ピクシブ百科事典

GUYS

がいず

GUYSとは、『ウルトラマンメビウス』に登場する防衛チームである。主人公たち実働部隊を「CREW GUYS」と呼ぶ。
目次[非表示]

概要

ここでは、組織としてのGUYSについて説明する。個々の所属メンバーに関してはウルトラマンメビウスの項目を参照。

ウルトラマン80』に登場したUGM解散後しばらく後、ある報告をもとに10年の歳月をかけて結成された。少なくとも『ウルトラマンメビウス』本編より何年ほどか前から活動しているようだ。「GUYS」の名前は、「Guards for UtilitY Situation(あらゆる状況に対応する防衛隊)」の略で、読み方は「ガイズ」。
出撃の際に上官が発言する「GUYS,sally go!」了解を意味する「G,I,G!」という掛け声がある。
その結成のきっかけは、(当時)科学特捜隊のサコミズが冥王星軌道から帰還した際、地球が今でも狙われていること、その脅威からウルトラ戦士が密かに守っていたことを報告したことにある。
組織の特色としては全体の雰囲気が非常に明るくメンバー同士の仲も非常に良い。
また歴代の防衛チームのなかで現状までのテレビシリーズで唯一ウルトラマンがチームの一員であると発覚した後も共に闘い続けた組織である(ウルトラマンギンガも変身者は仲間にバレているがこちらは防衛チームではなく民間人の集まり、劇場版を含めるとウルトラマンティガのGUTSとウルトラマンエックスXIOも該当)。

ライセンス

GUYSに所属するためにはライセンスが必要。これは、防衛部隊であれば特に変ではないが、怪獣頻出期(『ウルトラQ』~『ウルトラマン80』の時期、怪獣が続々現れた期間を指す)の沈黙から25年近く経過した本編のころには、「就学や就職に便利な資格」程度にしか扱われていなかった。16歳からなら誰でも試験を受けられるようになるため劇中の民間人にも取得者はいたのだが、上記の扱われ方から、実際に入隊するものは少なかった。第2話で入隊することになるメインキャラも、当初は渋っていたくらいである。

組織体制・主な戦力

ニューヨーク沖に総本部を置き、各国にそれぞれの本部が配置されている。そのほか、宇宙空間や公海など、領空・領海に含まれないエリアを担当する部署もある。

CREW GUYS JAPAN

本編にて主に登場する、日本支部GUYS JAPANの実戦部隊。劇中、第1話以前→本編→最終回以降で所属メンバーが異なり、主要キャラは本編でのメンバー。
怪獣が次々と日本に現れる中、超科学メテオールを駆使し、メビウスと力を合わせて戦い抜く。

主な戦力

  • ガンクルセイダー

ガンフェニックス配備前の主力戦闘機。UGMのメカとは違い宇宙を行き来できるなど第二期シリーズ防衛チーム機なみの性能があるが、ディノゾールによって全滅してしまった。

  • ガンフェニックス
GUYS JAPANの主力戦闘機。ガンウィンガーとガンローダーに分離し、共同戦線を張るのが主な戦法。メテオールにより、UFOのような起動で飛行する「マニューバモード」に変形する(下のガンブースターも同様)。
  • ガンフェニックストライカー
ガンフェニックスとガンブースターが合体した大型戦闘機。宇宙航行を可能にしたほか、火力も上昇。マニューバモードでの必殺技として、自機のシルエット状に固めたエネルギー派を放つ「インビンシブルフェニックス」を使える。
  • ガンウィンガー
ガンフェニックスの前半分にあたる攻撃戦闘機。元から鳥っぽいデザインだが、マニューバモードではさらに鳥っぽくなる。スぺシウム弾頭弾を武器としている。
  • ガンローダー
ガンフェニックスの後ろ半分にあたる多用途重戦闘機。マニューバモードでは竜巻発生装置を武器としており、怪獣を巻き上げての一本背負いをしたことも。
  • ガンブースター
途中で新たに配備されたメカ。ほか2機を上回る火力を誇り、ガンフェニックスと合体してガンフェニックストライカーとなり、宇宙空間への発進も可能にする。
  • ガンスピーダー
上記の三機のコックピットブロックを兼ねたメカ。脱出ポッドとして使えるほか、これ単体でも移動・戦闘をこなす。実は空中・水中・地上・宇宙と、一通り移動できる万能機。
  • フェニックスネスト
GUYS JAPANのシンボルともいえるもので、劇中にておもに映るのはこれであり基地は地下にある。巨大メカのフライトモードに変形可能で、圧倒的な火力を秘めている。

GUYSオーシャン

公海の防衛を行うチーム。本編中にて、GUYS JAPAN以外で直接的に登場したほぼ唯一のチームで、隊長は勇魚洋。その名の通り、水中、水上での任務を得意とする。

主な戦力

  • シーウィンガー

ガンウィンガーの実用性が認められ、GUYSオーシャン用にカスタムされた機体。水上を滑るようにして航行する「ワイズ・クルージング機能」を持つほか、水中への潜航もできる。

  • ブルーウェイル
オーシャンに配備されている大型潜水艦で、指令本部も兼ねている。

GUYSスペーシー

大気圏外の宇宙空間で任務に就くチーム。宇宙人や宇宙怪獣は地球へ侵入するのを防ぐのが劇中での役回りだが、大抵は侵入を許してしまう。話の都合もあるし、仕方ない。
作中では無人の怪獣要撃衛星ぐらいしか出番がなく、小説版でやっとスペースウインガーが登場した。

GUYSアンタクティカ

南極圏を防衛するらしい。劇中未登場

過去の防衛チーム関連の装備

歴代の防衛チームの装備に由来・関係した武器

シルバーシャークG

GUYSスペーシーやフェニックスネスト横などに配置された大型ビーム砲台。『ウルトラマンA』に登場した、メタリウム光線も効かない強敵超獣ファイヤーモンスを撃破したシルバーシャークが原型。地上に落下してくる隕石群を狙撃で全滅できる射程と精度を誇る。

宇宙機雷ライトンR30マイン

キングジョーを破壊したライトンR30爆弾を発展させたもの。その名の通り、宇宙空間に設置して地球への侵入を防ぐ。

AZ2006

ムルロアを倒したAZ1974爆弾の改良型にあたるミサイル

GUYSアローMA1型

帰ってきたウルトラマン』に登場したMATアロー1号の改装機。出番はなかった。

メテオール

「Much Extreme Technology of Extraterrestial ORigin(地球外生物起源の超越技術)」の略。かつて地球に現れた、ウルトラ戦士を含む宇宙人や怪獣が残した兵器や円盤、技術や能力を研究・解析して手に入れたオーバーテクノロジーの総称。基本的に緊急時(実験時は例外)に上層部の許可のもと1分間のみ使用できる。この制限時間はウルトラ戦士の活動時間のように「その時間が限界」なのではなく、まだまだ未知の技術であるが故に設けられた「その時間しか使ってはならない」制限である。

主に登場するメテオール

  • ガイズマシン

ガンフェニックス以降の新型機に搭載されているマニューバモードもメテオールの1つ。円盤を思わせる、航空力学を無視した機動を可能にする。

  • キャプチャーキューブ
怪獣や宇宙人のバリア能力を元にした兵器。メテオールに対応した銃器から発射したビームが、着弾直前にバリアとして展開される。自身や仲間、民間人も守るほか、敵を閉鎖空間に閉じ込めたり爆発を抑えたりと、高い汎用性を誇る。
  • マケット怪獣
過去に出現した怪獣・宇宙人を、特殊な分子で再現して使役する。人類に味方したことにちなんでミクラスウインダムがロールアウトされたほか、グドンやあのゼットンなどのプトロタイプが多数存在している。一体の怪獣に、ほかの怪獣の能力を上乗せしてカスタマイズすることもできる。実体の維持は1分間が限界。
  • グロテスセル
意志を持たない物体に生命を与えるメテオールで、グロテス星人が使ったとされる。制御の方法が見つからず、廃棄処分となるが、コダイゴンジアザー誕生の原因になった。
  • リージョン・リストリクター、ディメンショナル・ディゾルバー
異次元人ヤプール封じともいうべきメテオールとその強化版。異次元空間への扉を封じるために開発された。
  • マグネリウム・メディカライザー
かつてガッツ星人に倒されたウルトラセブンをよみがえらせたエネルギー光線をカードリッジ化。
  • スぺシウム・リダブライザー
ウルトラ戦士の光線に含まれるスペシウムを増幅、光線の威力を強化するファイナルメテオール。ウルトラ戦士との共同戦線を前提としたもの。

アーカイブドキュメント

総本部のデータベースに存在する、かつて出現した怪獣・宇宙人にまつわるデータ群。要はリアル怪獣図鑑である。過去のシリーズにて人類が観測した怪獣や超獣、ウルトラ戦士を含んだ宇宙人などがその時代の防衛チームごとに記録され(例外あり)ており、メテオール開発の参考にしたり、過去に出現した怪獣の別個体が出た際に参照したり、マケット怪獣のカスタマイズに使われたりなど活用法は広い。
なお、あくまでも人類側の観測記録であるため、必ずしもその怪獣の登場作品が、登録されている防衛チームのドキュメントに対応しているわけではない。

ドキュメントのカテゴリ、及び『メビウス』でも登場した怪獣に関して


ウルトラマン』に登場した怪獣・宇宙人の記録。メフィラス星人が登場したほか、ここの記録を基にしたプロトマケット怪獣ゼットンが作られた。
ウルトラセブン』に登場した宇宙人や怪獣の記録。マケット怪獣ウインダムミクラスの元となったカプセル怪獣もここに登録されている。
  • ドキュメントMAT
帰ってきたウルトラマン』の登場した怪獣・宇宙人の記録。『メビウス』では、ここに記録されている怪獣が多く登場した。
  • ドキュメントTAC
ウルトラマンA』に登場した超獣などのデータ。べロクロンなどが登場。ただし、有名なエースキラー人類には目撃されていないため登録されていない。そのため、『メビウス』に登場したエースキラーメビウスキラーは新たな怪獣という扱いとなる。
  • ドキュメントZAT
ウルトラマンタロウ』に登場した怪獣・宇宙人たちのデータ。『タロウ』は過去作から再登場した怪獣・宇宙人・ウルトラ戦士が多いため、ほかのドキュメントとの重複も多い。バードンバルキー星人などが登場。
  • ドキュメントMAC
ウルトラマンレオ』に登場した怪獣などの記録のほとんど。「ほとんど」というのも、MACは終盤で壊滅しているため。ババルウ星人などが出現。
  • ドキュメントUGM
ウルトラマン80』の登場した怪獣たちのデータ。怪獣頻出期最後の記録で、これ以降の記録は『メビウス』まで長らくなかった。サラマンドラが登場したほか、ホーを含めた「マイナスエネルギー怪獣」が多数登録されている様子。
  • アウトオブドキュメント
ウルトラQ』の時期の怪獣や、『ウルトラマンレオ』の円盤生物などを登録。防衛チームが存在しない時期に出現した怪獣、宇宙人のデータである。劇中ではノーバが登場。
  • ドキュメントフォビドゥン
『帰りマン』のメイツ星人など、地球人類側の過失に由来する事件に関してはここに登録。かなりデリケートな内容でもあり、隊長以上の権限がないと閲覧できない最重要機密。劇中ではメイツ星人が登場した。

関連タグ

DASH前作の防衛組織。
DEUS次作の防衛組織。
ウルトラマンメビウス:登場作品
科学特捜隊:特に関わりが深い防衛チーム
CREWGUYS:表記ゆれ(?)
防衛チーム

pixivに投稿された作品 pixivで「GUYS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34167

コメント