ピクシブ百科事典

大怪獣バトル

だいかいじゅうばとる

バンダイが製作・販売しているアーケードゲーム。
目次[非表示]

概要

歴代のウルトラ怪獣達が一同に介して繰り広げられるスーパーバトルをテーマとしたアーケードゲーム
ちびっ子たちの夢だった「自分だけのカプセル怪獣」を作り出す夢のゲームである。
後にコミカライズ化、実写化、果ては映画化など様々なメディアミックスが行われた。
そのため、所謂平成ウルトラシリーズに含めるとする見方もある。

2007年4月27日から稼動し、2011年2月17日RR第6弾の導入を以って終了したが、10年以上経った今でも復活を臨むファンが多い。

設定

かつて地球上で暴れまわっていた怪獣たちが全て絶滅した近未来(漫画「ウルトラモンスターズ」では「100年間怪獣異星人は一匹も現れていない」と言う台詞がある)、人類宇宙進出を果たすほどにまで文明を発達させていた。
しかしギャラクシークライシスと呼ばれる事件が発生し、さまざまな並行世界から時空を超えて怪獣たちが出現するようになった。これは自らの後継者を探すレイブラッド星人の陰謀であり、彼は宇宙中に自らの遺伝子をばら撒き、さまざまな惑星で怪獣使いレイオニクスを誕生させた。

用語

レイオニクス

レイブラッド星人の遺伝子を持ち、怪獣を操る力を持った者。強い闘争本能を持ち、レイブラッド星人の後継者候補として怪獣を駆使して戦い合うレイオニクスバトルを繰り広げる宿命にある。
ポケモンで言えばポケモントレーナーのような存在であるが、ある一定のレベルに達すると、操る怪獣のダメージが自分にも伝わる真のレイオニクスバトルを行えるようになり、この時は怪獣の敗北がそのままに直結する。さらに第二覚醒と呼ばれる新たな段階が始まると使役怪獣の更なる進化を促し、極稀にレイブラッド星人に酷似した姿に変身できる者もいる。

バトルナイザー

レイオニクスが怪獣の召還に用いるアイテムで、中に怪獣を3体収容できる。これから怪獣を召還する事をモンスロードと呼ぶ。
亜種として、第二覚醒に達した証として形状が変化したネオバトルナイザーや、ウルトラマンベリアルが持つギガバトルナイザーがある。
後に商品化され、バトルナイザーで育てた怪獣をアーケード版で戦わせる事もできた。

ゲームシステム

カードの種類

主にメインプレイヤーの怪獣カード、サポートキャラの応援カード、能力やスキルを与える技カード等、多種類のカードが存在する。

  • 怪獣カード
プレイヤーの分身として活躍する操作キャラ。イメージカラーは赤。
カードに描かれているアタック・ディフェンス能力や必殺技等がそのままゲームに反映される。
なお、ブースターとしてカードイラストをスチール写真に変更したポジカコレクションも存在している。しかもご丁寧に写真部分がプラ素材になっていた。
(ちなみにWii版にパスワードで出現するウルトラマンはこちらにカテゴライズされている。)

  • 応援カード
戦闘中に何らかの形で登場する助っ人ポジション。イメージカラーは青。
能力等は反映されるが、代わりに体力が無く、一回でも攻撃受けると消えてしまう。
ソフビに付属されていたカードは当時、初期~EXまで応援カード専用であった。

  • 技カード
様々なスキルや能力を発動させて戦闘をサポートするカード。イメージカラーは黄。
また、技カードをスキャンするタイミングで、上記のカードと同じコンボの絵柄を揃えると、カードの右下に描かれたキャラが必殺技を放つシステムになっている。(スーパーコンボカードが登場するまではこの方法でウルトラヒーローを呼ぶのが主流であった。)
RRでは作戦カードが廃止された為、代わりにコンボマークに描かれたキャラクターを操作できる仕様に変更された。
また、このカードの人選はマニアックな怪獣ばかりで、ある意味真のコレクターアイテム。
現在プレイアブルキャラになった怪獣達の中には技カードで大怪獣バトルに初参戦したという者も多く、ある意味プレイアブルキャラになる為の下積み期間だったとも解釈できる。

  • スーパーコンボカード
技カードのスキルが発動しない代わりに、ウルトラヒーロー・怪獣・宇宙人が登場して必殺技を放つ。技の威力はスロット形式で決まり、プレイヤーの運が試される。RRでは作戦カードが廃止された操作キャラクターとして活躍する。当初はウルフェス2007での配布カードとして初登場し、この時スーパーコンボカードに採用されたのはウルトラセブンキングジョーブラックであった。
最高レアリティのカードであり、ウルトラヒーローはこのカードを使わないと登場しないのが悩みのタネであった。(コンボを揃えて召喚する方法を取るにしてもとてつもない財力と運が必要である。)
一部のキャラクターは商品の特典として入手できたのが最大の救いか。

  • 援軍カード
NEOからの新要素。イメージカラーは緑。
劇中で活躍する戦闘機や宇宙船等が登場してプレイヤーの怪獣を援護する。照準を合わせてボタンを押すと攻撃が成功してダメージを与えられる。RRからは何もせずとも勝手に攻撃を行うようになった。また、NEO時代のカードを使うことで援護してくれるメカを変更できる…が、この操作を行うにはRRから援軍カードが排出されなくなった為にNEO時代に目的の援軍カードを入手しておく必要があった。

  • レイオニクスチャレンジカード
NEOから登場した新要素。紫色のカードで特定のタイミングでスキャンする事で、カードに描かれたレイオニクスと戦う事ができる。が、入手方法はイベント参加特典、カードバインダーの付録など結構限られている。RRからはカードに描かれたレイオニクスが使役している怪獣を操作する事ができる。

  • バトルカード
RRから登場した要素。いわゆる操作キャラクターカードで、技・スーパーコンボ・レイオニクス・応援カードは全てこちらに統合されている。ウルトラヒーローが低レアリティでも輩出されるようになった為、必要以上に廃課金する必要がなくなった。また、特定のカード同士を組み合わせるとパワーアップなどの恩恵が得られるカード相性が設定されている。
旧シリーズのカードはこれまで通り問題なく使える為、これまでプレイし続けてきたプレイヤーはいきなり有利である。(ただし、旧作のカードではカード相性がわかりにくいというデメリットがある。)
これまでの属性相性は廃止され、代わりにじゃんけん属性で優劣が決まるようになった。更にRRがルーレットバトル要素を採用した為、ルーレットが描かれており、このルーレットの星の数がバトルの主導権を握る鍵となっている。

バトル

  • カードスキャン
    • 1枚目にプレイヤーキャラとして操作する怪獣カードのバーコードを、ゲーム機の赤外線センサーに読み込ませた後、続けて2枚目と3枚目の応援カード(怪獣カード)を読み込ませて登録を完了させる。(※1)(※2)

(※1)・・・手元にカードが無い場合は『ゴモラレイキュバス超コッヴ』。EXでは『エレキングバルタン星人(ベーシカル.Ver)メルバ』。NEOでは『レッドキングリトラ(S)カネゴン』が自動的に登場。
(※2)・・・EX以前では怪獣によって応援カードを1体しか、またはそれを呼ぶ事が出来ないキャラも存在。

  • スピードバトル
    • 手元のボタンを連打してスピードを競い、それに勝つとアタックチャンスと呼ばれる攻撃のチャンスが与えられる。
    • 最初に出てくるスピードゲージがより高い位置に達した所に、タイミングよくボタンで止めると有利になる。

  • アタックチャンス
    • 『赤』、『緑』、『青』の3色に分かれたボタンを2回~5回入力して攻撃を行う。
    • 相手の出方を予想して、プレイヤーの色が異なれば攻撃成功。被れば失敗する。
    • 逆に、相手がアタックチャンスになった場合は、相手の色と被せる事で防御が成功し、ガードボーナスが貰えてスピードバトルに影響を与える。

  • 必殺技
    • アタックチャンスを3回行い、次のスピードバトルを制すると、一度だけ強力な必殺技が放てるようになる。
    • 以降はこの繰り返しとなり、ラウンド6~ファイナルラウンドまでに相手の怪獣の体力を0にすれば勝ちとなる。
    • NEOからは特定のキャラクターと組ませると強力な必殺技を繰り出す新要素『タッグ必殺技』が登場した。いずれも原作を知ってるとニヤリとする組み合わせばかりである。

  • 属性
    名称補足
    高熱いわゆる。怪獣の必殺技においては一番バリエーションが多い属性。
    冷気いわゆる。冷凍系の怪獣が得意する属性。
    属性の中では技の種類が一番少ない。技カードで発動する場合がほとんど。
    高熱の次に技のバリエーションが多い。大抵のロボ系怪獣が弱点とする。
    使用頻度は少ないが、NEOからは円盤生物等の参戦で採用率が増えた。
    NEOからの追加。主にウルトラマン達が必殺技に使用する属性。
    同じくNEOから。ラスボスクラスの宇宙人が多く持ち、桁違いの威力を発揮する。

参戦キャラクター


ウルトラ怪獣
















  • RR第2弾
    • 愛憎戦士カミーラ
    • 宇宙ロボットキングジョースカーレット




ウルトラヒーロー






  • NEO第1弾
    • ウルトラマン(八つ裂き光輪)(SCC)
    • ウルトラセブン(アイスラッガー)(SCC)

  • NEO第2弾
    • ウルトラマンダイナ(グリッター.Ver)(SCC)
    • ウルトラマンティガ(グリッター.Ver)(SCC)
    • ウルトラマンガイアSV(グリッター.Ver)(SCC)














作戦援軍カード

  • NEO第1弾
    • ジェットビートル
    • ガッツウイング2号
    • ガンフェニックストライカー
    • スペースペンドラゴン




  • NEO第4弾
    • 小型ビートル
    • タックアロー
    • マッキー2号
    • ガッツイーグル

  • NEO第5弾
    • メフィラス星人円盤
    • メトロン星人円盤
    • ガッツ星人円盤
    • キングジョーブラック飛行形態

  • NEO第7弾
    • テックサンダー1号
    • テックサンダー2号
    • マッキー3号

  • NEO-GL第1弾

  • NEO-GL第2弾
    • シルバーガル

関連タグ

アーケードゲーム / ウルトラギャラクシー大怪獣バトル / ウルトラ銀河伝説 / ウルトラシリーズ /  平成ウルトラマン

pixivに投稿された作品 pixivで「大怪獣バトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224808

コメント