ピクシブ百科事典

円谷英二

つぶらやえいじ

ゴジラやウルトラマンを世に生み出し、日本の特撮怪獣映画の基礎を作った人物。 人呼んで「特撮の神様」である。
目次[非表示]

昭和における特殊撮影技術の第一人者。それまでトリック撮影と呼ばれていた特殊撮影に「特撮」というワードを初めて作り、今でこそ映画製作の現場では当たり前になった手法や技術を初めて導入した編集者でもあり、発明家でもあった。
本名円谷英一。

経歴

1901年7月7日(戸籍上は10日※)、福島県須賀川市にて生まれる。少年時代は機械いじりや絵画制作が好きだったが、とりわけ当時発明されたばかりの飛行機に夢中になる。

成長すると家族の反対を押し切り、羽田に出来たばかりの飛行機学校に入学。しかし、一機しかない飛行機が墜落し、教官も事故死してしまった事から学校は閉鎖し、パイロットへの道を絶たれてしまうことになる。
やむなく現在の東京電機大学に入学し、同時に学費を稼ぐために玩具会社に勤務。様々なヒット商品を生み出し、特許料を稼いだ(その内の一つに証明写真の撮影ボックスのベースとなった物もあったりする)。

ある日、その特許料で他の社員たちと花見に行くが、そこでよその客とケンカになってしまう。その際、偶然にも円谷が止めに入った相手が映画会社の人だった縁で映画界に足を踏み入れることになる。

1930年結婚し、多くの子が生まれる(子どもたちは後に円谷プロの経営に関わることになる)。

1933年に公開された「キングコング」を観賞して衝撃を受ける。そしてわざわざアメリカからフィルムを取り寄せて映像の研究に勤しんだという。

1937年東宝に入社。そこでプロパガンダ映画や軍の教育用フィルム等を作成。なかでも1942年に公開した「ハワイ・マレー沖海戦」ではその手腕を存分に発揮し、本物と見間違う様な映像を作り出し、大ヒットとなる。だが、それが仇となり、戦後GHQから「戦時中に教材映画、プロパガンダ映画に加担した」として、公職追放処分を受けてしまう。52年に処分が解除されると東宝に復帰した。

1954年、「インド洋で大蛸が日本船を襲う」と言う企画を持ち込む。そして、それを基に田中友幸プロデューサーが「G作品」と言う企画を立ち上げた。それこそ、国産特撮怪獣映画第1号「ゴジラ」である。翌年公開された「ゴジラの逆襲」では「特技監督」という史上初の肩書きを与えられる。

その後も様々な東宝特撮の製作に携わり、1963年には独立し、特撮映像制作会社「円谷プロダクション」を立ち上げる。そして、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』と言ったシリーズの監修を務める。

1970年1月25日伊東の別荘で療養中に狭心症で亡くなる。享年68歳。死の間際まで次回作の構想を考え続けていたという。

※7月生まれであることは確かだが5日や7日、10日と媒体によって意見が食い違っている。血縁者の一人である円谷誠が家系図を調べ、役所の登録を確認した限りでは7月10日になっているが、英二の子供(一、皐、粲)は「親父は7日生まれ」と発言している。現在は7日説が支持されている。これに関して誠氏は「明治時代の戸籍であることから出生届を出し遅れて記録上は10日で記録されてしまったのではないか」という可能性を示唆している。当時は現在と違って、実際の誕生日と戸籍上の誕生日が違う人が少なからずいたためである。

