ピクシブ百科事典

ギルバリス

ぎるばりす

ギルバリスとは、劇場版『ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』に登場する怪獣である。
目次[非表示]

「私はギルバリス。不要な知的生命体は全て抹殺します」

データ

  • 身長:75m
  • 体重:9万7千t
  • 別名:巨大人工頭脳/ラストジャッジメンター(完全態)
  • 出身地:惑星クシア
  • 最大飛行速度:マッハ6
  • 最大走力:マッハ1.5
  • 最大ジャンプ力:800m
  • 腕力:19万7千t
  • 握力:13万t


概要

サイバー惑星・クシアにて大多数のギャラクトロン軍団の頂点に君臨する巨大人工頭脳。

宇宙全体の平和を守るために知的生命体(光の国や精神生命体、機械生命体含む全て)を排除するべきと考え、これまでも多くの星を滅ぼしてきた。その手段は、惑星を丸ごと自身のサイバー空間に飲み込むというとんでもないもの。
本体であるコアはあらゆる攻撃を特殊な固い装甲により無効化してしまう事(劇中ではタロウストリウム光線を無傷で耐えている)に加えて、本拠地のサイバー惑星自体が神出鬼没であり、宇宙警備隊が対処に乗り出してもすぐに逃げられてしまうといういたちごっこが続いていた。

巨大人工知能 ギルバリス
赤いレムみたいなヤツ


通常時はギャラクトロンを思わせる白い塔の様な姿をしており、自身の構成体を高次元増殖物質置換することで全身に砲門を備えた完全態と呼ばれる戦闘に特化した通常時とは対照的な黒い怪獣形態(メイン画像)に変身する。どちらも共通して中心部に赤いコア(本体)が露出しているのが特徴。

全身の砲門「バリストレッタ」からは強力なビームを発射し、破砕電磁光線「バリスデストルツ」や破砕電磁光弾「バリスチオーネ」を放つ。又防御障壁「バリスルーチェ」を展開して身を守る。頭部の角も強力な武器でありこれにより、相手を貫く「バリスコルノーラ」も強力。
両腕を砲塔の集合アーム「バリスブラチア」に回転変形させて、全砲門から一斉射撃を行う必殺技「バリスダルフィティー」は全てのものを破壊しつくす。

外見にギャラクトロンと類似した部分があり、別名も類似。
ギャラクトロンを操る存在という立ち位置もあって、未だ謎に包まれているギャラクトロンの出自に関わる存在なのではないか、と推察するファンもいたが……(詳細は後述)

余談

声を演じたのは映画『ULTRAMAN』に登場したビースト・ザ・ワンを演じた小西克幸であり、ウルトラシリーズ映画出演は2度目である。

関連項目

ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!
ウルトラ怪獣

ギャラクトロン ギャラクトロンMK2 バリスレイダー

ギリバネス ギルファス - 名前が似たような怪獣。

ビートスター - 同じく有機生命体を抹殺しようとしたロボット。後述の通りそれ以外の点でも共通点が多いが、こちらは心を持ったロボットであり、抹殺の動機も生み出した住民の暴走と自身の感情に起因した部分があると実は似ているようで意外と対照的な存在。

メガヘクス - 「個」の存在を否定し惑星をデータ化して飲み込む、量産型の強力な尖兵を無数に送り込んでくるなど共通点が多い。

デアボリック ガピヤ星人サデス前作の新怪獣。


吐き気を催す邪悪(特撮系)
































ネタバレ注意

元は宇宙の平和のためにクシア人が生み出した人工知能で、もともとの名は「テラハーキス(クシアの言葉で“平和を我らに”の意)」であったが、やがて宇宙平和には知的生命体は不要と判断し、自らをギルバリスと名乗ってクシアを制圧、星を乗っ取ってサイバー惑星に作り変えてしまった。
なお、知的生命体は不要と判断した理由については語られていない。

ギャラクトロンを生み出した張本人でもあり、『オーブ』の宇宙に送り込まれたギャラクトロンもギルバリスの差し金であった。
ギルバリスは知的生命体のみを排除対象としているのに対し、『オーブ』のギャラクトロンは「食物連鎖の否定」な為、一見矛盾しているように見えるが食物連鎖のシステムの都合上その頂点に君臨する人間や宇宙人を排除した場合、いずれその空白に入り込んでくる別の進化した生命体を新たに頂点としていずれ高い知能を有し社会が構成される可能性も充分ありえるため、ギルバリス(あるいはオーブの暴走した個体が)が争いを無くすため知的生命体を排除する過程の中で至った結論であると想像される。現に生態系に対しての言及が映画本編でも存在しジード地球をサイバー空間に包み込んだ際、知的生命体だけでなく生態系の削除も宣言している。

なお、本来の製造目的である「平和を維持したい」というのも元をたどれば食物連鎖の中で生物が生き抜く為の欲求や行動原理である為(大抵の場合、平和を望む存在は食物連鎖という必要不可欠な争いを越えた戦争等の争いを否定している)、自分たちの行ってる行動そのもので自分たちの存在そのものを否定している他ならない。

“野暮用”で本拠地クシアに侵入してきたジャグラーを追う形で、ギャラクトロンMK2をジードのいるサイドスペースの地球(サイドアース)に送り込み、偶然にも自身にとって脅威となる「赤き鋼(ギガファイナライザー)」の存在を突き止めると、地球へ宣戦布告し自身のサイバー空間へ取り込み始めると同時に、大量のギャラクトロンを送り込んで破壊活動を開始。

しかしギャラクトロン軍団がジードオーブゼロ・ジャグラーにことごとく破壊され、戦いに飽きて戦線から離脱したジャグラー以外の3人が惑星内部に乗り込んでくると完全態へ変貌し、遂に直接対決となる。

「平和な世界を実現するためには、不完全で矛盾に満ちた知的生命体は不要」という持論を展開しながらオーブトリニティゼロビヨンドを圧倒して通常形態に戻すまでに追い込んだ上、ウルティメイトファイナルとなったジードですらも一度は追い詰めたほどの圧倒的な戦闘力を見せるが、奮起したジードの力が増していく事に驚愕し、徐々に劣勢となる。

その猛攻を受け、ギガスラストとライザーレイビームにより装甲が破損した隙にオーブスプリームカリバーとゼロツインシュートを浴びてボディを破壊され、慌てて本体のみで逃走を図ろうとするも、最後はクレセントファイナルジードによって止めを刺されて爆散し、完全に滅ぼされた。

ギルバリスや「オーブ」「ジード」含めたギャラクトロン系統もそうだが、結果的に人工的に自己進化した本来の進化では有り得ない誕生をしたウルトラ種族かつその中でも良くも悪くも欲深く争いを呼ぶ存在であるベリアルの力で倒されるという、彼ら自身が否定する本来なら歪んだ存在に倒されるという皮肉な結末を辿る事になった。

余談

劇中ではギルバリスの脅威に対抗するべく、クシア人の手によりギガバトルナイザーとギガファイナライザーが開発されたことが語られており、このことからある意味では『大怪獣バトル』シリーズおよび『ウルトラマンゼロ』シリーズの間接的な黒幕と考えることもできる。

また「ベリアルの乱」の時系列とオーブでのギャラクトロンの立ち位置を考えると、相当長期にわたって気づかれないように行動していたともとれる(現在のクシア自体がサイバー惑星ということもあり、エタルガーのように何度も取り逃しているのだと思われる)。
クシア自体はM78ワールドの惑星であったが、マルチバース間を越える能力を見せていることを考えると『ウルトラマンサーガ』でのセリフにあるように宇宙警備隊が何度も取り逃していたとしてもおかしくはない。

そんなギルバリスがジード相手には一転してすぐ逃げずに直接対決する姿勢を取ったのは、それだけギガファイナライザーを排除しようとしていたと考える事ができよう(これは戦闘形態が維持できなくなった瞬間、一目散に逃走を図っていることからもうかがえる。ギガファイナライザーを破壊できなかった時点でギルバリスには逃げて部隊を再編制するしか手がなかったのである)。

なお、ギャラクトロンMK2が異常な強さを発揮したためギルバリスの実力が軽視されがちだが、上述したように圧倒的強さを見せつけ、キングギャラクトロンを倒したツインギガブレイクを受けても無傷で、ジードプルーフを上回る威力とも言われるライザーレイビームにも耐えてる(さすがにこれらギガファイナライザーによる攻撃には装甲が傷つき、後にボディを破壊される原因になっているが)等、ギルバリスもギャラクトロンの長にふさわしい強さを見せている。そもそもギルバリス自身が戦うこと自体劇中描写を見るに上述したようにかなり非常事態であるともとれる。本来はギャラクトロン部隊が戦闘を担当していると考えればギャラクトロンMK2とのスペック差もおかしくはない。


ちなみにギャラクトロンを工場で作成し全宇宙に拡散させた時期は不明なものの数万年前から(アイル・サデルーナの年齢は3万3千歳だが、彼女がクシアを脱出したのが数万年前という表記であり、その時点ですでにギャラクトロンが存在していた)存在していることを考慮すると、ギルバリスが滅んだ今もなお相当数のギャラクトロンがマルチバース全域にわたって存在していると考えてよいと思われる。


初期案では機械の亀のようなデザインであり、太平風土記のイラストを手掛けた越知靖氏によれば、そのイラストで武神が鉄釜の甲羅をもつ亀の化物にした理由は「監督がギルバリスを当初メカガ○ラと言っていたところからです」とのこと。初期のイラストは特にガメラっぽい印象を見せている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ギルバリス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4646

コメント