ピクシブ百科事典

グラルファン

ぐらるふぁん

グラルファンとは、ウルトラマンコスモスに登場する怪獣である。(メイン画像右)
目次[非表示]

データ

  • 身長:60m
  • 体重:6万t
  • 別名:伝説聖獣
  • 出身地:カードの扉の向こう

概要

第57話「雪の扉」に登場。
トマノという老人が持っていたが描かれたカードの向こうの世界からやってくるという怪獣で、若き日のトマノの演奏を録音したレコードを聞いて扉の中から出現した。

人の心の中にある思い出を目の前によみがえらせるといった能力を持っており、その思い出の風景の中に入ったものを扉の向こうにある世界にいざなうが、この怪獣を出現させてしまうとこの時空の中に存在することが出来なくなり、時間から消えなければならない。

また、思い出の世界は気温が非常に低く、グラルファンが出現したときには世界時間が一時的に止まり、気温も一気に下がる。

現れ手暫くの間は街を冬にしていたが、ウルトラマンコスモスによって扉が再び出現すると、扉の中へ消えていった。

その後、扉のカードはトマノが知り合った尭という少年が持つこととなった。

余談

着ぐるみは『ウルトラマンメビウス』にてCGで尻尾を付け足され、ほぼ無改造の状態でアンヘル星人トーリとなった。

トマノを演じたのは、死神博士として有名な天本英世ウルトラシリーズでも『帰ってきたウルトラマン』や『ウルトラマンレオ』にも出演していたが、このエピソードが最後の特撮出演作となり、7ヶ月後にこの世を去った。

夏頃の放映が予定されていたが、撮影は冬の時期だったため、グラルファンの出現によって雪が降るという描写となった。

関連タグ

ウルトラマンコスモス ウルトラ怪獣 思い出

pixivに投稿された作品 pixivで「グラルファン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7725

コメント