人物

  • とにかく新しい物好き。最新の技術は積極的に取り入れる。カメラは8ミリから16ミリポラロイド。機材に限らずステレオや洗濯機などの家電製品も新製品が出るとすぐに買い揃えた。テレビに至っては新商品が出る度に買い足し、自宅に常に6台ほど揃えていた。またこれらの家電製品を分解・再組み立てするのが趣味だった。
  • 上記の通り、本名は英一である。母を早くに失い、祖母の家に引き取られたときに面倒を見てくれた5歳年上の叔父である一郎を尊敬し、彼の弟という意味を込めていつしか英二と名乗るようになったという。
  • 妻であるマサノ婦人の勧めでキリスト教に入信しており、ぺトロという洗礼名を与えられている。死後もカトリック系の墓地に埋葬された。そのため円谷一族は全員カトリックである。
  • スタッフからは親父さんと呼ばれて慕われていたが、面と向かって親父さんと呼ぶ人はいなかったらしい。
  • 現在こそ名字の読み方は「つぶらや」だが、正しい読み方は「つらや」だったりする。また初対面の人からは「エンヤ」「エンタニ」とよく呼ばれていたらしい。
  • 斬新な撮影方式を確立させた裏で、それを受け入れられなかった先輩カメラマンやほかの会社から「ズボラヤにカメラマンはやらせない」と馬鹿にされ、使いたい機材もろくに使わせてもらえない嫌がらせを受けていた。しかしこの逆境を様々な撮影方式で乗り越えていった。
    • 例えば寒天を敷き詰めて海のセットを作り上げたり、ウエハースを使って倒壊させやすいビルのミニチュアを作ったりと身近な素材を撮影に応用してみせた逸話がある。
  • 現在ではアニメや映画では当たり前な絵コンテを書くという手法を最初に取り入れた人物でもある。仕事でヨーロッパに行った際には『サンダーバード』の撮影現場を見学している。
  • 実は少年時代に巻紙をフィルムにし、マッチ棒を一コマ一コマ書き込んだ短編アニメを作った経験から、アニメ演出家としての側面も持っている。
    • またアニメ制作会社を作ろうとしたこともある。アメリカのカーク・ダグラスが東宝へ製作会社設立のオファーをしたが、アニメに理解のなかった当時の東宝は断ってしまい、それを知った英二が乗ろうとし、アメリカも破格の待遇を用意したものの実現はしなかった。しかし英二としてはアニメ製作をあきらめきれず、最終的には実写とアニメを融合した作品を構想していたという。
  • 撮影時に撮影の仕組みがばれるようなシーンを撮ったら釜飯をおごれという変なルールを作ったことがある。ただし、実際にはスタッフに釜飯をおごらせたりはせず、英二がスタッフを酒の席に連れ出す口実だったとも言われる(英二は大変な酒好きだった)。もちろん、おごるのは英二のほうだった。
  • 様々な組織の人々との交流を大切にするのをモットーとしており、円谷プロ創設時に東宝以外での仕事で関わったにも参加しないかと声をかけ、松竹から川上景司大映から的場徹を呼んでウルトラQ製作スタッフに招いた。後の東映特撮に関わる矢島信男も近所だったこともあって声をかけたが、矢島が円谷プロの仕事に関わったのは彼の死後だった。そんな人柄ゆえに中島晴雄や有川貞昌のように英二の死後やりがいを失って引退してしまったスタッフもいる。
  • 何よりも子供を大切にする人物で、子供にサインを求められた時には「スノーボーヤ」というオリジナルキャラクターを、大人には「子供に夢を」と描いていた。
  • 残酷な描写を嫌っており、子供が対象ではないとはいえ『サンダ対ガイラ』でガイラが人間を捕食する有名なシーンもなるべくぼかして撮影し、その後の作品でも血の色を緑にするなどして対処している。『宇宙大怪獣ドゴラ』を撮影していたときに空が分裂した宇宙細胞で色とりどりに染まる特撮カットの色彩が毒々しすぎるとして、「こんなフィルムが使えるか!」と怒鳴ってスタッフ一同の眼前でフィルムを引き裂いたという。
  • なによりも「マンネリ化」を恐れており、ゴジラに当時子供たちに人気だったイヤミシェーをさせるなど試行錯誤を続けていた。
  • 黒澤明とも交流があり、東宝で一番電力使うのが黒澤組と円谷の特撮スタッフだったが、それでよく停電になっても黒澤は「円谷さんじゃ仕方ない」と述べていた。自分の仕事に別の監督が介入することになるので特撮映画に関わるのを避けていた黒澤だったが、「ゴジラ」は高く評価していたという。
  • 逆にクレージーキャッツの映画シリーズを撮った古澤憲吾は戦記映画『青島要塞爆撃命令』を撮る際に「特撮は迫力が無いから使わない!」と大口をたたいて、円谷に「じゃあ特撮なしでやってみなさい」と言われて古澤のみで撮影に入ったが、結局詫びを入れる始末となった。
  • ピープロダクション社長のうしおそうじとも交流があり、『マイティジャック』が軌道に乗らないと気晴らしにピープロによく行って低視聴率をぼやきながら社長室のソファーで一時間ほど休憩していた。
  • 元海軍士官で僧侶でもある映画監督の松林宗恵とも仲が良く、「円谷のじっちゃん」「和尚」と呼び合っていた。
  • 趣味はギター三味線演奏。撮影場には愛用のギターがおいてあり、暇さえあれば演奏していたらしい。
  • 実は2017年にフィギュア化している。有名なウルトラマンに演技指導をしているシーンを立体化したもの。詳しくはこちら

