ピクシブ百科事典

ベムラー

べむらー

『ウルトラマン』に登場する怪獣。光の国のウルトラ戦士が地球人と関わりを持つきっかけとなった重要なキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 大魔王ベムラー - 『ベムベムハンターこてんぐテン丸』に登場した大魔王。
  2. 宇宙戦士バルディオス』に登場したロボット。→ベムラー(バルディオス)

データ

宇宙怪獣 ベムラー


別名宇宙怪獣
英表記 BEMULAR
身長50m
体重2万5000t
初出現地竜ヶ森湖
出身地M35星

概要

第1話「ウルトラ作戦第一号」に登場。

宇宙の平和を乱す悪魔のような怪獣」と呼ばれる宇宙怪獣。

ベムラー


武器は口から吐く青白い熱線ペイル熱線」。青く発光する球体に身を包み、宇宙空間を航行する。
棘の先は毒針になっていて、非力そうな短い腕も、40万馬力もの怪力が出せる。

こいつを追ってウルトラマン地球を訪れたのが全ての始まりである。

着ぐるみがギャンゴに改造されたのを皮切りに映像作品には初代の映像流用という形以外での出演はなかったが昭和怪獣再登場の流れにのり後述するウル銀で復活。以降の映像作品にも登場するようになった。

活躍

ウルトラマンに「宇宙の墓場」(「怪獣墓場」とは別の場所。後述)に護送されている最中に手錠を破壊して逃亡し、青い球状発光体の姿で地球にやってきた。

宇宙怪獣 ベムラー(球体)


この際、竜ヶ森湖に潜むところを、パトロール中の科学特捜隊員のハヤタに目撃されたが、ハヤタ隊員はウルトラマンに追突事故を起こされてそれどころでは無かった。
その後、科特隊の「ウルトラ作戦第一号」によって地上に追い立てられ、ハヤタと一心同体になったウルトラマンと交戦。追い詰められ、青い球体になって逃げようとしたところへスペシウム光線が直撃し、殺処分された。第1話の怪獣なのもあってそこまで強くは無かったが、ウルトラマンが地球に来る切っ掛けを作った他「ウルトラマンひみつ大百科」内では隕石群に接触したウルトラマンとクロード(ウルトラマンの友人で、彼と共にベムラーを護送していた宇宙警備隊員)の隙をついて逃走し、別の惑星で大暴れした挙句にクロードを殺害すると言う、まさしく悪魔の如き活躍を見せている。

ベムラーが送られるはずだった「宇宙の墓場」とは、宇宙の平和を乱した怪獣が光の国の掟で死刑を執行される処刑場であり、「怪獣墓場」とは別物である(「ウルトラマンベストブック」竹書房による)。設定が作られた時期(第35話の脚本を執筆した佐々木守氏が生み出した)から見ても、第1話の時点で後者への言及があるとは考えづらい。

顔のデザインイメージは獅子

脚本では、ウルトラマンと戦った末に光球形態で逃亡を図るも、そこで力尽きる予定だった。

名前の由来

『ウルトラマン』の準備稿であった『科学特捜隊 ベムラー』の主人公ベムラーの名前から

地球は俺たちにまかせろ!!


左側の怪獣っぽいのが初期のベムラー、ちなみに右はレッドマン

ウルトラQ』終了後、予定されていた次回作は『生物彗星WOO』(以下WOO)であったが、ゼリー状の不定形の肉体が不評を呼んでお蔵入りになり、WOOの「人類に味方する怪獣」の設定を活かし練り直されて生まれたのが『科学特捜隊ベムラー』の企画であった。

正義にせよ。戦うシーンは怪獣対怪獣……
カラーフィルムの中で正義のヒーローをいかにと見せるかが勝負だよ

これも残念ながら没になり、企画は『科学特捜隊レッドマン』へと様々な問題を経て練り直され、我々がよく知るウルトラマンとなった。
結果、それまでの試行錯誤の跡の一端が、ベムラーの名前に受け継がれる運びとなったのだ。

参考:『まんが ほんとにしらない映画&漫画アニメ&特撮秘密大全DX』コアマガジン

派生作品

長篇怪獣映画ウルトラマン

テレビシリーズを再編集した映画版に、最初の怪獣として登場。
…したのだが、ウルトラマンの初戦闘シーンがレッドキング戦(テレビシリーズの「怪獣無法地帯」)になっており、ベムラーは科特隊によって倒されている。

ウルトラ銀河伝説

宇宙怪獣 ベムラー(ウルトラ銀河伝説 以降)


冒頭で、メビウスと宇宙空間で激しいチェイスを繰り広げ、惑星アルファにて激突する。メビュームシュートを食らって倒される。
ベリュドラの左腕の一部としても登場した他、右の角には『科学特捜隊ベムラー』のベムラーもいる

映像作品への登場は、『ウルトラマン』以来実に43年ぶりとなる


冒頭にてメビウスに追跡されるシーンは、『ウルトラマン』第1話を踏襲している。

着ぐるみは映像作品には長らく登場してない怪獣なので当然新造…ではなく、アトラクション用から改造されたもので、以降のテレビ作品に登場するベムラーは、いずれもこの着ぐるみの流用もしくは改造である。造形チームのプロデューサーである澗淵隆文氏は、元の着ぐるみの時点でスーツの損傷が大きく、「一から作った方が早かった」と述べている。

当初はゼットンが登場する予定だったが、最初の怪獣にはベムラーがふさわしいという理由で、造型の品田冬樹氏の提案により、ベムラーに変更された。

ウルトラゼロファイト

第1話の冒頭に登場。
同じく怪獣墓場から復活したサドラテレスドングドンと共にウルトラマンゼロに襲い掛かるが、ルナミラクルゼロのミラクルゼロスラッガーでテレスドンと共に倒された。

ウルトラゾーン

ドラマパート「悪魔が降りた日」に登場。
青い球体の状態で新宿に落下。
怪獣特捜隊のタカダ・リホ隊員と、たまたま新宿にいた探偵助手の小早川真弓、刑事の松原と高田を巻き込んで大暴れし、東京ジュラ紀事件の影響で特捜隊からの支援を受けられない四人を追い詰めた。
4人は高性能爆弾でビルを爆破してベムラーを下敷きにする作戦を決行し、囮役と爆破役の二手に分かれて行動するが、作戦が開始された所で物語が終わってしまったためその後の消息は不明。
ノストラダムスの予言に現れる人類を滅亡させる「恐怖の大王」の正体ではないかとも言われているが、関係性は明かされていない。少なくとも3797年までノストラダムスは予言を残している為、恐らくは撃破されたものと考えられる。しかしながら、なんで1999年ではないこのご時世に放送したんだというツッコミに対して答えると、この回の放送年がマヤ暦で人類滅亡の年とされる2012年だった為だと思われる。そうは言ってもマヤ暦は一般層には馴染みが薄いので日本人に馴染み深い題材であるノストラダムスが選ばれたという所か。結局この年も人類は滅ばなかった辺り、彼らの奮闘が功を奏したというべきか。

新宿に現れるのはベムラーをオマージュしたビースト・ザ・ワンの逆オマージュと思われる。

いかにもベムラーのために用意されたことを思わせるシナリオだが本来はゴメスが登場する予定だった。しかし『ウルトラマンサーガ』の撮影で着ぐるみが出払っていたためベムラーに変更されたという。

これ以前にも温泉に入っているアイキャッチが登場した。

ウルトラマンギンガS

第9話に登場。
ガッツ星人ボルストの分身体がウルトラマンビクトリーと戦うベムスターの援護のためモンスライブした。
ボルストの分身能力の他、口から黄色の金縛り光線を発射することが可能になっており、ベムスターと協力してビクトリーやウルトラマンギンガを苦しめたが、ギンガによって金縛り光線が跳ね返されベムスター共々動けなくなってしまいウルトラマンギンガストリウムスペシウム光線で倒された。

名前が似ている事から「ベムベムコンビ」などと呼ばれている。『ウルトラゼロファイト』では別場面での登場で共闘しなかったが、同じグラシエの配下として登場した共通点がある。

これ以前にも前作『ウルトラマンギンガ』第1話でのダークスパークウォーズの回想でスパークドールズとなった怪獣たちの一体として登場した。

ウルトラマンX

第1話で、地球に眠っていたスパークドールズが実体化した怪獣の1体として登場。

その後、第20話「絆 -Unite-」にて再登場(第1話に登場したものと同一個体かは不明)。
カナダの湖畔に突如出現し、橘副隊長の娘たちに襲いかかるが、橘副隊長が変身したネクサスと戦い、その後、描写は無いがそのまま倒されたことが語られている(『ウルトラマンX超全集』では、第1話の個体と第20話の個体は別個体であると記述している)。
ベムラーがゲストキャラに抜擢されたのは、ネクサスの前日譚である映画『ULTRAMAN』に登場したビースト・ザ・ワンのモデルとなったキャラクターであった事が関係していたらしい。他にも、「カナダといえば湖→湖といえばベムラー」なんて考えもあったとか。

ウルトラマンオーブ

落書き



人間牧場

第18話「ハードボイルドリバー」に登場。

シャプレー星人カタロヒに操られており、体は青く、水牛のような角も生えている。
詳細はベムラー(強化)を参照。

ウルトラマンタイガ

第18話「新しき世界のために」に登場。
バット星人小森セイジが加わっている宇宙人解放軍の尖兵で、冒頭でフーマと対決し彼を追い詰めるも、タイタスに交代してからは逆転され、アストロビームを食らって爆死した。
戦闘シーンが短いため過程は不明だが、スピード自慢のフーマを苦戦させていた事から、かなりの強敵だった模様。

その後の軍団の次なる一手は・・・

その他の媒体での登場

怪獣絵物語ウルトラマン

脚本家の金城哲夫によるノベライズ版ではウルトラマンのチョップで気絶した後、怪獣墓場へ送り届けられた。

ウルトラマンSTORY0

真船一雄の漫画ウルトラマンSTORY0では第41話~第42話、第66話~第67話、最終話に別々の個体として登場。
第41話~第42話
光の国を襲った怪獣軍団の一体。火炎放射モブのウルトラ戦士を攻撃するが、ウルトラマンタロウストリウム光線により爆死した。

第66話~第67話
不思議な力を持つ隕石と共にメトロン星人が支配する惑星メトロプラネットに落下。ウルトラマンレオレオキックを受けて倒された。
レオの友人となったメトロプラネットの少年アイザックはこの時見たベムラーの姿を基に新しい怪獣を考え出すが…

最終話
エピローグで、地球に近い宙域でウルトラマンがベムラーを捕獲し、怪獣墓場に護送するシーンで物語は終わる(恐らく、これが『ウルトラマン』第1話の出来事に繋がっていくと思われる)。

ウルトラマン THE FIRST

高田裕三漫画ウルトラマン_THE_FIRST』でTV版よりも肩のトゲが増量された姿で登場。
ウルトラマンとなったハヤタの最初の相手。いくら悪い奴とはいえウルトラマンは捕獲を望んでいたが、融合したばかりのウルトラマンの体ではうまく戦えず、やむなくスペシウム光線で倒された。

ベムラー(漫画ULTRAMAN)

詳細はベムラー(ULTRAMAN)を参照

ウルトラマン超闘士激伝

栗原仁の漫画『ウルトラマン超闘士激伝』で第3部「ゴーデス編」にて超闘士ウルトラマンを倒したいと願う怪獣たちの一体として登場。
ゴーデスに騙され、ゲルカドンの邪生鋼(エビルブレスト)と融合し、ゴーデス5人衆の一人「ゲルガン」となった。
その後は宇宙各地で通り魔的な行為を行っていたが、超闘士ウルトラマン相手には手も足も出せずに、おまけに倒された描写もなく場面が変わるとやっつけられていた。
その後はササヒラーが収監された檻の中にガモスと共にいるのが確認できるが、彼がゲルガンとなったベムラーなのかは不明。

ウルトラ戦士列伝

テレビマガジンで掲載されていたグラビア記事シリーズ『ウルトラ戦士列伝』では海岸でジャンボーグAと戦い、ペイル熱線を発射するが、ジャンサーベルで反射されて敗れる(原作のジャンサーベルに敵の光線を反射する能力は未確認)。

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS

漫画『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』では、イオがブルトンによって飛ばされた惑星に登場。イオの駆るゴモラヒッポリト星人と組んで痛めつけるが、ペダン星人の老兵の捨て身の特攻によってヒッポリト星人が死亡すると、イオのバトルナイザーに封印された。
後にはブラックキングを撃破する大金星を打ち立てゲランダ宇宙船が襲われた際には自ら球体に変身してイオとピグモンを運んだ。
最後はレイブラッド星人が憑依したデスフェイサーの攻撃からイオたちを庇い、ネオマキシマ砲の砲撃に飲み込まれて死亡した。

ウルトラファミリー大集合2003

ベムラー(進化態)として登場。その姿はベムラーの面影は全くなく、白い鬣の生えた六脚の巨大怪獣という異形の姿をしており、ウルトラマンオーブに登場した強化態とも姿が全く異なる。
しかし出番はこれっきりであり、未だ再登場の気配はない。

ウルトラ怪獣擬人化計画

センシティブな作品


2016年5月30日発売の7月号で発表された。
デザインを手がけたのは、ゴモラバードンメカギラスのデザインも手がけたニトロプラスminoa氏。

原典のデザインを反映して、スリムな体型のお姉さんに生まれ変わった。の色は褐色で、髪の色は鮮やかなブルー
一方で、脇から腰回りにかけて素肌の大部分が露出しており、全体的にぴっちりとしたコスチューム(?)に身を包んでいることもあって、かなり際どい格好になっている。地味に胸ポチしてるし

ちなみに、首に青い発光物の埋め込まれたアクセサリーが装着されており、これで青い球体の姿に変化すると設定されている。

センシティブな作品


なお、元になったベムラーは全体的に黒っぽい体色をしており、この擬人化ベムラーも基本的にはそれを踏襲しているものの、髪の色をはじめ、ところどころに青い色がアクセントとして挿入されている。十中八九飛行形態である青い球状発光体をイメージしたものと思われるが、このために一部のファンからは「初代よりも『オーブ』に登場したベムラー(強化)に似ている」という意見もある(ついでに言えば、青い石のアクセサリーを身に着けているところまで共通していたりする)。ただし発表されたのはこちらが先であるため、これらの共通点は偶然の一致と思われる。

2016年11月に開催された原画展ではminoa氏により新規に描き下ろされたイラストが展示されている。
後述する小説版の展開を踏まえてか愛用のバイクと共に描かれている…のだが、実はこのバイク、設定画に書かれたメモ書きにより「変形機能が備わっており、空中も飛行可能」というトンデモスペックの持ち主であることが判明した(あくまで設定画の中での話であり、小説版でも同様の機能が備わっているかは不明)。なお、バイクのデザインはどこぞのハードボイルド探偵の愛車と非常によく似ている(さらに言えば、あちらのバイクも変形&飛行機能が搭載されている)。小説版では最終的に探偵になったという設定が語られているが、それを意識したものなのだろうか(元ネタが初登場した回のサブタイが『ハードボイルド・リバー』なのでそれに掛けているとも推測される)。

小説版

第2話「始まりの日」に登場。

ベムラーのカイジューソウルを受け継いだ怪獣娘天城ミオとして登場する。
かつてベムラーが飛来し、ウルトラマンと激闘を繰り広げた福島県竜ヶ森を生まれ故郷に持つ。
移動の際にはバイクに搭乗する事が多く、その為か自動車に関する知識も豊富で、ある程度の修理はこなせてしまう。
基本的にはクールな性格だが、駄菓子のすもも漬けが大好物という可愛らしい一面もある。

幼い頃、自分が不思議な力を宿している事を知った父親に現人神に仕立て上げられ、本人の意図しない形で、父親の経営する宗教法人「青き救世」の不正に加担させられていた。しばらくして不正が明るみになり、父親は逮捕され、自身は施設に預けられていたが、暴力沙汰を起こしてしまったのが原因で叔父に引き取られ、以降は竜ヶ森湖のほとりで暮らしてきた。

こうした複雑な生い立ちを経験している故か、父親に対しては今でも強い不信感を抱いている(ただ、暴力事件については、父親の悪口を言った施設の他の子どもに対して怪獣娘としての本性を顕にして襲い掛かったというのが真相だったらしく、このことから主人公・多岐沢マコトは、怪獣娘が社会から虐げられる存在になる事を防いでくれたという点から、父親を完全に嫌っているわけではないのではないか、と推察している)。

長いこと自分が怪獣娘である事を周囲に隠して生活し続けており(叔父もそうした彼女の意を汲んでか、当初は姪が怪獣娘である事を隠そうとしていた)、人間と怪獣娘の共生にも悲観的であった。
それでも、完全に人間への情を捨てたわけではなく、その後川で溺れていた日吉ジュンという少女を助けた事で、謀らずも怪獣娘が決して危険な存在ではない事実を世間にアピールする結果となる。
その後、彼女はマコトの勧めもあって、自分が怪獣の因子を受け継いだ存在である事を世間に公表し、それをきっかけに世界各地で、彼女と同じように怪獣の魂を受け継いだ少女、怪獣娘の報告が相次ぐ事となる。
そして、これはやがて国際怪獣指導組織「GIRLS」の発足へと繋がっていくことになる。

現在は私立探偵事務所「ブルーコメット」(「青い彗星」の意)を営んでおり、事業拡大のために春から東京新宿へと上京する予定を立てている。この時、通販で購入したありったけのすもも漬けを主人公の多岐沢に送りつけており、彼を苦笑させた。

今のところ、直接登場したのはこのエピソードのみであるが、彼女の存在なくしては後のGIRLSの設立はありえなかったとも言えるため、世界観全体でみるとかなりの重要キャラである
この時の出来事は、「御徴(みしるし)川決壊事件」として記録されており、アニメ版でも第8話でゴモラやかぷせるがーるずたちがその事について言及するシーンがある。
また、彼女が助けた少女は、後に別の怪獣娘の成長に大きく貢献することになるのだが、これはまた別のお話。

ちなみに、重要キャラ設定のベムラーという点が、上記『ULTRAMAN』に登場したものを彷彿とさせる(さらに言えば、この作品自体も『ULTRAMAN』と一部の設定・雰囲気が似ていると言われている)という声も上がっている。

怪獣酒場カンパーイ!

第1話で客として登場。一面真っ暗な「闇酒場」に仕様変更してしまった為に注文した料理が全く来なかった為、勘定しようとするが、カネゴンに伝票が見えないので20000円支払って欲しいと言われ、あまりの杜撰さに突っ込んでいた。

ウルトラ怪獣バトルブリーダーズ

怪獣を育成し戦闘するゲームアプリである本作では、プレイヤーにチュートリアルも兼ねて最初に与えられる怪獣というポジションになっている。そしてベムラーはそのままフレンドへの初期サポート枠になっているが、これがとんだ悲劇を生む事となった。

プレイヤーが変更しなければサポート枠が変わらない事に加え、チュートリアルでサポート枠の変更方法を教えてくれない事もあり、その結果ろくに育成されていないベムラーがサポート枠に居残ったままとなる。
サポート枠は戦力として重要な為、フレンド申請ではベムラーお断りというプレイヤーまで現れてしまったのだ。
配信から少したった現在では認知も広まり改善されつつあるが、ベムラーには厳しい環境であったことは間違いない。
一応ベムラー自体は性能は特別優れているわけでもないが、扱いやすい各種スキルを持っており、育て方次第でそこそこ強力なアタッカーとして機能する為、主力として使えるし、充分に鍛えたベムラーならばお断りにならないのが救いだろう。

なお、図鑑で各ウルトラ怪獣の必殺技を見れるがやられ役は全てベムラーである。飴と鞭の振れ幅が大きすぎやしないか

ウルトラ忍法帖

「THE_KOROSHI」の巻に朧党の忍獣として登場した。
朧党の社内旅行に唯一参加した忍獣だったが、宿泊した温泉旅館で殺人事件に巻き込まれて第2の犠牲者になってしまった。首領は同じ旅館に泊まっていたマンを犯人と断定するが…

酩酊!怪獣酒場

第23話で登場。巧みな話術でうるまたちを楽しませるが、その正体は食い逃げの常習犯。
うるまたちの温かみに触れ、自首しようとするが、スナック「ウマン」のママの計らいでウマンで働く事となった。
2ndでも引き続き勤務している。


カビキラーCM

初代ウルトラマンと久方ぶりに対決し、スペシウム光線を浴びて倒された。
ちなみにカビキラーの音声を担当しているのはネクサスである。

オマージュ

ウルトラマンが人類の前ではじめて戦った怪獣としてか、モデルとなった怪獣が存在する。

宇宙恐竜ヤナカーギー

ウルトラマンティガ』第49話「ウルトラの星」に登場。
「宇宙一の暴れん坊」の異名を持ち、ティガの世界の初代ウルトラマンによって竜ヶ森湖に封印されていた怪獣。
1965年にタイムスリップした宇宙魔人チャリジャの手で復活し、チャリジャを追って来たティガを圧倒するが、円谷英二監督がウルトラマンにもらった石「ウルトラの星」が監督の祈りに呼応してウルトラマンを召還。
スペシウム光線とゼペリオン光線の同時照射を受けて倒された。

ビースト・ザ・ワン

映画『ULTRAMAN』に登場した怪獣で、ネクサススペースの地球に最初に現れたスペースビースト
詳細は該当記事を参照。

関連イラスト

ベムラー 【ニコニコ動画用イラスト】
ベムラー



関連タグ

ウルトラマン ウルトラ怪獣 一話怪獣(ウルトラシリーズ)

関連記事

親記事

ウルトラマン うるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ベムラー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ベムラー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 471582

コメント