ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

  • 飛行速度:マッハ7
  • 走行速度:マッハ2
  • 水中速度:マッハ1.2
  • 潜地速度:マッハ2
  • ジャンプ力:1000メートル
  • 握力:55000トン(人間換算で55キロ)

「優しさ」「慈愛」を体現し、「の優しき光のごとき、慈しみの青い巨人」と呼ばれるモード。
怪獣を救う・鎮めるためのモードで防御力・持久力に優れ、相手を攻撃することなく敵の力を受け流し、拳を握らず平手で怪獣と対峙するのが特徴(とある回を除く)。
邪悪な敵と対峙した際も、その防御力を活かし相手の手の内を探ってからコロナモードにチェンジする事が多い。

コロナモードや他の戦闘が主なウルトラマンに比べ非力ではあるが、それを補う程の便利な防御技や超能力、浄化技、回復技を操り、歴代ウルトラマン達との差別化を上手く図っている形態。
回復能力、浄化能力、広範囲orピンポイントのバリア防御技、更にはコスモス特有の何だかヌルヌル動く個性的な動きでなかなかに回避能力も高く(実際劇中において様々な攻撃を避け、体術を駆使して捌いている)、『自身の身を守れるヒーラータイプ』とくればRPGのパーティーメンバーに絶対欲しいタイプである。仮にロストヒーローズ辺りに参戦した場合、ヒーラーやサポートに優れるこのルナモードか攻撃特化のコロナモードにチェンジして攻撃参加するか、かなり悩む事になりそうではある。

一応として下記にある攻撃技は持ってはいるものの、数が少ない上にどれほどの攻撃力を持つかの具体的な描写はあまり無い。とはいえコロナモードに比べれば劣るとはいえこの形態でも十分戦えるくらいの戦闘能力はある。ある意味、問題なく戦えるのが罪作りなモードである。

ミラクルナモード

カオスヘッダーとの最終決戦において憎しみをぶつけ、死力を尽くすもが残り少なくなり窮地に追いやられたコスモス“カオスヘッダーも救いたい”と想い願うムサシがかつてコスモスを呼び出した時のように、輝石を打ち出して一体化することにより変身した奇跡のフォームにしてルナモードの上位形態。最終回のみ登場。

奇跡の巨人とも呼ばれており、その姿はグリッターティガやグリッターバージョン、そしてクロスオーバーフォーメーションのように色にり輝く神秘的な姿をしている。

…といっても如何やらこの形態、ルナモードのコスモスが力を取り戻す過程の形態らしく、その光が消えるのと同時に元の姿に戻る為にぶっちゃけ言われなければ形態の1つだとは気づくことはないのかもしれないのだが……

主な技

フルムーンレクト
ある意味この形態における必殺技。詳細はリンク先を参照。

ルナエキストラクト
右掌を前に突き出して放つ、カオスヘッダーを切り離す光線。
カオスヘッダーの進化により中盤からは効かなくなる。

ルナストライク(ルナストラック)
右手を前に突き出して放つ、破壊ビーム。ルナモードでは数少ない攻撃技。

ネットトラック・ボックス
右掌を前に突き出しながら放つ、相手を光の網で捕らえる光線。
いわゆる捕獲ネットなのだがネット状態になったことがなく、劇場版1作目のバルタン星人ベーシカルバージョン及びネオバルタンとの戦闘でドライクロー光線を相殺するために使用されたためにルナモードの攻撃技だと勘違いされていることも多い。

ムーンライトバリア
突き出した手先から発するエネルギーで敵の攻撃を防ぐ。これで防がれた攻撃は上下に分かれて逸れる。

リバースパイク
バリアで敵の攻撃を防ぎ、さらにバリアを前進させて敵にぶつける。バリアで相手を包むムーンリバースパイクやバリアを前進させないリバースパイクバリアというバリエーションがある。

ルナコールド
両手を合わせて低温ガスを放ち、対象を冷却する。コスモス自身も1度近づいたはいいが思わず逃げる程体温が上昇し、命の危機に陥ったザランガに対し使用した。

