ピクシブ百科事典

回れば何とかなる

まわればなんとかなる

ウルトラマンのある意味究極の切り札
目次[非表示]

主にニコニコ動画で使用されているタグ。そしてそこから広まった用語。

表記揺れ

回ればなんとかなる
回ればなんとかなるの法則
回れば何とかなるの法則
回転すれば何とかなる

概要

ウルトラマンが回れば不利な状況、ピンチをも覆す事から作られたタグである。
他作品では昭和ライダー等でもあるにはあるのだが、下記のような印象的な(ともすればシリアスな笑いに近い何ともいえない雰囲気も)場面が多いためか、やはりウルトラシリーズへの言及が多い。

実際に何とかなった例

A:錐揉み回転
B:大車輪回転
C:側転
D:その他

ウルトラドリル(A)
身体を高速回転させることで、足で地盤を砕き地中を進む技。ジャックやエースが使用。

ハイスピン(A+B)
ウルトラマンが第17話「無限へのパスポート」で使用。
ブルトンの念力場を破り、念力エネルギーを逆流させアンテナを破壊し三次元空間に呼び戻した(『Fighting Evolution Rebirth』では四次元空間ごと投げるという解釈だった)。
ウルトラマンTheFirst』ではブルトンにより異次元に閉じ込められた際に使用し、力場を歪ませることで異次元空間諸共ブルトンを引き裂いた。

ローリングスペシウム光線(D)
ウルトラマンが第37話「小さな英雄」で使用。
永遠に敵を追尾するジェロニモン毒羽根を滅するため、空中でグルグル回りながらスペシウム光線を連射し続け全て焼き尽くした。

ローリングスパーク(B)
ウルトラセブンが第21話「海底基地を追え」で使用。
アイアンロックスで手足を拘束され、身動きの取れないセブンが、空中で回転させながら、全身からエネルギーを放射して敵に体当たりした技。
鎖を破壊すると同時にアイアンロックスにダメージを与えた。

ボディ風車(B)
セブンが第46話「ダン対セブンの決闘」で使用。
ニセウルトラセブンを倒した。

ウルトラスピンキック(B)
帰マンが第11話「毒ガス怪獣出現」で初使用した跳び蹴り
かつてキングザウルス三世を倒した流星キックの強化版(たぶん)。空中で手足を伸ばし大車輪回転することで自由落下の105倍もの加速度を付け、相手を蹴る。

ウルトラバリヤー(A)
帰マンが第14話「二大怪獣の恐怖・東京大龍巻」で使用。
シーゴラスの起こす津波をくい止めるために、エネルギーを著しく消耗させつつも、津波を止め、さらには押し返して見せた。この技を使用する際に最初に腕を組んで錐揉み回転を行う。
後に『ウルトラマンギンガS』にて礼堂ヒカルも異次元空間から脱出する際にストリウムブレスを使って発動した。

ウルトラスピン(A)
帰マンが第14話「二大怪獣の恐怖・東京大龍巻」で使用。
また、第32話「落日の決闘」のキングマイマイ戦でも、糸を振り払うために使用している。
内山まもるの漫画「決戦ウルトラ兄弟対11大怪獣」では縦方向(B)に回転し、逆オーバーヘッドキックゼットンの1兆度メテオ火球を蹴り返し爆砕した。

ウルトラ空中回転落とし(B)
帰マンが第17話「怪鳥テロチルス東京大空爆」で使用。
以前シュガロンに放った空中回転逆落としの対空用で、相手の脚を掴んでL字型になって回転し、相手の脳天を地面に叩き付ける。スペシウム光線すら通用しなかったテロチルスを倒した。

ウルトラプロペラ(B)
帰マンが第29話 「ウルトラ特攻大作戦」で使用。
身体を横に向けてY字型に腕を広げ、頭上で高速回転することにより真空の大渦を作り上げ、台風を巻き起こすバリケーンを空中に吸い上げて爆砕した。

エースバリヤー(A)
Aが第7話「怪獣対超獣対宇宙人」,第8話「太陽の命 エースの命」で使用。
ドラゴリーメトロン星人Jrを空気の裂け目に閉じ込めたが、やがて脱出されてしまう。コスパの悪い技。

タロウハリケーン(タロウスパウト)(A)
タロウが第23話「優しい怪獣お父さん!」で使用。
身体を回転させて巨大な竜巻を起こし、ロードラ掃除機のように吸い上げ空中に打ち上げた。

