ピクシブ百科事典

円谷英二

つぶらやえいじ

ゴジラやウルトラマンを世に生み出し、日本の特撮怪獣映画の基礎を作った人物。 人呼んで「特撮の神様」である。
目次[非表示]

昭和における特殊撮影技術の第一人者。今でこそ映画製作の現場では当たり前になった手法や技術を初めて導入した編集者でもあり、発明家でもあった。
本名円谷英一。

経歴

1901年7月7日(戸籍上は10日)、福島県にて生まれる。少年時代は機械いじりや絵画制作が好きだったが、とりわけ当時発明されたばかりの飛行機に夢中になる。

成長すると家族の反対を押し切り、羽田に出来たばかりの飛行機学校に入学。しかし、一機しかない飛行機が墜落し、教官も事故死してしまった事から学校は閉鎖し、パイロットへの道を絶たれてしまうことになる。
やむなく現在の東京電機大学に入学し、同時に学費を稼ぐために玩具会社に勤務。様々なヒット商品を生み出し、特許料を稼いだ(その内の一つに証明写真の撮影ボックスのベースとなった物もあったりする)。

ある日、その特許料で他の社員たちと花見に行くが、そこでよその客とケンカになってしまう。その際、偶然にも円谷が止めに入った相手が映画会社の人だった縁で映画界に足を踏み入れることになる。

1930年結婚し、多くの子が生まれる(子どもたちは後に円谷プロの経営に関わることになる)。

1933年に公開された「キングコング」を観賞して衝撃を受ける。そしてわざわざアメリカからフィルムを取り寄せて映像の研究に勤しんだという。

1937年東宝に入社。そこでプロパガンダ映画や軍の教育用フィルム等を作成。なかでも1942年に公開した「ハワイ・マレー沖海戦」ではその手腕を存分に発揮し、本物と見間違う様な映像を作り出し、大ヒットとなる。だが、それが仇となり、戦後GHQから「戦時中に教材映画、プロパガンダ映画に加担した」として、公職追放処分を受けてしまう。52年に処分が解除されると東宝に復帰した。

1954年、「インド洋で大蛸が日本船を襲う」と言う企画を持ち込む。そして、それを基に田中友幸プロデューサーが「G作品」と言う企画を立ち上げた。それこそ、国産特撮怪獣映画第1号「ゴジラ」である。翌年公開された「ゴジラの逆襲」では「特技監督」という史上初の肩書きを与えられる。

その後も様々な東宝特撮の製作に携わり、1963年には独立し、特撮映像制作会社「円谷プロダクション」を立ち上げる。そして、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』と言ったシリーズの監修を務める。

1970年伊東の別荘で療養中に狭心症で亡くなる。享年68歳だった。

あれこれ

  • とにかく新しい物好き。最新の技術は積極的に取り入れる。
  • 実家はカトリックの家系で、ぺトロという洗礼名を与えられている。死後もカトリック系の墓地に埋葬された。
  • 現在こそ名字の読み方は「つぶらや」だが、正しい読み方は「つらや」だったりする。
  • 斬新な撮影方式を確率させた裏で、それを受け入れられなかった先輩カメラマンから「ズボラヤ」と馬鹿にされており、他の映画会社からもズボラヤ呼ばわりされ、使いたい機材もろくに使わせてもらえない嫌がらせを受けていた。しかしこの逆境を様々な撮影方式で乗り越えていった。
  • 現在ではアニメや映画では当たり前な絵コンテを書くという手法を最初に取り入れた人物でもある。
  • お金がかかってもいいから良いものを作れ」という志の持ち主で、その思想は現在の円谷プロにも受け継がれている。その一方で、この志が呪いとなって、後年円谷プロは経営難に陥ることが多くなり、何度も倒産の危機を迎えている。こうしたこともあってか、皮肉にも現在円谷プロからは円谷家の人物は一人残らず追放されている
    • しかし上記の経営難や兄弟同士の確執に端を発したお家騒動など、円谷家の人間が数多くの問題を起こしていたり、その後のスタッフの努力を評価する声も大きいため、(結果論ではあるが)「寧ろ円谷一族が追放されたのは会社にとってよかったことだったのではないか」という見方が強い。
    • もっとも、英二の志は職人としては必ずしも間違ったものとは言い切れず、実際、彼のこうした仕事に対する考えがなければ、ゴジラシリーズウルトラシリーズ等は、半世紀以上が経っても尚世代を超えて愛され続けるような人気シリーズにはならなかったことだろう。彼の最大の失敗は、職人としての気概が強すぎるあまり、会社の経営にまで手を回せなかったこと、そして何よりも会社の収支を管理し、経営面から彼にストップをかけるような、所謂ブレーキ役を見出すことができなかった点にあると言える。


関連タグ

特撮 特技監督 東宝 東宝特撮 東宝怪獣 ゴジラ ウルトラマン
田中友幸 本多猪四郎 伊福部昭

関連記事

親記事

特技監督 とくぎかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「円谷英二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76490

コメント