トランスバブル
両手を前に突き出して放つ、相手を泡状のエネルギー球に包む光線。冷却したザランガを海まで搬送するのに使用したが、タブリスに放った際は、相手が実体のない分身だったためか、効かなかった。

ルナレインボー
突き出した両腕から七色の光線を放ち、怪獣の体内に囚われた対象を救い出す。

コスモフォース
突き出した腕から蘇生光線を放つ。

コスモ・リアライズ
絵を実体化させる。破壊された市街を修復する光線は「ミラクル・リアライズ」と呼ばれる。

コスモシャワー
両手の先から水流状の消火光線を放つ。

コスモ・リダクター
両手の先から黄金の縮小光線を放つ。イゴマスに対して使用、子供達の手に収まるサイズにまで縮小化
させた。「コスモ・カウサー」はこの光線に拡大能力を足したものとなっている。

ウェイク・ライサー
体から黄金のオーラを放ち、惑星ジュランの軌道を元に戻した。

ムーンライトシャワー
突き出した両掌から七色の光線を放つ。グラルファンの扉を出現させた。

フィールウォーマー
相手の感情を突き動かす光線。ラグストーンに囚われた人間達に対して使用し、ラグストーンを弱体化させた。

ピンポイントクロス
絆創膏状の光線を貼り付け、ガモランⅱのバイオコントローラーの働きを封じた。

エナジーシュート
突き出した右手から対象にエネルギーを与える技。ボルギルスに700年分の電気エネルギーを与えた。

防御技
両腕または足にウルトラ念力を込めて敵の攻撃を防ぐ「マストアーム・プロテクター」「マストフック・プロテクター」、体を高速回転させて敵の罠を破壊する「ルナ・スピンドミル」が存在する。


ラミーサプレー
額のムーニースポットから緑色の光線を放つ。パラスタンにエネルギーを与えて回復させた。

コスモシュートレス
突き出した腕から青色の波動を放ち、弾丸などを防ぎ、物質を亜空間に吸い込む「ルナサスペンション」に繋げる。


ルナファイナル
ミラクルナモードとなったコスモスが最終話で使用した、憎しみの心を浄化する光線。

ムーンライトスマッシュ
右手を前に突き出して放つ、超高熱の必殺光線。『ウルトラマンサーガ』で使用。
コロナモードにならないまま必殺光線を使った事に違和感を覚えたファンもいるかもしれないが、この理由は後述。
もしかすると、コロナモードになれない状態で戦いを強いられた教訓から体得したのかもしれない。一応、初代ウルトラマン同様にスペシウム光線も使える設定であるので、攻撃技を最初から使えなかったという訳ではない。

余談

『ウルトラマンサーガ』では、監督のおかひでき氏が山場であるハイパーゼットンとの対決でも終始ルナモードのままであったことに、不評を受けたと語っている(捕捉しておくと、これは対峙したハイパーゼットンに取り込まれていたある存在を救おうとしていたというカットされたシーンの名残。おか氏も本当ならばモードチェンジさせたかったとの事でフューチャーモードの登場が検討されていた)。
この反省を踏まえてか『決戦!ウルトラ10勇士!!』では久々にコロナモード、エクリプスモードへのモードチェンジを披露した(こちらでも二回目のエタルガーとの戦いではルナモードで戦っているが、上述したようにルナモードで様子見的に戦うこともあるほか、この時はギンガビクトリーとの共闘であったため、違う戦闘スタイルを魅せていた)。

ちなみに『コスモス』に詳しくない人からは勘違いされがちだが、ムサシとコスモスは若干スタンスは違えど巨悪に対して拳を振るうことは躊躇しないため、バット星人とハイパーゼットンに戦いを挑んだこと自体はほとんど批判はされていない(上述したようにルナモードは戦えるとはいえ、邪悪な敵相手に戦うモードであるコロナモードにならなかった点が一部『コスモス』ファンに問題視されているだけである)。

マスクのデザインは初代ウルトラマンを意識しており、耳は三日月を模している。

関連タグ

ウルトラマンコスモス コスモス(ウルトラマン)
コロナモード エクリプスモード スペースコロナモード フューチャーモード

ルナミラクルゼロ フルムーンザナディウム アクロスマッシャー

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ルナモード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66173

コメント