ピクシブ百科事典

ウルトラの母

うるとらのはは

ウルトラの母とは、ウルトラマンタロウに登場したウルトラマンタロウの母親で、初の女性ウルトラマンである。またウルトラの父と同じく全てのウルトラマンの母親の様な存在でもある。
目次[非表示]

データ

本名:ウルトラウーマンマリー(『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で判明)
身長:40メートル
体重:3万2千トン
年齢:14万歳
飛行速度:マッハ10
走行速度:時速600キロメートル
水中速度:120ノット
ジャンプ力:350メートル

技・能力

マザー光線
マザーシャワー
マザー破壊光線
パワービーム
銀十字光線(本編未使用)
マミィ光線(本編未使用)
リライブ光線(本編未使用)
ウルトラスラップ(本編未使用)
マザーパンチ
マザーキック
ダブルリフティング

概要

ウルトラシリーズでは『ウルトラマンタロウ』に登場し、実子であるウルトラマンタロウを地球に送り込んだ初の女性ウルトラマン

初登場は第1話から。アストロモンスとの戦いで気絶していた東光太郎を見つけた白鳥さおりと少年たちによって引き合わされた。当初は緑のおばさん(学童擁護員)に変身して正体を隠しており、容姿は光太郎の実母とうり二つだという。同じく光太郎も彼女の息子によく似ているという。光太郎の怪我を手当てした後、「やりかけたことは最後までおやりなさいよ。途中でやめてはダメですよ」と励ますとお守り(バッジ)を手渡して立ち去って行った。このバッジこそがウルトラマンタロウへの変身アイテムである。その後、再びアストロモンスとの戦いで死んでしまった光太郎をウルトラマンタロウとして蘇生させた。
最終回では光太郎の夢の中に現れ「これから人生を変えるほどの大変なことが起こる」と告げ、白鳥さおり・健一の父親が怪獣に襲われて死ぬという予知夢を見せた。こればかりはタロウの力でも救えないと告げ、予言通りの結果になってしまう。その後、心が荒んでしまった健一に「ウルトラの力に頼らずに生きていく」という東光太郎の決意を聞き、「バッジの代わりに生きる喜びを手に入れた」と笑顔で容認し、別れの言葉を残して去って行った。
また孤児だったウルトラマンエースを、ウルトラの母が引き取り養子にしたといわれている。

職業

M78星雲光の国の銀十字軍の隊長職にあり、普段はウルトラクリニック78で働く。
ウルトラ戦士達の救護や看護活動が主任務で、ウルトラ戦士の治療や、死者を蘇らせる為の光線が彼女が得意とする主な能力だが、決して戦闘力は低いわけではなく、息子タロウと共にライブキングを倒したこともあるほか、ベリアルがM78星雲を襲撃した際には臆せず立ち向かっていった。またライブキングにより折られたタロウの腕をマザー光線で治癒したこともある。
頭にある髪のようなものは「銀十字勲章」と呼ばれる勲章であり、多くのウルトラ族を救った功績で授与されたもの。

血縁関係

父親はウルトラの星にプラズマスパークを建設した「長老」(ウルトラマンキングではない)と呼ばれる科学者の1人。

ウルトラマンタロウだけはウルトラの父との間に生まれた実子だが他のウルトラ兄弟とは血縁関係は無い(ただし、孤児だったウルトラマンエースを実の息子同然に育てている)。
しかしウルトラの父同様に大きなで彼らを優しく見守ることから、実の母親のように慕われ、「ウルトラの母」と呼ばれるようになった。なお、ウルトラセブンの母、ウルトラマンジャックとは姉妹関係にあるという設定もある。ただ、仮にこの設定を二つとも採用してしまうと、あるウルトラ戦士の関係がえげつない事になるが。

再登場

のちのウルトラシリーズでは、光の国とは無関係の世界観を採用したこともあって長らく登場の機会がなかった。しかし、昭和ウルトラマンシリーズと世界観を共有する『ウルトラマンメビウス』において数10年ぶりに登場し、ボガールへの復讐のためにメビウスと敵対しつつも、最終的には共闘して命を落としたハンターナイトツルギを、本来の姿であるウルトラマンヒカリとして甦らせるために光の国で彼をアーブギアから解放している。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』で本名がウルトラウーマンマリーであることが明かされた。光の国に侵入した旧知の間柄でもあったウルトラマンベリアルとウルトラの父が闘うが敗れてしまい、自らも闘うが敗れてしまう。
その後ベリアルにプラズマスパークタワーを奪われウルトラの父とともに凍り付いてしまうが、セブンの息子ウルトラマンゼロによってプラズマスパークタワーが光の国に戻ると見事復活した。

ウルトラゼロファイト』では、ヒッポリト星人・地獄のジャタールが変身した偽物が登場。しかし、そのことで逆にゼロの逆鱗に触れてしまい、「不細工な面でウルトラの母に化けるなんて許せねぇ!!」と言われながら叩きのめされ、あっけなく倒されてしまった。

ウルトラマンギンガ』ではタロウの回想シーンにのみ登場。
ダークスパークウォーズでは、ウルトラの父や他のウルトラ兄弟と共にダークルギエルの魔の手から息子を庇い、スパークドールズにされてしまった(タロウもスパークドールズにされたが、この時彼女たちが身を挺して守ったことが幸いして、自我を保ち続けることができた)。また、幼少時、父親に突き放されて落ち込んでいたタロウに投げかけた言葉が、中盤(タロウを通して間接的に語られたという形になったが)一条寺友也の心を動かし、礼堂ヒカルらと共闘するきっかけを作ったことから、物語の展開を考えると重要な存在であったと言える。

ウルトラマンジード』ではテレビ本編および劇場版に登場。
テレビ本編では第24話でのみ登場。ウルトラの星からベリアル復活の兆候を感じ取り、ウルトラの父と共に不安そうな表情を浮かべていた。これ以降は登場していないが、恐らく他の宇宙警備隊員たちと共にジードの最後の戦いを見守っていたと思われる。
劇場版『つなぐぜ!願い!!』でも引き続き登場。ウルトラの星から、ジード・ゼロ・オーブギルバリスの戦いを見守っていた。

なお、テレビCMに登場した際は劇中点滅する描写がなかったカラータイマーが点滅する場面があったり、ウルトラの父に壁ドンされたりしている。

ウルトラマンタイガ』にてタロウの息子:タイガが登場する事から、ウルトラの母はめでたく(?)ウルトラの祖母に昇格した事になる。もっとも、“ウルトラの母”という名前には「母のような存在」という意味合いも込められているため、恐らくは今後もこの名前で通していくことになるものと思われる(というか、今更名前を変えられてもそれはそれで困るしね……)。

演者

ペギー葉山(『ウルトラマンタロウ』)
上坂タエ子(『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』)
池田昌子(『ウルトラマン物語』、『ウルトラマンメビウス』、劇場版『ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』)
長谷川理恵(『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』)
大谷美紀(『ウルトラマンギンガ』、『ウルトラゼロファイト』)

関連イラスト

母の日
ウルトラの母


ウルトラ女子
ステップワゴンのCMの裏側


関連タグ

ウルトラマンタロウ ウルトラの父 ウルトラマンベリアル ウルトラマンメビウス ウルトラマンヒカリ ゾフィー 大怪獣バトル ウルトラシリーズ ウルトラマン ウルトラセブン

関連記事

親記事

ウルトラ戦士 うるとらせんし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラの母」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3087574

コメント