ピクシブ百科事典

イフェメラ

いちにちだけのいのち

イフェメラとは、ウルトラマンコスモスに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

  • 身長:51m
  • 体重:4万9千t
  • 別名:薄命幼獣
  • 出身地:T3エリア美空市郊外山間部

概要

第12話「命の輝き」に登場。
ラテン語で「1日の命」を意味する言葉を名前に持つ怪獣で、その名の通り500年に一回から孵化し、わずか1日で幼獣から成獣に成長して卵を産んで死亡するといった非常に短命な怪獣。そのため過去の日本でも平安時代室町時代に出現しており「異尼女螺伝説」として伝えられていた。学名「ラ・ゾル=イフェメラ=ルー」

EYESのフブキ隊員の死んだ妹であるサヤカに仕草がよく似ている。

頭の触角から怪光線を発射する能力を持つが、好戦的な怪獣ではない。
運悪く地球防衛軍の施設付近に出現したため防衛軍に攻撃対象と認識され、ミサイル攻撃を受けたがそれでも何とか耐えきり、EYESとウルトラマンコスモスに救われた。
最期は自身の習性通りに卵を生んで死亡。残された卵は鏑矢諸島の怪獣保護区に移送され、厳重に管理される事となった。

関連項目

ウルトラマンコスモス
ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「イフェメラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 209

コメント