ピクシブ百科事典

ガンQ

ふじょうりのかたまり

読みはそのまま、がんきゅう(眼球)。正式名称は「奇獣 ガンQ」。
目次[非表示]

概要

ウルトラマンガイア』に登場したウルトラ怪獣
その外見は、巨大な目玉に目玉だらけの手足胴体が生えている、という凄まじいもの。従来の怪獣からは逸脱したデザインが多い『ガイア』の怪獣の中でも、一際強烈である。
黒目だけ器用に動かして笑うことも。
 
<(⋀)> ←こんなん

設定

生命を持たない存在で、反応も持たず、科学の理解が追い付かない。「不条理の塊」と言うのは、主人公の高山我夢による解析によって出た結果。我夢は天才児によるネットワーク、アルケミースターズの一員であり、その我夢の解析をもってしても正体はわからなかった。わかっているのは、行動目的と存在目的のみ。
根源的破滅招来体の一員ではないかと考えられた。

劇中での活躍

  • 第6話『あざ笑う眼』に登場


  1. コードNo,00:最初に現れた姿。XIGのファイターチームの演習中に矢渡山脈に出現した、巨大な目玉。XIGの攻撃を受けるが、発射されたミサイル2発のうち1発を撃ち返して一機撃墜、もう一発を吸収して消滅した。この状態でも念力が使え、周囲のと飛ばしてくる。
  2. コードNo,01:00が上記のミサイルのほか、様々な物体を吸収して肉体を構成した姿。コンビナートを襲撃し、現れたガイアも体内に吸収して精神攻撃を仕掛けるが、内側からの攻撃で爆散された。武器として、目玉からの光線を持つ。

  1. コードNo,02
その正体は、500年前の戦国時代の呪術者である魔頭鬼十郎の変身態であることが判明した。ガンQはすでに霊体である魔頭が呪いの力で変身した姿であるため、生命を持たなかった。

劇中での活躍

  • 第31話『呪いの眼』に登場


魔頭鬼十郎:『ガイア』から500年前の戦国時代の呪術者。生前に破滅招来体の襲来を予見しており、その力を利用し、自身の天下を築こうと企んでいた。自らの子孫(超能力者)の力を取り込むことでパワーアップし、再びガンQへと変貌する。

奇獣 ガンQ(コードNO.02)?


コードNo,02
01が強化された復活態。前回の戦いの影響で醜く歪んだ姿になってしまっていたが、先述の手段で完全体になった。不完全体はトマトを潰したような醜い外見をしており(どことなく青鬼っぽい)、前回と能力はさ程変わらない。完全体は01の体に血管が浮き出たような姿になり、体から飛ばした遠隔操作できる目玉から光線を発射してオールレンジ攻撃ができるようになった。最早ファンネル。ガイアを苦しめるが、先述の子孫が魔頭に対抗、ガイアを援護した結果不完全体に戻ってしまい、そのまま倒された。それと同時にその子孫も普通の人間に戻っている(超能力は魔頭が利用する目的で授けたものだった)。

以降のシリーズにて

覚えやすい外見と名前故に大怪獣バトルシリーズやアトラクションショーでの参戦、映画怪獣軍団としての登場など、再登場怪獣が昭和に比べるとかなり数の少ない平成シリーズの怪獣内でもその後のシリーズではかなり露出が多く、『ガイア』の怪獣としては出世頭のようなもの。そのインパクトのある見た目は、子供にも描きやすいデザインであるため、人気に一役買っている。
ただし、『ガイア』以外では魔頭の変身であることはあまり触れられない。基本的にヤプールの超獣と同じく普通に出現するただの怪獣として出てくる。またその姿や『ギンガS』などの活躍により愛されキャラクターとして押されているがガイア劇中では不気味な出身や演出、ドラマ面でも科学的解析が通用せず恐怖を与え結果的に我夢のトラウマ(幼少時のいじめ)を引き起こされ攻撃しミスを犯し、それを乗り越え人間的に成長するストーリーの為、ノーバ同様コメディ展開は殆ど存在しない正に「あざ笑う眼」である。
なお、他媒体では01の姿で出てくることが多く、02の能力だったオールレンジ攻撃が、01も使えるようになってることも。

大怪獣バトルシリーズでの登場

ウルトラギャラクシー』では、レイオニクスのケイトの所持怪獣。初登場時にレイに負けたファイヤーゴルザを始末したほか、次のエピソードでは直接対決。リトラを撃墜し、前の戦いのダメージの残るゴモラを苦めるも、ZAPの介入で逆転、スペースペンドラゴンのハイパーオメガ砲で撃破された。
ウルトラ銀河伝説』では、ウルトラマンベリアルの怪獣軍団の一体。ベリュドラの一部も構成している。
ゲームでは市街地に現れるも倒される。ポリゴンはFE3の流用。
漫画『ウルトラアドベンチャー』ではブルトン並行宇宙から召喚させられる形で登場。ゴルザと共に東京宇宙を襲撃する。しかし主人公・御蔵イオの召喚したゴモラ尻尾で弾き飛ばされ、ゴルザの放った超音波光線をモロに浴びてしまいあっけなく爆死した。
上記の通り、魔頭は関係ない。

ウルトラゼロファイトでの登場

第一部にて、バット星人グラシエが率いる地獄の四獣士の一体として登場。『不条理のガンQ』と名付けられ、ベムスターとコンビを組んだ。
ガンQの眼とベムスターの何故かつながっており、口が吸収した光線を目から発射する戦法をとる。が、それを逆手に取ったウルトラマンゼロは自らを光にして口に突っ込み、まとめて内部から撃破した。
通称、『ベムQコンビ』。

ウルトラマンギンガでの登場

劇場スペシャル第二弾にて人工のスパークドールズとして登場。
渡会健太がライブし、久野千草がライブしたアクマニヤ星人と共にガン見することで美鈴がライブしたモチロンを撃破するが、ヒカルがライブしたゴモラにアクマニヤ星人もろとも倒された。

ウルトラマンギンガSでの登場

第7話「発動!マグネウェーブ作戦」にてガッツ星人ボルストがモンスライブして登場。
シェパードンのビクトリウム鉱石のエネルギーを奪うため、ボルストの分身能力を利用してシェパードンやウルトラマンビクトリーを苦戦させ、分身の一つをファイヤーゴルザと交代させてウルトラマンギンガをも苦戦させた。
しかしビクトリーのキングジョーランチャーで残りの分身体と本体を攻撃された所にUPGのマグネウェーブ攻撃を目に直撃しダメージを負い、ビクトリウムシュートで倒された。

スパークドールズは回収され、ファイブキングの左腕となった。

ガンQの涙


第2シリーズでは第11話「ガンQの涙」に再登場。何をやっても中途半端なサラリーマン・吉田がアクマニヤ星人ムエルテによってモンスライブされた。
しかし彼の性格が災いして人間大のサイズにしかならず、助けを求めたUPGに攻撃されたり、アパートに帰れなくなったりと散々な目にあい、空腹で彷徨っているところをサトル少年に助けられる。
一緒に自転車の練習をしたり、母親のために料理を作ったりしていくうちに少年との間には友情が芽生えたが、チブル星人エクセラーから大目玉をくらって必死の捜索を行っていたムエルテに見つかってしまう。
サトル少年の自転車を踏みつけられたことで怒りが頂点に達して巨大化し、ムエルテを追っていたところを現れたウルトラマンギンガと一時は戦闘になる。その後、正体がばれたムエルテによって操られてしまい、ギンガとビクトリーに襲いかかるがサトル少年の呼びかけによって自力で洗脳から逃れ、二人と共にムエルテを倒した。
その後はサトル少年にお礼を言い、いつかまた一緒に遊ぼうと告げて目から大粒のを落しギンガコンフォートで元の姿に戻る。その後、涙=スパークドールズはサトル少年が大切に持っているようだ。
不気味なイメージの強かったガンQであるが、この回ではサトル少年と格ゲーに興じたり、料理をしたり、身体の目に目薬を差してもらうといった、これまでのガンQのイメージとは一味違うコミカルな姿を見せてくれた。
第7話のガンQについては言及されていない。

第11話は当初の脚本では目玉をモチーフとしたガンQとの対比として盲目の少女が登場する物語であったが、話が暗くなるため自転車に乗れない少年に変更された。

また、「DXビクトリーランサー」でこれとファイヤーゴルザメルバレイキュバス超コッヴの5体のスパークドールズを立て続けにリードさせて、トリガーを引くと・・・

ゲームでの登場

Fighting Evolution 3』でプレイアブルキャラクターの一体として出てくる。怪獣には珍しく援護コマンドが存在し、『ガイア』で02が見せたファンネルが出現する。また、光線系の必殺技を吸収して、防御と回復を同時に行えるためトリッキーな戦いが可能。
ウルトラモードでは原作再現として、ガンQに取り込まれてから内部で戦うことができる(これは他モードではできない)が、結構難しく、うっかりガイアスラッシュで遠距離攻撃を行うと、眼玉を飛ばしてきてゴリゴリ体力を削られるので注意。接近戦に専念しよう。

ガンQベビー

ニンテンドーDS専用ソフト『怪獣バスターズ』及びそれの完全版『怪獣バスターズ パワード』に登場する小怪獣の一体。
不気味なゲル状の一つ目複のスライムのような姿をしており、プレイヤーを見つけると体当たり攻撃を繰り出してくる。複数の生息が確認されており、ガンQの幼体だと推測されるが、ガンQは上記のように正体は魔頭鬼十郎の変身態であるが、その所の詳細は不明。

もしかすると、次元を超えて(そもそもゲームの世界はパラレルワールド)鬼十郎の怨念が生み出した産物なのかもしれない。

関連タグ

ウルトラマンガイア 根源的破滅招来体 ウルトラ怪獣  ウルトラ怪獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンQ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86146

コメント