ピクシブ百科事典

ムカデンダー

むかでんだー

ムカデンダーとは、ウルトラシリーズに登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地
百足怪獣59m4万t八幡ヶ岳


ムカデンダーとは、『ウルトラマンタロウ』に登場した怪獣。その後、『メビウス』にて再登場を果たした。
着ぐるみの下半身から頭が生えているというウルトラ怪獣の中でも奇抜なデザインが特徴。

ウルトラマンタロウ

第26話「僕にも怪獣は退治できる!」に登場。
古来より八幡神社大百足として伝えられてきた怪獣。長い間地底で眠りについていたが、縁日の際に大百足の伝説を語った紙芝居を見た人々の意思が同調し、それに合わせて目覚めた。
牙には猛毒があり、1滴で人間を50人殺せるという。また霧状の毒糸や、10万度の火炎を口から吐き出す。ただし、火炎攻撃「ピード火炎」の有効射程は300m。十分すぎる気もするが…。

ムカデンダーの一番の特徴は、切り離された首と胴体がそれぞれ別々に動けるということ。これにより、ムカデの癖にマッハ8で飛ぶ。元が同じ生物であるためか痛覚や感覚は共有されていて、どちらかがダメージを受けるともう片方も反応するという弱点もある。

復活後、神社に飾られていた槍を拝借(言い方を変えると横取りした)して自身に立ち向かってきた紙芝居屋のオヤジ 笠井仙吉を糸で絡め取り、火炎を吹き付けて大火傷を負わせる。
タロウではよくあることだが、槍一本で怪獣に突撃しようとするなんて、おっさん生き急ぎすぎです。というか10万度の炎を浴びて大火傷で済む人間って…

駆け付けたZATの「首吊り作戦」(作戦内容はその名の通りワイヤーで首を吊り上げるというもの)を首を自切する事によって回避。
鞭状の手でZAT機を2機撃墜し、脱出した乗組員に火炎攻撃で追い打ちをかけた上に、食べようと襲いかかるが、光太郎の陽動によって失敗。
街に進攻を開始後、火の見櫓に登った光太郎の狙撃で触覚のひとつを破壊されるが、これに怒って光太郎を糸で絡めとって動けなくさせた上で、櫓ごと叩き潰そうとする。

そこへZATが開発した新装備『スプレー銃』を拝借(言い方を変えるとパクった)した仙吉の息子 タケオ少年によって糸を解かれてしまい、直後に2人を襲うも、光太郎はタロウに変身。
スワローキックで首を飛ばされるが、首と胴体それぞれが分かれて攻撃を開始、タロウを苦しめる。
しかし首を捕まえられ胴体混乱している隙に、首はストリウム光線を撃たれ爆発。胴体は転落した所にアトミックパンチを受けて倒された。

怒りの鉄拳↑


(原作ではこんな勢いよくありません)

ウルトラマンメビウス

第13話「風のマリナ」、第24話「復活のヤプール」に登場。
初代の別個体という設定。GUYSのドキュメントZATに記録されている。
初代との違いは色。緑から黒っぽい色に変わっている。さらに地中を移動する際に電気を発生させ、通信を妨げる能力があることが判明した。

第13話では野生の怪獣として登場。
八幡ヶ岳の地底に生息しており、時々地上に出現しては人間を襲っていた。
たまたま八幡ヶ岳にツーリングに来ていたマリナに発見されるが、能力でGUYSへの連絡を妨害した。
マリナによって呼び出されたミクラスと戦うが、ミクラスの電撃はムカデンダーには通用せず、かえって危険を招いてしまった。
遅れて到着したガンフェニックス、そしてメビウスと交戦する。お得意の分離攻撃で圧倒するがメビュームシュートで胴体を倒されてしまう。首だけでの状態になってもメビウスに襲い掛かるが、突如現れたヒカリのナイトシュートで倒された。

第24話ではウインダムの性能強化テストの相手役として、ホログラムが登場。
火炎攻撃を繰り出すが破られ、ファイヤーウインダムの火炎弾で一撃で倒された

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

第2話「五人目のクルー」に登場。
ゴモラによって倒され、息絶えた個体が発見された。

大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE

ベリアルギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から甦った。怪獣軍団の一体としてウルトラ戦士やレイの怪獣に立ち向かうが、動きが鈍かったためか、メビウスのメビュームスラッシュを受けてあっという間に倒されてしまった(別働隊を除けば殉職者第1号)。

余談

メビウスのキックを避けるシーンは、トリノオリンピックフィギュアスケート荒川静香が披露したイナバウアーを真似たもの。スーツを着た状態でエビ反りをすることは難しいため、このシーンのみスーツアクターが前後逆に入っている。

関連タグ

ウルトラ怪獣 百足
似ている怪獣…ツインテール サボテンダー(名前だけ)

pixivに投稿された作品 pixivで「ムカデンダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11524

コメント