家族

  • 円谷ナツ(母方の祖母)…英二の育ての親でもある。
  • 白石勇(父)…円谷家の婿養子だったが、英二が幼少時に離縁される。
  • 円谷セイ(母)…英二が三歳時、次男出産後に病死。
  • 円谷一郎(母方の叔父)…五歳年下の英二を可愛がっていた。
  • 円谷マサノ(妻)…旧姓は荒木。カトリック教徒でもあった。
  • 荒木秀三郎(義弟)…東宝カメラマン。
  • 円谷一(長男)…円谷プロダクション二代目社長。
  • 円谷皐(次男)…三代目社長。
  • 円谷粲(三男)…副社長。
  • 円谷昌弘(孫)…一の長男。五代目社長。
  • 円谷英明(孫)…一の次男。六代目社長。
  • 円谷浩(孫)…一の三男。『宇宙刑事シャイダー』等で知られる俳優。
  • 又紀仁美(孫)…一の長女。シンガーソングライター。
  • 円谷一夫(孫)…皐の長男。四・八代目社長。
  • 円谷優子(孫)…粲の長女。歌手。夫は円谷プロ社員。
  • 円谷洋平(曾孫)…一の孫だが、親は不明。歌手。
  • 円谷ダイスケ(曾孫)…浩の長男。


