ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避


データ

別名:未来怪獣

成体幼体
未来怪獣 アラドス(成体)
未来怪獣 アラドス(幼体)
身長:41m210cm
体重:6万2千t200kg

第53話「未来怪獣」に登場。5千年後の未来から来た地球怪獣で、極度に進化した遺伝子を持つ。時空を歪ませる能力を持ち、局地的に5分ほど時間を止めたり時間移動をすることができる。これが原因でノワール星人に狙われていた。食事は口から管を伸ばして行う。また、成体には殻にトゲが生えている。
幼体が時間旅行中に現代に迷い込みチームEYESに保護されたが、既に現代の環境になじめず衰弱しており、ヒウラキャップの特製スープを食べても尚、衰弱していった。そこにノワール星人が現れてアラドスの引き渡しを要求。これを地球側は拒否したため(ただし統合防衛軍もアラドスの能力に目をつけ死後研究材料として解剖しようという思惑があり、アラドスの命を救いたいムサシを葛藤させた)、ノワール星人はラグストーン・メカレーターを送り込み円盤と共にコスモスを攻撃。アラドスは劣勢になったコスモスを救うため最後の力を振り絞りラグストーンを時空のかなたに飛ばすと同時に力尽き息絶えてしまうが、迎えにきた成体たちの光線で復活し、共に元の時空に帰った。

派生作品

大怪獣バトルウルトラアドベンチャー』ではババルウ星人に捕まった子供の個体が登場。レイオニクスに選ばれなかった逆恨みでババルウ星人の移動手段として散々こき使われ、50年前の『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』最終回時の惑星ボリスに置き去りにされてしまった。ウルトラマンたちの協力でボリスへの人工太陽落下から間一髪で逃れ、最後は50年後のボリスにタイムスリップして御倉イオピグモンを帰してあげた後に元の未来に帰って行った。

余談

当初は「パラドス」(タイムパラドックスに由来)という名称だったが、商標登録の関係で使用できなかったため「アラドス」に変更された。この「アラドス」の由来はこの話の脚本を行った荒木憲一氏にちなんでつけられた。
着ぐるみはジェルガの改造。

デラシオンの予言との関連

5000年後の地球からこの怪獣が来たという事は地球が健在、つまり、2015年デラシオンのリセットを回避できる可能性は高かったという事であり、2000年後に地球が害を及ぼす星になるという予言も外れたか、リセットも本格的に撤回されたものと思われる。
しかしながら、5000年後の地球にすむ生命体の善悪を抜きにしても、アラドスの時空間を移動できる能力や再生能力に注目した場合、この予言が全く外れているとも言い難い
事実としてノワール星人がこの能力を狙っていた他、M78スペースのババルウ星人はアラドスの子供の能力を悪用して過去の惑星ボリスにいるレイモンを抹殺して歴史改変を企んでいた為、いるだけで危険な存在である事には違いない。
これを裏付けるように、デラシオンも時空間を移動して怪獣達や闇の巨人を傘下に引き入れている勢力に警戒態勢を敷いている。



関連タグ

ウルトラマンコスモス
ウルトラ怪獣
ノワール星人
タイムパラドックス

関連記事

親記事

地球怪獣(ウルトラマンコスモス) ちきゅうでともにいきるなかま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アラドス」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アラドス」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6719

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました