ピクシブ百科事典

セブンガー

せぶんがー

ウルトラマンレオに登場する怪獣の一種である
目次[非表示]

ナレーター「これが怪獣ボールに仕込まれた、ロボット怪獣セブンガーだ。変身できなくなったセブンに、ウルトラの国からプレゼントされた、新兵器なんだ」

データ

別名:怪獣ボール
身長:58メートル
体重:3万3千トン
出身地:ウルトラの星

第34話「ウルトラ兄弟永遠の誓い」に登場

ウルトラアイを失いウルトラセブンに変身できなくなったモロボシ・ダンの為に、ウルトラの星で作られたスーパーロボット。カプセル怪獣はどうした?というツッコミもあるが、セブンの状態の都合上使用できなかった、という説もあるので怪獣ボールはそれ専用の調整がされていたのかもしれない。
普段はカプセル怪獣同様に、ラグビーボールのような形をした「怪獣ボール」という装置に収められている。怪獣ボールにはプロテクトが掛かっていてモロボシ・ダンにしか使えないようになっている。

特に武器は持っておらず、ジト目も相まって弱そうに見えるが、ウルトラ戦士をも上回るパワー・防御力を備えており、ハンデ付きとは言えウルトラマンジャックに深手を負わせ、ウルトラマンレオもジャックと二人がかりで戦ったアシュランノーガードかつ肉弾戦だけで倒す寸前まで追い込むほどである。

唯一の弱点として制限時間があり、ウルトラ戦士よりも短い1分間。更に一度使うと再使用まで50時間のインターバルを挟まなければならない
ウルトラマンメビウスに登場したマケット怪獣も1分間しか戦えないが、再使用できるまでの時間はずっと短いし、3分間の変身で20時間のインターバルが必要なウルトラマンジードよりも制限時間が短くインターバルが長い。ジードですらこのインターバルに悩まされていたのにこれでは実用性は……

概要

ウルトラマンジャックによって地球に移送されている最中にアシュランの襲撃を受ける。何とか地球には辿り着くも、ジャック=郷秀樹怪我によって意識が朦朧としており、海岸に怪獣ボールを落とした上で気絶し、正体を知らないゲンによってスポーツセンターに運び込まれ保護されてしまった。

海岸に放置された怪獣ボールは子供たちの遊び道具になっていたが郷秀樹に回収され(※この際に郷秀樹は不審者丸出しで子供らにを投げられた新ウルトラマン列伝で放送された際はこのシーンがカットされていた)、アシュランと白兵戦を行なっているダンに漸く届けられた。

セブンガー


アシュランとの戦闘では、持ち前の高い防御力でアシュランのパンチ光線を完全に無効化、一方的にタコ殴りにしてしまった(ダンもまさかアシュランを調子に乗らせてその後一気に叩き潰すための捨て駒がここまで強いとは思わなかっただろう)。
しかし、後一歩まで追い詰めた所で制限時間になり怪獣ボールに戻ってしまった。

ナレーター「惜しい……! 後10秒時間があれば、アシュランをやっつける事ができたのにねえ……」

直後にアシュランは現場に三人もウルトラ戦士が居るのに気付き、慌てて逃げ出した。

アシュランが再度出現した際は、前述した50時間に及ぶ充電中の為、出番は無かった。

余談

怪獣ボールは見た!
カプセル怪獣+αその2


  • ウルトラマン超闘士激伝』おまけ漫画では70親子のパーティに一人だけ呼ばれず、しかもセブンからは「セブンー」と名前を間違えて呼ばれた挙句「影が薄いのは後発の作品で優遇されるレオじゃなくて、ウルトラマンジャックの一味だと思われているからだ」と弁明されていた(なお、ウルトラマンメビウスではマケット怪獣にセブンガーのコンセプトが引き継がれており結果的に兄弟分達に貢献していることになる)。
    • なお、特性のおかげかカプセル怪獣の中では唯一直接的に負けることはなかった。
  • また、あの擬人化企画においてもカプセル怪獣の中では唯一擬人化されていない。が、ウィンダムが諸事情により出れなくなる可能性もあるので、もしかしたら……。
  • 番組内では実現しなかったが、レオと共にアシュランをフルボッコにしているスチール写真がある。
  • このセブンガーが登場する回のみ、ナレーターである瑳川哲郎氏がとてもよく喋る。ちなみに瑳川氏は前作『ウルトラマンタロウ』でナレーションを担当しており、前々作『ウルトラマンA』ではTAC竜五郎隊長を演じている(高倉司令官をぶん殴ったり、北斗何回も謹慎処分にしたあの人)。

関連タグ

ウルトラマンレオ
ウルトラセブン
カプセル怪獣
リトラ:同じくチームで唯一擬人化されていない繋がり

pixivに投稿された作品 pixivで「セブンガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23801

コメント