ピクシブ百科事典

ガッツ星人

がっつせいじん

ガッツ星人とは、特撮ヒーロー番組『ウルトラセブン』他、ウルトラシリーズに登場する宇宙人。
目次[非表示]

登場作品

『ウルトラセブン』

テレビシリーズ『ウルトラセブン』に登場。

登場第39話・第40話「セブン暗殺計画(前・後編)」
呼称ガッツ星人
身長2 - 40m
体重200kg - 1万t

概要

分身宇宙人 ガッツ星人


別名「分身宇宙人」。地球を征服すべくガッツ星からやってきた。ウルトラセブンに一度勝利したことで強い印象を残し、以後のシリーズにもたびたび登場する。オウムに似た顔をしており、鳥のような嘴と爪を持つ。目はみかんのヘタのような模様をしている。

セブン暗殺計画


"いかなる戦いにも負けたことのない無敵のガッツ星人"を自称。戦闘の際には直接的な攻撃力よりも、分析力と知略、特技の分身能力、テレポートで敵を翻弄する。
直接戦闘時でもレオと戦った宇宙人に劣らない攻撃力と耐久力を兼ね備えている(後述)。

ウルトラセブンの敗北を地球人に見せ付けることで侵略を円滑に進めようと考えており、セブンが地球人モロボシ・ダンに変身していることをあらかじめ知っていたものの、ダンを急襲したりウルトラアイを奪おうとするようなことはせず、あくまでもウルトラセブンに変身させた上で倒すことにこだわっている。「モロボシ・ダンの姿を倒してしまえばセブンに勝つのは簡単だが、それでは人類を降伏させるという目的は成功しない」とも語っている。
まず、アロンを放ち、セブンに倒させることで、その能力を丸裸にする。ダンの繰り出したカプセル怪獣ウインダムも、宇宙船からの攻撃で撃破した(『平成セブン』や『メビウス』以降に登場する奴と同個体かどうかは不明)。
そしてダンがセブンに変身すると、わざと光線をたくさん使わせ、分身やテレポートでエネルギー切れに持ち込み、磔状態にして地球人にさらしあげた。

だが、ウルトラ警備隊がセブンにマグネリウムエネルギーを与え復活させるのを見るや、一転してパニック状態に陥り、何の反撃もしないまま宇宙船内を駆けずり回った挙句、セブンのウルトラノック戦法で宇宙船ごと爆殺されてしまった。

計算ずくの戦いを得意とする分、想定外の事態には極端に弱いようである。

また、タイトルで「セブン暗殺計画」と謳っておきながら、堂々と真っ向勝負を挑んだり、人間たちの目の前で公開処刑しようとしたりと、暗殺とは程遠い行動ばかり取っている気がするが、気にしてはいけない。それどころか、ダンの前で名乗りを上げたときは、ウルトラガンを手に戦おうとするアンヌ隊員には何の関心も払わずダンの言うがままにアンヌが逃げるのを待ってからダンと戦おうとし、ダンをおびき寄せるためにソガ隊員を拉致しても目的を達成するや無傷で解放し、ウルトラセブンを復活させる鍵となるダイモード鉱石をフルハシ隊員の知人・夏彩子から強奪した際にも一切危害を加えておらず(最後のこれは巡り巡って侵略失敗の遠因となってしまう)、侵略という目的の剣呑さを除外すれば、そのために取った手段としては穏便にすぎるほどである。

ちなみに「決定版ウルトラ最強怪獣50大図解超百科」(講談社刊)によると大きな頭にはそのまま脳みそが入っているようである(ちゃんと「脳細胞の数が多く、敵をたおす作戦をいろいろとおもいつく。」(原文ママ)と解説されている)…なのだが、ウルトラファイトでは出る度に頭がベッコベコに凹まされる事が多い…大丈夫なのだろうか…?

