2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

川北紘一

かわきたこういち

平成ゴジラシリーズをはじめとする数多くの特撮作品を支えた特技監督。故人(1942年12月5日~2014年12月5日)
目次[非表示]

概要

東宝映画にて長年勤めあげ、昭和後期~平成中期に渡り平成ゴジラVSシリーズを支えた名監督。

平成ゴジラのド派手な光線描写や、独特のメカニック造形・描写は川北特撮等と呼ばれ大人気シリーズとなった(そのせいかVSシリーズで育った世代には、川北氏がメインから外れたミレニアムシリーズはいまいち不評である)。

映画だけでなくTVシリーズも円谷プロウルトラシリーズ(黎明期のウルトラQから)に関わっており、「ジオン驚異のメカニズム」のフレーズで知られるガンプラのCMも長期にわたって製作していた。
東宝を退職後は株式会社ドリーム・プラネット・ジャパンを立ち上げ、超星神シリーズを開始。平成ゴジラで培った技術がブチ込まれた傑作となった。
また、金子修介氏の好意から、大怪獣総攻撃に出演もした。

ゴジラ60周年となる2014年には、東京・大阪で開催された「大ゴジラ特撮展」を監修し、会場にも頻繁に足を運んで講演を行っていた。
しかし12月5日、肝不全により72歳の生涯を遂げる。平成ゴジラを主題にしたプレイステーション3ゲーム「ゴジラ」の発売直前、そして日本におけるゴジラシリーズの復活が発表された矢先であったこともあり、氏の訃報は多くの特撮ファンに衝撃を与えた。

余談

細かいことは気にしない性分であった(悪く言えば大雑把なところがあった)らしい。
ゴジラVSスペースゴジラ』の制作時、スタッフから、MOGERAの足の裏のキャタピラが飛行する時にどうなっているのか聞かれたのに対し、「そんなことは後で考えればいいんだよ」と言って一蹴したという逸話が残っている。また、バトルエリアの結晶体が火花を散らしながら飛んでいく描写に関して説明を求められた際にも「いいんだよ、そんな理屈はいいんだよ」と言われてまともな回答を貰えなかったとのこと。

関連項目

映画監督 特技監督
ゴジラ 平成ゴジラ
超星神シリーズ ガンプラ
円谷英二 - 川北の師匠にあたる人物。
金子修介 - 川北のファンで、ある意味弟子。

関連記事

親記事

特技監督 とくぎかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129450

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました