ピクシブ百科事典

アラドス

あらどす

『ウルトラマンコスモス』に登場した怪獣。
目次[非表示]

データ

別名:未来怪獣

成体幼体
未来怪獣 アラドス(成体)
未来怪獣 アラドス(幼体)
身長:41m210cm
体重:6万2千t200kg

第53話「未来怪獣」に登場。5千年後の未来から来た怪獣で、極度に進化した遺伝子を持つ。時空を歪ませる能力を持ち、5分ほど時間を止めたり時間移動をすることができる。これが原因でノワール星人に狙われていた。食事は口から管を伸ばして行う。また、成体には殻にトゲが生えている。現代の環境になじめず衰弱していたが、そこにアラドスの引き渡しを拒否されたノワール星人がラグストーン・メカレーターを送り込み円盤と共コスモスを攻撃、劣勢になったコスモスを救うため最後の力を振り絞りラグストーンを時空のかなたに飛ばすと同時に力尽き息絶えてしまうが、迎えにきた仲間たちの光線で復活し、元の時空に帰った。

余談

当初は「パラドス」(タイムパラドックスに由来)という名称だったが、商標登録の関係で使用できなかったため「アラドス」に変更された。この「アラドス」の由来はこの話の脚本を行った荒木憲一氏にちなんでつけられた。

着ぐるみはジェルガの改造。

関連タグ

ウルトラマンコスモス
ウルトラ怪獣
ノワール星人
タイムパラドックス

pixivに投稿された作品 pixivで「アラドス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2780

コメント