ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

運命――覚悟を決めろ。


概要

2017年7月8日12月23日に放送されたウルトラシリーズ。全25話。

放送時間は前作『ウルトラマンオーブ』と同様、朝9:00~9:30で、放送終了後にYouTube円谷プロ公式チャンネルにて見逃し配信を行う点も前作と同様である(放送1週前の7月1日にはオーブ同様に直前スペシャルが放送)。このほかにもAmazonプライム・ビデオやニコニコ動画ニコニコ生放送でも配信される。


悪の戦士ウルトラマンベリアル息子という驚愕の出自を持つ若き戦士・ウルトラマンジードの活躍と、『ウルトラ銀河伝説』以降長きにわたって続いてきた光の国とベリアルとの戦いの決着が描かれる


歴代のウルトラ戦士2人の力を借りるというコンセプトは前作『ウルトラマンオーブ』から引き継いでおり、前作同様『ウルトラマンフュージョンファイト!』とも連動。しかし本作では怪獣側にも歴代の力を借りる要素が本格的に取り入れられているという大きな違いがある。

このため、『コンセプトだけ見ればオーブのセカンドシーズン』という解釈もできる。


主役である朝倉リク/ウルトラマンジードを演じるのは、かつて『ベリアル銀河帝国』にナオ役で出演したことでも記憶に新しい濱田龍臣。16歳でシリーズ最年少の主役抜擢となった(ただし、放送開始後直後の8月27日で17歳になったため、17歳としては『ウルトラマンギンガ』で主演を務めた根岸拓哉と並んで以後は最年少タイ記録になる)。


メイン監督はゼロやベリアルのデビュー作である『ウルトラ銀河伝説』の監督も務めた坂本浩一、BGMは『ゼロ THE MOVIE』でもBGMを担当した川井憲次と、ウルトラマンゼロシリーズに携わったスタッフが参加している他、シリーズ構成として小説家の乙一が参加、テレビドラマの脚本執筆およびシリーズ構成に初挑戦する(なお、脚本執筆時の名義は乙一氏の本名である“安達寛高”が用いられている)。だがストーリーの全てを乙一氏が考えているわけではなく、ストーリーの基本は円谷プロダクションのスタッフが考えており、そこに乙一氏のアイディアが組み込まれている。


小説家である乙一氏がメイン構成を手がけているためなのか、物語の流れや登場人物のモノローグなどもどことなく文学的なものになっており、物語がリクのモノローグで締めくくられることも多い。そういった点でも極めて異色の作品であると言える。

また、前作で多少見られた大河ドラマ的なシナリオ構成もより強くなっており、これまでの新世代ヒーローズの作品と比べると前後編形式でストーリーが進行していくエピソードが多いのも特徴である。


全体的に坂本監督のお気に入り作品である『ウルトラマンレオ』に近いものがあり、第1話ではレオをオマージュしたプールを使った特撮が行われているほか、戦いのダメージの影響で体調が万全ではないウルトラマンゼロなど、他にも『レオ』へのオマージュと思われる要素が多い。

また、放送から50周年になることを記念して、登場怪獣や宇宙人には『ウルトラセブン』に登場したキャラクターがかなり多いのも特徴。

物語が直接つながっている事もあり、ダークロプスゼロレギオノイド等、ウルトラマンゼロシリーズに登場した敵も登場の機会が多い。


なお、「円谷倶楽部」というサイトに掲載された坂本監督へのインタビュー記事によると、本作は最初のウルトラマンから始まるM78ワールドの世界観を踏襲していることが明らかになった。ただし、『Q』~『大怪獣バトル』までのM78ワールドそのものが舞台となっているわけではなく、別の宇宙「サイドスペース」での物語であることが『ウルトラマン全戦士超ファイル』にて判明している。


2024年現在、大岡新一社長が監修した最後の作品であり、買収前からの円谷プロを知る人間が携わった最後の作品でもある。


評価

当時はベリアルの息子というキーワードや前作のサンダーブレスターの影響からシリアス方面の作風なのかと予想されていたが、本編自体はどちらかと言えば明るい純粋な勧善懲悪なストーリー形式である(ただし、衝撃的な主人公のルーツなど一部ダークな展開も見られる)。


