ピクシブ百科事典

光の国

ひかりのくに

ウルトラシリーズに登場するM78星雲・ウルトラの星のただ一つの国家。
目次[非表示]

概要

 M78星雲ウルトラの星国家宇宙平和を守るウルトラ戦士たちの生まれ故郷である。政治体制は不明だが、王家はあるらしい(ウルトラマンタロウ第46話でピッコロがウルトラ王国と言っている事から王国であるという可能性もある)。
 ウルトラの星には光の国以外の国家は存在せず、300の都市と180億人の国民を有する巨大国家とされている。国民は皆巨体で、無表情で、を飛んだりできるが、宇宙警備隊に所属しているのは180億人の中のわずか100万人である。
 王室は存在するが、国王が誰なのかは不明(ウルトラマンキング長老であって国家元首ではない)。為政者として君臨しているのは宇宙警備隊大隊長のウルトラの父で、児童誌では『光の国の大統領のようなもの』と紹介されたことがある。それって、軍事独…いや、なんでもない。

今のところ分かっている光の国の情報

  • 惑星自体の特徴に関してはウルトラの星参照。
  • 住民はウルトラ族と呼ばれている。「ウルトラマン」だと初代ウルトラマンと紛らわしいのでこう区別されることもある。なお、『ウルトラマン80』第44話ではユリアンが妄想ウルトラセブンを見て「あれはウルトラ星人ではないわ」と言っているが、これ以降使用されたことはない。 ウルトラ族の赤ん坊はカプセルの中に収まった状態になっている。光の国の住民がウルトラマンとして進化したため、後に生まれた人々も既にウルトラマンとしての姿で生まれるようになったことが伺えるが、ジード朝倉リク)のように、赤ん坊の頃から人間と似た姿のまま生きてきた個体もいるため、現在も条件さえそろえば超人でない本来の=人間の姿のままで生活を送ることも可能である可能性がある(セブンやメビウスなど人間に擬態しているウルトラ戦士がエネルギーを消耗すると元の姿に戻れなくなるのもここら辺が影響しているのかもしれない)。もしくは、生まれたときは人間の赤ん坊の姿だが、生まれた直後にディファレーター光線を浴びたためにウルトラマンの姿になった可能性もある。


    • ウルトラの星には季節が無い(は存在する)ため、植物を育てる風習も存在しない。光エネルギーが動力源なので住民飲食などの食事も必要としない(ただし、メビウスヒビノ・ミライ)がカレーを気に入っていた描写があることなどから味覚自体はある模様。もしくは人間になることで、人間と全く同じ五感を有するのかもしれない)。そのためウルトラの星にはもないが国民は全く不自由していない。
季節がなく、年中がプラズマスパークの光のおかげもあって温暖な気候となっている。一方で冬の存在しない環境が災いし、光の国出身のウルトラ戦士たちは寒さに弱い。そのため真冬の環境下で苦戦することもあり、『ウルトラ銀河伝説』ではベリアルにプラズマスパークコアを奪われウルトラの星が闇に閉ざされた結果、ほぼ全てのウルトラ戦士たちが凍りついてしまった。それでも無事に生き残っているのは、たとえ寒さへの耐性を失っても生物としての生命力が人間を遥かに超えているためと思われる。
    • ただし、単純な寒さで言うなら宇宙空間の方がはるかに冷たく寒いため、正確には空気や雪など、寒さを伝える「冷媒」の多い環境が苦手なのだろう。
    • 季節が無いこの星でも、ウルトラ族はに何となくプールに行きたがるらしい。
  • 80の話を信じれば音楽楽器文化は存在する…らしいが、初代マンによれば地球人ほど複雑で喜怒哀楽豊かな存在ではなかったらしい。
  • ウルトラ族以外の生物は26(銀河伝説以降は27)万年前に全て絶滅してしまったため、住民は他の星から怪獣を連れてきて飼ったりしている。カプセル怪獣が有名だが、タロウはドックンウルトララビドッグを、ゾフィーはキングトータス一家を飼っている。
    • ドックンは現在、それなりの量の個体が野生化しているようだ。
  • 光の国には消防施設が無い。火事を見つけ次第ウルトラ水流などで鎮火するらしいので、必要なかったらしい。
  • いわゆる憲兵などの警察もなく、ウルトラマンベリアルが闇に堕ちたり、ウルトラマンゼロがちょっとオイタをしたことくらいしか犯罪が無い。最初に犯罪らしい犯罪があったのはなんと40万年前で、ウルトラマンキングすら生まれていない。っていうかウルトラマンの姿になる前から14万年間も繁栄していたんかい
  • 学校にはを飛ぶ送迎バスがある。このため、光の国にも乗り物は存在しているようだ。ただし、『ジード』に客演した際、ゼロ満員電車に驚嘆していた描写があることから、鉄道は存在していない可能性がある。
  • 宇宙警備隊の士官学校では、通常の学科の他に怪獣生態学、ロボット工学、宇宙地理、変身学などを教わり、暑さ寒さや孤独などに耐える実技試験もある。
  • ウルトラ族は何もしなくても120Gの重力に耐え、宇宙空間を生身で移動し、を飛び、テレパシーを使うことが出来るが、光線技を撃ったり瞬間移動したり超能力を使ったりすることに関してはきちんと勉強し、練習しなければできない。
  • ああ見えてウルトラ族は手先が器用なので、建物は自力で作るらしい。
  • ウルトラ族は死ぬとになって消えるらしいが、ウルトラマンヒカリの考案したの固形化により、寿命が来ない限りは何度死んでも蘇生が可能ウルトラマンゾフィーウルトラの父などもこれで生き帰っている)。但し、あくまで蘇生できる確率が上がっただけであり、決して確実に蘇ることができるわけではないため、現在でもウルトラ族にとっても死は大きな意味を持っている。
    • にもかかわらず、ウルトラの父がヒッポリト星人との戦いで死亡した際には巨大な銅像が建てられた。相手をブロンズ像に変える習性があるヒッポリト星人が相手だったからか?
  • 光の国ではウルトラマンのような銀色っぽい体色の民が最も多く、シルバー族と呼ばれている。対してウルトラセブンのような赤い体色の民はレッド族と呼ばれ、身体能力に優れ生まれながらの戦士とされている。さらにウルトラマンヒカリに代表される青い体色の民はブルー族と呼ばれ、身体能力よりも頭脳面で勝り、科学者などとして活躍する者が多い(ウルトラマンヒカリ自体本来は科学者で、初代ウルトラマンを復活させた命の固形化技術の開発者である)。もちろん体色によって職業が決められるというわけではなく(なお、雑誌の情報やメビウスの言葉を信じれば宇宙警備隊員にそれまでブルー族はいなかったらしく、また本来青い体色のブルー族でも体を赤く染めていたらしい)、ヒカリは文武両道である。
  • カラータイマーは生まれた時からあるわけではなく、あとで手術してに埋め込むらしい。
    • ジードは地球で初めて変身した時、既にカラータイマーが存在していたが、物心つく前に外科手術を受けて移植されたのかどうかは不明である。
  • 通貨単位は「ウラー」で、1ウラーは日本円で言うと30円となる。80によればアルバイトという概念は光の国にも存在するらしい。
  • ウルトラの星の(ウルトラスペースポート)はバリアで覆われており、120Gの重力場やプラズマスパークの強すぎる光から唯一解放されているため、地球人でもここに入ることができる。
  • 円谷英二氏の故郷である福島県須賀川市と姉妹都市を結んでいる。
  • 光の国には善良な国民が多いが、闇に堕ちる前ウルトラマンベリアルが「超えてやる!! 俺を見下したあいつらを!!」と発言している為、全ての光の国の国民が善良ではない可能性もある。法律も存在するらしいので、描写がないだけでゼロの様に処罰を受けた者が他にいるかもしれない。

関連項目

ウルトラシリーズ 宇宙人

pixivに投稿された作品 pixivで「光の国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10753

コメント