その後のシリーズ

『ウルトラセブン誕生30周年記念3部作』

分身宇宙人 ガッツ星人 2代目


オリジナルビデオ『ウルトラセブン誕生30周年記念3部作』第2話「地球より永遠に」に登場。
身長:2 - 40m
体重:200キログラム - 1万t
担当声優佐藤正治
近い未来、地球の環境がマントルプリュームにより激変してしまうことを告げ、地球人をその環境に適応できる硫黄人間に改造する代わりに、地球の支配権を自らに譲渡するよう、地球人に交渉した。
劇中にてダンとかかわった女性ナツミも硫黄人間となり、誰も殺すことのない不滅の存在へと進化できたことでガッツ星人に恩を感じ信頼していたが、ダンと彼女が出会う直前にて、ガッツ星人はダン=セブンに自分たちと関わらないように警告、そのみせしめとしてダンが乗ったタクシーの会社の社屋を爆破した。
このように今回は直接的な地球侵略が目的ではなく、今のうちに恩を売って将来の地球の主導権を得ることが目的だった模様。
地底で眠っていた硫黄怪獣サルファスを改造し、用心棒として操っている。
秘密基地に潜入して来たセブンのエメリウム光線を分身で回避し三方向からの光線で撃退するも、メッセンジャーとしてあえて止めを刺さずに基地に返す等初代と同様に余裕を見せつけた。
だがガッツ星人の要求はウルトラ警備隊にはねのけられてしまい、秘密基地も破壊されサルファスもセブンに倒されたため宇宙船で逃走を図ったが、シラガネ隊長の乗るウルトラホーク1号の攻撃で爆破された。
ネスカフェゴールドブレンドバリスタとのコラボ映像『ネスレウルトラファイト』に登場するのはメビウス以降のデザインではなく、こちらのデザインとなっている。

『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』

分身宇宙人 ガッツ星人(メビウス版)


映画ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』に登場。

身長51m
体重3万8千t
担当声優はピストン西沢。

セブンと戦った同族達よりも上腕部及び大腿部のボリュームがあり、マッシブなプロポーションである(以降、「新デザイン」と表記)。
テンペラー星人ザラブ星人ナックル星人とともに宇宙人連合を組んで、ウルトラマンメビウスの打倒とヤプールの復活をもくろむ。
ザラブの卑劣な罠に怒りエネルギーを無駄遣いする戦い方をしてしまい、消耗したメビウスをナックルと共に襲撃し、過去に同族が行った様に十字架に拘束してしまう。
メビウスを助けるために最後の力を振り絞って変身したウルトラマンとセブンを分身戦術で圧倒するも、プロレスのように互いに分身を投げつけられて頭部を強打し頭の上にガッツ星人によく似た鳥さんを出しながらフラフラになり、分身が消滅。直後にマンとセブンのスペシウム光線ワイドショットを受けてナックル諸共倒された。
……かに見えたが、エネルギーが残り僅かな四兄弟の光線では致命傷にはならず、十字架に閉じ込め(彼らの目的は初めからメビウスを助けに現れる四兄弟を倒してヤプールの封印を解くことだった)、救出されたメビウスも倒してしまう。
そのままヤプール復活の糧とすべく街を破壊して人々の負の感情によるマイナスエネルギーを高めようとするが、復活して怒りにとらわれず戦うメビウスのメビュームピンガーに分身を無効化され、メビュームシュートを受けて木端微塵に吹き飛んだ。
ちなみにガッツ星人がウルトラ戦士の光線で倒されたのは今作が初めてにして唯一だが、戦闘シーンは殆どウルトラ兄弟の回想で占められており、またしても格闘戦は見れなかった。カラータイマーが赤になる程激しかった様だが。

ちなみに時系列上は『ウルトラマントリガー』第1話のゴルバー戦までは最後の人形爆破だった(撮影時期上の最後は『メビウス』テレビシリーズ第2話のグドン)。

物語完結後の『ウルトラマンメビウス超銀河大戦』(プレイムービー版)ではアークボガール配下として登場。映像は『セブン』の流用なので、流れはほぼ同じであるが、この作品におけるマグマライザーはGUYSにおけるレストア品という設定である。CVは大怪獣バトルでも声を当てた龍田直樹氏。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』

テレビシリーズ『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第2話「レイオニクスバトル」、第10話「新たな戦いの平地で」に登場。担当声優は龍田直樹

レイオニクスの一人で、レイオニクスバトルを繰り広げレイブラッド星人の後継者になる宿命を背負っている。劇中では野望をあらわにし、バトルナイザーでゴメスと宇宙凶険怪獣ケルビムを操り、主人公レイたちに戦いを挑んだ。

最後はミクラスにケルビムが倒され、倒れてきたケルビムの下敷きになった。

その後、AC版GL弾の『ギャラクシーサーガ』モードにて霊体がヤプール人によってナースと融合させられ、ウルトラマンタロウと共闘したレイに敗れた。お共のモチロンはウルトラマンタロウの説得に応じて戦線を離脱している。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。ウルトラマンベリアルがギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活させた怪獣軍団のうちの一体。ウルトラマンゼロゼロスラッガーの前にゼットンキングジョーブラックタイラントなどの連中たちと共に真っ二つにされた後、百体怪獣ベリュドラの体を構成する一部となった。

ガッツ星人ボルスト

テレビシリーズ『ウルトラマンギンガS』に登場。
チブル星人エクセラーの配下であり、宇宙最強戦士を自称する血気盛んな性格。『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』に登場した新デザイン同様マッシブなプロポーションである。
詳しくは該当項目参照。

ガッツ星人ミニット

ウルトラマンギンガS放送中に開催された「三大特撮ヒーローフェスティバル」に登場した個体で、なんと史上初の女性かつ善玉のガッツ星人で、外見はオウム然とした歴代の個体とは異なり、ヒューマノイドタイプ。それもそのはずウルトラ怪獣擬人化計画のガッツ星人をモデルにしたキャラクターであり、異なる時空を繋げる能力を持ち、時空の番人を勤めている。
出番はここで終了…と思いきや、ウルトラマンタイガ放送中のみさき公園のヒーローショーにゲスト出演しているなど知る人ぞ知るキャラクターとなっている。

ウルトラマンオーブ

劇場映画『絆の力、おかりします!』にてガッツ星人ドッペルという個体が登場。宇宙魔女賊ムルナウの一派として、ヒッポリト星人カリストテンペラー星人バチスタと共に地球に攻め込む。
この3人はいずれも劣らぬウルトラシリーズの人気宇宙人であるが、過去にウルトラ戦士の撃破を成し遂げたという共通点があり、「メビウス以降でスーツのデザインが一新された」という点、「初代がウルトラセブンと交戦した経験がある」という点でも共通している。

番外編

ウルトラファイト

社長!社長!かわいいインコ捕まえました~


今作では宇宙人も怪獣と同等の扱いであり、単に「ガッツ」と呼ばれる。鬼畜ヒーロー・ウルトラセブンにボコボコにされるのが常。パンチを食らうたびに頭部がへこむのは仕様。

ウルトラゾーン

コントパート「怪獣職務質問」では宇宙区星雲七丁目8番地に現れた。
ナックル星人の開くイベントの手伝いに向かっていたところ、警察に職務質問されたが、見逃される。
警官からは目が星型で、青と白の模様の服を着た筋肉質の30代前後の男性だと認識されている。
『ウルトラ兄弟を十字架に閉じ込める』という目的を明かしていることから、『メビウス&ウルトラ兄弟』の個体だと思われる。

某企業では課長を務めており、マッチョな体型で掃除のおばちゃんに見えるという理由から『マッチョおじいさんおばさん』のあだ名を付けられる。

ドラマパート「東京ジュラ紀」ではオーパーツ「アカンバロの瞳」を怪盗「赤色」から守るために集められた4人の探偵の一人で、腹筋をしながら推理する暴君探偵「浦賀ケン」を名乗りアカンバロの瞳を手に入れるために潜入していたが、「女子高生探偵」中谷マユことピット星人と「歩く百科事典探偵」西園寺ユウヤこと地底人に比較的マイナー怪獣であるアロンの鳴き声を知っていたという理由から正体が発覚。マユに拘束され、アロンがエレキングテレスドンに倒されたことに愕然としながら防衛軍に連行された。

大怪獣ラッシュ

大怪獣ラッシュ


ガッツガンナー・ガルム(画像)と、ガッツ星人シーズという星人ハンターが登場。
詳細は個別記事を参照の事。

『かがやけ ウルトラの星』

内山まもる氏の漫画『かがやけ ウルトラの星』では、バルタン星人ゴドラ星人メトロン星人ナックル星人巨大ヤプールの5大宇宙人と共にメフィラス星人の日本総攻撃計画に参加。中部地方で怪獣軍団を率いて猛威を振るったがウルトラマンジャックに阻止され、第二陣総攻撃においてセブンのアイスラッガーにより他の幹部ごとまとめて真っ二つに切り裂かれて死亡する。

ウルトラマン超闘士激伝

メフィラス大魔王に雇われた双子の殺し屋「ガッツブラザーズ」として登場。光線銃「クルスガン」でウルトラセブンを闇討ちにし、十字架にかけてしまった。
復讐に燃えるウルトラマンレオとアストラにボコボコにされ、その後は更生して宇宙刑務所に入れられた。

『ウルトラマンSTORY0』

漫画『ウルトラマンSTORY0』第41話「暗黒への招待!」~第53話「奇跡のスペシウム光線」に登場。
宇宙征服を企む「星間連合」の幹部の一人。惑星エレメンターに暮らす地水火風の四つの種族の戦争を裏で操る。その目的は四種族の守護獣を倒し、体内に眠るパワーによって究極の力を目覚めさせる事だった。

破壊神

地の守護獣シュガロンと水の守護獣シーモンス、火の守護獣パンドンと風の守護獣ヒドラが同士討ちした事により封印が解かれた「究極の力」の正体。
口元に切れ込みがあるだけの顔、長いトゲが頭髪のように密生した後頭部、細身の人間のような体の両肩からはパンドンとシュガロンの腕、背中からはヒドラの翼が生えているという異形の怪獣。
封印を解いたガッツと「ともに生き死するまで同じ刻をきざむ」という契約を結び強大な力を振るう。しかしガッツの真意を知った四族長の作ったバリアと守護獣達の魂によって押さえ込まれ、ウルトラマンとウルトラマンジャックの二人のエネルギーを合わせたスペシウム光線によりガッツもろとも消滅した。

『ウルトラマンライブ プレシャスステージ』

ベリアル配下の宇宙人。魔法使いの姿に化けてテレビから出現(メタ的に言えば、本物のウルトラマン達が存在する世界からやってきたということになる)。
心に孤独さ故の闇を抱えるタツヤ少年に呼び出したい相手を呼び出す水晶玉を与えて、ベリアルを復活させるよう唆し、ベリアル軍団を召喚させる。
この水晶玉の正体は光の国で厳重に管理されていた「誘いの宝玉」とよばれるもので、純粋な子供にのみ使用できる品である。その為、悪意のままに使用すれば、それに応じた存在が召喚される一方で、ウルトラマンに会いたいと念ずれば、ウルトラマンゼロやジードをはじめとするウルトラ戦士を呼び出すといった奇跡を起こす事が可能である。

最期はベリアル軍団諸共、ウルトラ戦士の合体光線に敗れた。

スーツは平成ウルトラセブン版のもの。

派生作品のガッツ星人

SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦

ステージ4の中ボスとして2人同時に登場。「セブン以外いかなる戦いにも負けた事のないガッツ星人」という謙虚な名乗りと共に襲ってくる(なお、セブンは本作未登場)。
ワープ移動でコンパチヒーローを翻弄する……が、足場からの転落にさえ注意すれば大した脅威ではない上に少し進めばロアにHP・ENを全回復してもらえるので特殊武器のゴリ押しで瞬殺される事もしばしば。

スーパーヒーロー作戦

宇宙刑務所を脱獄した犯罪者たちの互助組織「ETF」傘下の宇宙人として登場。原作通りセブンを磔刑に処すが、地球防衛軍を騙すためにわざわざ幻影を投影する、戦力をそぐために科学特捜隊宇宙最強の怪獣を送り込み結果的にウルトラマンを殺してしまう、セブンが救出されても原作程パニくらずに戦い「ETFの侵略計画はまだ始まったばかりだ」と嘯くなど、原作よりも狡猾かつ慎重なキャラクターとして描かれている。

『ウルトラ戦士列伝』

テレビマガジンに掲載されていた写真記事「ウルトラ戦士列伝」にてガッツ星人が登場し、和城付近でトリプルファイターと交戦、分身能力で撹乱するが、トリプルキックを浴びて倒された。

大怪獣バトル

ステータス

アタック1200~1400
ディフェンス500~700
スピード1200~1400
パワー(体力)600~1100
得意/弱点無し
スタミナ(※NEOのみ)2


必殺技

N=ノーマル、SR=スーパーレア

レベル技名/威力レアリティ
技1分身殺法/1900N
技2ガッツデストロイヤー/2500N
技3ビームバインド/3700SR

技カード

名前効果コンボ
おとり作戦(初期第2弾)1ラウンドだけ相手の攻撃回数を1減らすウルトラマン
同名(拡張第4弾)同名キリエロイド


第2弾の技カードで初登場し、コンボでウルトラマンの絵柄を揃えるには持ってこいの1枚だが、それ以外はいま一つ使い道がわからないカードのため、プレイヤーからは見送られる状態が多かった。

しかし、NEO第2弾では本格的にプレイヤーキャラとして登場!
ガッツ星人の参戦でようやく『宇宙人連合』の4強キャラが揃う事になる。
声優は『ウルギャラ』本編と同じく龍田氏が吹き込む。

驚く事はそれだけではない。ステータスを見てわかるように、パワーやアタック、必殺技が他の宇宙人と比べ物にならない高い数値を持っている。(例:バルタン星人のアタック/800、メフィラス星人のアタック/1100)
宇宙人キャラの宿命か、耐久が紙である事に注意すべきだが、それ以外はスピードも申し分ない速さから隙がほとんど見えず、肩書きの「いかなる戦いにも負けた事のない」は伊達じゃなかったという意味でもあるのだろうか。

また、メビウスの映画で見せた「ウルトラダブルフラッシャー」もどきの態勢で、ナックル星人と組み同時に光弾を撃つ「ユニオンフラッシャー」というタッグ必殺技が存在する。


NEOストーリーモード第5話では、データを収集しようとグランドキングと共に主人公とカネゴンを襲ってきた。
GL第2弾でEXラウンドでランダムに登場する事があり、その時もグランドキングでプレイヤーに挑戦を挑んでくる。

怪獣バスターズ』/『怪獣バスターズパワード』

無印では、プレイ回数100回以上かつミッションくさりゆく大地』をクリアした状態でマイルームに入るとガッツ星人が勝手に上がりこんでおり、主人公に挑んでくる。
「戦うだけではわたしが勝つに決まっている」として、小型怪獣ザイゴ(火)の討伐をミッション『ちょうせんじょう』として突きつけてくる。
これをクリアすると、主人公が使っている武器にガッツの技術を加えれば更に強くなると言い出し、挑戦そのものは有耶無耶のまま『情報』部門の研究員として加入する。

POWEREDではミッション『ナゾの巨大ロボ』クリア後に発生する小型怪獣討伐ミッションを一通りクリアすると、ザラブ星人に呼ばれて登場、主人公に挑んでくる。
こちらのミッション『むてきのガッツ星人』は10分以内にブラックキングを倒すというもので、ザラブ星人はこれで手を汚さずに主人公を倒せると踏んでいた。
クリア後に仲間になるのは無印と同様。当てが外れたザラブは「むてきじゃなかったのか!?」と憤慨。

加入後はビートルのドックを歩き回っているが、話しかけると挑発してきたり、逆に主人公を労ったりと発言に一貫性がない。
あるいは分身宇宙人の性質として、大きな頭の中には見解の異なる複数の意識が存在しており、絶えずディスカッションを繰り返しながら行動を決定しているのかもしれない…デビュー当時の長台詞が全て独り言の類だったのだとすれば、それはそれでホラーな話であるが。

バードン三種(ノーマル、雷、氷)の撃破数がそれぞれ三羽以上でガッツ星人に話しかけると、「わたしのことをバカにしているな!?」と激昂し(トリつながり?)、再度の挑戦を受けることに。
ミッション『むてきの用心棒』でブラックキングを倒すと狼狽し、「まさかおまえもむてきなのか?いやそんなはずはない…」と逡巡の末、アクセサリ『ばくらいのもんよう』を渡してくる。
曰く、「これを おまえに わたしておけば おまえが むてきでも おかしくない! わたしが 愛用している モノだ! そのおかげで おまえは むてきだ!」

これらの言行を見ると、ガッツ星人がいかなる戦いにも負けたことがないというのは戦いの結果に関わらず「負けてはいない」と強弁する術に長けているということにも思えてくる。

シシダが加入していてアヤノの研究Lvが5以上・ガッツ星人の研究Lv6以上、もしくはエンディング後にバイオプラントにいくと、アヤノとガッツ星人が研究機材の購入について言い争うイベントが発生(POWEREDのみ)。
この決着をつけるためのミッション『データこそすべて』は惑星コンルに棲息する巨大怪獣の中からランダムで出現する4体を連続で討伐するというものだが、その間MITTドライバーの通信機能が一切使えない。
クリアすると、以降の研究員作業で費用が三割引になる。

『星人科学ぶき研究②』にガッツ星人を参加させると、『ガッツブレード』が開発可能。

ロストヒーローズ2

サブクエストにて登場。ウィズダム・キューブに保管されていたGNコンデンサの悪用を目論んだ。
曰く、科学力を持ってすれば転用も容易いとの事。さすがは戦略家なだけあり、ウルトラマンティガ仮面ライダーウィザード∀ガンダムウルトラマンギンガ仮面ライダーフォーゼの基礎概要は完璧に抑えてある。ピグモンの案内で研究室にやってきたヒーロー達と戦闘を繰り広げ、分身を使って回避率を上げる(実際にNPCの数が増えたりはしない)小賢しい戦術を使ってくる。しかし、回避率を上げるという戦術はこのゲームではかなり有用な為、油断していると痛い目を見る(とはいえ、育成をサボっていなければそこまで苦戦はしない)。

なお、セブンとの絡みはない(ストーリーに関わるセブンはNPCであり、DLCキャラとしてのセブンは会話に絡まない為である)。

『酩酊!怪獣酒場』

第41話で登場。怪獣酒場のライバル店「怪人バル」のウェイターの一人。
店のモットーが「選民」である為に本人も量よりも質を優先する慇懃無礼な性格になっている。人間の来店は基本的に断っているとのことだが、お金持ちは別との事。
「大量生産は二流がする事」という持論を掲げてはいるが、分身宇宙人なので説得力がない。
団体客が来店した際には従業員の数が足りていなかった為に半分は食材にしたと語っているが、ジョークなのでどこまでが本当かは不明。

ウルトラ忍法帖

朧党の忍獣「牙津」として登場。名前通り根性はあるが原典と異なり知的な部分は無く戦闘力も低く弱い。火達磨になりながらも火事場から奪った黄金のスーファミをウル忍に奪い返され、プロレス対決で顔が変形するまで戦いウル忍を降参させるも、スーファミの回収を忘れた挙げ句首領のめひらすにも折檻されてしまう。めひらすには従順だが、息子のキミヒロは「小生意気なクソガキ」呼ばわりして蔑んでいた。虓魔王編後めひらすが行方不明となり、マンが新首領になって改名したネオ朧党を嫌って膿罵を連れて独立し本家朧党を結成するが、対抗勢力を潰しに来たネオ朧党に散々痛めつけられ、エースメタリウム光線+タクワンとウメボシを受け嘴を残して消し飛ばされた。
ダーメン回では消し飛ばされたにもかかわらずいつの間にか復活し、ラーメンのオーディションに参加するが冥府羅州に「こいつ嫌い」という理由で落選してしまうが、闇の邪法編ではと共に冥府羅州への忠義を貫いて怨霊党や裏切り者を相手に奮闘した。めひらすに嫌いって言われたのによく裏切らなかったもんだ…。


Twitterのガッツ星人

公式 (@m78_guts)