特撮の神様最大の失敗と功罪

上述の如く技術のみならず、人望も厚く、ポジティブな逸話の絶えない英二だが、“やらかし”も多く、経営に関しては上述の通りズボラヤであった。

「利益に拘らず、とにかくいいものを作れ」という職人気質を発揮して、設立当初から円谷プロは高いクオリティを維持する一方で採算を度外視した経済力の範囲内ではない作品制作を多発する傾向にあった。英二自身も、「世界に二台しかない海外製のオプチカルプリンターを新番組『Woo』の企画が通っていないにも関わらず購入し、企画が頓挫して代金に困った※」「自分が納得するまで納品を許さず撮影のスケジュールを圧迫しTBSを怒らせウルトラマンを打ち切りに追いやった」と言った失敗談が語り継がれている。
1話毎に精巧なミニチュアや怪獣のスーツを多数作り上げるという製作体制上、とにかく新シリーズを一つ製作する度に巨額の赤字を生むのは当たり前であり、制作費で嵩んだ赤字をグッズ売り上げなどで何とかカバーしたり鳴り物入りで始めた再編集番組がたまたまヒットして軌道に乗るという他人任せな自転車操業な経営体制を保ち続けてきたため、クオリティの高い作品を多数世に出す一方で純粋な利益額は例として『ウルトラマンメビウス』が終盤に入った2007年2月の期決算では売上高約56億円に対して当期純利益はわずか約4400万円と制作費すら回収できないほど非常に低かった。
その結果、上記の経営のツケが回り始めたハイコンセプト・ウルトラマンでは、各種の予算削減で経理の正常化を目指した『ネクサス』がスペースビーストの着ぐるみ製作に倍近く予算をかけたことで結局赤字を出したり、『マックス』『メビウス』2作分の制作費を銀行から借りたものの、それを『マックス』一作で使い切ってしまい、『メビウス』製作のために新たな借金を増やすといった目も当てられないほど杜撰な経営体制だったという。
それでも英二の存命中は、理解もあり関係も深かった東宝が資金、人材両面でサポートしていたが、英二や長男の円谷一の没後に独立志向を強めた円谷プロが東宝を遠ざけるようになると各種の問題が表面化し、さらには新たな問題まで生み出してしまった。
また、ノンフィクションライターの安藤健二の書籍によると、テレビ局に喧嘩を売るような番組展開やら、意外に好評だった『パワード』の売り上げが幹部の遊興費に費やされるやら、ド適当な経営体制が長年続けられてきたばかりか、平成ウルトラシリーズの正確な収益も把握できないないような経理状態だったなど、社内の腐敗を告発している。(なんと2000年代に入っても、財務管理をパソコンではなく手書きの帳簿で行っていたらしい)

詳細は円谷プロダクションの項に譲るが、英二と円谷家に限れば同族とその周辺のイエスマンたちに固められたワンマン経営による閉鎖体質、版権料が入っても使い道がほとんど横領に近かったりするなどの適当かつ杜撰極まりない放漫経営、海外版権問題、さらに21世紀にはいるとますます膨れ上がる制作費に対し、『N PROJECT』の打ち切りをきっかけとした孫兄弟同士の関係悪化に端を発したお家騒動やその後の『マックス』『メビウス』がヒットに恵まれなかったことが致命的だった。
また買収先企業が健全経営に切り替えようとしたときにファンから反発の声が上がり、企業として至極まっとうなことを言っている関係者のSNSを炎上させるなど、ファンの間にも感覚が完全にマヒしていたことがうかがえる。
結局、好き勝手やりすぎた結果多くの信頼を失った末に大幅な規模縮小とウルトラシリーズの衰退を招き、半分乗っ取りという形ではあるがTYO社による企業買収(現在はフィールズ社)を機に円谷家は経営権を剥奪され、会社からも追放されてしまったが、追放後わずか1年で黒字転換を果たしたり、対応に追われたその後のスタッフの努力を評価する声も大きいため、あくまで結果論ではあるが現在では「円谷一族は追放されて当然の無能」「昔の体制は明らかに異常。一族の追放によって会社として正しい在り方へと戻れた」「今の時代に彼の志はもう時代遅れ」「乗っ取られてよかった」という見方が主流となっている。
また一連のお家騒動の影響で一族間の確執も修復不能なまでに深まってしまい、かつては英二や長男の円谷一の命日には一族揃って法事を催していたところが、現在では気まずくなってしまうためお互い顔を合わせないよう、時間を変えて個別に墓参するという、草葉の陰の英二にはやりきれない状況になっているという。
円谷プロ側も英二以降はもうどうでもいい存在なのか、公式ホームページには英二以外は全く記載されていない。「クリエイターあがりに経営はできない」という言葉があるが、英二もまたそれに当てはまってしまった。

英二の志はプロフェッショナル、あるいは職人としては必ずしも間違ったものとは言えない。実際、彼のこうした仕事に対する真摯な考えがなければ、あるいは彼が妥協してばかりのいい加減な姿勢だったら、ゴジラシリーズウルトラシリーズ等は、半世紀以上が経っても尚世代を超えて愛され続けるような人気シリーズにはならなかったであろう。その思想の一部は、「クオリティは維持しつつも無駄は省け」と形を変え円谷家を離れた現在の円谷プロにもなお受け継がれている。近年のシリーズが通年放送をしないのも、したところで以前ほどの売り上げが見込めない事や赤字体質と過去の経営体制の反省という側面がある。
一方で、職人という部分が曲者となりこの高い志が後年かえって会社やシリーズを苦しめる結果になったのもまた事実。まさに諸刃の剣だったのである。本来、同族経営時代のあり方は会社としてあってはならないもの。当たり前の話だがいくら金をかけていいものを作ったところで必ず評価されるわけでも商業的にも成功できるわけではない。ましてやビジョナリーやマネジメントもなく、会社としての体をなしていない同族経営時代ではなおさらのこと。円谷プロに限った話ではないが優れたコンテンツを持っていたとしてもそれが必ずビジネスに結びつくわけではないし、それで会社を潰してしまったら元も子もない。
上述の『Woo』の件も美談で語ってはいけないところなのにファンもスタッフも完全な趣味感覚での製作や、時代錯誤な職人気質を重視し過ぎたこそが、彼らの愛するウルトラシリーズそれ自体を喪いかねない事態を招いたとも言えるかもしれない。

円谷英二の功罪は
功績

  • ウルトラシリーズやゴジラといったキャラクターを生み出した。
  • 今日まで続く特撮文化や撮影の技術の礎を編み出した。
失敗・罪
  • 職人としての気質・気概が強すぎるあまり、会社の経営にまで手を回せなかった。何処で採算度外視、品質至上主義を改めるべきだった。
  • ウルトラシリーズに代わる新規IPを確立しなかった。
  • 彼の志を時代に合わせてフレキシブルに転換できる人材(正しい後継者)を育成できなかった
  • 英二自身が悪い意味で子供だった。その後も独裁者となった三代目と七光の孫による経営が相次ぎ会社自身が変わろうとしなかった。
  • ウルトラシリーズのネームバリューに甘え、制作費回収に必要な商業面を軽視し過ぎた。
そして何よりも会社の収支を管理し、経営面から彼にストップをかけるような、所謂ブレーキ役を見出すことができなかった点にあると言える。

※これに関しては見かねた当時TBS社員だった円谷一が上層部と掛け合い、TBSの機材として購入するという形で決着している。これも結構ズボラな話で美談にするようなものではないが…

主な作品

監督・特技監督作

ハワイ・マレー沖海戦
『さらばラバウル』
『ゴジラ』シリーズ
獣人雪男
空の大怪獣ラドン
大怪獣バラン
地球防衛軍
美女と液体人間
宇宙大戦争
電送人間
マタンゴ
ガス人間第一号
モスラ
世界大戦争
妖星ゴラス
マタンゴ
海底軍艦
宇宙大怪獣ドゴラ
フランケンシュタイン対地底怪獣
フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ
キングコングの逆襲
緯度0大作戦
『松崎プロ実写版鉄腕アトム』※監修、ノンクレジット
ウルトラQ
ウルトラマン
ウルトラセブン
快獣ブースカ
マイティジャック
怪奇大作戦
恐怖劇場アンバランス

出演

『現代の主役ウルトラQのおやじ』

関連イラスト

ウルトラマン50周年
09112015


円谷英二
監督とゴロちゃん


関連タグ

特撮 特技監督 東宝 東宝特撮 東宝怪獣 ゴジラ ウルトラマン
田中友幸 本多猪四郎 伊福部昭

円谷英二を演じた人物

西村晃(ウルトラマンを作った男たち)
鈴木清順(私が愛したウルトラセブン)
滝田裕介(ウルトラマンティガ第49話)
佐野史郎(ニッポン人が好きな100人の偉人)
毒蝮三太夫(おしゃべり人物伝)
徳光和夫(円谷英二~大空を愛したウルトラマン~)

外部リンク

円谷ステーション
Wikipedia
ニコニコ大百科

関連記事

親記事

特技監督 とくぎかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「円谷英二」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「円谷英二」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 118373

コメント