ピクシブ百科事典

キングギャラクトロン

きんぐぎゃらくとろん

キングギャラクトロンとは、ベリアル融合獣の一体。
目次[非表示]

データ

身長70m
体重7万9千t


概要

キングジョーギャラクトロン怪獣カプセルフュージョンライズしたベリアル融合獣
ウルトラマンフュージョンファイト!』に登場するほか、ウルトラマンフェスティバル2017のライブステージで先行登場。
属性は「」。

キングジョーとギャラクトロンは共に強力なロボット怪獣という事で、『ウルトラマンフュージョンファイト!』では「新旧のスーパーロボット」というミッションで実際に共演していた。また「強化型が存在」「後に複数個体が大挙して登場」「製造元と異なる第三者にも使役された」「洗脳した人間を乗せた事がある」という共通点もある。

カプセルユーゴー2弾でカード化し、プレイアブルとして参戦した他、ユーゴー2弾の最終カプセルミッションで戦える。

『ジード』本編への登場も期待されていたが、第22話「奪還」にて登場
それに先駆けウルトラ怪獣DX枠でソフビが11月に発売されている

2つの強力なロボット怪獣が合体していることに加え、伏井出ケイの体内に莫大なエネルギーが生み出されている相乗効果もあり、その戦闘力はベリアル融合獣の中でも特に強力であると言われている。

容姿

ベリアル融合獣  キングギャラクトロン


頭部と左半身はギャラクトロン、胸部と右半身はキングジョーのパーツで構成され、パーツ換装を行ったギャラクトロンあるいはキングジョーといった印象を与える。
なお、ギャラクトロンの後頭部にあったギャラクトロンシャフトは存在していない。

ベリアル融合獣共通の意匠であるカラータイマー部分はギャラクトロンにおける赤いコアの位置に相当する場所にある。また、右腕にはペダニウムランチャーの強化版「ペダニウムハードランチャー」を装備している。

必殺技

  • ペダニウムハードランチャー

右腕のランチャーから強力なビームを放つ。
超強力なエネルギーが体内で発生しているため通常のペダニウムランチャーの数倍の威力があるという。
放つ際には右腕にギャラクトロンの魔法陣が形成される。

  • 連続パンチ
左腕に虹色の魔法陣を形成し連続パンチを繰り出す。

劇中の活躍

キングジョーとギャラクトロンの怪獣カプセルは共に所有済みであったが、第22話にてようやく登場。

石刈アリエを人質にエンペラ星人ダークルギエルの怪獣カプセルを手に入れる作戦に失敗した伏井出ケイがフュージョンライズ。ジードとゼロとの戦いになる。
戦いの場から離れる愛崎モアの車を狙いペダニウムハードランチャーを放ち、身を挺して庇ったジードに大ダメージを与える。その卑劣な行為に本気になった二人はロイヤルメガマスターゼロビヨンドへフュージョンライズ。ケイが謎の力を発揮したため強化形態の2人をカラータイマー点滅にまで追い込むなど善戦したものの、最後はジードの「87フラッシャー」とゼロの「ツインギガブレイク」を立て続けに喰らい敗北・爆散した。

またしても敗北を喫したケイだったが、裏で通じていたアリエが戦闘の裏で怪獣カプセルの奪還に成功したため、カプセル入手という目的そのものは達成することになった(恐らくは時間稼ぎと陽動が目的だったと推測される)。

因みにゼロがベリアル融合獣を相手にジードと初の共闘、撃破も果たしている。

関連記事

ウルトラマンジード フュージョンライズ
ベリアル融合獣 ウルトラ怪獣
ウルトラマンフェスティバル

ウルトラマンビクトリー - PR動画『TV未登場のオリジナルフュージョンライズ大紹介!』で…
ジャンボキング - 光線でひるんだ後に切断技で倒された共通点を持つ。

pixivに投稿された作品 pixivで「キングギャラクトロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7179

コメント