初期ではそのベリアルと似た外見から人々に敬遠されてきた主人公が必死に戦う中で仲間や人々に受け入れられていく、ある意味運命をひっくり返す物語とも言え、名付けの親から自身の名前の意味を初めて明かされる12話や主人公がヒーローに憧れるキッカケと新形態が描かれた17話は大きな反響を呼んだ。


ただし、一部では少々ゼロ達ウルトラ戦士の描写がおざなりとも指摘されており、やや唐突にカプセルを届けに来るヒカリや一度消滅寸前まで追い込まれたにもかかわらずロジックもなく復活するゼロなど所々シナリオが甘い面も要所要所に見られたが、その分ゼロとの一体化で一般のサラリーマンとして働きながらも度々ウルトラマンとして戦うレイトや前作のジャグラーと大きく差別化された敵キャラクターである伏井出ケイ、主人公の仲間として彼を支え続けるライハたちの人物描写は深く掘り下げされており、前作の『オーブ』に負けず劣らず個性的に描かれた。


玩具面ではウルトラカプセルがシリーズでも屈指の好調な売上を見せ、これらのコレクションアイテムは後のルーブクリスタルウルトラタイガアクセサリーウルトラメダルなどにも受け継がれており、ある意味では以降のウルトラシリーズの路線を決定付けた作品とも言える。


TVシリーズ終了後も今なお続く人気の根強さからか、TVシリーズ後に始まる編では本作に登場した人物達がナビゲーター担当する事が多く、令和シリーズの『ウルトラマンZ』にも主人公リクの出演が新たなジードの姿と共にゲスト出演している。


ただ、上記の通り根強い人気を持ち作品的にも商業的にも成功した一方で、「ゼロとベリアルの物語の完結編ということと、前作、次作ともに過去作とのつながりが薄かったこともあり、「初見にはお勧めできない」「面白いけどゼロ外伝などの履修なしでは厳しい」という意見も多く、同じく過去作での出来事を前提として作られた『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンメビウス』同様、初心者に勧められるかという観点からはかなり賛否両論となっている。また、上記2作は世界観も過去作と同じであったが、本作では過去作での出来事を前提としながらも別時空の地球が舞台という大きく異なる点が存在し、ゼロとベリアルの完結編ではあるものの世界観が異なるため、前述の2作と同じく「過去作の続編系ウルトラマン」であるかどうかは曖昧である。


あらすじ

かつてのウルトラ戦士とベリアルの戦いは、地球の人々には都市伝説のように語られている。六年前に一度、怪獣が出現したが、それ以降は平和な日々が続いている。主人公・朝倉リクは親を知らずに育った。幼少期に出会ったペガッサ星人のペガを自分の影に隠し、星雲荘で暮らしている。ヒーローに憧れる普通の青年だ。ある日、六年前の怪獣が再び出現!星雲荘を踏み潰され、逃げ惑うリクとペガは、地下深くに隠された謎の秘密基地を発見する。基地のAI・レムから「ウルトラカプセル」を与えられたリクは、ウルトラマンジードフュージョンライズ!怪獣を撃退するが、その姿はベリアルに酷似していた…。次々に現れる怪獣はエネルギー体「リトルスター」を狙う。その裏に隠されたベリアルの陰謀を察知して、ウルトラマンゼロが地球にやってくる。ベリアルの遺伝子を受け継ぎながら、その運命に抗い、真のヒーローになりたいと願うリクの戦いが幕を開ける!


(公式サイトより抜粋)


登場人物

どんな運命も超えて行ける

本項では簡単な説明に留める。詳しくは各人物の個別項目へ。

乙一氏によると、登場人物の名前はすべてSF作家の名前を捩ったものになっているとのこと。


主人公

朝倉リクウルトラマンジード

演:濱田龍臣

本作の主人公。ウルトラマンジードの人間態である。

口癖は、「ジーッとしてても、ドーにもならねぇ!」。



リクの仲間たち

星雲荘

鳥羽ライハ

演:山本千尋

武術が得意な女性戦士。



ペガッサ星人ペガ

CV:潘めぐみ

リクの相棒で、ペガッサ星人少年


レム

CV:三森すずこ

星雲荘のメインシステムを統括する人工知能

リクに出生の秘密を教えると同時に、ジードライザーウルトラカプセルを託し、以降も彼の活動をサポートする。


AIB

愛崎モア

演:長谷川眞優

防衛チームAIBの新米エージェントで、リクの幼馴染み。


シャドー星人ゼナ

演:岩田栄慶/CV:浅沼晋太郎

AIB上級エージェントのシャドー星人


その他

ウルトラマンゼロ

CV:宮野真守

先の大戦でウルティメイトブレスレットが破損、本人も負傷し大ダメージを負ったため、傷を癒やすためにも地球人である伊賀栗レイトと一時的に一体化する。


伊賀栗レイト

演:小澤雄太

今作で、ウルトラマンゼロと一体化する地球人男性

妻子持ちのサラリーマン


伊賀栗家

伊賀栗ルミナ

演:長谷部瞳

レイトの妻。

伏井出ケイのファンでもある。

第24話で実はレイトがゼロと一時的に一体化していることに気付いていた事が判明している(本人いわく「レイト君は嘘が下手」)。


伊賀栗マユ

演:清水美怜

レイトの1人娘。

第9話ではリトルスターを発症したことにより瞬間移動能力を持つようになり、星雲荘で保護される。その後ライハの元へ向かい、ジードにケイを倒そうとするライハを止めるよう祈ると同時に体内にあったリトルスターがジードに送られ、ウルトラマンゼロのカプセルを起動させた。


銀河マーケット

久米ハルヲ

演:水野直

銀河マーケットの店主。

身寄りのないリクにとっては、雇い主であると同時に父親代わりとも言える存在。

ジードの戦いを間近で目撃し、その風貌から悪の戦士:ベリアルとの関係を疑うが、人々を守るために必死で戦い抜くジードの姿を見ていくうちに次第に心境に変化が生じていく。


原良子

演:三輪ひとみ

第1・2話で登場。

エリの母親で、ハルヲの妹。


リトルスターの宿主

リトルスターの記事を参照。


伏井出ケイ

演:渡辺邦斗

ベリアル融合獣にフュージョンライズする謎の男。表の顔はSF小説家。


石刈アリエ

演:小林涼子

ノンフィクション作家。伏井出ケイを匿う謎の美女。


ウルトラマンベリアル

CV:小野友樹

本作におけるキーパーソンの1人。

宇宙の全てを手中に収めようと企む悪の権化で、リク=ジードの父親とされるウルトラ戦士

かつて宇宙を破壊しようと「クライシス・インパクト」と呼ばれる大事件を引き起こすが、自身も爆発に巻き込まれ、現在は消息不明となっているとされる。

しかし、劇中において突如、彼の面影を持つベリアル融合獣が姿を現し、地球に大混乱をもたらすことになる。


用語

リトルスター

怪獣を呼び寄せるとされる謎の物質。宿主に何かしら特殊な能力を与える効果があり、分離させる事でウルトラカプセルを起動させる事ができる。

宿る特殊能力は、起動するカプセルのウルトラ戦士に応じたもの(黄色い光の剣ヒーリング能力どこかで見たようなエフェクトの瞬間移動など)となっている。

ウルトラ戦士以外の人間や生命体にのみ宿っており、ケイ曰く、宿主がウルトラマンに対して祈る事でのみ分離が可能となるとの事。また、深い絶望に陥ると消滅してしまうらしい。

ケイはこの物質を狙っているらしいが、その目的は今のところ不明である。また、ケイ以外にもこれを狙って多くの宇宙人たちが地球へと襲来するようになる。

なお、レムは開発者権限によりリトルスターに関する情報へのアクセスが禁止されているらしく、このことからもかなり重要な存在であるらしいことが窺える。


クライシス・インパクト

ジードの父:ベリアルがかつて超時空消滅爆弾により宇宙を破壊しようと引き起こした大爆発。

この影響で本作の地球は一度崩壊しかけたが、ウルトラマンキングの力により辛くも救われたようである(ただしキング自身も宇宙全体に拡散してしまったようだ)。

この事件に関する記録は大部分が消失してしまっているため、世間では隕石衝突によるものとする説が定説化しているが、異論もあり、ウルトラマンや怪獣が都市伝説として人々の間で語られている。