クロス光線(A)
タロウが第37話「怪獣よ 故郷へ帰れ!」で使用。
メドゥーサ星人に操られた森山隊員のスーパースワローを墜落させた、体を回転させて放つエネルギー波。

ウルトラスピンビーム(D)
あまり触れたくはないが映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』でマン・セブン・タロウの3人が使用。
スクラムを組んで高速回転して青白い光を放ち、ゴモラの放った怪獣念力を相殺。
ポーズ的にはギラススピンの3人版。

きりもみキック(A)
レオが第2話「大沈没!日本列島最後の日」で使用。
ギラススピンを使うレッドギラスブラックギラスに対し、真上から逆方向の回転を加え蹴り込むことで威力を相殺し、首を刎ねて殺害。

ボディブーメラン(C)
レオが第7話「美しい男の意地」で使用。
空中で体を高速回転させ、自身を光のブーメランと化して、敵に突進する技。師匠のローリングスパークの横回転版。
ケンドロスの武器である「剣輪草」を破壊した。

ハイスピン/レオver(A)
レオが第41話「悪魔の惑星から円盤生物が来た!」で使用。
空中で高速回転することで、ブラックドームの吐く溶解泡を弾き飛ばした。

ウルトラボディスクリュー(A)
ジョーニアスが「ザ☆マン」第14話「悪魔の星が来た!」,第23話「超音速の対決」で使用。
身体を高速回転させ、敵を貫く技。
第14話でザイクロンを撃破し、第23話でもザンバをぶち抜いた。

ローリングウォッシュ(A)
80が第27話「白い悪魔の恐怖」で使用。
アルゴ星人が吐く溶解泡を、体を高速回転させて弾き飛ばした。

ウルトラ高周波(スピンリングレイ)(A)
80が第21話「永遠に輝け!宇宙Gメン85」で使用。
体を高速回転させ、敵に向けて放つ高周波エネルギー。
高周波を苦手とするガモスに使用した。人間で言えば耳元で黒板をひっかくようなもの。

ダイナマイトボール(D)
80が第47話「魔のグローブ、落としものにご用心!」で使用。
空中で体をボールのように丸め、高速回転しながら体当たりする技。グロブスクに連続使用して、ダメージを与えた。
ウルトラマン超闘士激伝新章』ではエンペラ星人の嗾けたメタルモンス軍団をボウリングのピンのように蹴散らした。

ティガトルネード(A)
ティガマルチタイプが第13話「人間採集」で使用。
高速で回転して、敵を蹴散らす技。光を取り戻す過程の形態ではない。
数人のレイビーク星人を跳ね飛ばした。

ダイナトルネードアタック(ドリルアタック戦法)(A)
ダイナ・ストロングタイプが第33話「平和の星」で使用。
体を高速回転させ、敵の体を突き破る技。
全身がぶよぶよの軟体であるメノーファを撃破した。

ダイナローリングアタック(D)
ダイナ・ミラクルタイプが映画「光の星の戦士たち」で使用。
体をボールのように丸めて敵の周囲を高速で飛び回る技。
最初のデスフェイサー戦で2回使用したが、2回目は動きを読まれて、捕らえられる。

ガイア突撃戦法(A)
ガイアが第6話「あざ笑う眼」等で使用。
体を高速回転させ、突撃し敵を貫く技。『キン肉マン』のウォーズマンが使うスクリュードライバーの両腕版。
ガンQ(コードNo.1)、テンカイ(天界)、エンザン(炎山) を貫いた。
アグルも「スピニングクラッシャー」と呼ばれる、これとほぼ同じ技を使用する。

ルナ・スピンドミル(A)
コスモス・ルナモードが映画「THE FIRST CONTACT」で使用。
腕を水平に広げ、高速回転して、 敵の攻撃を弾きとばす技。
バルタン星人の宇宙船「廃月」に仕掛けられた罠の刃を全て破壊した。

コロナ・ウィンドミル(B)
コスモス・コロナモードが映画「THE FIRST CONTACT」で使用。
両手を広げて宙に浮かび、縦に高速回転して、敵の攻撃を弾きとばす技。
ネオバルタンのバンプスプレーを全て弾いた。

エクリプス・ウィンドミル(A)
コスモス・エクリプスモードが第30話「エクリプス」で使用。
空中で体を高速回転させることで、敵の攻撃を弾き返す技。
カオスヘッダー・メビュートが同時に放った、怪光、光弾、衝撃波をことごとく弾き返した。

スピニングクラッシュキック(A)
ネクサス・アンファンスがEpisode.34「封鎖 -A.D.2009-」で使用。
右足を発光させてキックを放ち、蹴った瞬間にドリルのように高速回転して吹き飛ばす。
メガフラシとの2度目の戦いで、ダメージを与えて撤退させた。

高速回転して勢いで出した光線(B)
マックスが第16話「わたしはだあれ?」で使用。
宇宙化猫タマ・ミケ・クロによって記憶喪失になってしまったマックスが適当に放った技だが、運よく3匹の子猫たちを吹き飛ばした。
平成作品での回れば何とかなる事例の代表格と言える。

メビウスピンキック/バーニングメビウスピンキック(A)
メビウスが第34話「故郷のない男」で使用。
強固な装甲を有するリフレクト星人相手に放ったドリルキックで、錐揉みの要領で火を起こしながら装甲を破り、最後はバーニングブレイブで使用しウルトラマンレオのレオキックの同時攻撃で完全に貫通・爆砕した。
その後も一撃でインペライザーを撃破するほどの威力を見せている。

フルムーンウェーブ(D)
ルナミラクルゼロが「ウルトラゼロファイト」第二部にて使用した鎮静光線。
空中へ放り投げたキングシルバゴンを囲むように回転しながら発射し、泡のように包み込んで鎮静化した。

ナイトビクトリウムフラッシュ(A)
ビクトリーナイトが「ウルトラファイトビクトリー」で初使用。
ナイトティンバーを使用した回転斬りで、ウルトランスが一切通じなかったアリブンタを撃破した。『ウルトラマンX』客演時にも使用した。

ゼットントルネード(A)
エックスゼットンアーマーが第8話「狙われたX」にて使用。
ゼットンシャッターを纏って錐揉み回転突撃する技で、ゼットンのゼットンシャッターを打ち破った。

スピンドルZアタック(A)
オーブサンダーブレスターが、第21話「青いリボンの少女」で使用。
ハイパーゼットンデスサイスリザーバーに繰り出してダメージを与えた。

オーブスピンアタッカー(A)
オーブ・オリジン・ザ・ファーストの技。
錐揉み回転をしながら光線を撒き散らすように放つ事で、自身を取り囲んだベゼルブの群れをまとめて一掃した。

コークスクリュージャミング(A)
ジードが第7話「サクリファイス」で初使用。
ジードクローを突き出し錐揉み回転で相手をぶち抜く、最早言い逃れできないほどウォーズマンな技。
アクロスマッシャーが使う場合は攻撃を受け流す防御技だったので、「回せば何とかなる」というべきか。

逆回転の竜巻(D)
ブルウインドが第5話「さよならイカロス」で使用。
グエバッサーの竜巻に対して逆回転し相殺し不利な状況を打破した。

何とかならなかった例

稀にだが回っても何とかならなかった事がある

ウルトラマンは第39話「さらばウルトラマン」にて回転しながら放つキャッチリングゼットンを一時的に捕えたが、ウルトラマン自身が攻撃されてしまったためすぐに引き千切られた。
とはいえ、科学特捜隊基地への侵攻を抑えること自体は成功している。

オーブ・スペシウムゼペリオンは第4話「真夏の空に火の用心」にて火の玉に包まれたマガパンドンを取り囲むように高速回転しながらスペリオン光線を発射したが、効果がなく逆にエネルギーを浪費する結果に終わった。

怪獣も…?

ちなみにウルトラ怪獣にも、回転しながら攻撃を繰り出すものがある。
さすがに「何とかなる」とまではいかないが、それでもウルトラ戦士を苦戦させるほどの攻撃になる事が多い。

ナース
円盤型となって回転する事で相手の目を回す

ボラジョ
その場で錐揉み回転しながらサンドストームを繰り出し、セブンを攻撃した。

スラン星人
持ち前の高速移動でマックスの周囲を超高速で回り、翻弄した。

インペライザー
腰を軸に上半身を高速回転させながら砲門を乱射するバニシングサークルという必殺技を持ち、自身の周囲を焦土と化してしまう。
後にウインダムがパクる。

関連タグ

ウルトラシリーズ ウルトラマン ニコニコ動画

外部リンク

ニコニコ動画

pixivに投稿された作品 pixivで「回れば何とかなる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18188

コメント