ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

演:松田リマ


概要

ウルトラマンZ』のメインヒロイン。24歳。血液型はO型。

漢字表記は「中島 洋子」

ストレイジの隊員で、高い操縦技術を持ったエキスパート。地球防衛大学を首席で卒業したエリートでもある。

ナツカワ・ハルキとは同じ隊員にして特空機のパイロットである関係で、先輩として気にかけている一面があり、ハルキからは先輩として尊敬されている。

ストレイジの作戦班として、彼とともに特空機の操縦と地上任務を持ち回りで担当している。


普段はロングヘアを後ろでひとつにまとめているが、オフの時にはメイン画像のように髪をほどいている模様。


人物

明るく勝気な性格で男勝りな一面も見せるが、中身は乙女チック(ゼット曰く「ウルトラ乙女」)で非戦闘時はそうした一面が強くなる。また年下の男は完全に恋愛対象外の、おじさま好きの所謂枯れ専、それも筋金入り)とのことであり、このことから整備班に所属するバコさんことイナバ・コジローに対して気があるのではないかと噂になっている(実際彼にはデレデレだった。後に彼は子持ちであることが判明(そのことにショックを受けていた)し、その娘は下手すれば同い年かそれ以上と言うややこしい事に…)。同時に、年齢が5000歳であるウルトラマンゼットに対しても、ネロンガとの戦いで危機に陥ったところを助けられたこともあってか淡い恋心を抱いているようである(ただし、ウルトラ戦士の5000歳は人間に換算すると中学生高校生くらいとなってしまうので、枯れ専とは完全に真逆の状態になってしまうのだが…)

枯専


一応、第13話ではデートに出かけていたり(あくまでハルキの推測だが)、第14話でバコさんには話しかける態度がやや異なるなどゼット一筋というわけでもないようで、まだ憧れの段階といったところではあるらしい。


後輩のハルキが怪我をしてないか心配したり悩んでいることを察したりなど、先輩らしく面倒見もいい。


先輩だけあってハルキよりも対人戦での実力や操作技術は高く、本編開始前にはセブンガーリトラクレッセントタッコングアロンツインテールゴメスゴルメデガマクジラの8体の怪獣を撃破、捕獲している。

そのためキングジョーSCは彼女の担当になっている。

その腕前は初めて乗るはずのウィンダムをすぐさま使いこなし、当初はピーキーさにてこずったキングジョーSCも次の出撃までには完全にものにし、分離状態の運用も完璧にコントロール、さらにはリズムに合わせて踊ることができたほど


「ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!ソイヤ!!」


キングジョーストレイジカスタムちゃんと背負いたいんだ、命を奪う責任を

ストレイジの仕事については既に自分なりの考えを抱いており、皆を守る仕事として一人でも多くの人を助けるために敢えて自己犠牲の道を選んだり、怪獣たちの居場所がないことに同情しつつも、だからこそ誰かに押し付けちゃいけない。ちゃんと背負いたいんだ。命を奪う責任をと述べている。

この姿勢はハルキに対しても少なくない影響を与えている。

また、ゼットに惚れてはいるものの平和そのものは自分たちの力で守りたいという気持ちも抱いている他、自分が専属パイロットとなっているキングジョーSCの力には人間が持っていいものなのかと疑念を抱いている節も見られる。

このように勝気なだけでなく思慮深い一面も持ち合わせている。


交際を申し込まれると腕相撲で力試しをするが、一度も負けたことがなく、その腕前と腕力はかなり高い。実際、整備班のメンバーが腕相撲対決を申し込むも、相手が顔を真っ赤にして力んでいた一方で彼女はすました表情のまま、あっさり勝利した。

第22話では、ハルキからなぜそこまで腕相撲の勝負にこだわるのか尋ねられるが、曖昧な返事ではぐらかしている


ウルトラマントリガー

第7話「インター・ユニバース」に声のみ登場。宇宙セブンガーを操縦し、ハルキが変身したウルトラマンゼット デルタライズクローと共に、バロッサ星人(四代目)が強奪したキングジョーSCを追跡。その際、バロッサ星人が四次元怪獣ブルトンを出現させゼットやセブンガーもろとも四次元空間に巻き込もうとするが、ゼットがセブンガーを庇ったことにより、ゼットと離れ離れになってしまうことに。奇しくも、『Z』第1話で、ウルトラマンゼロが四次元空間に巻き込まれた際のゼットのポジションとなった。


『Z』最終回にてハルキが「盆と正月には帰ってきますね」と発言しており、(実際の放送日は盆は過ぎてしまったが)ゼットとハルキと再会を果たしたことになる。


TAMASHII NATIONSスペシャル配信:ウルトラマントリガー編

バトルステージショーのこちらでも登場。アブソリュートタルタロスに立ち向かうシズマ・ユナに続いてなんとGUTSスパークレンスを携行しての登場という、ファンには驚きの登場の仕方(恐らく『トリガー』の本編でハルキが持ち帰ったのを解析してバコさんやユカ達メカニック班が再現したのかもしれない)。(その際ウインダムのハイパーキーを装填してウインダムヨウコインパクトで攻撃をしている。)

ユナから「どうやってこの世界に?」と聞かれた所、ヨウコ曰く「喋る剣に連れて来られたっていうか…」と、やや言いづらそうに説明しており、ユナも「えっ? …とにかく、ありがとうございます」と、若干困惑していた。

確かにあのような突拍子もないような代物に連れて来られたなら、言いづらいのも無理はない。

その後は特空機2号ウインダムで戦闘に加わり、後から来たバコさんが操縦する(と言っても本人のセリフは全くなし)特空機1号セブンガー(しかも右腕には超硬芯回転鉄拳を装備)やゼットや並行同位体ウルトラマンゼロ(例によってタルタロスの勧誘によって過去から連れて来られたが、結局離反した)が駆け付けた事もあって窮地を脱し、共に戦果を挙げた。

しかもこの時、ヨウコはゼロの事をゼットの師匠であるせいか「お師匠様!」と呼んでいる(しかし当のゼロは過去から連れて来られた存在の為に「えっ、俺ぇ!?」と言いたげに自分を指さして困惑していた。)


関連項目

ウルトラマンZ ストレイジ


ヤナセ・レナ:『ウルトラマンティガ』のメインヒロイン。エースパイロットかつ男勝りな性格という共通点がある。

杉田アリサ:『ウルトラマンギンガS』のメインヒロイン。主人公の先輩で男勝りな性格、終盤チームが分裂した際に1人だけ解雇を免れる、次作品にゲスト出演するなど、共通点が多い。

山瀬アスナ:『ウルトラマンX』のメインヒロイン。勝気な性格だが、乙女チックなところも持つという共通点がある(『X』は『Z』と同じく田口清隆氏がメイン監督を務めていることから、設定的が似通っているのも単なる偶然ではないと考えられる)。


片桐洋子:『機動刑事ジバン』の下の名前が同じ「洋子先輩」変身前の主人公では全然敵わない辺りも合致する。


辻本夏実:怪力で中年好き繋がり。ただしこちらはアニメでは年下の彼氏ができる。

関連記事

親記事

ストレイジ すとれいじ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 506361

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました