ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

飛行速度マッハ15
走行速度マッハ3.5
水中速度マッハ2.5
潜地速度マッハ3
ジャンプ力1800メートル
握力80000トン(人間換算で80キロ)


カオスヘッダー・メビュートに敗れ光を失ったコスモスが、ムサシの「勇気」と金環日食の光によって復活した時に会得した、テレビ本編における最強形態。
「優しさ」と「強さ」が「勇気」の力でひとつとなり、「太陽と月が重なる金環日食の溢れるフレアーのごとき、神秘の巨人」と呼ばれるモード。
赤と青と金というかなり派手なカラーリングで、元々変化が激しかった掛け声もコロナモードの時よりさらに増して勇ましい。正直ムサシが変身しているとはとても思えないほど野太い声である。

ルナの「優しさ」とコロナの「強さ」を併せ持つモードで、設定上は両モードの能力を使用可能。コロナモードを上回るボディスペックに加え、最大の特徴は自身が倒そうと思う存在に対してのみ効果を発揮する、浄化力と破壊力を兼ね備えた必殺技。これにより怪獣に取り付いたカオスヘッダーだけを倒す事もできるが、その能力を使うためには信頼と勇気の心が必要。
正拳突きを取り入れたファイティングポーズも印象的。
その他の特徴としてはやたらアクションが派手なことが挙げられ、バリア技を持っているのに敵の光弾をはじき飛ばすために高速回転したり、わざわざ一時停止してから蹴りを叩き込んだりする。それらも含めて本気仕様ということなのだろうか。

なお、モードチェンジの際には一度コロナモード(あるいはスペースコロナモード)になってからチェンジしなければならず、活動時間は約1分が限界となる。劇場版2作目では直接変身を披露した。
また、ムサシが一体化していない際にはチェンジしていないが、ムサシと一体化していないと使用できないのかどうかは不明(第64話や劇場版2作目では戦闘終了後にムサシと分離した後もエクリプスモードを維持していたが、最終話では一体化するまでエクリプスモードでさえ苦戦したカオスダークネス相手にずっとコロナモードで戦っており、劇場版三作目でのグローカーマザー/ポーンとの戦闘中は、劣勢でも一体化するまでチェンジしなかった)。

最強形態の名に偽りなく登場から前半の間はダメージはおろかスーツを汚されることもなくカラータイマーが点滅しても振る舞いは全力で力強かった。しかし、話が進むにつれて地球での長きに亘る戦いで蓄積されたダメージと疲労によってコスモス自身が弱っていったこともあり、ノワール星人&ラグストーン・メカレーター戦で初めてダメージを負ってしまう。その証拠に、後半はカラータイマーが点滅すると動きが辛そうだったり、身動きが取れなかったり苦しそうにしている。
さらにはカオスヘッダーがコスモスやチームEYESに対抗して進化していったこともあり苦戦を強いられることが多くなった。
チートラマンとも言われるが、その強さを習得、進化したのがカオスウルトラマンカラミティ。エクリプスモードが強いからこそ、それに対抗されてしまった。


フューチャーモード登場後もエクリプスになるのは自由にできる様で、『決戦!ウルトラ10勇士!!』で久々に登場。直接敵を撃破してはいないが、アレーナを洗脳していたエタルガーの邪念を消失させるという、いかにも彼らしいナイスアシストをみせている。
しかし『ウルトラマンオーブTHE_ORIGIN_SAGA』では、打ち込まれた怪獣を操る毒素が登場したにも関わらず、エクリプスモードは登場しなかった(『10勇士!!』でスーツに限界がきたという説もあり、コロナモードも限界だったらしい)。だが仮に登場していたとしても、この毒素はある手段を用いないと解毒できないという設定であったため、エクリプスモードの力でも浄化できたかどうかは疑問である。まあなんだかんだ出来そうではあるが。

主な技

コズミューム光線
エクリプスモード最大の技にして、特撮界でも並ぶものなきチート光線。(だが、後にカオスウルトラマンカラミティにカラミュームショットとして習得されてしまう)
フォームが少々独特で、両腕を交差させてエネルギーを溜め、それを右腕に移し突き出すようにして放つ。

ウルトラマンコスモスエクリプスモード


通常の破壊光線としてもコロナモードのネイバスター光線以上の威力を誇るだけでなく、前述したようにカオスヘッダー等の邪悪な敵だけを倒せる超便利光線である。
それだけではなく、キュリア星人バデータ戦では体に入った毒物を取り除いたり、カオスクレバーゴン戦ではカオスヘッダーに侵されたバイオチップのみをピンポイントで打ち抜いたり、ネルドラント・メカレーター戦では光線を分散させて体内に埋め込まれた機械のみを打ち抜いたり(ただし、改造の影響で弱っていたため直後にショック死してしまった)と、万能性では他の追随を許さない。
さらに効果も絶大で、現状放ちさえすれば対象に何らかの効果を必ず及ぼしており、たとえ数発既に撃ったあとだろうがエネルギー切れ寸前であろうが相手がラスボスであろうが、当たれば撃破、最低でも撤退に追い込んでいる(明確に効かなかったのはゲーム作品で登場したネオカオスダークネスのみ)。
平成ウルトラマンたちの能力を授けられた、ウルトラマンギンガビクトリーも設定上は使用可能。

エクリプスブレード

エクリプス~切り裂け、黄金の刃~


大型の三日月型破壊光刃を両手で作って放ち、邪悪なエネルギーを破壊する。普通の切断技としても使えるようで、ノワール星人の円盤を撃墜したりスコーピスを真っ二つにしたこともある。後に、カオスウルトラマンカラミティにカラミティブレードとして習得される。

ゴールデンライトバリア
コロナモードのサンライトバリアよりも強力なバリア。バリアを前進させて押し返すことも可能。
両腕を広げて発生させるバリアは「エクリプス・レセプト」と呼ばれる。この他、「エクリプス・ウィンドミル」「ライトニングディフェンダー」といった手足で相手の攻撃を叩き落とす防御技も備えている。

ダイアモンド・クラッシュ
右腕にパワーを籠め、敵をストレートパンチで粉砕する技。スコーピスに対して使用し、木っ端微塵に撃破した。

エクリプス・ブローショット
全身に力を込め、極太い柱のような光線を発射し、上空の敵を消滅させる。

エクリプススパーク
右手から連続で鏃型光弾を発射する。

サスペンドショット
突き出した両握り拳から緑色の稲妻光線を放ち、対象を停止させる。

名称不明光線
カラータイマーから霧状の光線を放ち、宇宙花粉を除去した。

エクリプスポーション
対象を別の場所に転送する光線。


余談

マスクはルナモードとコロナモード両方の特徴を取り入れている。
客演での出演もあったりそもそもの演出における差から、フューチャーモードよりよっぽど最強形態らしいと言われることも少なくない。

書籍などでコスモスが紹介される際は、なぜか基本形態であるルナモードを差し置いてエクリプスモードを映した写真が使われる事がある。『ウルトラ10勇士』以降の客演でもコスモス登場時のBGMも他のモードの戦闘BGMを差し置いてエクリプスモードの戦闘BGMがメインに使用されている。

関連タグ

ウルトラマンコスモス コスモス(ウルトラマン)
ルナモード コロナモード スペースコロナモード フューチャーモード

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エクリプスモード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40681

コメント