2010年4月1日、エイプリルフール。円谷プロダクションのネタ"円谷ッター"の一環として、Twitterにアカウントを取得。マグマ星人らとともに冥王星ノリで侵略しようとしたり、ウルトラマンガイアのギャグが暗いとリプライして「クチバシオバケ」と言い返されたり、普段はガッツ石松よろしく「OK牧場」と口にしていることをマグマ星人に暴露されたりと、一日中つぶやき続けた。エイプリルフールが終わるとツイートはすべて削除されてしまったが、7月10日の「ウルトラマンの日」に一度だけウルトラマンを祝っている。

非公式 (@Gattsu_Seijin)

2010年3月20日に取得された、非公式のTwitterアカウント。
円谷プロダクションとは関係なく、地球侵略の一環として独自につぶやき続けている。
特撮やアニメの関係者、漫画家、そのファンたちと積極的にコミュニケーションをとっている。
一時期Wikipediaにその存在が明記されていたが、削除された。



ガッツ星人の所業


余談

デザインは第30話で降板した成田亨に代わり美術チーフとなった池谷仙克。最初は鳥に似せるつもりはなかったが、飯島敏宏監督との打ち合わせで現在の形になった。

大きな頭と模様は当初メタルナミュータントのような脳をイメージしたものだったが、グロテスクにならないように現在のものに改められた。嘴は液体宇宙食を吸う管、足はサンダルのようだったがこれも修正された。

造形担当の高山良策は2体の着ぐるみを制作し、後頭部の模様をピーコック柄と名付け、塗装するために型紙を作るなどこだわったが、現場で現在知られる唐草模様に再塗装されてしまった。

準備稿「セブン暗殺命令」は1話完結のエピソードで、名称はスラッガ星人(ガラスの逆読み)だった。登場する5人の各自に「S1号」から「S5号」までの名称が付いており、S5号が完成映像におけるアロンの役割だった。

準備稿、決定稿、決定稿2のいずれも、ガッツ星人に瞬殺されるカプセル怪獣はミクラスとなっていた。

決定稿では登場する4人の各自に「G1号」から「G4号」までの名称が付いていた。

1995年に発売された『21世紀ウルトラマン宣言』では、ガッツ星の地殻変動で火山活動が活発化したために進化した、オウムのような鳥類状生物が先祖であるとされる。(上記の『平成ウルトラセブン』時代の書籍である。)

灼熱環境下で羽毛がなくなり、天敵も絶滅したために大型化。発達した脳を収納するため頭は大きく首は太くなり、異性にアピールするため嘴が大きくなったという鳥類のディスプレイを思わせる記述もされている。

また生息地の火炎林に産まれた卵は、耐熱性の分厚い卵殻を持ち、2~3年かけて育って割れる者のみが孵化するために、生まれながらに強い星人であるのだという。

後頭部の模様が複雑なため、タンポ印刷などの技術が一般化するまでは模様の再現度が高いフィギュア等の商品展開が行いづらかった。

セブンは第39話、40話放送の4年後磔にされている

顔つきからオウムやインコがモチーフと思われがちだが、本来のモチーフはフクロウだったりする。

初代ガッツ星人の担当声優については、2021年7月現在でも明らかにされていない。一部の書籍では広瀬明が担当したのではないかと推測されている。

関連イラスト

鸚鵡娘
河崎実監督の誕生日を祝うなり


セブン暗殺計画!


ガッツのないガッツ星人
分身宇宙人 ガッツ星人



関連タグ

特撮 宇宙人 怪獣
ウルトラセブン ウルトラシリーズ ウルトラ怪獣

ガッツ星人さん - 円谷プロ公認の擬人化キャラ
ガッツ鳥 - ガッツ星人をモデルにした鳥のキャラクター

アマビエ


関連リンク

ガッツ星人 - Wikipedia
ガッツ星人 - 怪獣wiki特撮大百科事典 - livedoor Wiki(ウィキ)
ガッツ星人 (m78_guts) on Twitter - 公式
ガッツ星人 (Gattsu_Seijin) on Twitter - 非公式
Togetter - タグ「ガッツ星人」のTwitterまとめ

関連記事

親記事

セブン怪獣 せぶんかいじゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ガッツ星人」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ガッツ星人」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2168676

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました