ピクシブ百科事典

にせウルトラセブン

にせうるとらせぶん

にせウルトラセブンは、『ウルトラセブン』第46話「ダン対セブンの決闘」に登場した偽のウルトラセブン。別名「ロボット超人」(メイン画像、左)
目次[非表示]

概要

サロメ星人地球侵略のためにウルトラセブンに似せて作り上げたロボット
身長・体重は本物と同じで、セブンの技も全て使用できるが、腰や手足にプロテクターが装着されているのが特徴。また掛け声も若干低い。サロメ星人の設計では本物を上回る能力を持つはずであった

サロメ星人はこれを完成させるためにモロボシ・ダンを拉致し、自白装置・トークマシンでウルトラビーム(エメリウム光線と思われる)の方程式(MGSH3GWFB1)を聞き出した。これを組み込み完成したにせセブンは早速出撃し海上を通りかかる船を攻撃、破壊の限りを尽くした。

たのんだぞ、あぎら!


ダンはまずカプセル怪獣アギラを差し向けるも、アギラは主人である本物のセブンと思い込んで戦意を失い、一方的に痛めつけられ、崖から蹴落とされる。その後現れた本物のセブンとはアイスラッガーや光線技も互いに相殺しあう互角の攻防となる(偽者が若干押され気味ではあったが)。
最終的に本物のセブンのボディ風車(回れば何とかなるの法則)と激突し、両者ともに海中に没する。直後に大爆発が起こるが……。

例によってバレバレの偽物であるが誰も気が付かなかったにせセブンであるが、なんと作り手であったサロメ星人でさえもにせセブンを倒し浮上してきた本物のセブンを「我らのセブン」と間違えていた。作り手さえも欺いた偽のウルトラマンは他に例がない。
ただしこのシーンのセブンは海面から頭を出していただけでプロテクターがあるかどうか確認できなかった。ウルトラ警備隊が半信半疑な様子だったのに対し、サロメ星人は「我らのセブン」が勝利したことを確信していた。にせセブンの強さに絶対の自信があったのだろう。
ともあれこの結果、サロメ星人はセブンに騙し討ちされる形で倒される事になる。何という皮肉だろうか。
直前に水中で大爆発が起こった時点で、敗れたのはロボットであるにせセブンだということに気づいても良さそうなものだが(ウルトラ警備隊側はにせセブンがロボットであることは知らない)。

それでも、サロメ星人は懲りずににせウルトラセブンを再建造しただけでなく、偽のウルトラ兄弟まで作り出し全宇宙の制覇を目論むのであった・・・

ウルトラヒーローバトル劇場!第5弾/第10弾

いずれもペガッサ星人が作った。
リーダーのサロメ製と同タイプ1人と本物と数か所異なるタイプ6人の7人構成。
やはりセブンのデータを元に作り出されたとの事だが、見た目がどう見てもふざけているようにしか見えないものもある

第5弾

  • サロメ製と同タイプだがベルトと腕輪が位置違いで膝パーツ上下逆
  • 額にカラータイマー1個
  • 頭に花1本
  • 右手銀、左手青
  • 左足銀
  • 黒マント


第10弾

  • サロメ製と同タイプで腕輪が位置違いで膝パーツ上下逆
  • 頭部にカラータイマー2個
  • 頭に花4本
  • 両手メカ
  • 両手両足銀
  • アイスラッガー前後ろ逆
  • 茶髪かつら


余談

名前の「にせ」の部分はひらがなでもカタカナでもどちらでも通じるという極めて珍しい怪獣である。ひらがなとカタカナの違いはひらがな:初代、カタカナ:2代目となっている。

特徴的なプロテクターは、使用したスーツ(廃棄されていた本物のセブンのスーツの再利用)の損傷が激しい部分を隠すためという制作側の事情によって付けられたものである。

関連タグ

エースロボット ウルトラマンシャドー ニセウルトラ兄弟(SRチーム) ダークロプスゼロ 妄想ウルトラセブン ニセウルトラマン

pixivに投稿された作品 pixivで「にせウルトラセブン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8897

コメント