ピクシブ百科事典

ゴルドン

ごるどん

ゴルドンとは、「ウルトラマン」に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

身長65メートル
体重6万トン
出身地太田山金鉱


概要

ウルトラマン」第29話「地底への挑戦」に登場した怪獣。別名「黄金怪獣」。
の生えた首長竜のような姿をしている。
その名の通り皮膚純金で出来ており、を主食とし、地中を時速150㎞の猛スピードで堀回し一日に10兆円もの額の金を食べる。さらに乾いた砂金になるといわれる。普段は餌を探して地底を時速150キロの猛スピードで掘り進んでいる。
劇中では2体が登場。日本一の金埋蔵量を誇る大田山金鉱の金を食べ尽くした後、地上に出現。
片方は地底戦車ベルシダーの光線銃を受けて地上に出たところを、科特隊のコロナ弾とスーパーガンで攻撃され絶命。
もう1体はベルシダーの地底魚雷を受けて地上に出たところでウルトラマンと戦い、巨体を生かしたパワフルな戦闘でウルトラマンに抵抗するが、自身の長いに巻きつけられ、身動きが取れなくなった所にスペシウム光線を受け、倒された。
その後死体からは150トン(6万トンのゴルドンから採れる量にしては少ない気がするが…)の純金が採集され、金鉱付近の街の復興資金に使われた。

ゲーム

怪獣バスターズ/怪獣バスターズパワード

ウルトラマンの登場怪獣としては比較的知名度の低いゴルドンだが、怪獣バスターズシリーズではベムラーメフィラス星人を差し置いての登場となった。
また、ゲームオリジナルである色と銀色のゴルドンが先に出現し、原作に準ずる金色のゴルドンが後から出現するという珍しいパターンである。
防具ブロンズ/シルバー/ゴールドシリーズで統一するとMAリンク『黄金パワー』が発動し、防御力が3%上昇し風圧地震を無効化できる。
(以下、太字はパワード限定)

ゴルドン(ブロンズ)

ミッション『赤銅のキバ』『ブロンズコレクター』『金・銀・銅』『イメル怪獣決戦(ランダム)』(惑星イメル)、『落日の赤銅』(惑星ワッカ)に出現。

ブロンズ(青銅)といっているが、体色は赤銅に近い。
攻撃手段は這いずり、尻尾なぎ払い、噛み付き、前足払い、尻尾で塊投げ、地中潜行からの奇襲。

ドロップする素材アイテムは『銅色の皮』『ギザギザのキバ』『とがったしっぽ』『王水アシッド』『銅のカケラ』『銅色のうで』『さくがんテイル』『銅のかたまり』『白の玉』『ハードチップ』および『ハードチップ+』。フリーズロック成功時は『白銀クォーツ』が得られる。

研究によって開発できるのは『ブロンズ防具』『ブロンズ防具Ⅱ』『ブロンズナイフ』『赤銅』『高級ハンマー』『ブロンズハンマー』および『ブロンズジャック』。10体倒すと『ブロンズハンター』の称号が得られる。

ゴルドン(シルバー)

ミッション『白銀のツノ』『銀世界』『金・銀・銅』『イメル怪獣決戦(ランダム)』(惑星イメル)、『地中の月』(惑星ワッカ)に出現。

攻撃手段はブロンズと同様だが、動作が俊敏になっている。

ドロップする素材アイテムは『銀色の皮』『ギザギザのキバ』『とがったしっぽ』『王水アシッド』『銀のカケラ』『銀色のうで』『さくがんテイル』『銀のかたまり』『白の玉』『ハードチップ』および『ハードチップ+』。フリーズロック成功時は『白銀のクォーツ』が得られる。

研究によって開発できるのは『シルバー防具』『シルバー防具Ⅱ』『シルバーナイフ』『白銀剣』『シルバーハンマー』および『シルバークイーン』。10体倒すと『シルバーハンター』の称号が得られる。

ゴルドン(ノーマル)

ミッション『地底にひそむ者』『黄金のきらめき』『重力とプレッシャー』『金・銀・銅』『大金持ちへの道』『イメル怪獣決戦(ランダム)』(惑星イメル)、『地底からのちょうせん』(惑星ワッカ)に出現。

攻撃手段はブロンズ・シルバーと同様だが、体が大型化しているため回避は困難であり、耐久力も上昇している。

ドロップする素材アイテムは『金色の皮』『ギザギザのキバ』『とがったしっぽ』『王水アシッド』『金のカケラ』『金色のうで』『さくがんテイル』『金のかたまり』『白の玉』『ハードチップ』および『ハードチップ+』。フリーズロック成功時は『白銀のクォーツ』が得られる。

研究によって開発できるのは『ゴールド防具』『ゴールド防具Ⅱ』『ゴールドナイフ』『黄金剣』『ゴールデンハンマー』および『ゴールドキング』。10体倒すと『ゴールドハンター』の称号が得られる。


関連項目

ウルトラマン ウルトラ怪獣
ゴーストロン ゴルドラス ゴロモス コッテンポッペ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18383

コメント