ピクシブ百科事典

クシア人

くしあじん

何万年もの太古の昔に栄え、ある理由により滅び去った映画『ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!』に登場する宇宙人。
目次[非表示]

『ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!』のネタバレになっているので閲覧には注意して下さい




















概要

映画『 ウルトラマンジードつなぐぜ!願い!!』でその存在が明かされた地球人そっくりなヒューマノイドタイプの宇宙人で、沖縄民族衣装である流装の様な服装を身に纏っている。M78ワールドにあった惑星クシアの人間である。

身体能力自体は地球人とあまり変わらない(とはいっても描写から少なくとも鍛錬して来た鳥羽ライハぐらいはあると思われる)が、目だった特殊な能力は持ち合わせていないようだが、生命エネルギーを増幅させる力を持つ青い宝石があしらわれたペンダントを身に付けており、これを使って様々な特殊能力(劇中では時空間移動らしき力や前面にバリヤを展開するなどの力を発揮していた)を行使する事が出来るようだ。また、戦いの際は帯刀しているを用いての戦闘を行使する事もある模様。

優れた科学力を誇り繁栄を極めていたが、物語が始まる数万年前に(理由は定かではないが)全宇宙の平和を維持するために巨大人工頭脳ギルバリスを開発した事が全ての悲劇の始まりであった。

彼らが開発したギルバリスは(経緯は不明だが)全ての争いを無くすためには、争いを繰り返す存在=“知的生命体をこの世から全て根絶させればよい”という極端な結論を導き出し、その目的達成の第一歩として創造主である彼らを滅ぼそうと活動を開始。

この緊急事態を受け、ギルバリスの暴走を止める為にギガファイナライザーを開発するために奔走し、何とか開発まで漕ぎ着けたものの、それを察知したギルバリスは無数の知的生命体抹殺兵器であるギャラクトロンをギガファイナライザーの開発者である科学者のサデルーナ親子へと差し向け、その時の戦いでブラン・サデルーナは死亡。

彼の娘であるアイル・サデルーナは父から託された希望であるギガファイナライザーをもって何とか別宇宙であるサイドスペースへと脱出することに成功するものの、その直後に母星である惑星クシアはギルバリスが全宇宙の知的生命体の抹殺及び、自身を脅かすギガファイナライザーの索敵の為の拠点としてギルバリスによってデータ化されて取り込まれ恐怖のサイバー惑星クシアと化してしまい、これによって事実上クシアは滅び去ってしまった(ちなみにギルバリスはクシアの文明を滅ぼした直後に惑星クシアをデータ化して取り込んだため、サイバー惑星クシア内部は、破壊され、炎に包まれ燃え続ける街並みなど、未だにその当時のままの情景が広がっている)。

そしてクシア人最後の生き残りとなってしまったアイル・サデルーナは、サイドスペースの地球へと命からがら逃げ伸びると、そこで出会った守護獣グクルシーサーと共に宇宙の平和を守る唯一の希望・ギガファイナライザーを託せる勇者が現れるまでの長き間、緑豊かで生命力溢れる地球で、地球人としてその日を待ち続けることになる。

余談

なんと今までレイブラッド星人が作成したと考えられてきたギガバトルナイザーを開発したのも彼らであった事が劇中で語られている。

これが何を意味するのかは定かではないが、情報によれば元々、ギガバトルナイザーはギガファイナライザーを開発する過程で造られたプロトタイプのようなものであったらしい事。
また、一部では惑星クシアが存在していたのが数万年前という事から、レイブラッド星人がまだ滅んでいなかった時代=レイブラッド星人が全宇宙を支配していた頃に存在していたのではないかと推測されている事。

以上の事から、もしかすると惑星クシアはレイブラッド星人の支配下にあり、何だかの理由で技術提供されたのか、技術が流出した、或いは何だかの経緯でレイブラッド星人の手にギガバトルナイザーが渡った可能性が推測されるが詳細は不明(案外この事が、侵略とは無縁そうなクシア人たちが、ギルバリスを開発する事になった切っ掛けかもしれない)。

関連項目

宇宙人 ブラン・サデルーナ 比嘉愛琉 ギガファイナライザー ギガバトルナイザー レイブラッド星人 ギャラクトロン ギルバリス つなぐぜ!願い!!

コメント