ピクシブ百科事典

ロボット長官

ろぼっとちょうかん

ウルトラセブン第43話「第四惑星の悪夢」に登場。
目次[非表示]

「ここは、地球から約120万億キロは離れた、第四惑星だ」

データ

別名身長体重出身地
第四惑星アンドロイド1.65m160kg第四惑星成瀬昌彦


概要

一見、地球とそっくりだが非常に科学の進んだ星【第四惑星】を統治するロボットのリーダー格。
部下として口中で変な音を立てるロボット署長がいる。

ロボット長官(中身公開)


目元や後頭部がパーツとして取り外し可能で、外すと機械部分が露わになり、そこに秘書(人間)が油を挿している場面が見られた。
コーヒーの味にとてもうるさく、データと異なる僅かな味の違いという理由でコーヒーを淹れた秘書に連続ビンタを食らわす程である。
「ぬるい!砂糖も多い!」
「どうも人間は物覚えが悪くていかん。コーヒーの味が毎日違うんだからな…」

かつての第四惑星は二千年前までは人間達が統治していたが、サポート役としてロボット達を作り出すうちに怠け者となってしまい、やがてロボット達の反乱によってその立場が逆転、奴隷としてこき使われる羽目になった。
それ以降、人間達はロボット達に怯えながら暮らしており、反逆を試みる者も次々に捕らえられ政治犯として処刑されていた。
「人間もロボットらしく生きるべきだ、と主張する連中でね…。A級の政治犯だ」

そんな中、コンピューターの計算では年々人口が減少、向こう500年の間に絶滅してしまうという危機に直面することから、侵略部隊を送り込ませて地球を植民地にする計画を企てる。
30億人の人間達をエネルギー源として確保するためである。
手始めとして、ダンとソガを乗せた長距離用宇宙ロケット【スコーピオン号】を誘導、着陸させた。
しかし、長官の秘書アリーの手引きによって2人は隙を見て逃走、人間達の居住区へ匿われるも、反対にアリーとその彼氏と思わしき男性が捕らわれ銃殺処刑にかけられる。
処刑執行直前、救出に現れたダンとソガ、だが、ロボット署長にソガが撃たれ、一転して窮地に立たされるダン。
「我が第四惑星の地球侵略部隊だ。地球は間もなく、我が掌中に落ちるのだ!」

最後…

ビルを突き破りながら巨大化したセブンに署長共々直接踏み潰されたか、あるいは崩れたビルの瓦礫で下敷きになったか(明確な死亡描写がないため)のいずれとか思われる。
鬼神の如く破壊しまくるセブンの活躍で地球に向かっていた侵略部隊も全滅した。

また、同話のシナリオ決定稿では武装した人間達の反逆に遭い、ロボット署長と一緒に乗っていた車ごと襲撃され、その際、頭の蓋が外れて部品が飛び出すという、破壊されたことを示唆する場面があった。
さらに決定稿2では処刑場に出現したウルトラセブンに驚き、署長ともどもジープに乗って逃走を図るもセブンに踏み潰されたという描写だった。

ロボット署長

「警察にそんな暇はない!人間がよければ事故は起こらずに済んだ。車はよけようにもよける場所がない!」
「したがって、事故を起こした人間が悪い!」

データ

別名身長体重出身地
第四惑星アンドロイド不明不明第四惑星森塚敏

概要

別名、第4惑星アンドロイド。
ロボット長官の部下にして側近である壮年の軍服姿の男性型アンドロイド
普段は治安維持のため部下を従え町中を警戒し、住人(第4惑星人)達を恐怖政治により抑圧しているようだ。

武器として警棒のほか、拳銃を常に携帯しており、口から常に何か(ガム?)を噛んでいるかのような「ゴリッ、ゴリッ」という音を発しているという特徴を持つ。

ダンとソガを逃がし、匿った罪で第4惑星人アニーとその恋人であるギオを処刑しようとした所、ダンたちの妨害に遭ったため、彼らに銃弾を発砲、ソガ隊員を負傷させる。
そしてダンにも銃口を向け発砲するが、それと同時にセブンに変身され未遂に終わり、おそらく最後は上司である長官諸共彼らの拠点(中枢、頭脳)である総合センターごと、あるいは巨大化した後、踏み潰されて破壊されたと思われる。

余談

ロボット長官を演じた成瀬昌彦氏は、後に帰ってきたウルトラマンにて、ナックル星人地球人態を演じている。

ロボット長官の頭部内の合成に使用された歯車装置は結構大きく、戦え!マイティジャック
の巨大ロボットビッグQの胸部に流用された。

関連タグ

ウルトラセブン ロボット
アンドロイド
ガメロットファンタス星人ビートスター 宇宙鉄人(仮面ライダーフォーゼ) ナポギストラー一世→似たような境遇で、自分たちを製作した主人たちを逆に支配し、更には別の惑星を侵略しようとしたアンドロイド関連。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロボット長官」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42867

コメント