の前日談であり本来先立って公開されるはずだった映画『ULTRAMAN』も、公開が遅れ『ネクサス』開始後になってしまったうえ十分な宣伝もできず、興行的に失敗し、進められていた続編の製作も頓挫してしまった。

そしてそれらの影響なのか、商業的戦略にも色々と不都合が生じた。
  • よりにもよってクリスマスからお正月にかけての商戦期にグロテスクホラー演出の絶頂時期を重ねる
  • 玩具展開に合わせて登場した新兵器が登場早々にトラウマ描写に使われる非常に残念な扱いを受ける
など、端から販促を行う気がないとしか思えないような放映編成であった。
もともと子供向け雑誌で展開されていた『ノア』も、『ネクサス』では最終盤まで明確に『ノア』として登場せず、これまたグッズ販促にほとんど活かされなかった。

こうした事情が重なり、制作陣の本意でない部分もあったとはいえ、結果的にメイン視聴者の子供とその保護者に受け入れられるとはとても思えない商業作となってしまった。
結果『ネクサス』の視聴率は2~3%が当たり前、玩具はたちまち投げ売りとなり、次第に悪評すらも話題に上らなくなり存在感を完全に失ってしまった。
第3クールで作風を若干明るくする試みはなされたものの(公式にはこれは制作開始時点での既定路線だったとのことだが)、制作陣がこだわりを貫き早期の路線変更をしなかったことで視聴率不振は極まり、最終的に第3クールをもって打ち切りという、シリーズ前代未聞の放送短縮にまで追い込まれてしまった。

結局、意欲的なメディアミックス展開だったはずの『N PROJECT』はその全てが大きくコケることになってしまった。

挙げ句、打ち切りなど一連の処遇を不服とした一部スタッフが社内クーデターを起こし、当時の社長が役員会もなしに解任されるという物騒なお家騒動にまで発展。
最終的に、この企画は円谷プロに財政難の更なる悪化と強い遺恨とを残す結果に終わってしまったのである。

『マックス』『メビウス』

『ネクサス』の失敗もあり、昭和ウルトラマン時代の遺産(昭和作品に登場した怪獣の再登場など)を積極的に運用して「原点回帰」することになった作品。『ダイナ』以来の過去作要素を含む作品が展開された。
この2作は、作品の質自体については視聴者から好評だったものの、少子化によるメインターゲット自体の縮小、『ネクサス』時点からのCBCへのローカル落ちにより首都圏での十分な宣伝ができなかったことなどにより視聴率は振るわなかった。
さらに『メビウス』の放送枠が当時ローカルセールス枠であり、スポンサードネット扱いでの放送も同時・遅れ問わず主要都市圏に限られたため、一部地域では未放映だったり、放送されても無理のある編成だったりする局が見られたりした(この事態を憂慮してか、放映したローカル局の中には朝の情報番組でわざわざ特集を組むなど自前で熱心に宣伝を行う局すらあった)。

結果、グッズの売り上げが不振に至ったのは勿論、スポンサー獲得も困難となり、番組提供枠としての価値そのものを落としてしまった。
今2作を最後に『ギンガ』まで長らくテレビシリーズが展開できなかったのはこれが原因とされている。

3作全体としての業績、その後の財政への影響

上記の原因から3作そろって視聴率、売上共に苦戦を強いられ、もともと財政難にあった円谷プロを立て直すこともできず、商業面での売上はむしろ『ネクサス』から一方的に下がってしまった。
参考までに『メビウス』が終盤に入った2007年2月の期決算は売上高約56億円に対して当期純利益はわずか約4400万円と制作費すら回収できないほど非常に低かった。

おそらくその最大の原因は少子化とローカル落ちにあるが、それでも『ネクサス』が残した爪痕は3作中でも特に大きかったと言わざるを得ない。
『ネクサス』は、先述のように不遇な制作環境だったことを考慮しても、シリーズにいきなり取り入れるには先鋭的すぎた要素がさすがに多い。
欲張り過ぎたのでは、現実的なニーズが見えていなかったのでは、といった指摘を免れることは難しい。
また結局本作でも採算度外視という面を完全に捨てきれなかった面も否めない。
各種経費削減によって経理改善を図ることも可能な制作コンセプトだったにもかかわらず、結局スペースビーストのスーツ製作に予算の倍以上の費用をかけるなど経理面を考慮しきれていない制作姿勢が目立った。
結局、低評価と大赤字を両立してしまうという、誰も得をしない本末転倒な結果になってしまっている。

この結果もたらされた『ネクサス』の打ち切りに伴い、40周年記念作品『メビウス』までの事実上の繋ぎとして『マックス』が製作される形となったものの、同作は『メビウス』の分も含めた2作分の制作予算をこれ1作で使い切ってしまい、結果として『メビウス』制作のために新たな借金が必要となったことで、『メビウス』ともども経営状況のさらなる悪化を招いた。

以上のことから、これらのシリーズを「ウルトラシリーズをダメにした面汚し」「シリーズの保守化を招いた元凶」「クオリティを考慮すればもっと売れるべきだった」「その後の作品が過去作に頼るようになった」などと厳しく評価する声も存在する。
見方によっては、それは事実である面も否定できないとは思われる。

しかしこれらは先述の通り、TDG三部作など過去作品で採算度外視の作品を作り続けた結果という側面も大きく、このシリーズそれ自体にばかり原因があるわけでもない。
むしろ、これまでの経営放漫のツケが出た作品群であると見ることができる
この3作の作風や業績だけを頭ごなしに批判するのは考え物だろう(余談だが、マックス以前でも過去作ありきな作品は少なくなく、昭和2期や『ダイナ』にもやり方こそ現在と異なるものの同じことが言える)。

そもそも、当時の円谷プロが創業者一族である円谷一族とその取り巻きであるイエスマン達によるワンマン経営状態で誰も異を唱えられなかった、誰もその状況を疑問に思わなかったという、会社上層部の腐敗とも言うべき深刻な根本的事情が根底にあったといえる。
「国民的ヒーローのウルトラマンなら予算オーバーも仕方がない」「金字塔を打ち立てたウルトラマンなのだから困窮してもなんとかなる」といった甘い考えが一族とイエスマン達に浸透しすぎて採算度外視のやり方に疑いを持たなかった結果、制作費を回収するために不可欠な商業的側面を軽視しすぎたこと、失敗した場合のことを充分考えなかったため本当の失敗時に対処できずそれまでのツケをまとめて払わねばならなくなった…という面も大きいだろう。

さらに、ファンとしては、このような事態をファン自身の姿勢が助長した可能性も考えなくてはならない。
実際、後述の買収騒動の際、買収先企業が健全経営に切り替えようとしたときにファンから反発の声が上がり、企業として至極まっとうなことを言っているはずの関係者のSNSを炎上させるという憂慮すべき事態も起きている。
ファンの一部も思考底止による採算度外視の姿勢への無批判に陥っていた可能性があるといえるだろう。
ファンもスタッフも作品を愛するがゆえ、趣味の延長とも言える製作姿勢や時代錯誤な職人気質をありがたがる空気を生み出し、それこそが愛するウルトラシリーズ自体を喪いかねない事態を招いた…とも言えるかもしれず、皮肉な話である。

最終的に、40年続いたTBS系列でのウルトラシリーズの放送は『メビウス』(より厳密にはメビウス終了後の翌月に放送された『ULTRASEVENX』)を最後に終了。
円谷プロでも『N PROJECT』の打ち切りをきっかけとした社内クーデターをはじめとする経営陣の交代劇が相次ぎ、それまでの経営のツケが遂に限界を迎え倒産寸前まで陥り、子会社化、創業者一族の追放など大幅な改革を余儀なくされるに至った。

ただ、このタイミングでなくても、元々採算度外視・品質至上主義だけを掲げてきた円谷プロの経営危機はいずれ訪れただろうという声もあった。むしろこのシリーズで失敗するまで「いつ破綻してもおかしくない状態だったのに、よくここまで持った」とすら評しうる状況であった。
先の事を考えれば、むしろこのタイミングで大失敗したのはウルトラシリーズにとってはある意味救いになったのかもしれない。

この失敗の後、メイン局はテレビ東京BSに変わり、全国放送は途切れることとなった。
BSでの『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』放送後、ウルトラマンゼロというシリーズの救世主が現れ、2013年に『ウルトラマンギンガ』(新ウルトラマン列伝)が放映されるまで、ウルトラシリーズは劇場映画、OV、雑誌での展開が中心となる長い暗黒期を迎えることとなってしまった

その後の土壌形成

上述の通り、役目を果たせず良い結果を出せなかった本シリーズではあるが、その後の新世代ヒーローズへの布石や土壌形成を行い、影響を与えたのも確かである。

  • シリーズ展開のために制作されたスーツ(特に『マックス』『メビウス』で制作されたもの)は後の『大怪獣バトル』や新世代ヒーローズの各作品で長きにわたって使われる貴重なリソースとなった。
    • 登場に多額の費用を必要とする新怪獣の節約になるうえ、過去作に登場したマイナーなキャラクターの再登場や再評価につながり、さらにはかつての過去作の視聴者を成人ファンとして再び取り込むことにも寄与するなど、シリーズの救済・新たな視聴者層の開拓に大きく貢献した。
    • このほか、『ウルトラマンギンガ』や『ウルトラファイトオーブ』にて『N PROJECT』の残滓設定の根幹に関わる部分に採用されたほか、『N PROJECT』のエッセンスとキャラクターは小説展開で扱われている。
  • CGを積極採用し続けた結果、元々日本トップクラスだった円谷のCG技術はさらに磨かれた。特に空中戦描写は明確にクオリティが上がり、それ以降も激しい激突描写が増えるようになっていった。
  • 『ネクサス』の途中から次回予告前に挟まれるようになったミニコーナーは、(一部例外はあるが)以降の作品にも引き継がれシリーズの定番となっている。

そして何より「クリエイター上がりに経営はできない」という言葉があるように創業者の円谷英二氏は根っからの技術者、職人であり。常に採算度外視・品質至上主義を掲げてきた創業者一族による赤字経営は将来破綻することが目に見えており、むしろこのタイミングで問題が表面化しなければ、取り返しのつかない所まで負債が膨れ上がり、最悪の場合円谷プロが倒産し各種権利が離散して二度とウルトラシリーズとして新作を製作できなくなる可能性、さらなる権利問題を招き過去作の視聴すら困難になる可能性などもあった。

円谷プロが黒字転換を果たせたのは、創業者一族追放からわずか1年後だった。予算や赤字体質への反省から「クオリティは維持しつつも無駄は省け」を旗印に、大岡新一10代目社長や親会社となったTYO→フィールズ社、メインスポンサーとして長い付き合いを持つバンダイナムコグループをはじめとした新経営陣により、放映期間は短いながらもクオリティと採算性を両立し商業的側面もしっかり重視、展開した『X』や『オーブ』などの良作が次々制作され、ここ数年は黒字経営が続いている。2014年には債務超過が終了したと発表された。
このように、ウルトラシリーズ50周年前後辺りで円谷プロが復活を果たした今だから言えることだが、結果的に本シリーズは、新しい経営方針を完全に軌道に乗せるための重要なターニングポイントとなったといえるだろう。
ある意味では円谷プロへの警鐘を鳴らし手遅れになる前のギリギリのタイミングでの対処を促してくれた作品群であるとも言え、現在までウルトラシリーズが続いているのもこのシリーズの犠牲のおかげともいえる。

さらにシリーズ暗黒時代にもウルトラマンフェスティバルをはじめとした各種イベントは休止せずに行われ続けており、『メビウス』はゼロの登場までこれをなんとか牽引し続ける原動力となり、さらに公募という形で新怪獣も毎年登場するなど、結果としてウルトラシリーズの知名度と歴史を細々とながらも絶やさないことに貢献した。

輝かしい結果こそ残せなかったものの、近年ではこれら3作品自体もDVDや配信サイトなどで視聴の機会が増え、
もともと作品自体はおおむね好評であった『マックス』『メビウス』はもちろん、放映当時不評だった『ネクサス』についても再評価が進んでいる。
『ネクサス』は1クールの短縮があったにもかかわらず作品内容自体に大きな破綻はなく、根底にあるコンセプトを理解した大人からは重厚でハードな人間描写、意欲的な新機軸、メカニックの描写や怪獣デザイン、怒涛のラストの展開などは好評を得ている。結果論ではあるが、当初の路線を貫いたことが再評価へつながったと言えるだろう。
近年では、ネクサスとマックスは『ウルトラマンX』に客演、メビウスも『ウルトラマンZ』ボイスドラマに客演し作中で「兄さん」と呼ばれるようになるなど、注目度はむしろ上がっている。
(『ウルトラマンX』では各主役ウルトラマンの他、ネクサス主演の川久保拓司氏、マックス主演の青山草太氏がそれぞれ当時の配役としてではないものの、それを彷彿とさせる役で出演した。同様の形でメビウスのアマガイ・コノミ役の平田弥里氏も出演している)
事実として、現在の評価は低くなく、むしろ好評であり、気になったら、原典である3作品を今から視聴してみるのもいいだろう。

このように、『N PROJECT』を中心にいずれも後年の作品に何らかの形で関わっているため、また近年では拾いきれなかった要素の再挑戦やゲスト枠獲得などでも役目を果たしており、決して黒歴史扱いはされていない事が窺える。
確かに商業的には大失敗に終わり、円谷プロを立て直すという役目を果たすことができなかったが、これら3作を世に送り出すための円谷プロの努力、そしてそれにより培われた力は、決して無駄ではなく、またここでの失敗はこれまでのやり方を止め、シリーズを次なる時代へつなぐための転換点としては大きな役割を果たしたのである。


余談

一部の書籍やサイトでは『ウルトラマンコスモス』もこの括りに入れられて紹介されることもあるため、コスモスもこの括りに含むと誤認する人もいるが、公式ではネクサスからメビウスの3作品をハイコンセプト・ウルトラマンシリーズと括るのが正しく、コスモスはこの括りに含まれないので、このシリーズを説明する時や、このタグを使用する時は注意が必要だ(その理由として、そもそもコスモスからネクサスまで2年の空白期間が存在すること、制作局や参加企業も異なっていることなども理由とされる。また、上記の共通点もコスモスには存在しない)。もしこの記事を読む前に誤解していたのなら読んだ後に認識を改めておこう。
また『メビウス』の後同系列で放送されたものの、深夜枠の放送であることと『ウルトラセブン』のリメイクという側面の強いためか『ULTRASEVENX』もこのシリーズには含まれない。

今シリーズに参加した板野氏はメビウス以降の特撮作品には参加していないものの、代表を務めるグラフィニカがCGを手掛けた電光超人グリッドマンのリメイク作品、『SSSS.GRIDMAN』やSSSS.DYNAZENON等の円谷アニメにも参加している。
ちなみに、『SSSS.GRIDMAN』には『ティガ』から『コスモス』までのMBSが参加、『メビウス』(より厳密には『ULTRASEVENX』)以来のTBS系局参加作品となった。

また、ハイコンセプト・ウルトラマンの3作とTDGの3作は1作目、2作目、3作目同士でそれぞれ共通点が存在する。例として

  • 1作目同士の『ティガ』『ネクサス』:全体的に暗く、当時としては斬新なデザイン、感動的な最終回。
  • 2作目同士の『ダイナ』『マックス』:原点回帰を目指した全体的に明るい作風、頭部の前のめりなデザイン。
  • 3作目同士の『ガイア』『メビウス』:青いウルトラマン(ちなみに両者とも科学者要素持ち)の登場、佐橋俊彦氏によるBGM。
などが存在する。

他にも、過去作とのつながりについては、作品の順番こそ変わるものの、
  • 『ダイナ』、『メビウス』:再登場怪獣と人物、過去作と同じ世界観、過去のデータによる事件やメカの存在があり、シリーズで最も過去作要素の多い作品同士(後の『ジード』もこれに近いといえる)。
  • 『ティガ』、『マックス』:過去作要素も存在するが、出来事自体はあまり関わらず、初見でも気にせずに視聴可能と言われる作品同士(他には『ザ☆』、『オーブ』なども過去作要素の量的には近い)。
  • 『ガイア』、『ネクサス』:要素やエッセンスとして取り入れられている。
と、過去作要素の「多い」、「存在するが関連性は薄い」、作品がそれぞれ3作で1作ずつ存在している。


公式サイト

本放送中にCBCにより公式サイトが開設された。2021年現在でもいずれの作品のサイトも閲覧可能である。また、CBCは他にもTDG三部作のサイトも存在している。
『ウルトラマンネクサス』公式サイト
『ウルトラマンマックス』公式サイト
『ウルトラマンメビウス』公式サイト

関連項目

ウルトラシリーズ 平成ウルトラマン
ウルトラマンネクサス ウルトラマンマックス ウルトラマンメビウス

TDG三部作 新世代ヒーローズ

関連記事

親記事

平成ウルトラマン へいせいうるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハイコンセプト・ウルトラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62068

コメント