ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マウンテンピーナッツ

まうんてんぴーなっつ

『ウルトラマンギンガS』の外伝小説、およびその劇中に登場する過激環境保護団体。
目次 [非表示]

小説の概要

『S-Fマガジン2015年1月号』に収録された短編小説。著者:小林泰三。挿絵:鷲尾直広

円谷プロ早川書房の公式コラボレーションアンソロジー企画『TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE』の一環で執筆された作品であり、発表当時の最新シリーズ『ウルトラマンギンガS』の前日談にあたるエピソード。

後に同アンソロジー企画の短編小説が収録された単行本『多々良島ふたたび』に再録された。


先述の通り『ウルトラマンギンガ』から『ウルトラマンギンガS』の間を描いた作品なのだが、TV本編の世界観が「ウルトラマンや怪獣が初めて現れた世界」として描写されていたのに対し、本作では「過去に現れたウルトラマンや異星人の技術を流用した超技術『メテオール』の存在」やジャミラの正体が一部又は公に認知されている他、「自衛隊が怪獣に対して攻撃可能か、数年前から議論されていた」と語られるシーンがあるなど、本来の設定とは大きく矛盾する描写がいくつかある。


著者の小林氏はウルトラマンギンガS12話『君に会うために』の放映時に「マウンテンピーナッツの事件を経た千草がアイドルデビューした後の物語です」と発言している為、著者自身としてはギンガS本編に繋がる前日談として描いていたようだが、レベル3マルチバース相当のパラレルワールドと解釈されることが多い。


また、基本的には牧歌的な雰囲気のTV本編に対し、本作は著者がホラーを得意とする作家である為か、人間の愚かさを強調した陰惨な雰囲気で描かれているうえ、多数の人間が殺害されるなどのショッキングな描写も多く、上述の設定面の矛盾もあって評価は賛否両論である。


ただし、同アンソロジー企画では現行作品(新世代ヒーローズ)や平成シリーズを扱った唯一の作品である点や、比較的マイナーな怪獣が活躍する点、「人類に寄り添い、多種多様な価値観を尊重しようとするウルトラマンの正義」を描いた点など、見どころも多い。


あらすじ

ウルトラマンギンガが地球を去ってから一年後。

多発する怪獣被害に備えてUPGの基地が建設され始めた降星町では、怪獣の保護を訴える環境保護団体『マウンテンピーナッツ』のデモ活動が過激化しつつあった。


一方、かつて礼堂ヒカルと共に戦った少女、久野千草は人々が危機に瀕した時に召喚されるギンガライトスパークの力でウルトラマンに変身する能力を再び得ており、降星町を襲ったデットンを撃退しようとするが、「人間よりも怪獣の命のほうが尊い」という異常な価値観を持ったマウンテンピーナッツはウルトラマンを敵視、超絶科学メテオールを悪用した兵器群を駆使してウルトラマンへの妨害工作を仕掛けてきた。


果たして千草は怪獣たちとマウンテンピーナッツの魔の手から日本を守り抜くことが出来るのか。そして、事件の背後で怪獣を操っている黒幕は誰なのか……?


登場人物

主人公。詳細はウルトラマンギンガの項目にて。


時系列は番外編の後と思われるので光の国に帰還しているはずだが、本作ではスパークドールズとして千草に所有されている。なぜかタロウと同様に言葉を話す事ができ、マウンテンピーナッツへの怒りに駆られる千草と「ウルトラマンとしての正義」を守る信条から意見が衝突することもあった。


(恐らく)黒幕。今回の事件を起こした目的は全くの謎である。


登場怪獣

登場怪獣は全て(SD)であると推測される。

この他にもスパークドールズとして玩具修理者黄衣の王が登場している。


組織の概要

環境保護NGOの『イエローピーナッツ』と、辺境の盗賊団が前身の超過激環境保護団体『マウンテンコリー』が合併して誕生した組織。


ウルトラマンコスモスに登場する防衛組織『SRC』や『TEAM EYES』が怪獣と人との共存共栄を目指していたのに対し、こちらは人間を自然の一部として見なしていない。環境破壊やそれに類する行為を見つけると、環境保護を大義名分に行き過ぎた報復行為に及ぶ、所謂エコテロリスト

国際世論を味方につけている団体であるため厳密には非合法組織やテロリストではないらしいが、超過激的な思想を掲げる環境保護団体『マウンテンコリー』を取り込んだ時点で何かが狂ってしまっており、法的にはともかく実態は犯罪組織そのものである。


一般会員はデモ活動中に軽度の暴行事件を起こす程度だが、戦闘訓練を受けた組織の実働部隊(通称:戦闘員)の行動はより過激であり、動物の皮で作られた製品を身に付けている人々や虫取りをしている子供を見つけると酪酸(バターなどから生成される強酸性の液体、当然人体には有害)入りの瓶を投げつけるなど、常軌を逸した暴力行為に及ぶ。さらに環境保護活動を邪魔する者をアサルトライフルで射殺することもあり、外圧の力で日本国内へスペシウム弾頭弾などのメテオール兵器を装備したビートル型戦闘機を持ち込んで平然と使用するなど、もはや並のテロリストや怪獣よりも危険な存在と化している。


始末の悪い事に海外に自分たちがスポンサーを務める情報番組を持っており、映像をCGで加工し、その捏造された映像をメディアで放送して自分たちがさもヒーロー活動を行っているかのように装い、国際世論を味方に付けている為、死者でも出ない限りは警察も動くことができず、たとえ起訴できても裁判にまで持ち込めるのも稀で、仮に有罪になっても執行猶予が限界らしい。

そればかりか、世界的な宣伝工作によって日本を環境破壊国としてのイメージを根付かせており、日本人が行う昆虫採集や魚釣り、狩猟は特に悪質で残虐なものであるとしていることから日本人の大半からは快く思われていない様子である。


劇中では怪獣が多発するようになった降星町の周辺に一般会員たちが現れ、基地を建造しようとするUPGの活動を妨害。更にウルトラマンとデットンが戦闘を始めると、「罪の無い野生動物(怪獣)を殺傷しようとした」ウルトラマンに対してミサイル攻撃を仕掛け、彼が自衛のためにミサイルを破壊したことを名目に「ウルトラマンは我々の装備を破壊した。これは人類に対する敵対行為である」と主張。メテオール兵器を使用してウルトラマンを殲滅しようと企んだ。


また、デットンが都市部で暴れ始めると武装した戦闘員たちが出現。デットンの足止めを試みた機動隊を自動小銃で負傷させて撃退、更にデットンへのミサイル攻撃を仕掛けた自衛隊の戦闘機をビートル型戦闘機で撃墜した。その後、民間人たちが猟銃や火炎瓶に加え自家製の銃器や爆弾などを持ち寄って結成した大規模な自警団が現れると、戦闘に不慣れな彼らを嘲笑いながら虐殺した。


最早言うまでもなく悪の組織の所業だが、その教義に感化された狂信的信者が集まり総勢一万人もの会員がいるらしい。国際条約に基づいて活動しているようで※、UPGや自衛隊には反撃が許されず、人類の生命や自由意志を尊重するウルトラ戦士も手出しを加えることのできない存在であるため、結果的に怪獣が野放しになり、無数の罪無き人々が虐殺される羽目になった。

※国際機密条約によって厳重に規制されている筈のメテオールを使用しているため、あくまで当人達の主張に過ぎない。


マウンテンピーナッツや原動が掲げていた歪んだ価値観は、結果的に怪獣たちを操っていたと思わしき黒幕に利用されてしまっていたため、ある意味では被害者と言えなくもないが、実質的に本作の怪獣被害を拡大させた全ての元凶であることには変わりない。


恐らく元ネタは過激派自然保護団体として有名な『グリーンピース』(グリーンピース同様に色+食物の組み合わせが『イエローピーナッツ』の由来)や『シーシェパード』(『マウンテンコリー』の元ネタ。シー(海)の対義語であるマウンテン(山)とシェパードと同じ牧羊犬のコリーを組み合わせたネーミング)。


メンバー

原動 隆一郎

“マウンテンピーナッツ”日本支部総司令官。

自然環境を守ろうとする余り、“人間の命よりも怪獣の命の方が尊い”という歪んだ価値観を持つ男。ウルトラ戦士の存在を「自然の産物である怪獣を殺す存在」として憎悪しており、更に続いて出現したジャミラの事を「開発の名の下に宇宙を汚染し、逆恨みで地球環境まで破壊しようとする愚かな人間」、「お前に生きる価値はない」と評し、情け容赦なく殺害するなど独善的な正義感をも併せ持っている(ただし、先制してジャミラは街を火炎で焼き払っていた為、この件に限っては一概にマウンテンピーナッツが悪いとは言い切れない)。


一応、原動の思想は環境保護精神から来る純粋なものであり、組織を私利私欲のために悪用しているわけではないのだが、彼が傷ついたノスフェル(SD)の首に飛び付いて号泣する姿を見た千草は「怪獣保護を自らの野望の隠れ蓑にしているのならまだ安心できた」、「そのような正義の怪人をどう扱えばいいのだろう」と途方に暮れ、かえって絶望する羽目になった。案の定、ノスフェルの額に原動は埋め込まれてしまい、脳に直接送り込まれる強い苦痛に襲われウルトラマンに助けを乞う醜態を晒した。直後、人間の姿をしたものを撃つことには抵抗のない部下の戦闘員たちはノスフェルの額を集中攻撃、そしてスペシウム弾道弾を直撃させる。彼は苦しみから解放されたのであった。

(なお、スペースビーストであるノスフェルはむしろ地球の生態系を破壊する側の存在である。もしそれを知りながらノスフェルを保護しようとしていたならタチが悪すぎるが、現実のエコテロリストも生態系を無視した独善的な活動を行うことが多い為、知っていたとしても保護活動を続けた可能性が高い。)


これによって日本支部のマウンテンピーナッツは事実上壊滅したと思われるものの、その凶行とそれによって発生した被害は、一連の事件で無力だったUPG内部にタカ派を生む結果になったとも考えられ、それが人類の手に余る超兵器の開発を推進し、最強最大の敵を降臨させる遠因になった可能性もある。


関連項目

ウルトラマンギンガS 小林泰三 ウルトラマンF


ウルトラシリーズにおける類似する人物・組織

神山政紀:同じくウルトラマンギンガSの世界観に登場した国際防衛機構の長官。『怪獣・侵略者の撃滅』という掲げる方針こそマウンテンピーナッツと正反対なものの、やはり自らの目的の為には手段を選ばない過激なマキャベリスト。本編で両者が共演していたら、ギンガSの物語は更に泥沼な状況になっていたであろう事が容易に想像できる。彼がそのような思想を持ち始めた経緯は作中で明かされなかったので、上記の通り本作の事件がきっかけと解釈できなくもない。もっとも、今作はパラレルワールドみたいな扱いを受けているが、それと似たような事が起きたのだと考えてもおかしくはない。


EYESXio:同じく怪獣の保護を目指す組織。しかし保護活動の過程で人々の命や財産が犠牲にならないよう尽力しており、怪獣の生態を理解した上で保護活動を行っているので、マウンテンピーナッツの連中とは絶対に相容れないだろう。Xioはスペースビーストを共存不可能な存在と見做し、迅速な対応を行ったので尚更である。


地底文明デロス:マウンテンピーナッツ同様に(こちらは自分達の生存を目的とした)環境保全の為に人類(地上人)に過激な攻撃を仕掛けたが、“地球の住人同士”の問題故にウルトラマンも干渉する事ができずに難儀する事となった。しかし、彼らはあるの行動を見た事で自ら人類に可能性を見出し、後年人類との共存を実現させた。


蛭川光彦:同じく民間人故に防衛チームウルトラマンも迂闊に手を出せない存在である事を逆手にとる形でウルトラマンや防衛チームを散々苦しめた男。マウンテンピーナッツ同様に明確な制裁を受ける描写がないまま退場している。


荒野の狼:ウルトラシリーズにおける過激派の環境保護団体繋がり。こちらもマウンテンピーナッツと同じく環境保護を盾に非道を行っていたが、最終的に日本支部が壊滅した上に海外にある本部は活動の縮小を余儀なくされる等、明確な制裁を受けている。


セレブロ:マウンテンピーナッツ同様にウルトラマンが介入できない『文明内で起こる問題』に着目し、星々を滅ぼして来た侵略者。もし、マウンテンピーナッツとコイツが合わさるような事があれば、地獄のような構図が出来上がるだろう。


ゴルダー:こいつの話に怪獣を利用する地球人の悪の組織が登場する。


フルータ星人:謎の宇宙人…かと思いきやその正体は偶然怪獣の玉子…いやを拾ったとにかくマヌケな地球人の集まりであった。つまりウルトラシリーズにおける地球人の悪(?)の組織繋がり。


ウルトラシリーズ以外の類似する人物・組織

SKBE(スケッベ):マウンテンピーナッツと同じく過激派の環境保護団体であるが、こちらは最終的に過ちに気づいて改心している。


エマ・ラッセル:マウンテンピーナッツ(特に原動)同様に、怪獣を狂信する過激な地球保全思想に囚われたエコテロリスト。登場作品における元凶といわれているが、藤宮同様、最低限の良心はあった。


アラン・ジョナ:上記のエマに協力していたエコテロリスト。「愚かな人類は怪獣に滅ぼされるべき」という思想を持ち、その為に利用しようと企んでいた怪獣が地球生態系外の存在だと知っても問題視しないなど、原動と似て異なる性質の悪さを持つ。おまけに作中で断罪されずに更なる禍根を残しつつ姿を消している。


怪獣優生思想:同じく人類よりも怪獣を優先とする思想を掲げた一団。最終的な目的はエマの考えているものに近い。


反怪人団体:掲げる思想こそ正反対なものの、その残虐なまでの過激ぶりはマウンテンピーナッツを実写化させたような有様である。


ツイフェミ:こちらは「女性の尊重」を大義名分に気に入らない相手やコンテンツを潰す過激派のフェミニスト達であるが、都合の悪い存在なら守るべき女性であろうと危害を加えたり、自己満足のために女性そのものを悪用したりする等、ある意味現実世界におけるマウンテンピーナッツと呼べる。

関連記事

親記事

ウルトラマンギンガS うるとらまんぎんがえす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4216

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました