ピクシブ百科事典

ムルロア

むるろあ

ムルロアとは、ウルトラマンタロウに登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

別名身長体重出身地
宇宙大怪獣62m3万9千tムルロア星


第24話「これがウルトラの国だ!」、第25話「燃えろ! ウルトラ6兄弟」に登場。

概要

元々は宇宙にある「ムルロア星」と言う星に住んでいた宇宙生物。
地球の某国が開発した終末兵器「トロン爆弾」の実験によって故郷の星を破壊された上、その影響で突然変異して巨大怪獣となった。

口から放射する鉄塔やコンクリート、しいてはウルトラマンの皮膚ですら一瞬で溶かしてしまう強力な溶解液を武器とし、さらに体から放出する「アトミック・フォッグ」と呼ばれる黒煙で地球を闇に陥れる。
光源を嫌い、取り分け太陽光を非常に苦手としている。また地球ではほとんど視力がないことから尖兵として宇宙蛾スペースモスを引き連れており、このスペースモスの群がる場所を目標にして攻撃する。

一度はその強力な溶解液とアトミック・フォッグを使ってタロウに勝利した実力者で、タロウを撃退するとアトミック・フォッグを雲のように空全体に広げて地球を完全に暗黒で包んでしまった。一度広がってしまった黒雲はタロウの手ではどうしようもなく、そのためタロウは一度光の国に帰りかつて「ウルトラ大戦争」で使用された伝説の秘宝ウルトラベルを持ち出すこととなる。
その後も地球で大暴れしていたが、そこにウルトラベルを携えたタロウが帰還、他のウルトラ兄弟達の協力の下で打ち鳴らされたウルトラベルの力で黒雲を取り去られ、出現した太陽の光に苦しんでいる所をタロウと再戦。激戦の末に最期は空中高く放り投げられ、そこにZATが前もって身体に仕掛けることに成功していたAZ1974爆弾が爆発し、塵となって消えた。

余談

この母星を人間の手で破壊されてその復讐のために地球に来るという点はウルトラセブンに登場するギエロン星獣と境遇が似ている。ウルトラシリーズには一概に悪とは言えない怪獣が度々登場するが、彼(?)もそんな一匹だと言える。

本編ではちょっと強い怪獣程度の扱いだが、地球全体を暗黒に閉ざすという考えてみれば超古代の邪神破滅をもたらす天使の眷属、さらには宇宙の大皇帝など後の作品におけるラスボス級の奴とほぼ同じことをやってのけているとんでもない怪獣だったりする。

名前の元ネタは南太平洋のフランス領ポリネシアに実在するムルロア環礁(珊瑚礁でできた島)。
この環礁は1996年までフランスの核実験場だった島で、怪獣ムルロアには核兵器に対するメッセージが込められている。またトロン爆弾の発射実験を行った某国はフランスを暗に揶揄しており、さらに劇中では「フランスは今回の実験に反対だった」と言う皮肉めいた台詞も出てくる。

関連項目

ウルトラマンタロウ 哀しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「ムルロア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23615

コメント