ピクシブ百科事典

ファイティングエボリューション

ふぁいてぃんぐえぼりゅーしょん

バンプレストから発売されたウルトラシリーズの格闘ゲーム。
目次[非表示]

概要

 バンプレストから発売された格闘ゲームのシリーズ。現在5作が作成されている。美麗な3Dグラフィックと、テレビの中から飛び出して来たかのようなカッコいいアクションが売り。
 システムは通常攻撃をぶつけて相手のゲージを貯め、QET(いわゆるジャンケン)を行って必殺技を決めるというもの。

各作品

『ウルトラマン Fighting Evolution』

 1998年プレイステーションで発売された第1作。使用キャラは全て昭和シリーズのウルトラ戦士怪獣であり、なぜかAレオをさしおいてエースキラーマグマ星人が参戦している。

『ウルトラマン Fighting Evolution2』

 2002年プレイステーション2専用ゲームとして販売された2作目。ウルトラ兄弟が一応全員そろった(ウルトラマン80は欠席)。

『ウルトラマン Fighting Evolution3』

 2004年PS2から販売された3作目。歴代最高の作品と名高い。
 昭和組全員に加えウルトラマンティガウルトラマンダイナウルトラマンガイアウルトラマンコスモス(並びに脇役のアグルジャスティス)が参戦し、原作を再現したシナリオに加えてオリジナルのシナリオも追加された。
 ウルトラマンレジェンドも使用可能だが、強すぎるため入手してから電源を切る間しか使えない。

『ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth』

 2005年に(中略)。
 メフィラス星人によって改造された怪獣(後にEX怪獣と呼ばれる進化した怪獣の原型)や、カオスロイドなどのオリジナルキャラが複数登場する。演出は『3』を上回るが、ダイナとジャック、エース、レオ、80はリストラされた。シナリオは原作再現ではなくオリジナルである。

『ウルトラマン Fighting Evolution0』

 2006年PSPで発売された。
 『ウルトラマンメビウス』の劇場版とタイアップして作られたため、メビウス以外の平成ウルトラマンは全員リストラ。代わりにウルトラの父が参戦した。
 シナリオはオリジナルであり、ゾフィー怪獣に操られるという超展開

余談

FE」が略称だが、これだとファイアーエムブレムと被りがちである。

関連項目

ウルトラシリーズ
EXレッドキング EXゴモラ EXエレキング EXタイラント

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイティングエボリューション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17988

コメント