星雲荘

天文台の地下に眠る秘密基地。レムの発言によれば、元々はウルトラマンベリアルの所有物だったらしい。

名前はかつてリクが暮らしていたアパートの名前をそのまま拝借している。


爆裂戦記ドンシャイン

劇中で放送されている特撮番組

詳しいストーリーは不明だが、怪人とその取り巻きである戦闘員に主人公のドンシャインが立ち向かうという王道もののヒーロー番組のようだ。

リクとモアはこの作品の大ファンであり、彼らのその後の生き方や価値観にも影響を与えている。


カレラン分子

ケイが散布した物質。大気の中に溶け込んでおり、呼吸をすることで分子を取り込んだ生命体の体内に宇宙を循環する幼年期放射を蓄積させ、リトルスターを生成させる。


スタッフ

監修:大岡新一
チーフプロデューサー:北浦嗣巳
音楽:川井憲次
シリーズ構成:乙一
シリーズ構成協力:三浦有為子
脚本:安達寛高三浦有為子柳井祥緒森江美咲足木淳一郎根元歳三勝治京子
監督:坂本浩一市野龍一武居正能冨田卓田口清隆池田遼伊藤良一

音楽

主題歌

GEEDの証

作詞:六ツ見純代 / 作編曲:川井憲次 / 歌:朝倉リクwithボイジャー

前作のOP『オーブの祈り』に続き、ラストでその回に登場する怪獣(若しくは新タイプ)の影絵と共にサブタイトルが表示されるという演出が入る。怪獣(若しくはジード等のウルトラ戦士の掛け声)が入る点も同じ。背景は、前作は『ウルトラマン』風だったが、本作は『ウルトラセブン』風になっている。


歌詞に『ウルトラマン』『GEED(ジード)』の単語はそれぞれ単独では含まれているが『ウルトラマンジード』としては含まれていない(『列伝』のOPを除けば、『TAKE ME HIGHER』や『Legend of Galaxy ~銀河の覇者』のようにウルトラマンの名称のみだったりする例や名称とウルトラのみの『Spirit』の例はあるが、このタイプの例は間にOHが挟まっている『ウルトラマンネオス』くらいであった)。


第18話からは2番の歌詞になった。


ウルトラマンZ』ではリクとジードがゲスト出演した第6話にて挿入歌として使用された。

これを受けてニコニコ動画の配信では当時のOPのテンプレコメントが戦闘シーンで流れることになった。


エンディング

「キボウノカケラ」

作詞:TAKERU 瀬下千晶 / 編曲:小西貴雄 / 歌:ボイジャー

オープニングと同様に第18話からは2番の歌詞になった。


挿入歌

フュージョンライズ!

作詞:金光大輔 / 作曲・編曲:ハマサキユウジ / 歌:ボイジャー

元々はイベント用に作曲されたものだが、第17話で挿入歌として使用された。


キャラクターソング

9月30日ニコニコ生放送前半一挙配信にて、ペガとレムのキャラソンが作られる事が発表された。また、「GEEDの証」もペガ / レムバージョンでカバーされている。発売は12月27日

ウルトラシリーズ本編でキャラソンが作られるのは、地味にアニメ作品ザ☆ウルトラマン』以来38年ぶりとなる(本編以外でなら『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』などで作られていたが)。

「おうえんだん1号」

作詞:稲葉エミ / 作曲・編曲:大畑拓也 / 歌:ペガ(CV:潘めぐみ)


「マホロバリバティ」

作詞:稲葉エミ / 作曲・編曲:柳舘周平 / 歌:レム(CV:三森すずこ)


放送日程

太字は新怪獣あるいは派生怪獣、斜字は回想のみ登場。

No.サブタイトル登場怪獣脚本監督放送日
総集編ウルトラマンジード 直前スペシャル第1話から第3話までの怪獣、レイバトスウルトラマンベリアルザラブ星人ベリュドラアークベリアルカイザーダークネス怪獣兵器アントラー怪獣兵器キングパンドンキングジョーレギオノイドベロクロンバキシムグビラゴメス(S)アリブンタテレスドン足木淳一郎村上祐介7月1日
1秘密基地へようこそスカルゴモラウルトラマンベリアル安達寛高坂本浩一7月8日
2怪獣を斬る少女スカルゴモラ、ダダ820号安達寛高坂本浩一7月15日
3サラリーマンゼロダークロプスゼロ安達寛高坂本浩一7月22日
4星人を追う仕事エレキングピット星人トリィ=ティプフック星人ルグス安達寛高坂本浩一7月29日
5あいかたアーストロンモコ(ルナー)サメクジラ(幼体)サンダーキラー三浦有為子市野龍一8月5日
6僕が僕であることサンダーキラー、ウルトラマンベリアル三浦有為子市野龍一8月12日
7サクリファイスギャラクトロンアークベリアル柳井祥緒武居正能8月19日
8運命を越えて行けギャラクトロン柳井祥緒武居正能8月26日
9誓いの剣タイラント、スカルゴモラ三浦有為子冨田卓9月2日
10ココロヨメマスザンドリアスゾベタイ星人ナビア森江美咲冨田卓9月9日
11ジードアイデンティティーペダニウムゼットンバド星人ペダン星人サーペント星人グローザ星系人ゼラン星人ドーブル星人ネリル星人、ウルトラマンベリアル安達寛高田口清隆9月16日
12僕の名前ペダニウムゼットン、ウルトラマンベリアル安達寛高田口清隆9月23日
13レストア・メモリーズ第1話~第12話までの怪獣足木淳一郎池田遼9月30日
14シャドーの影ゼガンシャドー星人クルトクカラッチ星人根元歳三市野龍一10月7日
15戦いの子ゼガン、シャドー星人クルト、ゼラン星人根元歳三市野龍一10月14日
16世界の終わりがはじまる日キメラベロス、ウルトラマンベリアル、ピット星人トリィ=ティプ、ゴドラ星人ゴドー=ウィンセミ女安達寛高坂本浩一10月21日
17キングの奇跡! 変えるぜ!運命!!キメラベロス、ウルトラマンベリアル安達寛高坂本浩一10月28日
18夢を継ぐ者ダダ116号レギオノイド ダダ・カスタマイズザイゴーグ、サンダーキラー柳井祥緒伊藤良一11月4日
19奪われた星雲荘メカゴモラ勝治京子伊藤良一11月11日
20午前10時の怪鳥」ギエロン星獣レキューム人三浦有為子冨田卓11月18日
21ペガ、家出する」グビラ、ペダニウムゼットン森江美咲冨田卓11月25日
22奪還キングギャラクトロン、グローザ星系人、サーペント星人、ネリル星人三浦有為子武居正能12月2日
23ストルムの光ペダニウムゼットン/ペダニウムゼットン・エボルド、ウルトラマンベリアル/ウルトラマンベリアルアトロシアス三浦有為子武居正能12月9日
24キボウノカケラウルトラマンベリアルアトロシアス、ゼガン、グローザ星系人、サーペント星人、ネリル星人安達寛高坂本浩一12月16日
25GEEDの証ウルトラマンベリアル/ウルトラマンベリアルアトロシアス/ウルトラマンベリアル・アーリースタイル、ゼガン、リドリアスレイバトスレイブラッド星人ダークネスファイブ安達寛高坂本浩一12月23日

ウルトラカプセルナビ

本編終了後のおまけコーナー。リクとレムがウルトラマンと怪獣を紹介する。

最初にウルトラマンを、最後に怪獣を紹介するケースが多いが、第8話のような例外もある。第13話・第24話・最終話ではカットされた。また、ティガダイナは名前のみ紹介されており、ベリアルのみ唯一2回紹介されている。


話数カプセル1カプセル2
1ウルトラマンゴモラ
2ウルトラマンベリアルレッドキング
3ウルトラマンレオダークロプスゼロ
4ウルトラセブンエレキング
5ウルトラマンヒカリアーストロン
6ウルトラマンコスモスエースキラー
7ウルトラマンオーブ・スペシウムゼペリオンギャラクトロン
8ニュージェネレーションカプセルα(ウルトラマンギンガウルトラマンオーブ・オーブオリジン)ニュージェネレーションカプセルβ(ウルトラマンビクトリーウルトラマンエックス)
9ウルトラマンギンガタイラント
10ウルトラマンエックスザンドリアス
11ウルトラマンゼロキングジョー
12ウルトラの父ゼットン
14ウルトラマンオーブ(オーブオリジン)ゼガン
15ウルトラマンビクトリーカイザーベリアル
16ウルティメイトゼロゾグ第2形態
17ウルトラマンキングファイブキング
18ウルトラマンタロウザイゴーグ
19ウルトラマンジャックメカゴモラ
20ルナミラクルゼロアークベリアル
21ウルトラマンエースグビラ
22ゾフィーエンペラ星人
23ウルトラマンベリアルダークルギエル

劇場版

ウルトラマンフェスティバル2017にて公表。2018年3月10日に『つなぐぜ!願い!!』が公開した。BD&DVDは2018年7月27日に発売。


外部展開

  • ウルトラヒーローズEXPO2018

毎年冬に開催されているイベントで、本作は終盤から分岐したIF展開であり、ベリアルはウルトラマンキングに撃破されて復活したという設定になっている。


登場ウルトラマン/登場怪獣

ウルトラマンジード(プリミティブ/ソリッドバーニング/アクロスマッシャー/マグニフィセント/ロイヤルメガマスター)/ウルトラマンゼロ(ゼロビヨンド)/ウルトラマンベリアル(アトロシアス)/ウルトラマンオーブオーブトリニティ/ウルトラマンエックスベータスパークアーマー/ウルトラマンギンガ/ウルトラマンビクトリー/ウルトラマンギンガビクトリー/ウルトラマンキング/爆裂戦記ドンシャイン/ジードの失敗作たち


ガイロス/フック星人/ラゴラスエヴォ/再生ドラコ/アクマニヤ星人/ダークガルベロス/ノコギリン/バグバズンブルード/EXゼットン/EXレッドキング/モエタランガ/デマーガ/キングギャラクトロン/アークベリアルブルー



余談

坂本監督によれば、「今まで自分が好きな歴代作品のシーンをオマージュで結構やらせてもらっていたが、お気に入り作品である『ウルトラマンレオ』の第1・2話に出てくるような、プールを使った特撮はまだやれてなかったのでどうしてもやりたかった」とのこと(ちなみに、前作『ウルトラマンオーブ』第8話「都会の半魚人」でも、特撮セットにプールを付けることが検討されていたが、撮影日数の関係で見送られたという経緯がある)。

ジード

また、『ジード』のオファーを貰う前に、レオのスーツアクターを務めた二家本辰己氏との対談があり、坂本監督は「『昔のウルトラマンがどろどろになりながら戦うのが好きだ』っていう話をして、もし今度ウルトラマンに関わる機会があったら、二家本さんがやったレオみたいな戦いを絶対やりますね!」と言っており、その直後に本作のオファーを貰ったとのこと。


『ジード』放送終了後には、『モブサイコ100』の実写ドラマが主演・濱田龍臣と監督・坂本浩一の『ジード』タッグによって放送されている。


今作の最終回を持って、『ギンガ』から始まった新世代ヒーローズは通算99回(『ギンガ』特別篇を入れれば100回)に達する。


企画当初の仮題は『ウルトラマンゴオ』。


関連動画

特報


濱田龍臣からのメッセージ


スペシャルムービー


関連イラスト

ウルトラLOG8

無題ウルトラマンジードイラストまとめ

運命ー覚悟を決めろ。幼ゼロ・ジード 「喧嘩」


関連タグ


ウルトラマンオーブ → (ウルトラマンゼロTHE_CHRONICLE/ウルトラファイトオーブ) → 本作 → (ウルトラマンオーブTHE_CHRONICLE) → ウルトラマンR/B


客演作品



外部リンク

公式サイト

円谷ステーションでのニュースページ

関連記事

親記事

新世代ヒーローズ にゅーじぇねれーしょんひーろーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11839071

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました