ピクシブ百科事典

大怪獣バトルウルトラコロシアム

だいかいじゅうばとるううるとらころしあむ

「大怪獣バトルウルトラコロシアム」とはアーケードゲーム「大怪獣バトル」をWiiに移植した作品である。ここでは追加要素を含めた「ウルトラ戦士大集結」も併せて記載する。
目次[非表示]

概要

歴代のウルトラ怪獣達が一同に介して繰り広げられるスーパーバトルをテーマとしたアーケードゲーム大怪獣バトルWiiに移植した作品。2008年10月16日発売。

システム基準としては当時のNEO弾でのシステム(スタミナありで0になると交代)では無く、長らく続いたEX弾でのシステムを採用しており、ファイナルラウンドのBGMも「エターナル・トラベラー」(ウルトラギャラクシー大怪獣バトルでのOPテーマにしてEX弾でのファイナルラウンドのテーマ)が流れる。

ただしアーケードでのシステムとやや異なる点もあり、攻撃回数は5回→3回まで下げられていたり、発売当時はアーケード版には参戦していなかった怪獣がパスワードを入力する事で使えるようになったり、ややアーケード版と異なるモデリングだが、同じく先行参戦したキャラなど独自の要素がある。

最大の特徴としては「Wiiリモコンを振る」という物で、これで振りながら相手を激突という仕組みとなっている(一応、オプションモードでアーケード同様にボタン連打型にコンフィグを変える事が出来る)

アーケード同様にストーリーモード(時代設定としては『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』から25年後の未来)やメフィラス星人が主催するバトルコロシアムモードなどネタに飛んでいるモードも存在する。

以下はストーリーモードにおけるクリア条件である。

クリア条件該当怪獣備考
○○を倒せ!ファイヤーゴルザ、ガンQ一般的なクリア条件。
○○軍団を倒せ!恐竜戦車、サタンビートルなど連戦形式(2連戦もあれば3連戦)なので、なるべく早期決着で挑みたい。
ひっさつわざを使わずに○○を倒せ!ベムスター、ミズノエノリュウなど必殺を使う事が出来ず(スーパーコンボなどは例外)、ファイナルラウンドになると強制的に敗北となる。
ずっと○○の状態で○○を倒せ!カネゴン、バルタン星人(ベーシカル)など何かしらの補正がずっと掛った状態でスタートする。
応援バトラーと技バトラーが使えない状態で、○○を倒せ!ブルトン、ブラックキングこのミッション系はたった1人で戦うミッション。
○○を倒せ?バルタン星人、アーマードダークネス一見、一番上のミッションと同じように書かれているが、実際は負けイベント。後で上の○○を倒せ!に戻る。

同作での怪獣は第1弾からNEO1弾の一部で65体(隠し及び先行参戦を含めると69体、更に応援バトラー専用キャラを含むと70体)で、技カードに相当する技バトラーは総勢200枚以上も存在するので登場するのは実質300以上となっている。

ウルトラ戦士大集結

本作から2年後の2010年2月25日に同じくWiiで発売。正式名称は『大怪獣バトル ウルトラコロシアム DXウルトラ戦士大集結』。

内容としては前作の内容をそのままにしつつも、新たな要素として応援バトラーしか使えなかったウルトラマン及びセブン以降のスーパーコンボ(もしくは技バトラーでの技)でしか出なかったウルトラヒーローがプレイアブルとして追加した内容となっている。

また当時、アーケードでは最新弾である「ギャラクシーレジェンド3弾」までに登場したウルトラヒーローを全て網羅しており、加えて2009年末に公開された映画「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」に登場したウルトラマンゼロ(ただしボイスは宮野真守氏による物では無く、セブンのボイスを加工した物が使われている)とウルトラマンベリアルも参戦。

ただし前作で応援バトラーとして先行参戦していたウルトラマン、本作で参戦したゼロ、ベリアルを除くとセブンからメビウスのウルトラヒーローはレベルを最大まで上げても必殺技は変わらない(威力やステータスは上昇したり、技バトラーの発動するタイミングが変わる事もある)。(厳密に言うとウルトラマンは前作ではLv.1では必殺無し(解放時点でLv.2扱い)だったが、本作ではLv.1とLv.3の技がスペシウム光線共通となった)

またウルトラヒーロー追加に伴い、パスワードも新たにいくつか追加されているなど続編というよりは前作の発展及び完全版的な内容になっている。

関連動画





関連タグ

大怪獣バトル / アーケードゲーム / ウルトラギャラクシー大怪獣バトル / ウルトラ銀河伝説 / ミズノエノリュウ(同作におけるみんなのトラウマ)

コメント