ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀』の「第2章・EPISODE6」で、本作のヴィランであるアブソリュートタルタロス「“ザ・キングダム”に向かうぞ」と言う台詞から存在が判明。「第3章・EPISODE7」においても「お前のその命、ザ・キングダムに捧げてみないか?」という台詞があり、言及されている。

「組織名」か、拠点とする「アジト」の類いかと思われたが、劇中の台詞を総括するとアブソリューティアン達の国家の名称である可能性が高い。『運命の衝突』のPVでは黄金に輝く城塞都市のようなものが映るシーンがあり、恐らくこれがタルタロスの言っていたザ・キングダムだと考えられる。

宇宙警備隊では過去に倒した強敵達の並行同位体を生み出すタルタロスの暗躍から警戒心を強め、次元を超える能力を持つウルトラマンゼロに、対抗策として精鋭部隊の編成を任せる事になる。

主要人物

現在確認されているアブソリューティアンで、純粋な構成員は彼ら3人のみだが、他にもまだ存在するのは確実。

軍勢

召集され、軍門に降った怪獣や宇宙人達はいずれもウルトラマンゼロや新世代ヒーローズなど、数多のウルトラ戦士達を苦しめてきた強豪達であり、アブソリューティアン達の戦闘能力の高さも合わせ、彼らが起こす数々の事件はとてもウルトラ戦士の1人や2人で解決できるものでは無く、最低でも5人同時で、しかもフルパワーやエネルギー補給、強化変身込みで対応しなければ収束は困難であり、ウルトラマンレジェンドへの変身やコスモミラクル光線などの切り札を使用する事態にまで発展している。

作中の描写から、タルタロスが目的達成のためにそれぞれが倒される前の時間軸から連れて来た事が窺える(実際、ジュダとモルドは自分達を完全に討ち滅ぼしたギンガビクトリーエックスの事は一切知らず、アンドロ警備隊との決着に固執していた)。つまり、タルタロスがやっている事を妨げるに等しい事であるとも言える。
 
一応、マルチバースの仕組みと第1章の描写を併せて考えると、我々の知るウルトラシリーズの世界とは似て非なる歴史を持つ事になるパラレルワールドが複数発生するだけで、「それまでウルトラ戦士達が歩んできた歴史が消えてしまう」という事態にはならない様子。現に現代の時間軸である6話のゾフィー、タロウ、ゼロは自分達の知るグア軍団やベリアル達について言及している。
しかし、歴史に干渉して宇宙レベルの脅威を連れ出すなど例を見ない恐るべき所業であり、実際第1章のマガオロチルーゴサイトも別の時間軸から連れてこられた存在であり、タルタロス本人も「いくらでも強力な戦力を連れてくる事が可能」だとさえ豪語しており、これだけでも史上最大級の危機を呼び込む存在である事が充分に証明されていると言える(同等或いはそれ以上とも言える能力を持った存在ならばが無いわけでは無いが、彼らとは違い、タルタロス達アブソリューティアンは明確な悪意と敵意を持った侵略者であり、厄介さは遙かに上)。

だがこの場合、パラレルワールドでは彼らは本来倒されるべき時間軸よりも前に倒された事になり、上述の懸念と同じ事が起こるだろう。勿論、その次元に降りかかる筈だった災厄や悲劇が回避されるメリットもあるが、それも含めてもたらされるであろう影響の大きさは未知数であり、正に神のみぞ知る所である。

また、レイバトスの能力で再生されたり、バット星人によって新たに創り出された者達も含まれており、兵隊集めの手間を多少は省いている模様。

なお、偶然か否か傘下に加えた宇宙人や怪獣は何らかの因縁で繋がっており、レイバトスはギガバトルナイザーの悪用に失敗し、復活していたベリアルに始末され、ゼットの造物主であるバット星人はトレギアの闇堕ちの要因となったヒカリと密接な関わりがあり、そのヒカリの力で倒されたジュダ・スペクターはグア・スペクターの一部として復活するもエックス達に敗れ、その後に今度はレイバトスによって傀儡にされている。また、スラン星人は同族がベリアルの偽物と何かと関わりがあり、マガオロチはオーブベリアルの力を使った事で倒され、ルーゴサイトはトレギアの暗躍で暴走した経緯を持ち、ヘルベロス、ギマイラ、ナイトファング、ゼットンも地球でトレギアに利用されている。

干渉によって本来の歴史から外れた存在の事を、劇中では“並行同位体”と表現している。

宇宙人


怪獣


ウルトラ戦士


ショー限定


関連タグ

ウルトラギャラクシーファイト ウルトラシリーズ
アブソリュートタルタロス 並行同位体

関連記事

親記事

アブソリューティアン あぶそりゅーてぃあん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された小説 pixivで「ザ・キングダム(ウルトラシリーズ)」の小説を見る

コメント