ピクシブ百科事典

マウンテンピーナッツ

まうんてんぴーなっつ

ウルトラマンギンガSの外伝小説、およびその劇中に登場する超過激思想環境保護団体の名称。
目次[非表示]

小説の概要

『S-Fマガジン2015年1月号』に収録された短編小説。著者:小林泰三。挿絵:鷲尾直広
アンソロジー企画『TSUBURAYA×HAYAKAWA UNIVERSE』の一環で執筆された作品であり、
発表当時の最新シリーズ『ウルトラマンギンガS』の外伝にあたるエピソードが描かれている。
後に同アンソロジー企画の短編小説が収録された単行本『多々良島ふたたび』に再録された。

先述の通り『ウルトラマンギンガ』シリーズの外伝作品なのだが、TV本編の世界観が「ウルトラマン怪獣が初めて現れた世界」として描写されていたのに対し、本作では「過去に現れたウルトラマンや異星人の技術を流用した超技術『メテオール』の存在」が噂されていたり、「自衛隊怪獣に対して攻撃可能か、数年前から議論されていた」と語られるシーンがあるなど、本来の設定とは矛盾する描写がいくつかある。

著者の小林氏はウルトラマンギンガS12話『君に会うために』の放映時に「マウンテンピーナッツの事件を経た千草がアイドルデビューした後の物語です」と発言している為、著者自身としてはギンガS本編に繋がる前日談として描いていたようだが、レベル3マルチバース相当のパラレルワールドと解釈することも出来る。

また、基本的には牧歌的な雰囲気のTV本編に対し、本作は著者がSFホラーを得意とする作家である為か、人間の愚かさを強調した陰惨な雰囲気で描かれているうえ、多数の人間が殺傷されるなどのショッキングな描写も多く、上述の設定面の矛盾もあって評価は賛否両論である。

ただし、同アンソロジー企画では平成シリーズを扱った唯一の作品である点や、比較的マイナーな怪獣が活躍する点、「人類に寄り添い、多種多様な価値観を尊重しようとするウルトラマンの正義」を描いた点など、見どころも多い。

あらすじ

ウルトラマンギンガが地球を去ってから一年後。
多発する怪獣被害に備えてUPGの基地が建設され始めた降星町では、怪獣の保護を訴える環境保護団体『マウンテンピーナッツ』のデモ活動が過激化しつつあった。

一方、かつて礼堂ヒカルと共に戦った少女、久野千草は再びギンガライトスパークの力でウルトラマンに変身する能力を得ており、降星町を襲ったデットンを撃退しようとするが、「人間よりも怪獣の命のほうが尊い」という異常な価値観を持ったマウンテンピーナッツはウルトラマンを敵視、超絶科学メテオールを悪用した兵器群を駆使してウルトラマンへの妨害工作を仕掛けてきた。

果たして千草は多発する怪獣たちとマウンテンピーナッツの魔の手から日本を守り抜くことが出来るのか。そして、事件の背後で怪獣を操っている黒幕は何者なのか……?

組織の概要

環境保護NPGの『イエローピーナッツ』と、辺境の盗賊団が前身の超過激環境保護団体『マウンテンコリー』が合併して誕生した組織。

ウルトラマンコスモスに登場する防衛組織『SRC』や『TEAM EYES』が怪獣と人との共存共栄を目指していたのに対し、こちらは人間自然の一部として見なしていないらしく、環境破壊やそれに類する行為を見つけると、環境保護を大義名分に行き過ぎた報復行為に及ぶ、所謂エコテロリスト
国際的に認められた団体であるため厳密には非合法組織やテロリストではないらしいが、超過激的な思想を掲げる環境保護団体『マウンテンゴリー』を取り込んだ時点で何かが狂ってしまっており、法的にはともかく実情は犯罪組織そのものである。

一般会員はデモ活動中に軽度の暴行事件を起こす程度だが、戦闘訓練を受けた組織の実働部隊(通称:戦闘員)の行動はより過激であり、動物の皮で作られた製品を身に付けている人々や虫取りをしている少年を見つけると酪酸(バターなどから生成される強酸性の液体、当然人体には有害)入りの瓶を投げつけるなど、常軌を逸した暴力行為に及ぶ。さらに環境保護活動を邪魔する者を自動小銃で射殺することもあり、外圧の力で日本国内へスペシウム弾頭弾などのメテオール兵器を装備したビートル型戦闘機を持ち込むなど、もはや並のテロリストや怪獣よりも危険な存在と化している。

始末の悪い事に海外に自分たちがスポンサーを務める情報媒体(番組)を持っており、映像をCGで加工し、そのねつ造された映像をメディアで放送して自分たちがさもヒーロー活動を行っているかのように装い、国際世論を味方に付けている為、死者でも出ない限りは警察も動くことができず、たとえ起訴できても裁判にまで持ち込めるのも稀で、例え有罪になっても執行猶予が限界らしい。

劇中では怪獣が多発するようになった降星町の周辺に一般会員たちが現れ、基地を建造しようとするUPGの活動を妨害。更にウルトラマンとデットンが戦闘を始めると、「罪の無い野生動物(怪獣)を殺傷しようとした」ウルトラマンに対してミサイル攻撃を仕掛け、彼が自衛のためにミサイルを破壊したことを名目に「ウルトラマンは我々の装備を破壊した。これは人類に対する敵対行為である」と主張。メテオール兵器を使用してウルトラマンを殲滅しようと企んだ。

また、デットンが都市部で暴れ始めると武装した戦闘員たちが出現。デットンの足止めを試みた機動隊を自動小銃で負傷させて撃退した。更にデットンへのミサイル攻撃を仕掛けた自衛隊の戦闘機をビートル型戦闘機で撃墜し、民間人たちが結成した自警団が現れると、戦闘に不慣れな彼らを嘲笑いながら虐殺した。

こんな悪の組織の様な団体ではあるが、その思想に感化された志願者が集まり総勢一万人もの会員がいるらしい。また、一応は国際条約に基づいて活動しているためUPGや自衛隊には反撃が許されず、人類の生命や自由意志を尊重するウルトラマンにとっても攻撃しがたい存在であるため、結果的に怪獣が野放しになり、無数の罪無き人々が虐殺される羽目になった。

メンバー

原動隆一郎

“マウンテンピーナッツ”日本支部総司令官。
自然を愛しており怪獣をも例外と見做していない……と言えば聞こえはいいが、実際には“人間の命よりも怪獣の命の方が尊い”という歪んだ価値観を持つ男。ウルトラ戦士の存在を「自然の産物である怪獣を殺す存在」として憎悪しており、更にジャミラの事を「開発の名の下に宇宙を汚染し、逆恨みで地球環境まで破壊しようとする愚かな人間」、「お前に生きる価値はない」と評し、情け容赦なく殺害するなど独善的な正義感をも併せ持っている(ただし、ジャミラは街を火炎で焼き払っていた為、この件に関してのみ一概にマウンテンピーナッツが悪いとは言い切れない)。

一応、原動の思想は環境保護精神から来る純粋なものであり、組織を私利私欲のために悪用しているわけではないのだが、彼が傷ついたノスフェル(SD)に縋り付いて号泣する姿を見た千草は「自らの野望のために悪事を行っているならまだ安心できた」、「このような正義の怪人をどう扱えばいいのだろう」と途方に暮れ、かえって絶望する羽目になった。

マウンテンピーナッツや原動が掲げていた歪んだ価値観は、怪獣たちを操っていた黒幕に利用されてしまった為、ある意味では被害者と言えなくもないが、実質的に本作で発生した被害を起こした全ての元凶であり、最終的には自らの博愛精神が仇となって悲惨な最期を遂げる羽目になった。(原動の最期に関する詳細はこちらを参照)

なお、ノスフェルの暴走によってマウンテンピーナッツの日本支部は壊滅したものの、海外に存在するであろう本部や他の支部がどうなったかは描かれていない。今回の事件が明るみになって活動が縮小、あるいは組織自体が解散もしくは壊滅したと信じたいが……

また作中では明言されていないが、マウンテンピーナッツの凶行とそれによって発生した被害は、一連の事件で無力だったUPG内部にタカ派を生む結果になったとも考えられ、それが人類の手に余る超兵器の開発を推進、最強最大の敵を降臨させる原因になった可能性もある。

関連項目

ウルトラマンギンガS 小林泰三 ウルトラマンF
吐き気を催す邪悪 偽善者 みんなのトラウマ エコテロリスト

荒野の狼…ウルトラシリーズにおける過激派の環境保護団体繋がり。こちらもマウンテンピーナッツと同じく環境保護を盾に非道を行っていたが、最終的に日本支部が壊滅した上に海外にある本部は活動の縮小を余儀なくされる等、明確な制裁を受けている。

SKBE(スケッベ)…マウンテンピーナッツと同じく過激派の環境保護団体であるが、こちらは最終的に過ちに気づいて改心している。

コメント