ピクシブ百科事典

実相寺昭雄

じっそうじあきお

日本の映画監督、演出家、脚本家。
目次[非表示]

人物

生没年:1937年3月29日 - 2006年11月29日
東京で生まれ、満州で育ち、引き揚げ後にテレビ業界へ入り、円谷プロを中心に活動。映画監督脚本家演出家として特撮を主に活躍し、独特の映像表現や撮影技法で注目を浴びた。
独特のセンスを持った人物であったため、彼の影響を受けた者も多く人気も高いが、一方で人付き合いが難しいと言われたり、センスが理解できないと評されたりする。
特にウルトラマンシリーズでは、良くも悪くも考えさせられるような話が非常に多く、それに感銘を受ける視聴者が多い一方で、ヒーロー物としての爽快感に欠けると言う評価も。ただ、本人も自覚的ではあったようで、「他の脚本家が王道を書いてくれるから自分はああいうのが作れた」と言う旨の発言をしている。
また、「スプーンで変身しようとするハヤタ」「ちゃぶ台を挟んでダンとメトロン星人が会話するシーン」などを撮った結果、ベテランスタッフやプロデューサーを怒らせ、しばらくウルトラシリーズから追い出されていたという話もある。

主な作品

※1タイトルの後ろのカッコ内は登場するウルトラ怪獣

テレビ

ウルトラQ

  未製作「キリがない」(ウェットン)
     「バクたる」(バクゴン)

ウルトラマン

  14話「真珠貝防衛指令」(ガマクジラ
  15話「恐怖の宇宙線」(ガヴァドン
  22話「地上破壊工作」(テレスドン
  23話「故郷は地球」(ジャミラ
  34話「空の贈り物」(スカイドン
  35話「怪獣墓場」(シーボーズ
     (STORY

ウルトラセブン

   8話「狙われた街メトロン星人)※1
  12話「遊星より愛をこめて」(スペル星人) ※欠番
  43話「第四惑星の悪夢」(ロボット長官)(第四惑星人
  45話「円盤が来た」(ペロリンガ星人
 未製作「宇宙人15+怪獣35」(宇宙獣神ゴード)

怪奇大作戦

   4話「恐怖の電話」
   5話「死神の子守歌」
  23話「呪いの壺」
  25話「京都買います」 

シルバー仮面

   1話「ふるさとは地球」(チグリス星人
   2話「地球人は宇宙の敵」(キルギス星人

帰ってきたウルトラマン

 28話「ウルトラ特攻大作戦バリケーン)」の脚本

ウルトラマンタロウ

 未制作「怪獣無常! 昇る朝日に跪く」(ウェルズの想像したような宇宙人【正式名所不明】)

ウルトラマンティガ

 37話「花」(マノン星人)
 40話「夢」の原案および監督(バクゴン)

ウルトラマンダイナ

 38話「怪獣戯曲」(ブンダー)

ウルトラマンマックス

 22話「胡蝶の夢」(魔デウス)
 24話「狙われない街」(メトロン星人(再登場))

『ウルトラQ dark fantasy』

 24話「ヒトガタ」(雛)
 25話「闇」(異なもの)

映画


遺作

『ゴードの巻』 - お蔵入りされたウルトラセブンのシナリオ
「フィギュア王 No.118」誰も知らなかったウルトラセブン特集号にて収録(一周忌追悼企画)
漫画家一峰大二よって描き下ろし作品。

これまでの怪獣・宇宙人たちが連合を組んで総攻撃を開始する。
さすがのウルトラセブン、ダンがやられてしまう。そんな中空から二つの光が舞い降りる。
一つはセブン上司、一つは光の怪獣ゴードであった…。

小説

  • 『ウルトラマンVol.1 ゴールドスラッシュ作戦』(ジグリス、ムンデラー、ジグリス・ムンデラー融合体(仮名))
  • 『ウルトラセブンVol.1 狙われた星』(アルベリッヒ星人、ゴルトス、ネオ・ゴルトス)


『怪獣無常! 昇る朝日に跪く』-お蔵入りされたウルトラマンタロウのシナリオ。
『月刊マンガ少年別冊 すばらしき特撮映像の世界』(発行元:株式会社朝日ソノラマ)という雑誌内にて漫画家・板橋しゅうほう氏によって漫画作品として掲載されている。

関連タグ

特撮 ディレクター 映画監督 演出家
池谷仙克 河崎実
寺田農 嶋田久作
宇宙家族カールビンソン』の原住生物のジッソーくん

外部リンク

実相寺昭雄 - Wikipedia
実相寺昭雄とは (ジッソウジアキオとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「実相寺昭雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49744

コメント