ピクシブ百科事典

ジェットビートル

じぇっとびーとる

「ウルトラマン」に登場する科学特捜隊の主力戦闘機
目次[非表示]

データ

所属:科学特捜隊
全長:18.5メートル
全幅:13.8メートル
重量:25トン
最高速度:マッハ2.2
固定武装:主翼部ロケット弾ランチャー 前翼部レーザー
オプション装備:多連装ミサイルランチャー 強力乾燥ミサイルなど

ウルトラマンウルトラマンメビウスに登場

岩本博士によって開発された科学特捜隊の主力戦闘機。日本支部にはムラマツ班にS111・S115・117・118の4機配備されている。
名前のビートル=VTOL(垂直離着陸機)の通りに垂直離着陸が可能で、どんな場所でも着陸や低空飛行できる。推力はかなり高く、機体下部に特殊潜航艇S号やベルシダー等をドッキングさせ、現場に輸送することも多い。

武装は際立って強力というわけでもないが、機体下部にあるハッチ内部に、ギガスを倒した強力乾燥ミサイル等の様々な装備を搭載することが可能で、ありとあらゆる局面に対応可能。またコックピットには銃架が備えられており、乗りながらマルス133やQXガン等を発射可能。

機体の防御力はかなり高く、怪獣に叩き落されて不時着墜落することはあっても機体が大破するなどの事は一度も無かった。またメフィラス星人円盤ビーム砲の直撃にも耐え切っている(どころか、画面上では傷一つついていない。どういうことなんだ…)。
後のTACZAT等の防衛チームの様な『被弾』→『脱出!』という描写は一度のみ存在した(第5話。ラゴンの光線で被弾したビートルから、アラシがパラシュートで脱出した。ジェットビートルに脱出機構が存在することを確認できる貴重なシーン)。
気密性も高く、後述の追加装備だけで宇宙でも活動可能

宇宙ビートル

光の国から僕らのために・・・


16話でバルタン星人(二代目)に襲われた「オオトリ号」救援の為に、岩本博士が「フェニックス号」のデーターを流用して急遽開発したハイドロジェネレートサブロケットを装備したビートル。機体構造上、主翼のロケットランチャーは使えないので、前翼部レーザー砲が主力武器になる。

ウルトラマンメビウスの時代

動体保存された機体がGUYSの航空ショー等で使用。

また、回想シーンでは亜高速試験船「イザナミ」の艦載機として宇宙ビートルの改良型「イカズチ」が登場。当時科特隊に所属していたサコミズ隊長の冥王星宙域での戦闘でゾフィーと邂逅している。

ウルトラマンオーブ

本作の防衛チームビートル隊(VTL)」が使用する多目的戦闘機として、赤い部分が青くなったリメイク機ゼットビートルが登場する。
カラーリング以外はジェットビートルとほぼ同じデザインだが、専用サブマシン無しで大気圏外への飛行が可能である模様。

ビートル隊の名称の由来も、このジェットビートルであると思われる。

派生作品での登場


関連タグ

科学特捜隊 ウルトラマン ゾフィー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェットビートル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19956

コメント