ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

凶暴怪獣 アーストロン


別名凶暴怪獣
身長60メートル
体重2万5,000トン

概要

第1話「怪獣総進撃」に登場。

アーストロン


ウルトラマンジャックが地球で最初に戦った怪獣。
直立した恐竜のような体格に三日月のような一本角と、子どもたちが「怪獣」と聞いて連想する姿をそのまま具現化したかのような王道的なシルエットが特徴。第1話には打ってつけの正統派怪獣である。

火を吐くアーストロン


頑丈な皮膚と骨格を持ち、頭の鋭利な角「スラッシュホーン」と、口から吐く「マグマ光線」が主戦力。鋼鉄の二千倍の強度を持つ尻尾と持ち前の怪力も強力な武器で、尻尾の一振りは強力。
角に関しては、武器であると同時に最大の急所でもあり、折られると急激に弱体化してしまう。

を常食しており、皮膚の頑丈さと黒い体色は摂取した鉄分に由来すると思われる。体内には冷却効果のある特殊なリンパ液が流れており、100万度の熱にも耐えるとされる(地球型惑星の内部はどんなに暑くても1万度もないのでやや誇張気味な設定だが、地球には生息地を同じくし、地球内部に匹敵もしくはより高い温度の火炎を吐き出す猛者がわんさといる為、そいつらとの生存競争の末に手に入れた形質だと考えれば、そこまで不自然は無い…はず)。

本編での活躍

朝霧山に出現し、マグマ光線を用いて山麓の村を破壊する。現れたジャックと戦闘になったが、弱点である角をへし折られて弱ったところへスペシウム光線を受け火口へと転落。噴火に巻き込まれ爆死した。

撮影後、着ぐるみはゴーストロンに改造された。なお、書籍によってはゴーストロンの兄とされているが真相は不明。少なくとも、作中においてそのようなことは明言されていない。

企画段階では「鳴門海峡から現れてジャックを倒し、アーストロンの再襲来の脅威を抱きながら、日々特訓しながら怪獣と戦う」というストーリーになる予定だった。

以降の作品での活躍

そこまで手強い怪獣ではなかったのだが、その秀逸なデザインから『帰ってきたウルトラマン』に登場した怪獣の中でも人気・知名度共に比較的高く、以降のシリーズでも度々客演している(殆どは噛ませ犬の役回りだが)。

レッドマン

Battle-3, 4, 52, 55, 56で登場。3, 4, 52では単独でレッドマンと戦った。

アーストロンの着ぐるみは、放送当時既にゴーストロンへと改造されてしまった(ゴーストロンも『レッドマン』に登場している)ため、アトラクション用のものを使用している(ちなみに、後半に登場したものはなぜか尻尾がペニャペニャである)。

ザ☆ウルトラマン

第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

凶暴怪獣 アーストロン(ザ☆ウルトラ版)


バラドン星人によってのゴーストロン共々怪獣墓場から復活させられ、ゴキネズラと大喧嘩を行う(この私闘はバラドン星人も予期していなかったらしい)。その後科学警備隊に襲い掛かるも、マルメ隊員の新開発した特殊なロケット弾(まさかこれが『ウルトラマンメビウス』に登場する「メテオール」の伏線だと誰が気付こうか)により倒された。
この個体は爪に毒を持っており、ジャンプ力は300mで、目からはX線を放射して透視する能力を持っている。火炎の色は従来の個体とは異なり、青色。

ウルトラマンメビウス

第20話「総監の伝言」に登場。

ドキュメントMATに初代の出現記録が残されている。怪獣研究所のハーメルンプロジェクトの実験中に地中から出現し、メビウスと交戦する。
その最中、突如乱入してきたケルビムに従うような仕草を見せるが、これは研究所の音響放射装置の誘導音波を共鳴支配したケルビムに操られていた為であり、そのまま二対一でメビウスを痛めつける。
しかし、サコミズが搭乗するガンブースターに音響放射装置を破壊された事で洗脳が解けてしまう。正気に戻り、戦闘を放棄して住処の地底へ帰ろうとしたところをケルビムに咎められ、尻尾を思いっきり踏んづけられてしまい逆上。ケルビムに猛反撃を仕掛けるも、最期はメビウスブレイブによりケルビム共々爆殺されてしまった

読んでみればわかるように、今回のアーストロンはケルビムに操られていただけであり、洗脳が解けた後はそれ以上暴れようとはせずに退散しようとするなど、そこまで凶暴な怪獣としては描かれていない。アーストロンにとっては勝手に利用されて操られた挙句、最後は訳も分からないままに命を奪われてしまうという災難以外の何物でもなく、ある意味このエピソード最大の被害者と言えるかもしれない。

操られているだけのアーストロンを単なる悪役にはしたくないという特技監督の鈴木健二の意向により、コメディタッチの描写となった。

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』

テレビマガジン版ではキング星でレッドキングバキシムサラマンドラと共にウルトラマンキングを襲おうとしていたが、駆け付けたウルトラマンに倒された。
DXウルトラコクピット版では怪獣墓場で眠っていたが、アークボガールによって目覚めさせられGUYSに襲い掛かる。初代とメビウスに登場した個体のどちらだったのかは不明。

大怪獣バトルシリーズ』

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

第8話「水中の王者」、第11話「ウルトラマン」に登場。

湖の畔でケルビムと対決。死んだフリをしてケルビムを油断させ、ケルビムの耳を引き千切りマグマ光線を浴びせて勝利を収める(ある意味、『メビウス』の展開に対する意趣返しである)。しかしその直後に水中に潜んでいたエレキングによって湖に引きずり込まれ、水中戦に持ち込まれてしまい、最後は放電攻撃によって倒されてしまった。

第11話では、カレンの回想シーンで別個体がレッドキングと戦っていた。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』

第3話「大暴走! レイオニックバースト」に登場。

ゼラン星人に操られ、ナックル星人ガルベロスと戦うが、敵の幻影攻撃の前に成す術も無く翻弄され、四方から火炎弾を受けてゼラン星人を巻き込んで爆死した。

大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

ウルトラマンベリアルによって怪獣墓場から復活し、ベリアルが操る怪獣軍団の一員として怪獣墓場でウルトラ戦士達と激突。主にレイゴモラと戦うも、最期はウルトラマンゼロのゼロスラッガーの前に敗北。

ウルトラマンサーガ

バット星人に怪獣墓場から連れて来られた個体。

歴代の中では初めて市街地に出現しチームUに襲い掛かるが、そこへウルトラマンダイナが立ち塞がる。マグマ光線が通じず慌てて逃げようとしたが、尻尾を掴まれハリケーンスイングで空中に投げ飛ばされ、ソルジェント光線で空中で爆砕された。

なお、着ぐるみは『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』までに使用された物の流用だが、が赤くリペイントされ、顔つきがより初代に近い造形になっている。

企画段階ではガボラが登場する予定だった。

ウルトラマンオーブ THE_ORIGIN_SAGA

クグツ怪獣 クグツアーストロン


レイフ星人サイキにより、惑星ザインを訪れたシンラに対するクグツの力を証明するための見せしめとして、キングゲスラと共にクグツを注入され、クグツアーストロンとなり、クグツキングゲスラと戦い勝利する。

最終回ではクグツバキシムと共にサイクイーンの援軍として現れ、ウルトラ戦士と戦ったがウルトラマンコスモスが放った命の樹の果実の力でバキシムと共に浄化され、宇宙に送り返された。

ウルトラマンジード

凶暴怪獣 アーストロン


第5話「あいかた」に登場。

宇宙生物モコの持つリトルスターに反応して地中より出現。モコを保護していた愛崎モアを襲おうとしたところで現れたジードと戦闘になる。
互角の戦いを繰り広げるが、途中ガスタンクが近くにあった事で思うように戦えなくなったジードを手こずらせる。
その最中、モコの祈りに反応してモコから分離したリトルスターによってコスモスのウルトラカプセルが起動すると、ジードは新形態アクロスマッシャーを発現させる。華麗な高速移動とに翻弄され、最後はスマッシュムーンヒーリングを浴びて大人しくなり、地中へと帰って行った。

第5話はコスモスの能力を持つアクロスマッシャーの初登場回であり、第5話監督の市野龍一も『コスモス』に参加していたことから、倒されずにおとなしくなるという展開になった。

ウルトラマンZ

第24話「滅亡の遊戯」に、ストレイジが監視している休眠怪獣として画像のみ登場。場所は北米のワシントン州またはカナダのバンクーバー付近。
セレブロが操るウルトロイドゼロに吸収され、ウルトロイドが変貌した最凶怪獣の頭部と胴体を構成するパーツとなってしまう。

漫画作品

ウルトラマンSTORY0

弟のゴーストロンと共演。

「火の民」と呼ばれる種族が作り上げた怪獣の鉄像に、ガッツ星人が渡したカプセルを投入したことで金属生命体(こいとは関係ない)として誕生した。
がらんどうの鉄人形の中に溶鉄を流し込んだだけの極めて単純な構造だが、皮膚は触れただけでウルトラマンがのた打ち回るほどの高温を発している他、手は鎌状になっており、鎌の一撃はウルトラマンの腕をへし折るほどの威力を持つ。

ゴーストロン共々「火の民」によって操られ、敵対民族「風の民」を殲滅するために暴れ回るが、ウルトラマンとジャックの起こした竜巻「ストームテンペスト」に巻き込まれ、木端微塵に引き裂かれた。

ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POPComiccode

怪獣墓場学園の生徒の1人。

第19話で、遠足の際に勝手に地球に残ったレッドキングさんを炙り出すために校長先生から点呼を取られた際にアギラワイアール星人と共に登場した(なぜか「アストロン」と呼称されている)。

設定上は主人公のメフィラスたちと同様、人間の少女のような姿になっているはずだが、擬人化された姿が発表されていないため、終始黒いシルエットのような姿で描かれていた。

ゴジラとの関係

角があることを除けばゴジラを一回りスリムにしたような外見をしており、しばしばゴジラをモデルにしたのではないかと言われることがある(デザインを担当した池谷仙克氏は「ゴジラのような怪獣を」との発注があったと証言している)。
アーストロンの造形を担当したのは東宝特美の安丸信行氏であるが、氏は後に84年版『ゴジラ』実際にゴジラの造形を手がけることとなり、両者を比較すると目つきなどがかなり似ている事がわかる。

84ゴジラ
アーストロン


さらに、第1話の監督を務めたのはゴジラシリーズでも数多くの作品を手がけた本多猪四郎氏である。
この時造られた着ぐるみはタッコングザザーン共々硬くて動きにくく、開米プロで一度解体して作り直したという(作り直す前は腹の部分がゴジラの着ぐるみの流用で知られるゴメスにも似ていた)。

ウルトラマンオーブ』第10話では、ナックル星人ナグスの発言として「名付けて、怪獣総進撃!」が登場する(同エピソードの「サブタイをさがせ!」の答えにもなっている)。

関連イラスト

ウルトラ5番目の使い魔 『アーストロン、札幌襲撃』
凶暴怪獣アーストロン


センシティブな作品
アーストロン・バッテンガー



関連タグ

帰ってきたウルトラマン ウルトラ怪獣 一話怪獣(ウルトラシリーズ)

関連記事

親記事

帰ってきたウルトラマン かえってきたうるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アーストロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77446

コメント